1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 喫煙具
  6. >
  7. ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選【葉巻の保存に最適】
  • ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選【葉巻の保存に最適】のアイキャッチ画像1枚目
  • ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選【葉巻の保存に最適】のアイキャッチ画像2枚目
  • ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選【葉巻の保存に最適】のアイキャッチ画像3枚目
  • ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選【葉巻の保存に最適】のアイキャッチ画像4枚目
  • ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選【葉巻の保存に最適】のアイキャッチ画像5枚目

ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選【葉巻の保存に最適】

シガーを嗜むために、避けて通れないのがヒュミドール(葉巻ケース)の存在です。最低限保存するだけならプラスチック製の保存容器等でも問題はありませんが、しっかりとしたヒュミドールで長期保存したシガーにはスペイン杉独特の香りが纏いつき、その味わいをさらなる高みへと誘ってくれます。


そんなヒュミドールを手に入れようと思う際、悩ましいのがどれを選ぶべきかということ。頻繁に買い替えるものでもありませんし、正直何を基準にすれば良いのかも謎なもの。そこで今回は、ヒュミドール選びのポイントや人気アイテムも10選でご紹介していきます。おすすめ商品が多数登場しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 最終更新日:2020年06月10日
  • 13,807  views
目次

ヒュミドールの選び方

それでは早速ヒュミドールの選び方について見ていきましょう。ポイントを押さえておけば、自分にぴったりのアイテムが見つかりますよ!

どれくらいの数を保存する?まずはサイズをチェック

どれくらいの数を保存する?まずはサイズをチェック
まず考えておくべきは、どれくらいの数をストックしたいのかです。それによって適切なヒュミドールのサイズは変わってきます。目指すべきはヒュミドールの5割から6割をシガーが占めているという状態です。

そもそもシガーは適切な温度・湿度で管理されていないと味が落ちてしまいます。ヒュミドールの中があまりにキツキツだと、シガーに湿気がしっかりと行き渡らせることができません。また珍しいシガーを見つけたとして、もう入らないから…なんて悲しいことも起きてしまいます。


一方でスカスカすぎると、蓋を開け閉めした際に外気の影響を受け、ヒュミドール内の温湿度が一気に変化してしまうため、ちょうど良いのが庫内の5~6割をシガーが占めているという状態です。20本を保管するのか、100本を保管するのかをしっかりと見極めて、適切なサイズを選びましょう。

ガラストップと木製トップのどちらを選ぶ?

ガラストップと木製トップのどちらを選ぶ?

ヒュミドールを選ぶ際、気になるのがガラストップのもの。ガラストップのヒュミドールはインテリア性も高まりますし、中のシガーが見えるのもポイント。自慢のシガーをいつでも眺められるというのは至福のひとときですよね。


一方、保管するという点を重視するなら、やはり蓋も木製のものがおすすめ。というのも、シガーは紫外線によって少なからずダメージを受けるからです。木製の蓋であれば光は完全にシャットアウトできるので、安心して保管できます。


とはいえ、木製の蓋が完璧であるというわけではありません。やっぱり中のシガーの状態が気になり、ついつい無駄に蓋を開け閉めしてしまうことも。長期保存用に木蓋のものを、直近で吸う用にガラストップのヒュミドールを用意するのが理想と言えるでしょう。

複数の種類を嗜むなら、仕切り付きが○

複数の種類を嗜むなら、仕切り付きが○

シガーにハマりだすと、だんだんいろんな種類を試してみたくなるものです。安定のキューバンシガーに、力強い味わいが特徴のニカラグア産、ダビドフを擁するドミニカ共和国産も見逃せません。また普段はシガリロで、週末だけプレミアムシガーという人も多いはず。


何種類かのシガーを楽しみたいなら、仕切りの付いたタイプがおすすめ。細かく仕切られたものなら、葉巻の分類や管理も楽になります


もちろん、そんなにストックしないという人であれば仕切りは不要なので、今後のシガーライフを含めどういった付き合い方をしていくのかによって、最適なものをお選びくださいね。

内張りはスペイン杉(セドロ)がベター

内張りはスペイン杉(セドロ)がベター

ヒュミドールを選ぶ際、内張りの素材も気にしたいもの。基本的にはスペイン杉(別名セドロ)がベターです。


スペイン杉には害虫を防ぐ、湿度を一定に保つなどの効果があり、葉巻にとっては良いことづくめ。工場で熟成させる際にもスペイン杉張りの部屋で行われるなど、葉巻にとっては欠かせない素材です。

湿度計の有無も気にしておこう

湿度計の有無も気にしておこう

ヒュミドールの中には、加湿器が内蔵されているものも多くあります。シガーの管理において湿度は重要な要素ですから、付いている方が良い気がしますよね。とはいえ、必ずしもそうとは言い切れません。


というのも、付属の湿度計がどこまで信用できるか分からないからです。湿度管理にもしっかりとこだわりたいなら、別途用意した方が良いでしょう。


最小限で済ませたいという場合や、湿度の管理はある程度で良いという人であれば、湿度計付きがおすすめですが、逆にしっかりと湿度管理をしたいなら、プラスアルファでデジタルの加湿器を購入することをおすすめします。

ヒュミドールのおすすめ人気ランキング7選

人気のヒュミドールをランキング形式でご紹介していきます。それぞれについての特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月24日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

7位
対応本数50本
トップ素材
内張りスペイン杉
仕切り
湿度計
6位
対応本数50本
トップ素材
内張りスペイン杉
仕切り
湿度計-
5位
対応本数21本
トップ素材
内張り
仕切り
湿度計
4位
対応本数6〜8本
トップ素材木(蓋内側)・PUレザー(蓋外側)
内張りスペイン杉
仕切り
湿度計
3位
対応本数5本
トップ素材木(蓋内側)・レザー(蓋外側)
内張りスペイン杉
仕切り
湿度計
2位
対応本数20本
トップ素材
内張りスペイン杉
仕切り
湿度計
1位
対応本数60本
トップ素材
内張り-
仕切り
湿度計

人気ヒュミドールの比較一覧表

商品画像
1
ヒュミドール 柘製作所 ヒュミドールM 1枚目

柘製作所

2
ヒュミドール ViaGasaFamido 木製ヒュミドール  1枚目

ViaGasaFamido

3
ヒュミドール PIPITA レザーヒュミドール 1枚目

PIPITA

4
ヒュミドール STRADE Fareast Limited. ヒュミドール チューブ 1枚目

STRADE Fareast Limited.

