1. TOP
  2. >
  3. 自動車・バイク
  4. >
  5. バイク用品
  6. >
  7. バイク用オイルフィルターのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群でろ過性能が高いのはどれ?】
  • バイク用オイルフィルターのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群でろ過性能が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • バイク用オイルフィルターのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群でろ過性能が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • バイク用オイルフィルターのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群でろ過性能が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • バイク用オイルフィルターのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群でろ過性能が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • バイク用オイルフィルターのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群でろ過性能が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

バイク用オイルフィルターのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群でろ過性能が高いのはどれ?】

バイクのエンジンオイルを綺麗な状態に保ってくれる「バイク用オイルフィルター」。定期的に交換することで、大切なバイクを長く維持していくことができます。しかし、デイトナ・べスラ・キジマなど有名なメーカーが多数販売しており、性能や設計も異なるため、どのフィルターを選べばよいのか分からない人もいるのではないでしょうか。


そこで今回は、バイク用オイルフィルターを選ぶときの参考になるポイントをご紹介。また通販レビューでも評判のおすすめ商品を人気ランキング形式でお伝えしていきます。エンジンオイルだけでなく、オイルフィルターも定期的に交換して、大切なバイクをしっかりメンテナンスしておきましょう。

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 7,351  views
目次

バイク用オイルフィルターの選び方

では、さっそくバイク用オイルフィルターの選び方を見ていきましょう!

まずは利用できるタイプをチェックしよう

まずは利用できるタイプをチェックしよう

出典:amazon.co.jp

バイク用オイルフィルターは、「カートリッジタイプ」と「内蔵タイプ」の2つに分かれます。そのため、まずは自分のバイクの取り付け方式に合うタイプを選んでいくことが大事です。


ケースごとに取り換える「カートリッジタイプ」は、スポーツバイクなどの大型バイクでよく使用されている商品。一方、内蔵タイプは、大型のクラシックバイクやスクーターなどの場合に利用されていることの多い商品です。どちらもバイクを見ればすぐに判断できますが、間違えてしまうと利用できないため、しっかり確認してから購入しましょう。

バイクのメーカー・車種に適合する商品を選ぼう

バイクのメーカー・車種に適合する商品を選ぼう

出典:amazon.co.jp

取り付けるフィルタータイプを絞ったら、次にフィルターの適合性もチェックしておきましょう。それぞれのバイクには、ヤマハ・HONDA・カワサキ系など適合するメーカーが示されているため、「車種適合表」を確認し、自分のバイクの車種に合うものを選べばOKです。

メーカー純正品の指定商品を使用する場合はチェックする必要はありませんが、汎用品の場合は、コストが安価に抑えられる分、この一手間が必要になります。必ずフィルターメーカーの公式サイトにある適合表をしっかり確認して、フィルターを選んでくださいね。

高いろ過性能を求めるならマグネット搭載商品が◎

高いろ過性能を求めるならマグネット搭載商品が◎

出典:amazon.co.jp

ろ過性能にこだわりたいなら、マグネットを搭載している商品もチェックしておきましょう。ろ紙だけでは除ききれない細かい鉄の粉も、マグネットの力によりしっかりろ過することができます。


ただし、ろ過性能が上がる分、フィルターに汚れがたまりやすくなるという面も。メリット・デメリットの両方を持ち合わせており、比較的高価にはなってしまいますが、エンジンにできるだけ負荷をかけたくない人、ろ過性能を重視して商品を選びたい人は、選択肢に入れておくとよいでしょう。

内蔵タイプならパッキンセットが便利

内蔵タイプならパッキンセットが便利

出典:amazon.co.jp

エンジン内部に直接取り付けられている内蔵タイプなら、パッキンとセットで販売されている商品がおすすめ。内蔵タイプの場合は、オイル漏れを防ぐためにパッキンの交換が必要な場合もあります。フィルターだけでなく、パッキンの交換も考えているなら、セット商品を選んだ方が別途購入する手間を省けて便利ですよね。

なお、カートリッジタイプに関しては、最初から缶の淵にパッキンが取り付けられていますので、とくにこだわりがなければ別途購入する必要はありません。

バイク用オイルフィルターの人気ランキング10選

では、ここまで見てきた選び方を踏まえて、人気のバイク用オイルフィルターをランキング形式で見ていきましょう!

