• スイムベイトのおすすめ人気ランキング10選【シーバス釣りにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • スイムベイトのおすすめ人気ランキング10選【シーバス釣りにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • スイムベイトのおすすめ人気ランキング10選【シーバス釣りにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • スイムベイトのおすすめ人気ランキング10選【シーバス釣りにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • スイムベイトのおすすめ人気ランキング10選【シーバス釣りにも!】のアイキャッチ画像5枚目

スイムベイトのおすすめ人気ランキング10選【シーバス釣りにも!】

ソフト素材のテールを持ったルアー、スイムベイト。アピール力が高く、ロッドアクションなしでもバイトされやすい人気のアイテムで、メガバスやジャッカルなどの釣具メーカーから多くの商品が販売されています。でも、一口にスイムベイトと言っても種類が多く、ワームに近い小型のものや、フロータータイプなど特徴はさまざま。どれを選んだら良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、スイムベイトの選び方と、通販で買える人気商品ランキングをご紹介。それぞれの商品のおすすめポイントも分かりやすく解説します。釣果アップのために、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 最終更新日:2019年03月12日
  • 65  views
目次

スイムベイトとは?

スイムベイトとは?

スイムベイトとは、小魚を模したソフト素材のルアーのこと。全体が柔らかいものと、ヘッド部分のみハード素材のものがありますが、いずれもテール部分はソフト素材で、水流を受けてクネクネとリアルな泳ぎを見せてくれるのが特徴です。


ハードルアーと同程度のアピール力がありながら、そのリアルさから、至近距離でもルアーであることを見抜かれにくく、バイトに持ち込みやすいのが最大の魅力。他のどのルアーでもアタリが来ないときに、最終手段として使う人も多いようです。


複雑なロッドアクションは必要なく、ただ巻きするだけで充分な効果があるため、初心者にもおすすめです。「食いつきが落ちたときに使えるルアーを探している」という人は、ぜひスイムベイトを検討してみましょう!

スイムベイトの選び方

それでは、スイムベイトの選び方をご紹介します。

フックの仕様に注目してタイプを選ぼう

スイムベイトは、見た目も機能もさまざまです。まずは、フックの付き方に注目して、タイプ選びをしてみましょう。

フッキングしやすさ重視なら、「フック外付けタイプ」を

フッキングしやすさ重視なら、「フック外付けタイプ」を

むき出しのフックがボディに外付けされた「フック外付け」タイプは、ターゲットの顎に、より確実にフックを引っ掛ける(フッキングする)ことができます。フッキングの失敗が少ないので、「とにかくバラしを回避したい」という人に選ばれています。


ただし難点として、フックがターゲットに気付かれやすかったり、障害物が多いフィールドでは根掛かりしやすいのも事実。これらの点が気になる人は、この後に紹介する別タイプのものを検討すると良いでしょう。

フックを目立たせたくないなら、「フックホールドのあるタイプ」が◎

フックを目立たせたくないなら、「フックホールドのあるタイプ」が◎
「フックは外付けしたいが、目立ってしまうのが心配」という人は、フックをボディに沿わせて違和感を軽減する、「フックホールド」があるものを選びましょう。

フックホールドには、磁石を利用したものや、ボディの切れ込みにフックを固定するものがあります。中でも、磁石でホールドするタイプは、食いつきの衝撃により、瞬時にフックが放たれるよう工夫されているものもあるので、フックが固定されすぎる心配もいりません。


ただし、単なる外付けタイプと異なり、適合するフックが限られることも。使いたいお気に入りのフックがある人は、注意して選んでくださいね。

根掛かりが心配・リアルさ重視なら、「フックが隠れるタイプ」を

根掛かりが心配・リアルさ重視なら、「フックが隠れるタイプ」を
障害物の多いフィールドでの根掛かりが心配な人には、「フックがボディの中に隠れる」タイプがおすすめです。フックが露出していないので根掛かりしにくく、見た目もリアルです。

ただし、このタイプはバイトされてはじめてフックが露出するので、大きくバイトされればほぼ確実にフッキングできますが、半端なバイトでは逃す可能性もあります。上記の2タイプよりフッキング率が下がる点は、考慮しておきましょう。

フックを好きな場所につけられる「ワームタイプ」も検討を

フックを好きな場所につけられる「ワームタイプ」も検討を
全体がソフト素材で、小型の「ワームタイプ」も、根掛かりが心配な人におすすめです。フックを好きな箇所に設置できるので、上部にセットすればボトムとフックが接触しにくくなります。比較的安価なので、たくさん使って練習したい初心者の方にも最適です。

水流の影響を最も受けやすいので、リトリーブを中断しても、クネクネとした動きでアピールし続けてくれるのもポイント。「アピール力の弱さが気になる」という人にもおすすめですよ!

形・サイズはターゲットのベイトに合わせて

形・サイズはターゲットのベイトに合わせて
スイムベイトの形は、時期やフィールドごとのターゲットの捕食ベイトに合わせて選びましょう。スタンダードな小魚の形が人気ですが、大きく丸みをおびた形なら、ハゼやカエルを捕食する時期のバスも狙えます

大きさは、サーチベイトとして使う場合、3~4インチ(70〜100mm程度)のサイズを選ぶと、あらゆる大きさターゲットにアピールできるためおすすめです。ランカーサイズなど、大物狙いの場合は7インチ(1800mm程度)くらいの大きいものが最適です。


なお、遠投したい場合は重量も要チェック。目安として、20g以上あれば、ストレスなく遠投できると考えて良いでしょう。

長期戦には、スペア付きが便利!

