• ジグヘッドのおすすめ人気ランキング10選【アジングで活躍!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ジグヘッドのおすすめ人気ランキング10選【アジングで活躍!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ジグヘッドのおすすめ人気ランキング10選【アジングで活躍!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ジグヘッドのおすすめ人気ランキング10選【アジングで活躍!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ジグヘッドのおすすめ人気ランキング10選【アジングで活躍!】のアイキャッチ画像5枚目

ジグヘッドのおすすめ人気ランキング10選【アジングで活躍!】

オモリとハリが一体になったリグ、「ジグヘッド」。バスフィッシングの他、最近人気の「アジング」でも、小さなジグヘッドとソフトルアー(ワーム)の組み合わせで、ショアからアジを狙う時などに使われます。しかし、1つの種類だけを使い続ければいいというものではなく、魚種によって、また状況によっていくつかの種類を使い分けなければならないのが難しいところです。

そこで今回は、アジングに適したジグヘッドの選び方を徹底解説。あわせて、通販でも手軽に買えるおすすめの人気ジグヘッドをランキング形式でご紹介していきます。いろいろ使い分けて、アジングをもっと楽しみましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 13,608  views
目次

ジグヘッドの選び方

ジグヘッドは小さな仕掛けですが、形状も重さも様々。ジグヘッドが異なれば釣り方も変わります。まずは、その選び方からお伝えしていきます。

釣り方に合ったヘッドの形を選ぶ

ジグヘッドは形状によって動きに違いがあり、得意分野があります。それぞれどんな釣り方に適しているのかみていきましょう。

リフト&フォールの釣りなら「丸型ジグヘッド」を

リフト&フォールの釣りなら「丸型ジグヘッド」を

出典:amazon.co.jp

見てわかるように、オモリの部分が丸いのが「丸形ジグヘッド」。もっとも一般的なジグヘッドの形です。基本型なので、表層のスイミング、落とし込んでの縦の釣りなどオールマイティに活躍してくれます。とくにフォールの姿勢が安定しているので、リフト&フォールで誘いをかけるときに有効。アジが表層から中層にいるときに威力を発揮します。

一定層をリトリーブしたいなら「円柱型ジグヘッド」が便利

一定層をリトリーブしたいなら「円柱型ジグヘッド」が便利

出典:amazon.co.jp

アジが水面下1mぐらいのところに溜まっている。そんなときは、1mの推進をキープしてジグヘッドのルアーを泳がせたいですよね。「円柱形ジグヘッド」なら水深キープ力に優れているため、特定の層を探りたいときに便利です。

キャストして着水したら、カウントダウンして泳がせたい水深まで沈め、ゆっくりとリトリーブしてくればOK。カンタンにレンジをキープしたスイミングの釣りができますよ。

ダートで誘うなら「矢じり型ジグヘッド」がおすすめ

ダートで誘うなら「矢じり型ジグヘッド」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

ルアーをダート(横すべり)させるときに使われるのは、先の尖った三角形の「矢じり型ジグヘッド」。小魚が逃げる姿を演出して、アジの捕食スイッチを入れてくれます。

やり方はカンタン。着水して狙う水深まで沈めたら、リトリーブしながら2、3度ロッドを叩きつけるようにあおるだけです。急に引っ張られたジグヘッドは、三角形の頭に水流を受けて右に左に横すべりします。ダートさせた後は、少し間をあけてアジが食いつくタイミングを作るといいでしょう。

アプローチの仕方に合った重さを選ぶ

一般的に、アジング用ジグヘッドは0.3gから5g程度の重さのものを使います。超軽いものから、やや重いものまでけっこう幅がありますよね。重さはどう使い分ければいいのかみていきましょう。

ナチュラルにアピールするなら軽いものが◎

ナチュラルにアピールするなら軽いものが◎

出典:amazon.co.jp

ナチュラルにアプローチするなら、軽めのジグヘッドがおすすめです。自然な動きにより、それだけアジに口を使わせやすくなります。目安として、風がないときは1gぐらいが最適。はじめは1gをベースとして、それより少し軽いものと重いものをいくつか準備しておきましょう。

