• ビリヤードキューケースのおすすめ人気ランキング10選【ハード・ソフト・バイナル】のアイキャッチ画像1枚目
  • ビリヤードキューケースのおすすめ人気ランキング10選【ハード・ソフト・バイナル】のアイキャッチ画像2枚目
  • ビリヤードキューケースのおすすめ人気ランキング10選【ハード・ソフト・バイナル】のアイキャッチ画像3枚目
  • ビリヤードキューケースのおすすめ人気ランキング10選【ハード・ソフト・バイナル】のアイキャッチ画像4枚目
  • ビリヤードキューケースのおすすめ人気ランキング10選【ハード・ソフト・バイナル】のアイキャッチ画像5枚目

ビリヤードキューケースのおすすめ人気ランキング10選【ハード・ソフト・バイナル】

ビリヤードキューを買ったら、ぜひ揃えておきたいのがキューケース。キューを持ち運びやすくするだけでなく、衝撃から守ってくれるとても重要なアイテムです。でも、いざ探し始めると、ハードやソフトなどのタイプ違いや、収納可能なキューの本数などバリエーションがさまざまで、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?


そこで今回はビリヤードキューケースの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。軽いものや収納力抜群なもの、オシャレなデザインのものなど、それぞれ特徴ある商品が多数ランクイン。ぜひ、自分に合ったキューケースを選ぶための参考にしてくださいね!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,725  views
目次

ビリヤードキューケースの選び方

まずは、ビリヤードキューケースの選び方からご紹介します。

バットとシャフトの収納本数をチェック

ケース選びで迷う人が多いのが、キューの収納本数。バットとシャフト、それぞれの収納力をチェックするのがポイントです!

キューの収納本数にはゆとりを持って!

キューの収納本数にはゆとりを持って!

出典:amazon.co.jp

「これから本格的にビリヤードをやっていきたい」という人は、キューの収納本数を、手持ちより1~2本多めに見積もっておくのがおすすめです。


まだプレーキューしか持っていない初心者の方でも、バットとシャフト、それぞれ2本ずつ程度入るものを選んでおきましょう。上達するにつれ、ブレイクキューやジャンプキューが欲しくなる人は多いもの。そうなったときに、ケースを買い替えなくて済む方が経済的ですよね。


プレー・ブレイク・ジャンプすべて揃っている上級者の方は、シャフトの本数によりゆとりを持って選ぶのが◎。最近はハイテクシャフトが普及し、打感の異なるシャフトが数多く販売されています。それらを多めに持ち運べば、移動先でもシャフトを撞き比べられ、より自由度の高い練習が可能になりますよ。

サイドポケットにも注目。ジャンプキューバットを収納できるものが便利

サイドポケットにも注目。ジャンプキューバットを収納できるものが便利

出典:amazon.co.jp

キューケースには、備品を入れるサイドポケットがついています。バットの収納本数をチェックする際には、それも合わせて考えるようにしましょう。サイドポケットにジャンプキューのバットを収納できるものを選べば、本体のバット収納スペースをより有効に活用できますよ。


ただし、ハイブリッドタイプなど、バットが長めのジャンプキューには注意が必要。サイドポケットに入らない可能性もあるので、ポケットの大きさをしっかり確認してから購入するか、本体部分のバット収納に余裕を持っておくのがおすすめです。

タイプは3つ。持ち物や移動手段を考慮して選ぼう

キューケースの種類は、主に「ハード」「ソフト」「バイナル」の3タイプ


安全・快適に運ぶため、持ち物や移動手段に合ったものを選んでくださいね。

人混みでの持ち運びが多い方は、頑丈な「ハードタイプ」を

人混みでの持ち運びが多い方は、頑丈な「ハードタイプ」を

出典:amazon.co.jp

電車など人混みの中で持ち運ぶことが多い場合は、ハードタイプを選ぶのがおすすめ。頑丈で衝撃に強いため、混雑時にもキューをしっかり保護してくれます。


形状も「縦型で自立するタイプ」が主流のため、肩から降ろして床に置いても邪魔にならないので、まさに人混み向きと言えますね。


難点は重たいこと。キュー本数や荷物が多い人は、ハードタイプの中でも軽量なモデルを選び、少しでも移動時の負担を軽減すると良いですよ。

徒歩での持ち歩きが多い方には、軽量の「ソフトタイプ」が最適

徒歩での持ち歩きが多い方には、軽量の「ソフトタイプ」が最適

出典:amazon.co.jp

徒歩で持ち運ぶことの多い人や女性には、軽くて持ち運びやすいソフトタイプがおすすめ。


ハードでは2kg以上のものも多いのに比べ、ソフトタイプならほとんどの商品が1kg未満。キュー1本が500g程度あることを考えると、「軽い」ことはソフトタイプの大きな強みです。


また、ジッパーを開くとケースが全開するバタフライ式が多いのも特徴。作業時に、ビリヤード台の上にケースを広げたい人にもおすすめですよ。


ただし、ソフトタイプは軽くて使いやすい反面、衝撃には弱いです。人混みには向かないので、普段の移動手段などをよく考えてから購入してくださいね!

収納力と使いやすさでは、横開きの「バイナルタイプ」がイチオシ

収納力と使いやすさでは、横開きの「バイナルタイプ」がイチオシ

出典:amazon.co.jp

トラディショナルな横開きのバイナルタイプは、収納力の高さと使いやすさから、商品数は少ないものの根強い人気があります。


収納の自由度が高いので、さまざまなキューに対応できるのもメリット。例えば、ゴムグリップを巻くため筒形ケースでは出し入れが難しい「キャロムキュー」なども、快適に収納。他にも、グリップが太いなどの理由で「ハードやソフトのケースが使いづらい」と感じている人は、チャレンジしてみると良いかもしれません。


構造はソフトに近いため、ハードほどの耐久性は期待できませんが、最近では縦置きで自立する作りの商品も増えています。「ハードほどの耐久性は必要ないけれど、自立するケースが欲しい」という人も、ぜひチェックしてみてください。

備品ポケットの大きさは、cm単位でしっかり確認!