5
ヒュミドール SHUNTE 寄木細工 ヒュミドール 1枚目

SHUNTE

6
ヒュミドール SIGLO メイプル ヒュミドール 1枚目

SIGLO

7
ヒュミドール LCIGAR ヒュミドール キャビネット 1枚目

LCIGAR

商品名

ヒュミドールM

木製ヒュミドール

レザーヒュミドール

ヒュミドール チューブ

寄木細工 ヒュミドール

メイプル ヒュミドール

ヒュミドール キャビネット

特徴シンプルでありながら必要な機能をしっかりと備えたヒュミードル小さめサイズで旅行にも!前面の湿度計で状態を確認しやすいシガーを持ち歩く人におすすめ!ビンテージ風の本デザイン...筒型のユニークなヒュミドール!持ち運びやすさと品質保持を両立寄木細工が目を引く美しさ。特別なヒュミドールをお探しの人に品質とデザイン性を両立したオールハンドメイドのヒュミドール3段の引き出しに50本保管可能。高級感のあるブラックデ...
最安値
8,800
送料無料
詳細を見る
5,079
送料無料
詳細を見る
4,290
送料別
詳細を見る
3,840
送料要確認
詳細を見る
24,240
送料要確認
詳細を見る
99,000
送料要確認
詳細を見る
9,760
送料別
詳細を見る
対応本数60本20本5本6〜8本21本50本50本
トップ素材木(蓋内側)・レザー(蓋外側)木(蓋内側)・PUレザー(蓋外側)
内張り-スペイン杉スペイン杉スペイン杉スペイン杉スペイン杉
仕切り
湿度計-
商品リンク

ヒュミドールの使い方も押さえておこう

ヒュミドールの使い方も押さえておこう

ヒュミドールを購入したらすぐにでも葉巻を入れたくなりますが、購入した状態ではヒュミドール内の湿度が安定しておらず、葉巻が乾燥してしまう可能性があります。


そのため、ヒュミドールを使う際には以下のような準備を行う必要があります。まず加湿用として、不純物を含まない精製水を用意しましょう。というのも、水道水ではカビなどが発生してしまう可能性があるから。大切なシガーを守るためには、多少の出費はやむを得えません。


最初のステップとしてヒュミドールの加湿器に精製水をたっぷりとしみこませたら、2週間ほど放置してください。加湿器が乾燥していたら、その都度精製水を追加です。


そして湿度が70%まで上がり、ある程度安定してきたら、いよいよ葉巻を収納です。内側のスペイン杉がたっぷりと湿気を吸い込んでいるので、多少の開け閉めでは中が乾燥してしまうこともありませんよ。

シガーアイテムにもこだわりを

ヒュミドールを手に入れて充実のシガーライフを送るのであれば、せっかくですからその他の道具にもこだわりたいもの。この機会に新調してみてはいかがですか?

吸う前のひとときを演出してくれるシガーカッター

吸う前のひとときを演出してくれるシガーカッター

ヒュミドールを購入しようという皆様ですからお気づきとは思いますが、シガーカッターは重要です。切れ味が悪いと、シガーの屑が口に入って不快な思いをすることもしばしばです。


また、カットの仕方によって、シガーの味わいは変化するもの。せっかくですから、フラットカット用・パンチカット用と揃えておけば、それだけシガーの楽しみは増えていきます。


シガーカッター選びで重要なポイントはとにかく切れ味です。3枚歯の複雑な形状をしたハサミなど形は様々ですが、形よりも何よりも、とにかく切れ味が大切。購入する際には、アマゾンのレビュー欄などをしっかりとチェックしておきましょう。

しっかりと着火してくれるガスライター

しっかりと着火してくれるガスライター

シガーを美味しく味わうためには、しっかりと着火されていることが大前提。きちんと着火されていないと力強く吸い込むことになり、無駄につらくなってしまいます。あくまでもしっかり火がついたシガーをゆっくりと燻らせてこそ、その本当の味わいが楽しめるものです。


シガーの着火には、火力の強いターボライターがおすすめ。ガス式のライターで一気に着火すればキレイに火がつきます。具体的には、Windmill社のBEEP 3などがシガー愛好家の高い評価を得ていますよ。


デュポンなどの高級ライターでのんびりと火をつけるのも楽しいものですが、そこにはそれなりの時間と、テクニックが必要とされます。なお、ジッポライターに代表されるオイルライターはシガーには不向きとされています。よほどのこだわりがない限り、ガスライターがおすすめです。

まとめ

ヒュミドールの選び方とおすすめのアイテムをご紹介しましたが、気になるものは見つかりましたか?


ヒュミドールがあれば、お気に入りを安心してストックできたり、シガーの長期保管に挑戦できたりとさまざまなメリットがあります。この機会にぜひ素敵な一台を手に入れて、より充実したひとときをお過ごしください。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