• 2e648c5e361b5934baf1a966176a7c562c857bc2
  • 09398a58384c426543cc917ed379639e3ac1e8d3
  • C339b4395b93e641c6f5fc95b44522dda40ef7ec
  • 4b5afabd0f63e699ae726482679878c97f640f40
  • 674f6b7a4d2bc7d8ac9cf64c5616a35292481c7c

【最強に効果的!】防犯ブザーのおすすめ人気ランキング10選

突然ですが、防犯ブザー(防犯アラーム)をお持ちでしょうか?一人暮らしの女性の方、またお子さんの防犯対策としてすでに購入されている方もいらっしゃると思いますが、まだまだお持ちでない方も多いのでは?最近ではスマホ用の防犯ブザーアプリなども出ているため、特に必要ないとお考えの方もいるかもしれませんね。ただ、非常時にサッと使えたり、つけているだけで犯罪抑止に効果を発揮したりと、やはり防犯ブザーは護身用品として優れた点の多い商品です。

また、防犯ブザーは傘や自転車の盗難防止などにも役立つ優れもの。今回は、少しでも犯罪抑止や防犯意識の向上に繋がるように、口コミでも人気の高い防犯ブザーをランキング形式でご紹介させて頂きます!

最終更新日:2017年08月08日 | 6,831views

上昇傾向にある子どもへの犯罪率

警視庁の統計によると主に13歳未満の子供を狙った犯罪は、統計の出ている24年度は略取・誘拐が50.8%(95件)、強制わいせつが14.5%(1,054件)、強姦が6.1%(76件)となり、全被害者数に占める子どもの被害件数の割合は近年上昇傾向にあります。

子どもへの暴力や性犯罪は被害を追った被害者や家族に深い傷を残し、地域近隣へも不安を与えるなど社会的な影響は非常に大きな影響を与えています。

性犯罪は再犯率も高いので、対策として警察も検挙された犯人の所在地を確認するなど再犯防止に向けた対策を取ってはいますが、普段より自己防衛の対策をとって被害にあわない様にしていく事が大切です。

防犯ブザーの選び方

紐やピンを引く、引き抜く、ボタンを押すなどさまざまなタイプがありますが、音が大きく、とっさの時にもブザーを鳴らしやすい形状のものを選びましょう。

1:防犯ブザーの音量の目安

防犯ブザーを使用するのは緊急時ですから、とにかく大きな音が鳴った方が良いですよね。防犯ブザーのパッケージに○dBなどという表示はありますが、実際にはどの位の音量なのでしょうか。
普段日常生活で聞くことのある状況から、目安となる場面をご紹介させていただきます。

120dB...「飛行機のエンジンの近く」・「ジェットエンジンの近く」
110dB...「自動車のクラクション(2m)」
100dB...「電車が通るときのガード下」・「液圧プレス(1m)」
90dB…「犬の鳴き声」(5m)・「騒々しい工場の中」「カラオケ(店内中央)」
80dB…「地下鉄の車内」や「電車の車内・ピアノ」(1m)
70dB...「セミの鳴き声(2m)」・「やかんの沸騰音(1m)」

70dBでもやかんの沸騰音は騒々しいものですが、「きわめてうるさい」目安は80dBからとされています。防犯ブザーはデザイン性も大切ですが、できるだけ大音量で性能の高いものを選んでいきましょう。

2:電池の種類をチェックしておく

防犯ブザーは電池を使用するため、ボタン電池や単4電池など、それぞれの種類にあった電池が必要となります。

基本的には入れっぱなしになりますので、音を鳴らさなくても電池を消耗します。いざという時に音が鳴らない、また音が小さかった、などという事にならないように少なくとも半年に一回、数ヶ月に一回は実際に音を鳴らして動作の確認をしましょう。

3:警報音の出し方・止め方を確認する

防犯ブザーによって音の鳴らし方が異なります。

1:紐を引くタイプ
2:ピンを引き抜くタイプ
3:ボタンを押すタイプ

いずれの場合も、重要な事は音が鳴らしやすい事ではないでしょうか。複数の動作をしなければ鳴らないなどではなく、一回の動作で音が鳴るものを選んでいきましょう。

紐を引くタイプ

紐を引くタイプの防犯ブザーは、とっさの時に紐を引く事で音を鳴らす事ができます。紐が長いため、ランドセルなどにつけるとすぐに音を鳴らす事が出来る他、外観上の防犯の抑止効果があります。

