• 【おしゃれ!】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【おしゃれ!】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【おしゃれ!】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【おしゃれ!】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【おしゃれ!】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【おしゃれ!】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング10選

手巻きタバコの収納に便利な、「手巻きタバコケース」。日本では機械巻きで売られているタバコが一般的なのですが、手巻きタバコは外国では「RYO=Roll Your Ow」と呼ばれていて愛好家が多いですし、日本でもタバコに対する知識が豊かな、通なタバコの吸い方として人気があります。そんな、手巻きタバコ愛好家にとって、ケースは必要不可欠なアイテムで、シガレットケース型・シャグや巻紙も収納できるポーチ型など形状の違いや、携帯のしやすさなど特徴もさまざまです。

そこで今回は手巻きタバコケースを、あらかじめ手巻きしたタバコを収納するシガレットケース型と、道具ごと持ち歩いてどこでも手巻きができるポーチ型と分けて、おすすめ人気ランキングをご紹介します。手巻きタバコ愛煙家の人も、これから手巻きタバコを始めようと考えている人も、必見ですよ。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 34,219  views
目次

手巻きタバコケースを使うメリットは?

「手巻きタバコケース」とは、手巻きタバコを収納し、保管するためのアイテムのこと。機械巻きのタバコの場合はケースごと製品を買ってくるので面倒はないのですが、手巻きバタコとなると、そうはいきません。手巻きタバコを作り置きしておくか、シャグと呼ばれる刻んだタバコの葉や巻紙、フィルターやローラーもしくはチュービングマシーンを持ち歩いていないとすぐにタバコが吸うことができないので、非常に不便ですよね。

その点手巻きタバコケースがあれば、いつでも手巻きタバコを吸うことができるので、イライラしません。手巻きタバコは機械巻きのタバコよりも劣化しやすく、ケースに入れて適正に保管しないと香りも味も悪くなってしまうので、タバコを吸うためにもケースは必要不可欠です。

手巻きタバコは趣味の範囲で楽しむだからこそ、おしゃれな持ち物を持っていれば、気分も盛り上がります。手巻きタバコケースにはダンディなものからファッショナブルな商品が揃っていますから、お気に入りのケースを見つけて周りと差をつけましょう。

手巻きタバコケースの選び方

手巻きタバコケースは、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

吸い方にあわせてタイプを選ぶ

手巻きタバコケースには、形状によって次の2つのタイプがあります。自分のタバコの吸い方にあわせて、まずはケースのタイプを選んでいきましょう。

シガレットケース型:自分の手作りタバコを人にすすめるのもスマート

シガレットケース型は金属やプラスチックなどでできていて、しっかりとした強固なつくり。できあがった手巻きタバコをきれいに保管して、サッと取り出すだけでもおしゃれですよね。デザインはシンプルでダンディな雰囲気が多いのですが、彫刻の入った華やかなケースを選ぶのもおすすめです。

基本的に薄型の商品が多いのですが、自分が作りタバコのサイズやタバコを吸う頻度、持ち歩く必要本数を考慮して、自分に合ったケースを選びましょう。

ポーチ型:人前で自分の手巻きスキルを披露できる

ポーチ型はできたタバコだけでなく、シャグや巻き紙などの道具も収納することができるため、「シャグ・ポーチ」と呼ばれることもあります。皮革や布で作られており、形を柔軟に変えることができるのが特徴。厚みのあるローラーも持ち運べますし、いれるシャグの量も自由に調整できるので、便利ですよね。

カラフルな商品が多いのもポーチ型の魅力です。目立つデザインのものを選べば、手巻きタバコを作って周りを驚かせるだけでなく、嫌われがちなタバコをおしゃれな趣味に変えてくれますよ。

きちんと閉まるケースをチョイス

刻んだタバコ葉はとてもデリケート。近くに強い香水をつけた人がいると、タバコの葉も香水臭くなるほど周りの香りの影響を受けやすいので、ケースは周りの香りを遮断し、タバコ自体の香りを邪魔しない商品が理想です。