0.5gより軽くなると軽すぎてキャストしづらくなり、距離も出ません。ベテランなら超軽量でもテクニックでカバーできるもの。しかし、ビギナーは無理して軽すぎるものを使うより、きちんとキャストできる重さのものを使ったほうが、釣れる確率は高くなります。思ったところにしっかり投げられるものを選びましょう。

遠くへ飛ばすなら重いジグヘッドをチョイス

遠くへ飛ばすなら重いジグヘッドをチョイス

出典:amazon.co.jp

重いジグヘッドは、遠くへ飛ばしたいときに最適です。ある程度距離を稼がないと魚がいる場所に届かないときは、1g以上の重いジグヘッドを選択しましょう。

また、ある程度沈めて中層を狙いたいとき、底まで落としてズル引きするときも重いジグヘッドの出番です。日によって、時間帯によって魚の泳層は変わってきますから、表層にいるときは軽めのジグヘッドを。中層・底層にいるときは重いジグヘッド、と使い分けをしていきましょう。

ハリの形状にも注目!

ジグヘッドの違いはヘッドの形状だけではありません。シャンク(軸)の長さやゲイブ(ハリ幅)にも違いがあります。次は、アジングにはどんなハリがいいのか見ていきましょう。

リトリーブの釣りならシャンクの長いものを

リトリーブの釣りならシャンクの長いものを

出典:amazon.co.jp

ソフトルアーをセットしたジグヘッドをリトリーブ(リールを巻いて泳がせる)するなら、シャンクの長いものがおすすめです。リトリーブの釣りの場合、アジが後ろから追いかけてきて食いつきますから、長いシャンクのほうが口の中に吸い込まれてハリ掛かりしやすくなります。

リフト&フォールの釣りではシャンクの短いものがいい

リフト&フォールの釣りではシャンクの短いものがいい

出典:amazon.co.jp

リフト&フォールの釣りでは、逆にシャンクの短いジグヘッドのほうが有利。フォール中は、アジがジグヘッドの横や正面から食いついてくることが多いため、短いシャンクのほうが口に掛かりやすくなります。リトリーブとリフト&フォールでジグヘッドを使い分けてみると、ノリの違いに驚くかもしれませんよ。

アタリがあっても乗らないときはゲーブの小さいものにチェンジ

アタリがあっても乗らないときはゲーブの小さいものにチェンジ

出典:amazon.co.jp

頻繁にアタリはあるけれどなかなかノラないときは、ゲーブの狭いジグヘッドにチェンジしてみましょう。ゲーブのサイズが大きすぎる場合、小さいものに変えることで、フッキングできるようになるケースはよくあります。

メバルと違ってアジの口は小さめ。ゲーブが大きすぎると口の中に入らずショートバイトになってしまいます。ゲーブサイズの異なるものをいくつか準備して、状況に合わせて使い分けてみましょう。

ジグヘッドの人気ランキング10選

それでは、ジグヘッドの人気ランキングを見ていきましょう。
10位
タイプ円柱型
重さS0.6~1.4・M0.8~1.8・L1.0~3.0g
フックサイズS・M・L
入り数4~5
9位
ジグヘッド アルカジックジャパン Ar.ヘッド ジャックアッパーNano
出典:amazon.co.jp

アルカジックジャパンAr.ヘッド ジャックアッパーNano

#12

387円 (税込)

タイプ丸型
重さ0.1~1.3g
フックサイズ#12(数が大きいほど小さくなる)
入り数4
8位
タイプ円柱型
重さ0.4~2.5g
フックサイズアジ針7号・8号
入り数5
7位
タイプ丸型
重さ0.4~3.0g
フックサイズ-
入り数5
6位
ジグヘッド ジャズ 尺ヘッドDXマイクロバーブ Dタイプ
出典:amazon.co.jp

ジャズ尺ヘッドDXマイクロバーブ Dタイプ

#6

380円 (税込)