首からかけると気が動転した犯人に引っ張られて首が締まる恐れがあるので、この点には注意が必要です。引っ張られた際にすぐに外れるような形状のものを選びましょう。

ピンを引き抜くタイプ

ピンを引き抜くタイプの防犯ブザーは、非常時にピンを引き抜く事で音を鳴らす事ができます。ピンを引き抜くため、一度音が鳴ると電池がなくなるか、再びピンを差し直さない限り音は止まりません。

大音量がなった犯人はまず防犯ブザーに驚く為、逃げるか音を止めようとしますが、引き抜いたピンを遠くに投げれば、もう犯人には止める事ができません。

ボタンを押すタイプ

ボタンを押すタイプは、その名の通りボタンを押す事で警報音を鳴らす事ができます。この場合、ボタンだけでブザーの操作を行うものは少なく、紐やピンによる機能も併せ持っている場合が多いようです。音を鳴らすことよりも、ボタン一つでいつでも警報音が出せるということをアピールするのが主なねらいですね。

もちろん、紐が抜けない状況などではメインで使用する事もできます。ボタンなので手を離してしまうと音が鳴り止むので、緊急の時にも紐を引っ張れるよう、練習を行なっておくと良さそうです。

4:耐久性・防水性はあるか

ランドセルに付ける場合などでは、普段外にぶら下げている為にカバンを投げたりして乱暴に扱ってしまう場合もあるかもしれません。お子さんが使うことも考慮して、落としても壊れづらいものを選ぶ事が大切です。

また、雨が降って濡れて気付かないうちに使用できなくなっていた、などという事のないように、防水・防滴機能を備えたものを選ぶことをおすすめします。

防犯ブザーのおすすめ人気ランキング10選

さまざまな防犯ブザーが販売されていますが、優先事項は可愛いことよりも、一目で防犯ブザーだということが分かりやすいことです。それでは、さっそく実際の商品を見ていきましょう!

10位:デビカ 防犯ブザー 瞬足ブザー

デビカ 瞬足ブザー 700591
1,112円(税込)

・音量:90dB
・電源:単4乾電池×2
・タイプ:紐タイプ・ボタンタイプ
・特徴:生活防水

5種類のデザインから選べる

生活防水に対応しているので、雨に降られた場合にも安心です。100gの軽量タイプから90dBもの大音量が響きます。

紐を引っ張ると音は鳴りますが、非常用のボタンもついているため、とっさの時にも対応ができます。本体にマジックテープが付いてランドセルなどに固定できるようになっているので、ぶらぶらする事もありません。

単4電池で動くため、電池切れの際にも安心です。色はブルー、レッド、ブラックピンク、ホワイトピンク、ホワイトブルーの5種類からお好きなものを選ぶ事ができます。

9位:アスカ プリンセス防犯ブザー

アスカ プリンセス防犯ブザー GE037
489円(税込)

・音量:85dB
・電源:ボタン電池(LR44)2個
・タイプ:ピンタイプ
・特徴:誤作動防止機能付き

誤作動防止機能付き

こちらのハートの可愛らしいデザインの防犯ブザーは、チェーンを引くと85dBの大音量の音が鳴ります。誤作動防止機能もついているため、間違って鳴らしてしまった際にもサイドのスイッチをOFFにすれば音を止める事ができます。

ただし、非常時にOFFになっていることのないように注意する事が必要です。デザイン性の高い防犯ブザーですが、それに負けない性能を備えた一台ですよ。

8位:グルマンディーズ すみっコぐらし 防犯ブザー

グルマンディーズ すみっコぐらし 防犯ブザー smk-05
1,377円(税込)

・音量:85dB
・電源:ボタン電池(LR44)×3個
・タイプ:ピンタイプ
・特徴:ピンが途中で止まるタイプ

可愛いデザインを求めるなら

「すみっコぐらし」から防犯ブザーが発売されました。大好きな人にはたまらないデザインですね。

ピンは引き抜いても抜けないタイプ、いたずらなどで誤作動させてしまう事が多い低学年のお子様に向いています。誤作動してしまった際にも、お子様が1人で音を簡単に止める事ができますよ。