長期戦には、スペア付きが便利!
スイムベイトはテール部分がちぎれやすく、たった一回のバイトで使えなくなることも珍しくありません。長期戦が予想されるなら、ちぎれた部分を交換できるスペア付きを選んでおくのがおすすめです。

別売りでスペアを追加購入できるものを選べば、寿命はぐっと長くなります。スイムベイトは、買ったままの状態で何度も繰り返し使えるものではないので、コストパフォーマンスを考える際の参考にしてくださいね。

スイムベイトの人気ランキング10選

ここからは、スイムベイトのおすすめ人気ランキングをご紹介します。個性豊かな商品ばかりですので、ぜひじっくり選んでみてくださいね。

10位
タイプワームタイプ
サイズ3インチ(約73mm)
重量
スペアなし
9位
タイプ・特徴フック外付け(フックホールドあり)
サイズ130mm
重量55g
スペアなし
8位
JACKALL ビッグバッカー ソフトバイブ 1枚目
出典:amazon.co.jp

JACKALLビッグバッカー ソフトバイブ

1,010円 (税込)

タイプ・特徴フック外付け
サイズ115mm
重量約28g
スペア別売り
7位
タイプ・特徴フック外付け
サイズ3.2インチ(約80mm)
重量26g
スペアなし
6位
タイプ・特徴フックが隠れる
サイズ3インチ(約76mm)
重量1/2オンス(約14g)
スペアなし
5位
タイプ・特徴フック外付け・フックホールドあり
サイズ5インチ(約127mm)
重量3/4オンス(約21g)
スペアなし
4位
タイプ・特徴フックが隠れる(フック外付けも可)
サイズ160mm
重量3/8オンス(約10.6g)
スペアなし
3位
タイプ・特徴ワームタイプ
サイズ5インチ(約120mm)
重量約19g
スペアなし
2位
タイプ・特徴フック外付け
サイズ115mm
重量23.5g
スペアなし
1位
タイプ・特徴フック外付け
サイズ90mm
重量16g
スペア付属あり

人気スイムベイトの比較一覧表

商品画像
1
COREMAN VJ-16 1枚目

COREMAN

2
JACKALL ディズラ 1枚目

JACKALL

3
ゲーリーヤマモト ハートテール 1枚目

ゲーリーヤマモト

4
イマカツ ステルススイマー 1枚目

イマカツ

5
メガバス マグドラフト 1枚目

メガバス

6
メガバス ダークスリーパー 1枚目

メガバス

7
JACKALL デラボール 1枚目

JACKALL

8
JACKALL ビッグバッカー ソフトバイブ 1枚目

JACKALL

9
FLASH UNION ユニオンギルスイマー 1枚目

FLASH UNION

10
エコギア パワーシャッド 1枚目

エコギア

商品名

VJ-16

ディズラ

ハートテール

ステルススイマー

マグドラフト

ダークスリーパー

デラボール

ビッグバッカー ソフトバイブ

ユニオンギルスイマー

パワーシャッド

特徴スペア付きで長期戦も安心。バラしの少ない優秀ベイト!音・波動・動きで強烈アピール!スイムベイトデビューにもリグでのアレンジがしやすい!ファンの多い高コスパ品隠れる&飛び出すフックで、フッキング率UP!マグネットのフックホールドが画期的。バラしにくさならコレフックが隠れる!ボトム専用ベイトで新領域を攻めようどんなベイトにもイミテート!適度なサイズ感も◎別売りスペアで何度も使える。大きめのシーバス狙いにも珍しいフローティング仕様。華麗なアクションが効く!サーチベイトに最適!8本入りでコスパも良好
価格1,512円(税込)1,499円(税込)972円(税込)1,990円(税込)1,339円(税込)582円(税込)1,980円(税込)1,010円(税込)2,477円(税込)562円(税込)
タイプ・特徴フック外付けフック外付けワームタイプフックが隠れる(フック外付けも可)フック外付け・フックホールドありフックが隠れるフック外付けフック外付けフック外付け(フックホールドあり)ワームタイプ
サイズ90mm115mm5インチ(約120mm)160mm5インチ(約127mm)3インチ(約76mm)3.2インチ(約80mm)115mm130mm3インチ(約73mm)
重量16g23.5g約19g3/8オンス(約10.6g)3/4オンス(約21g)1/2オンス(約14g)26g約28g55g
スペア付属ありなしなしなしなしなしなし別売りなしなし
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

シーバス釣りなら、おすすめロッドもチェック!

スイムベイトは、シーバスのような大きな魚にもおすすめのルアーです。シーバス釣りにおすすめのロッドを以下の記事で紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。スイムベイトとロッドの相性を探ってみるのも楽しいですよ!

スイムベイトの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スイムベイトのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

挑戦してみたいスイムベイトは見つかりましたか?スイムベイトは、高いアピール力でバイトを誘発する、スリルを楽しめるルアーです。タックルボックスに一つは常備しているアングラーも多いので、ぜひ、今回の選び方を参考に、お気に入りの一本を探してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す