タイプ矢じり型
重さ1.5~10g
フックサイズ#2~#6
入り数3~5
5位
タイプ丸型
重さ0.4~1.5g
フックサイズSS・S・M
入り数5
4位
タイプ矢じり型
重さ0.5~1.8g
フックサイズS・M
入り数5
3位
タイプ円柱型
重さ0.6~3.0g
フックサイズ#5~#8
入り数5
2位
ジグヘッド ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッド
出典:amazon.co.jp

ダイワ月下美人 SWライトジグヘッド

926362

280円 (税込)

タイプ丸型
重さ0.5~3.0g
フックサイズ#4~#10
入り数4
1位
タイプ円柱型
重さ0.3~1.3g
フックサイズS
入り数5

人気ジグヘッドの比較一覧表

商品画像
1
ジグヘッド 34 マメアジ用ジグヘッド

34

2
ジグヘッド ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッド

ダイワ

3
ジグヘッド オーナー アジ弾丸

オーナー

4
ジグヘッド ティクト ダートジグヘッド

ティクト

5
ジグヘッド ティクト アジスタ!

ティクト

6
ジグヘッド ジャズ 尺ヘッドDXマイクロバーブ Dタイプ

ジャズ

7
ジグヘッド 34 ダイアモンドヘッド

34

8
ジグヘッド マルキュー アジチョンヘッド

マルキュー

9
ジグヘッド アルカジックジャパン Ar.ヘッド ジャックアッパーNano

アルカジックジャパン

10
ジグヘッド オッズ ラッシュヘッド

オッズ

商品名

マメアジ用ジグヘッド

月下美人 SWライトジグヘッド

アジ弾丸

ダートジグヘッド

アジスタ!

尺ヘッドDXマイクロバーブ Dタイプ

ダイアモンドヘッド

アジチョンヘッド

Ar.ヘッド ジャックアッパーNano

ラッシュヘッド

特徴アタリはあるのにフッキングできないときはコレ!アワセに自信がないならサクサス搭載のこちらがオススメ!使いやすく手返しよく投げられる!大きいダートでデイゲームでもアピール浮き上がりを防ぎ狙ったレンジをキープダートアクションで捕食スイッチオン!アジが寄ってこないときにキラメキが有効!ルアーちょん掛けで自然な動きを演出小型アジの数釣りなら鋭く刺さるこのジグヘッド安定した水中姿勢で泳がせの釣りに最適!
価格432円(税込)280円(税込)310円(税込)470円(税込)352円(税込)380円(税込)410円(税込)388円(税込)387円(税込)365円(税込)
タイプ円柱型丸型円柱型矢じり型丸型矢じり型丸型円柱型丸型円柱型
重さ0.3~1.3g0.5~3.0g0.6~3.0g0.5~1.8g0.4~1.5g1.5~10g0.4~3.0g0.4~2.5g0.1~1.3gS0.6~1.4・M0.8~1.8・L1.0~3.0g
フックサイズS#4~#10#5~#8S・MSS・S・M#2~#6-アジ針7号・8号#12(数が大きいほど小さくなる)S・M・L
入り数545553~55544~5
商品リンク

軽量ジグヘッドを投げるにはアジングロッドも重要

バイトの小さいアジは、軽量ジグヘッドのほうが有利。しかし、軽いジグヘッドは投げづらいですよね。合わないロッドで無理に投げると、バックラッシュしたり、糸が穂先に絡んだり、トラブルが頻発することも。そのため、軽量ジグヘッドには、軽量負荷対応のアジングロッドを使うのがおすすめです。ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?最近はやりのアジング用ジグヘッドのおすすめ商品をご紹介しました。最初にも述べたように、ジグヘッドは1つあればいいというものではありません。いくつか異なる重さやタイプのものを用意して、状況に応じて使い分けていくのがベター。あるいは1種類のジグヘッドの重さの異なるものをいくつか用意して、使い分けてみるのもいいですね。

1種類のジグヘッドを使い倒せば、そのジグヘッドの「マスター」になれるかもしれません。今回ご紹介した商品の中から、「これはよさそうだな」と感じたものを、いくつかピックアップして使ってみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す