• 光デジタルケーブルのおすすめ人気ランキング10選【互換性が高くコスパも抜群の優秀アイテムを厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 光デジタルケーブルのおすすめ人気ランキング10選【互換性が高くコスパも抜群の優秀アイテムを厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 光デジタルケーブルのおすすめ人気ランキング10選【互換性が高くコスパも抜群の優秀アイテムを厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 光デジタルケーブルのおすすめ人気ランキング10選【互換性が高くコスパも抜群の優秀アイテムを厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 光デジタルケーブルのおすすめ人気ランキング10選【互換性が高くコスパも抜群の優秀アイテムを厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

光デジタルケーブルのおすすめ人気ランキング10選【互換性が高くコスパも抜群の優秀アイテムを厳選!】

AV機器同士を接続し、簡単に高音質デジタルサウンドデータを伝送できる「光デジタルケーブル」。エレコム・オーディオテクニカなど多くのメーカーが取り扱っていますが、コネクタの種類・素材・ケーブルの長さなども違うため、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、光デジタルケーブルを選ぶときに役立つポイントや、通販で手に入るおすすめの人気商品をランキング形式で紹介します。自分の環境やこだわりたいポイントに合ったケーブルを利用して、高音質なサウンドを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2018年12月05日
  • 141  views
目次

光デジタルケーブルでクリアなサウンドを手に入れよう

光デジタルケーブルでクリアなサウンドを手に入れよう
「光デジタルケーブル」というと、音質がいいイメージがありますが、メリットはそれだけではありません。「磁気の影響を受けないこと」「デジタル音声信号を送るので音質劣化がないこと」も、大きな魅力。ノイズが入らないからこそ、原音に近い高音質でクリアなサウンドを再現してくれます。

音楽プレイヤーや、HDDレコーダー・ゲーム機器の多くが光デジタルケーブルに対応。5.1・7.1Chのサラウンド音声データをケーブル1本で電送できるので、ホームシアターを作りたい人にもピッタリです。利用する機器や選び方のポイントを把握し、自分の環境にあったケーブルを選べば、サウンド環境をさらに良いものにしていくことができますよ!

光デジタルケーブルの選び方

では、さっそく光デジタルケーブルの選び方を見ていきましょう!

接続機器に合わせて端子を選ぼう

光デジタルケーブルは、端子形状の異なる2種類が販売されています。まずは利用したい機器機器に接続できる端子を選択することが必須です。

ゲーム機やシアターシステムへ接続するなら「光角型プラグ」を

ゲーム機やシアターシステムへ接続するなら「光角型プラグ」を

出典:amazon.co.jp

一般的に多くの機器へ接続できるのは、先端が角型になっている「光角型プラグ」です。パソコン・ゲーム機・テレビなどと大型アンプ・スピーカーを接続してホームシアター環境を作ったり、サラウンド対応のスピーカーとの接続に利用できます。


ホームシアター環境などを作るために利用するオーディオ機器の説明書に「光デジタルケーブル対応」と書かれている商品なら、「光角型プラグ」のケーブルを選んでおけば間違いありません。独特の形状のため、見間違えることも少ないでしょう。

ポータブル機器・小型AV機器への接続には「光ミニプラグ」を

ポータブル機器・小型AV機器への接続には「光ミニプラグ」を
角型とは違い小型のポータブルプレイヤーとAV機器を接続したい人は、アナログミニプラグと兼用できる「光ミニプラグ」対応のケーブルを選択しましょう。角型を搭載するスペースのないポータブル機器で利用するためのケーブルです。

片方が光ミニ・もう片方が光角型という商品を選べば、ポータブル機器を大型アンプやスピーカーへ接続して光デジタルの信号を送ることも可能。ポータブル機器で再生する音楽を大型スピーカーなどへ出力したいときにおすすめの方法です。

コアの素材は優先したいポイントを基準に選ぼう

どんな環境で利用するのか、優先したいスペックは何かに合わせて選べるよう、ケーブル内部で最も重要なコアの素材の特徴も把握しておきましょう。

高音質にこだわる人には「石英/グラスファイバー製」がおすすめ

高音質にこだわる人には「石英/グラスファイバー製」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

高音質のハイレゾ音源などに対応しているものを購入したい場合は、石英/グラスファイバー製のケーブルがおすすめ。低域から高音域までの高音質サウンドに対応しているのが一番のメリットです。