手巻きタバコは機械巻きタバコよりも乾燥にも弱いので、香りや乾燥からしっかり守れる密閉性の高いケースを選んで、芳醇な香りを楽しみたいですね。

携帯のしやすさも考慮したい

手巻きタバコケースは、いつでもおいしいタバコを味わうためのアイテム。吸い過ぎには十分注意が必要ですが、お出かけ先でもちょっと一服したいと考えるのなら、手巻きタバコケースは実際に手に取ってみて、携帯しやすい商品を選びましょう。

携帯のしやすさを考慮するときに、大事なのはケースの硬さです。シャツやズボンのポケットに入れる場合は折れないように固めのケースがおすすめ。かばんに入れて持ち歩くなら、多少やわらかくてもOK。自分の持ち運ぶスタイルによって好みの硬さを選ぶのが良いですね。また、カラビナやDカン付きのベルトなどにぶら下げて携帯するタイプはデザイン性の良いものが多いですよ。

【シガレットケース型】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング5選

それでは、「シガレットケース型」と「ポーチ型」に分けて、ランキングをご紹介していきます。まずは、でき上がった手巻きタバコを収納する、シガレットケース型のおすすめ商品を見ていきましょう。

5位:柘製作所 ロールミーアップ・シガレットケース

柘製作所 ロールミーアップ・シガレットケース ゴールド #63076
出典:amazon.co.jp
柘製作所 ロールミーアップ・シガレットケース ゴールド #63076

864円 (税込)

詳細情報
・本体サイズ:長さ6.5×幅7.4㎝
・重量:41g
・材質:ABS樹脂

軽くて軽量・コスパ良し

輸入たばこから昔ながらの煙管など、さまざまなタバコや関連アイテムを販売しているのが、創業100年を迎えようとする柘製作所。こちらの樹脂製の手巻きタバコケースはクロコダイル調で、1,000円以下とは思えない雰囲気ですよ。蓋を開けたらそのままスッと口にタバコをくわえることができるので、とってもダンディです。

4位:ストール タバコケース

ストール タバコケース ブラック 3-11715-10
出典:amazon.co.jp
ストール タバコケース ブラック 3-11715-10

2,914円 (税込)

詳細情報
・本体サイズ:縦11.5×横7.4×厚さ2.4㎝
・重量:100g
・材質:鉄・PVC

ビジネスシーンにもピッタリ

ビジネスシーンにもピッタリ

出典:amazon.co.jp

こちらはドイツのメタルワークの老舗メーカー、ストールの手巻きタバコケースです。ずっしりとした重みと耐久性のあるメタルケースを、合成皮革で飾っています。ダンディを目指す男性なら、1個は欲しいケースですよね。黒だけでなく、赤などのカラフルな商品もありますので、自分に合ったカラーを選びましょう。

3位:ササキ工芸 チェリオ タバコケース

ササキ工芸 チェリオ タバコケース CIG-SHT
出典:amazon.co.jp
ササキ工芸 チェリオ タバコケース CIG-SHT

5,600円 (税別)

詳細情報
・本体サイズ:縦9.5×横6.8×厚さ2.0㎝
・重量:5g
・材質:ウォルナット

天然木材でナチュラルな雰囲気に

こちらは北海道は旭川にある工芸品メーカー、ササキ工芸の手巻きタバコケース。高級な国産木材、ウォルナットを使っています。木製のケースは蓋を取るだけのポップアップ型が多いのですが、こちらは蓋が横に開くので、1本1本がとっても取り出しやすいんです。

しかも家具メーカーならではの技術で、蓋がしっかり閉まります。ポケットだけでなくカバンに入れて持ち歩いても、タバコがこぼれるなんて心配はいりません。

1個づつ職人さんの手作りで作られる、色も形も世界にたったひとつの手巻きタバコケース。使うほどに手の脂を吸って風合いが変わっていきますから、長く愛用できる贅沢な一品ですよ。

2位:坪田パール ポップアップ シガレットケース

坪田パール ポップアップ シガレットケース

2,800円 (税込)