ランドセルにも取り付けやすいフックがついていますので、常に携帯できますね。色は「ピンク」と「ブルー」の2種類からお選びいただけます。

7位:アスカ 防犯ブザー 反射タイプ

アスカ 防犯ブザー 反射タイプ GE035
430円(税込)

・音量:85dB
・電源:ボタン電池(LR44)×2個
・タイプ:紐タイプ
・特徴:カーライト反射タイプ

車のライトにも安心な反射タイプ

こちらも85dBと、大変うるさく感じるレベルのボリュームで音を鳴らすことができる商品です。

素材には車のライトに反射するものをふんだんに用いているため、塾帰りなどのお子さんを不審者だけでなく、交通事故からも守ることができますね。ネームシートもついているので、いざという時の本人確認にも役立ちそうです。フック付きでランドセルなどにも取り付けやすく、キラリと輝く可愛いデザインもポイントです。

物騒な世の中ですから、こういったもの可愛いデザインの防犯ブザーを大切な方へプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。

6位:ELPA コンパクト防犯アラーム

ELPA コンパクト防犯アラーム AKB-100
391円(税込)

・音量:90dB
・電源:ボタン電池(LR44)×2個
・タイプ:紐タイプ
・特徴:ピンが途中で止まるタイプ

ちっちゃくても大音量

長い紐はとっさの時につかみやすい構造になっています。ボディは小さめですが、発生させることのできる音は100dBと大音量!防犯ブザーとして文句なしの音量です。

価格も安く、定期的に買い換えてたとしても痛くないのもポイント。ピンが途中で止まるので、紐タイプですが繰り返し使用できます。

小型ですから、傘の盗難防止などに使用しても良さそうですね。

5位:I.T outlet MI-GOBOY 防犯ブザー

I.T outlet MI-GOBOY 防犯ブザー
902円(税込)

・音量:100dB
・電源:ボタン電池(CR2032電池)×2個(別売)
・タイプ:ピンタイプ
・特徴:大音量タイプ

大音量かつスタイリッシュなデザイン

こちらは防犯ブザーとしてはもちろん、ひったくりなどを防止する目的でも用いられている商品です。カラビナ式で、ランドセルやバッグへの装着も簡単ですよ!

ピンは途中で止まるタイプ。一度引き抜くと、大音量で音がなります。かなりの高音で音が鳴り響くので、威嚇の効果は抜群!この音を聞いた犯人はひとたまりもないでしょう。

色は4色の中からランダムで届きますが、どれもスタイリッシュなデザインですから、バッグを選ばずつけることができますね。

4位:レイメイ藤井 防犯ブザー

レイメイ藤井 防犯ブザー EBB131
1,023円(税込)

・音量:92dB
・電源:ボタン電池( L1154またはLR44)× 3個
・タイプ:紐タイプ
・特徴:生活防水・耐衝撃・ブザー使用時LEDライト同時点灯

通学中はランドセルに、下校後も使える首かけタイプ

防犯ブザーはランドセルにつけるタイプが多いのですが、こちらは首からかけて使用する事もできるようになっています。登下校中だけしか防犯ブザーを持たないという子どもさんもいますが、いつでも身につけている事で、さらに犯罪抑止効果が上がりそうですね。

なお、こちらの製品の紐は簡単に外れる構造になっていますが、警報音に動転した犯人が紐を引っ張る場合も考えられます。いざという時のことを考慮して、音を鳴らしたら首から外す、遠くへ投げるなどの訓練はしておきましょう。

また、衝撃にも強いので、叩きつけられても簡単には壊れません。一度ブザーがなると大音量と同時にLEDライトが点滅し、周りに異常を知らせてくれますよ。

3位:Egomall 大音量防犯ブザー

Egomall 大音量防犯ブザー
666円(税込)