ただし、プラスチック製のケーブルに比べコストがかかるのが難点。また、折り曲げたり、ねじったりすると内部コアが割れて利用できなくなるため、利用時の取り扱いに注意が必要です。

取り回しのしやすさ優先なら「プラスチック光ファイバー」が最適

取り回しのしやすさ優先なら「プラスチック光ファイバー」が最適

出典:amazon.co.jp

長めのケーブルを利用して、取り回しのしやすさを優先するなら「プラスチック製(光ファイバー)」のケーブルを選択しておきましょう。多少曲げたりしても破損しにくく、ケーブル購入コストを抑えることができます。


周りに物が多く、多少曲げなければ、機器同士を接続できない場合でも心配せずに利用することが可能。ただし、プラスチック製のコアのため、高音になる場所に置かないように注意しましょう。

無駄のない長さを選ぶことも重要

無駄のない長さを選ぶことも重要

出典:amazon.co.jp

光デジタルケーブルは、デジタル信号をケーブルを通して伝送するため、長さは必要最低限にしておきましょう。長いほど伝送時の信号損失が増加する原因にもなります。また、短いほど信号損失が避けられるのは確かですが、曲げたり引っ張られたりするとケーブル自体が破損してしまうため、多少の余裕のある長さにしておくと安心です。


光デジタルケーブルは、同じシリーズ内で複数の長さが販売されているため、購入前に必ず接続機器同士を繋ぐために必要な長さを計測してから選んでくださいね。

コスト・素材が同じなら耐久性のある金メッキ加工が◎

コスト・素材が同じなら耐久性のある金メッキ加工が◎

出典:amazon.co.jp

コアに利用されている素材・長さも同じで、同価格帯の商品が複数ある場合は、耐腐食性のある「金メッキ加工」を選択するといいでしょう。金メッキ加工されているものは、ノーマルと比較すると酸化しにくいのが特徴。電気信号を伝送するケーブルですので、機器同士が繋がる端子先端部分の耐久性が高いのは大きなメリットになります。

光デジタルケーブルの人気ランキング10選

では、ここまで見てきた選び方を踏まえて、光デジタルケーブルの人気商品をランキング形式で見ていきましょう!

10位

Cable MattersToslink デジタルオーディオ オプティカルケーブル

799円 (税込)

端子タイプ角型ー角型コアプラスチック光ファイバー
長さ90・180cm金メッキ
9位
ART LINK オプティカルデジタルケーブル
出典:amazon.co.jp

オーディオテクニカART LINK オプティカルデジタルケーブル

AT-EDP1100/1.3

3,770円 (税込)

端子タイプ角型ー角型コアプラスチック光ファイバー
長さ70・130cm金メッキ
8位

FosPower光デジタルオーディオケーブル

FOSCBL-2031

799円 (税込)

端子タイプ角型ー光ミニプラグコアプラスチック光ファイバー
長さ90・180・300・450・750cm金メッキ
7位
SUPRA ZACシリーズ 光ケーブル
出典:amazon.co.jp

サエクSUPRA ZACシリーズ 光ケーブル

ZAC-MINI0.3

4,317円 (税込)

端子タイプ光ミニプラグー光ミニプラグコア樹脂ファイバー(ガラスファイバーと同系統)
長さ15・30・100cm金メッキ
6位
光デジタルケーブル
出典:amazon.co.jp

オーディオテクニカ光デジタルケーブル

AT-OPX1/1.0

1,458円 (税込)

端子タイプ角型ー角型コアプラスチック光ファイバー
長さ50・100・150・200・300・500cm金メッキ
5位
端子タイプ角型ー角型(変換コネクタ付き)コアグラスファイバー
長さ100cm金メッキ
4位

iVANKYToslink 光デジタル オーディオケーブル

899円 (税込)

端子タイプ角型ー角型コアプラスチック光ファイバー
長さ180・300m金メッキ
3位
オプティカルデジタルケーブル
出典:amazon.co.jp

オーディオテクニカオプティカルデジタルケーブル

ATSDP2000/1.3

11,800円 (税込)

端子タイプ角型ー角型コア石英ファイバー
長さ130cm金メッキ
2位
光デジタルケーブル
出典:amazon.co.jp
端子タイプ角型ー角型コアプラスチック光ファイバー
長さ50・100・150・200・300・500cm金メッキ
1位

AmazonBasicsTOSLINK デジタルオーディオ オプティカルケーブル

HL-003144

546円 (税込)