詳細情報
・本体サイズ:縦9.2×横6.2×厚さ3.6㎝
・重量:75g
・材質:アルミ・鉄・本革

手巻きタバコをたっぷり収納

こちらは1952年に創業の歴史を誇り、タバコや喫煙具、金属・革を使った小物の製造・販売を手広く手掛ける、坪田パールの手巻きタバコケース。アルミ製のボディなのでメンテナンスフリーですし、持ち手の部分には本革をアレンジしているので、真鍮製のケースのような高級感が魅力の商品です。

こちらはレギュラーサイズの手巻きタバコが、20本前後とたっぷり収納できます。側面の小さなボタンをワンプッシュするだけでカパッと蓋が開きますので、タバコの取り出しもスムーズですよ。

ちょっと厚みがありますが、蓋がカチッとしっかる閉まる仕様なので、カバンなどに入れれば持ち歩きもOK。卓上に据え置いて使ってもゴージャスな雰囲気なので、手巻きタバコ愛煙家の人へのプレゼントにもおすすめです。

1位:コルツ タバコケース

コルツ タバコケース ブラック CO-CASEBN
出典:amazon.co.jp
コルツ タバコケース ブラック CO-CASEBN

2,195円 (税込)

詳細情報
・本体サイズ:縦7.3×横6.6×厚さ1.35㎝
・重量:54g
・材質:ニッケルシルバー

単なるおしゃれな模様ではないのがミソ

単なるおしゃれな模様ではないのがミソ

出典:amazon.co.jp

コルツというと、知る人ぞ知るデンマークの老舗タバコメーカー。初心者でも巻きやすい細切りのシャグだけでなく、こちらのようなスタイリッシュなタバコケースも、数多く販売しています。

こちらは厚さ1.35㎝という、とってもスリムな薄型の手巻きタバコケース。レギュラーサイズのタバコなら、両面あわせて18本収納して持ち歩けます。蓋がしっかり閉まる頑丈なケースなので、夏にワイシャツのポケットに入れて外出しても、タバコが折れたり湿気ったりせず、香りも味も巻いたときのまま楽しめますよ。

一見すると、外側に模様がついたしゃれたデザインなのですが、実はコレ、ケース内側でタバコ1本1本を支えるガイドなんです。こういったガイドがあるからこそタバコが動かず、巻き崩れもありません。おしゃれな雰囲気でも実用的、そんな男らしさがウケて、一個かったらもう一個欲しいという人が続出するの、人気の高い手巻きタバコ用ケースです。

【ポーチ型】手巻きタバコケースのおすすめ人気ランキング5選

次は、シャグや巻紙などの道具ごと収納して、必要な都度手巻きタバコを作ることができる、ポーチ型の手巻きタバコケースのおすすめ商品のランキングを見ていきましょう。

5位:カヴァッザ 牛革製 手巻きタバコ用ポーチ

カヴァッザ 牛革製 手巻きタバコ用ポーチ TP-18

4,000円 (税別)

詳細情報
・本体サイズ:縦15.5×横7.5㎝
・重量:75g
・材質:牛革

花柄なのにダンディ

こちらはドイツ製、カヴァッザの本牛革を使ったポーチ。一見硬そうに見えるのですが、ストーンウォッシュ加工をしたしなやかな革なので、手触りは良好です。牛革はタバコの葉が湿りにくいので、タバコケースに向いた材質ですよ。こちらのケースは3つに折りたたむことで余計な香りもつきにくいので、味や香りにうるさいタバコ通でも、安心して使えますよ。

4位:マヴァ 本革ロールアップ ポーチ

マヴァ 本革ロールアップ ポーチ MAVA3-07651

4,050円 (税別)

詳細情報
・本体サイズ:縦16.0×横7.5㎝
・重量:59g
・材質:本革

イタリアらしいカラフルなデザインが魅力

こちらはイタリア人デザイナーによる、カラフルでポップなポーチタイプの手巻きタバコ用ケース。2つ折にしてからヒモでキュッと巻いて止めますが、中に入れるシャグやタバコの吸う量にあわせて、よりスリムにも巻けます。手巻きタバコを吸うデザイナーが、「こんな機能があったらいいな」というコンセプトで制作しているので、ペーパーホルダーやフィルター用仕切りが使いやすく、とっても機能性だと評判の良い商品ですよ。