・音量:120dB
・電源:単五電池 12V 23A
・タイプ:ピンタイプ
・特徴:大音量タイプ

シンプルなデザインと充分な機能性

こちらの防犯ブザーの音量はなんと120dB!可愛らしいデザインからは想像しにくい大音量ですね。これはピンが完全に抜けるタイプ。いざという時にピンを投げてしまえば犯人は音を止める事ができません。

シンプルなデザインで軽量タイプですので、塾帰りのお子さんや女性の方まで、多くの方に好んでいただけそうな点もポイントです。

2位:ヨシオ 防犯ブザー プチアラーム2 生活防水型

ヨシオ プチアラーム2 生活防水型 PAW-20
1,017円(税込)

・音量:100dB
・電源:ボタン電池(LR44)×4個使用(テスト電池付属)
・タイプ:紐タイプ
・特徴:生活防水・ライトスイッチ付属

手が届きやすい長い紐もポイント

このブザーは雨の日でも安心な防滴構造になっています。長いピンを抜くと100dBもの大音量が鳴り続けます。

アラームが鳴っている間はライトが点滅するので遠くにいる人や、暗いところでもすぐに場所が確認できます。ライトスイッチを押すとライトが点灯するので、暗い時にはキーライトとしても使う事ができますよ。

紐が長く、防犯ブザーを持っているとアピールしやすいため、小物につけて盗難防止対策に使用している人もいます。扉などにつけて不審者対策に使う事もできますね。

1位:クツワ STAD 防犯ブザー

クツワ STAD 防犯ブザー SL018
840円(税込)

・音量:93dB
・電源:単4乾電池×2個(テスト用付属)
・タイプ:ピンタイプ
・特徴:対衝撃・LEDライト・防犯マニュアル付き

付属の防犯テキストで防犯意識の向上に

このブザーは大音量の93bB、一度作動させると5時間も鳴り続けます。引っ張りやすいリングで非常時にも引き抜きやすい構造になっています。

お子さん向けの防犯テキストがついていますので、子どもさん自身の防犯意識を高めるのにもオススメの防犯ブザーです。リングは抜けるタイプなので、本当に助けを求めたい時や、居場所を知らせたい時には良いですね。

サイズは大きめで、見た目でも抑止力があります。単4電池で動き、電池交換の時に近くのコンビニなどですぐに購入ができる点もオススメです。

防犯ブザーを正しく使うために

ここでは防犯ブザーを正しく使用するために必要な知識などをまとめましたので、一つずつ確認していきましょう。

1:いつでも使える状況にしておく

何かあった時に、ブザーがカバンの中にあり使う事が出来なかった。などと言う事にならないようにしましょう。また、意外に盲点ですが、つける位置も重要です。

ランドセルの横にぶら下げている子ども見かける事がありますが、これはすぐに手が届かないので危険です。ランドセルは必ず手の届く範囲である前につける様にしましょう。当然、バッグやカバンも同様に手の届く範囲内に設置する必要があります。

そして、つけただけで安心せずに必ず動作確認をする事も大切です。

2:使い方を忘れないように

何かがあった時に動揺して何も動く事が出来ずに被害にあってしまわないように、普段から避難訓練のように使い方を確認・練習しておく必要があります。

紐を引っ張るのか、引き抜くのか、ボタンを押すのかなど、事前に使用する防犯ブザーの使い方の確認・練習をしておく必要があります。お友達やお母さんが犯人役になるなどで、実際にシミュレーションしてみるのが良さそうですね。

3:壊れていないか確認する

2013年に国民生活センターが行なった調査によると、全体の半数以上で「音が鳴らない」「音が小さい」と言ったケースが見つかり、そのケースのうち、三分の一の原因が「電池切れ」でした。使用していなくても電池は徐々に減っていくため、いざという時に音がならない、なんて事は十分あり得ます。

また、衝撃などで気づかないうちに壊れていた…という場合もあります。動作の確認も定期的に行なっておきましょう。

まとめ

いかがでしたしょうか?防犯ブザーはできれば使用したくないものですので、明るい道を選ぶなどで普段から防犯意識をしっかり持っておく事はとても大切です。被害にあわないように、日頃からの準備が必要ですね!

大切な子どもたちに哀しい思いをさせない為、ぜひこの記事を一つのきっかけとして防犯対策について再確認していただければ幸いです。

関連記事

人気の記事