備品ポケットの大きさは、cm単位でしっかり確認!

出典:amazon.co.jp

ビリヤードキューケースには一般的に大小2つのポケットが付いており、収納を有効に使うためには、それぞれのポケットの大きさをcm単位で細かくチェックするのが鉄則です!


替えタップやタップのメンテナンスグッズ、エクステンション、グローブなどを収納する小ポケットは、長さ15cm程度あれば、一般的なタップケースなどの備品が収納可能。キューガイドなど大きめの備品を収納したい場合は20cmくらいは必要になるので、覚えておきましょう。


大ポケットには、ビリヤードタオル、ブリッジヘッド、ジャンプキューバットなどを入れます。特に、ブリッジヘッドとジャンプキューバットは大きく厚みがあるので、大ポケットの大きさは余裕を持って選んでくださいね!

ビリヤードキューケースの人気ランキング7選

ここからは、おすすめの人気ビリヤードキューケースをランキング形式でご紹介します。


それぞれ特徴のある商品ばかりですので、ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

7位
収納本数バット1本・シャフト1本
ジャンプバット収納
ケースタイプソフト
小ポケット13×9×4cm
大ポケット31×9×4cm
重量約600g
6位
収納本数バット2本・シャフト4本
ジャンプバット収納専用ホルダーあり
ケースタイプバイナル
小ポケット15×12×3cm
大ポケット41×13×3cm
重量2.2kg
5位
収納本数 バット2本・シャフト4本
ジャンプバット収納
ケースタイプハード
小ポケット17×10×3cm
大ポケット37×10×3cm
重量1.8kg
4位
収納本数バット2本・シャフト4本
ジャンプバット収納大ポケットに収納可能
ケースタイプハード
小ポケット14×11×5cm
大ポケット52×11×5cm
重量1.2kg
3位
収納本数バット2本・シャフト4本
ジャンプバット収納大ポケットに収納可能
ケースタイプソフト
小ポケット20×9×4cm
大ポケット46×9×4cm
重量1.6kg
2位
収納本数バット2本・シャフト2本
ジャンプバット収納
ケースタイプハード
小ポケット14×7×3.8cm
大ポケット40×6.5×3.8cm
重量約860g
1位
収納本数バット2本・シャフト4本
ジャンプキューバット収納
ケースタイプソフト
小ポケット18×10×4cm
大ポケット50×10×4cm
重量950g

人気ビリヤードキューケースの比較一覧表

商品画像
1
ビリヤードキューケース 3 seconds キューケース ロングタイプ

3 seconds

2
ビリヤードキューケース ダイセイ JUEKO

ダイセイ

3
ビリヤードキューケース MEZZ MZ-24T

MEZZ

4
ビリヤードキューケース ADAM P24-94

ADAM

5
ビリヤードキューケース JUST DO MARKET ML スポーツキューケース

JUST DO MARKET

6
ビリヤードキューケース JBS ビリヤードキューケース JBS BOX

JBS

7
ビリヤードキューケース ACTION ビリヤードキューケース

ACTION

商品名

キューケース ロングタイプ

JUEKO

MZ-24T

P24-94

ML スポーツキューケース

ビリヤードキューケース JBS BOX

ビリヤードキューケース

特徴ソフトでも保護性能は抜群!カジュアルなデザインも◎最小限の機能で低価格を実現!初心者にも使いやすさで人気のダブルジッパー。ちょっとした移動も楽々ハードなのに軽い!ビビッドカラーでモチベーションもUPシンプルなデザインが魅力。場所をとらないスリムさも◎使いやすいバイナルタイプ!専用ホルダ―も充実軽くてコンパクト!デザインで遊びたい方にも
最安値
37,800
送料要確認
詳細を見る
3,930
送料要確認
詳細を見る
22,290
送料要確認
詳細を見る
19,872
送料要確認
詳細を見る
19,440
送料要確認
詳細を見る
24,948
送料要確認
詳細を見る
6,480
送料要確認
詳細を見る
収納本数バット2本・シャフト4本バット2本・シャフト2本バット2本・シャフト4本バット2本・シャフト4本 バット2本・シャフト4本バット2本・シャフト4本バット1本・シャフト1本
ジャンプキューバット収納大ポケットに収納可能大ポケットに収納可能専用ホルダーあり
ケースタイプソフトハードソフトハードハードバイナルソフト
小ポケット18×10×4cm14×7×3.8cm20×9×4cm14×11×5cm 17×10×3cm15×12×3cm13×9×4cm
大ポケット50×10×4cm40×6.5×3.8cm46×9×4cm52×11×5cm37×10×3cm41×13×3cm31×9×4cm
重量950g約860g1.6kg1.2kg1.8kg2.2kg約600g
商品リンク

キューや交換シャフトを探している方はこちらも!

初めてのマイキューを探しているビリヤード初心者の方から、カスタマイズ用のシャフトを探している中級・上級の方まで。以下の記事もぜひ参考にしてください。

ビリヤードキューケースの売れ筋ランキングもチェック!

ご参考までに、ビリヤードキューケースの楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ビリヤードキューケースの選び方と、人気の商品ランキング7選をご紹介しました。マイキューに最適なケースは見つかりましたか?


キューケースは、キューを持ち運ぶだけでなく、衝撃から守ったり、練習へのモチベーションを高めてくれる重要なアイテム。ぜひ今回の選び方と商品を参考に、こだわって選んでみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す