端子タイプ角型ー角型コアプラスチック光ファイバー
長さ100・180・300cm金メッキ

人気光デジタルケーブルの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格端子タイプコア長さ金メッキ商品リンク
1
TOSLINK デジタルオーディオ オプティカルケーブル

AmazonBasics

TOSLINK デジタルオーディオ オプティカルケーブル

Amazonレビュー500件超えの人気商品546円(税込)角型ー角型プラスチック光ファイバー100・180・300cm詳細を見る
2
光デジタルケーブル

エレコム

光デジタルケーブル

コスパも◎!破損に強く耐久性に優れているのが魅力707円(税込)角型ー角型プラスチック光ファイバー50・100・150・200・300・500cm詳細を見る
3
オプティカルデジタルケーブル

オーディオテクニカ

オプティカルデジタルケーブル

とことん音質に拘ってケーブルを選びたい人はコレ11,800円(税込)角型ー角型石英ファイバー130cm詳細を見る
4
Toslink 光デジタル オーディオケーブル

iVANKY

Toslink 光デジタル オーディオケーブル

コストを抑えて光デジタルケーブルを試してみたい人に899円(税込)角型ー角型プラスチック光ファイバー180・300m詳細を見る
5
GlassBlack2plus

Wisetech

GlassBlack2plus

角型からミニプラグへの変換コネクター付きの高性能ケーブル5,114円(税込)角型ー角型(変換コネクタ付き)グラスファイバー100cm詳細を見る
6
光デジタルケーブル

オーディオテクニカ

光デジタルケーブル

デザインと付け外しのしやすさが人気のケーブル1,458円(税込)角型ー角型プラスチック光ファイバー50・100・150・200・300・500cm詳細を見る
7
SUPRA ZACシリーズ 光ケーブル

サエク

SUPRA ZACシリーズ 光ケーブル

ポータブル機器同士を接続したいときにぴったりの高性能ケーブル4,317円(税込)光ミニプラグー光ミニプラグ樹脂ファイバー(ガラスファイバーと同系統)15・30・100cm詳細を見る
8
光デジタルオーディオケーブル

FosPower

光デジタルオーディオケーブル

選べる長さが豊富!取り回し優先ならこれでキマリ799円(税込)角型ー光ミニプラグプラスチック光ファイバー90・180・300・450・750cm詳細を見る
9
ART LINK オプティカルデジタルケーブル

オーディオテクニカ

ART LINK オプティカルデジタルケーブル

落ち着いたサウンドが好きな人におすすめ3,770円(税込)角型ー角型プラスチック光ファイバー70・130cm詳細を見る
10
Toslink デジタルオーディオ オプティカルケーブル

Cable Matters

Toslink デジタルオーディオ オプティカルケーブル

耐久性が高く幅広い互換性を持ったケーブル799円(税込)角型ー角型プラスチック光ファイバー90・180cm詳細を見る

変換アダプタを使えば、角型・ミニプラグ両方に使える

変換アダプタを使えば、角型・ミニプラグ両方に使える

出典:amazon.co.jp

角型・ミニプラグ両方に対応させたい場合は、変換アダプタを利用してみましょう。光角型プラグと光ミニプラグは同じ伝送信号を利用しているので、変換プラグを利用すればどんな機器にも接続することができます。

両方角型になっているプラグを購入しておき、必要なら変換アダプタを利用して光ミニプラグ対応のプレイヤーやスピーカーに接続するのも1つの方法。デジタル信号を利用するため、変換機器を接続しても音質劣化することはありません。汎用性の高いケーブルを手に入れたいなら、変換アダプタの利用も検討してみるとよいでしょう。

PC・スマホ接続時は「USBケーブル」も選択肢に

PCやスマホ、ポータブルプレーヤーなどとオーディオ機器を接続する場合は、USBケーブルも選択肢に入れてみましょう。光デジタルケーブルに比べると多少音質は劣りますが、ハイレゾ対応のものや、ノイズ軽減に役立つ工夫が施されているものなら、クリアなサウンドを楽しめますよ。ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

光デジタルケーブルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、光デジタルケーブルのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回は、光デジタルケーブルを選ぶときのポイントをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?光デジタルケーブルは、オーディオ機器のサウンドをより高音質で手軽に楽しみたい人におすすめのケーブル。使い方や適したケーブルを利用すればアナログ接続より良い環境が手に入ります。


この記事のランキングで紹介している商品は、通販でも評価が高い人気商品ばかりです。利用者レビューやこの記事の選び方も参考に商品を比較検討し、高音質のサウンド環境を手に入れましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す