3位:アストルフィ 手巻きポーチ

アストルフィ 手巻きポーチ

20,000円 (税別)

詳細情報
・本体サイズ:縦16.5×横9.2×厚さ2.0㎝
・重量:104g
・材質:イタリアンレザー

柔らかなイタリアンレザーが魅力

こちらは柔らかなイタリアンレザーを使った、3つ折りにして巻いて止めるポーチタイプの手巻きタバコ用ケース。しっかりとした厚みがあるので、中に入れたものがごわつきません。サイズ調整ができるので、ロール機も入れて持ち歩くことができますよ。

樹脂や自然の植物だけを使ってなめした、ベジタブルタンニングレザーなので、濡れても乾燥が早いのが魅力。シャグを乾燥から守ってくれますし、しっかりとした縫製なので擦り切れの心配がなく、耐久性も抜群です。

長く愛用する程風合いの出るケースなのですが、やっぱりお値段が高め…。でも、イタリア製のブランドのカバンなどに比べればはるかにお得ですし、お金を出す価値のあるレザー製品です。仕事を頑張っている自分のご褒美に、いかがですか?

2位:喫煙具のハヤミ ロールアップ手巻きたばこ&パイプポーチ

喫煙具のハヤミ ロールアップ手巻きたばこ&パイプポーチ

5,400円 (税込)

詳細情報
・本体サイズ:縦18.0×横8.3×厚さ1.6㎝
・重量:表示なし
・材質:綿・ピッグスエード

マチ付きだからたっぷり入る

喫煙具のハヤミは手巻きタバコやパイプなどの喫煙具だけでなく、ライターやタバコケースなどのさまざまな雑貨を取り扱っているネットショップ。こちらはメイドインジャパンな和柄のポーチで、浴衣などとあわせて持ってもサマになりそうですね。

海外から輸入されたタバコケースの場合は、「ポーチが小さい」という感想を持つユーザーが多いのですが、こちらは長さも幅もちょっと大きめ。側面にはマチがついているので、厚みのあるジッポもロール機も、スッキリキレイに収納できますよ。

こちらは落ち着いたチェック柄ですが、同じシリーズにはブルーのストライブ柄もあって、タバコ好きなカップルで持つのもおすすめです。内部はしなやかな豚革を贅沢に使っていますので、長く愛用してください。

1位:坪田パール 手巻きタバコポーチ

坪田パール 手巻きタバコポーチ 08643 オリーブ

1,710円 (税別)

詳細情報
・本体サイズ:縦19.0×横8.0×厚さ3.5㎝
・重量:73g
・材質:ポリ塩化ビニル

サイドのDカンを使ってベルトにも取り付け可能

ポーチ型の手巻きタバコケースのおすすめナンバーワンは、日本の喫煙用具の老舗メーカー、坪田パールが販売しているこちらのポーチ。ポーチ型の手巻きタバコ用ケースは海外メーカーのものが人気で、意外と高級志向が強いのかと思いきや、やっぱりコスパの良さは魅力的なんですね。

ですが、こちらはお手頃価格でもスナップでしっかりと閉まる作りですし、シャグを入れる部分はゴム素材のインナーを採用しているので、ハードなアウトドアなどに持ち歩いても、中のシャグがこぼれるなんてことはありません。安心して使えるからこそ、ユーザーの注目度が高いんです。

背面外側にはチャックのついたポケットがあり、予備のペーパーも入れておけます。内側のペーパーホルダーはティッシュのように巻紙を1枚ずつ取り出せる工夫がしてあるので、スムーズにタバコが作れて便利。同じシリーズに黒やターコイズ、迷彩柄もありますので、カラーを変えて揃えて、気分によって使い分けても楽しめる一品ですよ。

まとめ

手巻きタバコケースのおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

「ケムイし、クサイ」とお部屋の片隅に追いやられがちな愛煙家にとっては、手巻きタバコは珍しさからも、「何それ、ステキ!」と目を引くベスト・アイテム。ぜひ周りをうならせるカッコイイ手巻きタバコケースを見つけて、自分の魅力をアピールしましょう♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す