10位
タイプカートリッジ
メーカー適合ホンダ・カワサキ
マグネット
セット
9位
タイプカートリッジ
メーカー適合ハーレー
マグネット
セット
8位
タイプカートリッジ
メーカー適合
マグネット
セット
7位
タイプ内蔵
メーカー適合CBR・CB系
マグネット
セット
6位
タイプカートリッジ
メーカー適合ホンダ・ヤマハ・カワサキ
マグネット
セット
5位
タイプ内蔵
メーカー適合ヤマハ
マグネット
セット
4位
タイプ内蔵
メーカー適合
マグネット
セット
3位
タイプ内蔵
メーカー適合ヤマハ
マグネット
セット
2位
タイプカートリッジ
メーカー適合スズキ
マグネット
セット
1位
タイプカートリッジ
メーカー適合
マグネット
セット

人気バイク用オイルフィルターの比較一覧表

商品画像
1
バイク
オイルフィルター デイトナ オイルフィルター 67926

デイトナ

2
バイク
オイルフィルター デイトナ オイルフィルター 12189

デイトナ

3
バイク
オイルフィルター デイトナ オイルフィルター 12184

デイトナ

4
バイク
オイルフィルター デイトナ オイルフィルター 67931

デイトナ

5
バイク
オイルフィルター キジマ オイルフィルターエレメント

キジマ

6
バイク
オイルフィルター ベスラ オイルフィルター  SF-4005

ベスラ

7
バイク
オイルフィルター キタコ K-PIT オイル交換フルSET

キタコ

8
バイク
オイルフィルター プロト オイルフィルター

プロト

9
バイク
オイルフィルター キジマ オイルフィルター

キジマ

10
バイク
オイルフィルター キジマ オイルフィルター

キジマ

商品名

オイルフィルター 67926

オイルフィルター 12189

オイルフィルター 12184

オイルフィルター 67931

オイルフィルターエレメント

オイルフィルター SF-4005

K-PIT オイル交換フルSET

オイルフィルター

オイルフィルター

オイルフィルター

特徴Amazonベストセラー1位の人気オイルフィルターろ過能力が高く純正品よりもオイルが長持ち!フィルター面積20%UP!優れたろ紙効果を持つオイルフ...パッキンがセットになったお得なオイルフィルターヤマハバイクの内蔵式フィルター交換におすすめコストパフォーマンスに優れたベスラのオイルフィルターオイル交換との同時作業に便利なフルセット細かい粒子もしっかり除去。K&Nの高性能オイルフィルターハーレー用のマグネット入りフィルターならコレマグネットの力でろ過性能を強化!
最安値
660
送料要確認
詳細を見る
1,082
送料要確認
詳細を見る
804
送料要確認
詳細を見る
602
送料要確認
詳細を見る
616
送料別
詳細を見る
880
送料要確認
詳細を見る
1,116
送料要確認
詳細を見る
1,936
送料要確認
詳細を見る
1,546
送料要確認
詳細を見る
1,049
送料要確認
詳細を見る
タイプカートリッジカートリッジ内蔵内蔵内蔵カートリッジ内蔵カートリッジカートリッジカートリッジ
メーカー適合スズキヤマハヤマハホンダ・ヤマハ・カワサキCBR・CB系ハーレーホンダ・カワサキ
マグネット
セット
商品リンク

フィルター交換はオイル交換2回に1回を目安に

フィルター交換はオイル交換2回に1回を目安に

出典:amazon.co.jp

バイク用オイルフィルターは、エンジンオイルの交換2回につき1回、あるいは、1年に1回の頻度で交換していくといいでしょう。エンジンオイルはエンジン内を常に循環しているため、燃やされたときに出たすすや、部品がこすれて出てくる鉄の粉と混ざり、どんどん汚れていきます。そのため、長く使いすぎるとフィルターにも汚れが貯まり、ろ過の役目を果たせません


オイルフィルターは、それらの汚れをろ過してエンジン内部の状態をずっと綺麗な状態に保ち、エンジン内部のパーツの摩耗まで抑えてくれる大切な部品。バイクを大切に長く乗っていきたい人は、上記の頻度を目安にオイルフィルターの交換しておきしょう。

オイルフィルターの交換は自分でできる?

オイルフィルターの交換は自分でできる?

出典:amazon.co.jp

オイルフィルターは、慣れていない人でも30分もあれば簡単に交換できるため、自信がある人は自分で作業してもOKです。ただし、オイル交換と同時に行うことと、専用の工具が必要であるということは覚えておかなければなりません。


また、専用工具を持っていない人、バイクのオイル交換をしたことが無い人は、バイクショップに持っていって作業してもらうのがおすすめです。ショップに依頼しても、オイル交換費用プラス、部品代と工賃合わせて3000円ほどかかる程度のため、自信がない人はショップで交換してもらいましょう。

エンジンオイルにもこだわればバイクも長持ち!

お気に入りのバイクに長く乗り続けたいなら、エンジンオイルにもこだわってみましょう。バイクを使用する環境や使い方に合ったオイルを選ぶことで、バイクが長持ちするのはもちろん、性能を引き上げることもできますよ。ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

バイク用オイルフィルターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バイク用オイルフィルターのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回は、バイク用オイルフィルターを選ぶときのポイントをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?バイクを大切に使うためにもエンジンオイルだけでなく、オイルフィルターの交換は重要です。自分のバイクに搭載できるフィルターをチェックして、商品の機能を絞っていくといいでしょう。


この記事で紹介している商品は、どれも通販で手に入る人気商品ばかりです。ぜひ、紹介した選び方を参考にして商品を比較検討し、自分のバイクにピッタリのオイルフィルターを手に入れてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事