• 収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選【お部屋をすっきりさせる!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選【お部屋をすっきりさせる!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選【お部屋をすっきりさせる!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選【お部屋をすっきりさせる!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選【お部屋をすっきりさせる!】のアイキャッチ画像5枚目

収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選【お部屋をすっきりさせる!】

ベビーベッドとして使用しつつも、赤ちゃん関係のアイテムを収納することで、お部屋をスッキリ片付けられると人気な「収納付きベビーベッド」。石崎家具やカトージ、サワベビー、キンタローなどさまざまなメーカーから発売されています。一見どれも似ていますが、収納部分の構造やサイズ、キャスターの有無など、実はその特徴はさまざま。いざ買うとなると、どれを選べばいいか迷ってしまう人もいると思います。

そこで今回は、収納しやすくお世話もしやすいという視点から、収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。ぜひ使い勝手の良い収納付きベビーベッドを見つけてくださいね!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,169  views
目次

収納付きベビーベッドの選び方

それではまず、収納付きベビーベッドの選び方をおさえておきましょう。赤ちゃんのお世話がしやすい、使い勝手の良い収納付きベビーベッドを選びましょう。

収納部分の構造をチェック!

収納部分の構造をチェック!

出典:amazon.co.jp

まずは収納部分の構造や取り出しやすさを確認しましょう!例えば、荷物の取り出しやすさに関しては、扉を下に向かって開けられる下開きタイプが便利です。下開きタイプなら、荷物を片手に持ちつつ、もう一つの手で扉を開け閉めできます。室内犬や猫などのペットを飼っておらず、収納品をいたずらされる心配が無い場合は、収納板のみで扉なしというオープン仕様の収納も便利です。

また、収納底板が本体と分離し収納底板が可動するタイプなら、奥の荷物も楽に引き出せます。例えば120×70cmのベビーベッドの場合、奥のほうまでは手が届かず、実際に使うのは手前の数cmまでということも…。収納底板だけを引き出せる仕様だと、奥のほうまで無駄なく使えます。このように収納部分にも色々な特徴があるので、最初にチェックしておきましょう。

ベビーベッドの収納以外の仕様にも注目を

次にベビーベッドの収納以外の仕様にも注目してみましょう。赤ちゃんのお世話がしやすい仕様について考えます。

ハイタイプは腰に優しく衛生的

一般的なベビーベッドより数cm高くなっているハイタイプのベビーベッドなら、腰を曲げてお世話することがないため、腰痛持ちのママでも安心です。また、ハイタイプのものは下の収納部分の板からも数cm離れているため、ホコリがたまりにくく、ベッド下の掃除もやりやすいと好評。ちなみに、ハイタイプとは、床板の高さが床から約55cm以上のものを指します。

キャスターつきなら荷物を入れたままスイスイ移動可能

例えば、就寝中の赤ちゃんを起こさず、ママが家事をしている側にベビーベッドを持ってきたいという場合には、ベビーベッドにキャスターがついているものがおすすめです。キャスターさえあれば、荷物を収納部分に入れたままでもスイスイ移動できますよ。お掃除でベビーベッドを動かしたいときにも便利です。

頭枠を上下にスライドできるとオムツ替えも楽ちん

赤ちゃんが寝ているベッドスペース部分の頭枠を上下にスライドできるタイプのものは、オムツ替えをするときなど、赤ちゃんのお世話をベッド内でできるためとても便利です。ただし、スライド開閉した際には、下の収納部分の扉が開かなくなりますので、必要なものはあらかじめ収納部分から取り出しておき、その後、ベッド部分の頭枠を下げるようにしなければなりませんのでご注意を。

長く使えるかどうかも確認しよう

ベビーベッドの標準的な使用期間はだいたい24ヵ月、つまり2歳頃まで。この時期を過ぎるとベビーベッドはもう用なしとなりますが、成長とともに形を変えて、長く使えるタイプもあります。

例えば、床板の高さを変えられるタイプのベビーベッドなら、赤ちゃんが成長しても枠から飛び出さずに使えますよ。また、プレイヤードや机などに変身するベビーベッドも人気です。加えて、コンパクトに折りたためるタイプなら、使わない間は解体せずに保管できるので、子供がまた産まれたときの再利用もしやすいですよ。

部屋の広さに合ったサイズを選ぼう

一般的に、ベビーベッドは、120×70cmの標準タイプと、90×60cmのミニタイプがあります。120×70cmの標準タイプなら手狭に感じず、収納スペースも確保できるのでおすすめです。しかし、標準サイズをお部屋の中に置くことによって、部屋自体が手狭になってしまっては意味がありません。お部屋の状況に応じて我が家に適切なサイズを選びましょう。

安全マークがついているものを選んで!

安全マークがついているものを選んで!

出典:aprica.jp

大切な赤ちゃんを寝かせるベビーベッドは、まずは安全であることが大切。しかし安全かどうかを判断することは素人目には難しいところですよね。そこで目安となるのが安全マーク。「PSCマーク」や「SGマーク」がついている商品を選びましょう。

特にPSCマークに関しては、基本的には必ずついているものを選んでください。本来、PSCマークがついていないベビーベッドは日本国内で流通できないことになっていますが、実際のところは、法の網をかいくぐった商品も出回っています。ご注意くださいね。

ちなみに、海外製のベビーベッドに関しては、日本よりも厳格とされるヨーロッパ基準もありますが、今回ご紹介する商品の中に含まれませんので、説明は割愛します。

収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。上記の選び方を参考により多くの条件を満たしているものを上位にランクインさせました。尚、市場での人気やその他の細かい仕様で優れている点なども考慮しています。

10位:DESIGNERS GUILD ベビーベッド

DESIGNERS GUILD ベビーベッド

38,664円 (税込)

詳細情報
・サイズ:70×120×高さ103.7cm
・収納部分の特徴:収納扉なし
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節2段階
・ベビーベッド以外の使い方:×
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

デザイン性にこだわる方におすすめのハイスペックベビーベッド

英国発のブランド・DESIGNERS GUILD がデザインし、日本の石崎家具が丁寧に造りあげた高級ベビーベッドです。デザインだけでなく、石崎家具が製作に携わっているため、機能性もバッチリ。デザイン性と機能性にこだわる方におすすめです。収納部分には別売りのチェストをセットすると、さらに機能的になりますよ。

9位:キンタロー ミニ 4WAYスヌーピーデスク 2 エコ

キンタロー ミニ 4WAYスヌーピーデスク 2 エコ
出典:amazon.co.jp
キンタロー ミニ 4WAYスヌーピーデスク 2 エコ

53,797円 (税込)

詳細情報
・サイズ:60×90×高さ90cm
・収納部分の特徴:収納扉下開き
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節3段階
・ベビーベッド以外の使い方:ベビーサークル、机
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

ベビーサークルや机にも変身!長く使えるベビーベッド

ベビーサークルや机にも変身!長く使えるベビーベッド

出典:amazon.co.jp

60×90cmのコンパクトタイプのベビーベッドです。収納は下開き扉がついたごく一般的なもので、床板高さは3段階に調整できます。ベビーベッドとして使わなくなったら、ベビーサークルに変身させたり、机に変身させたりできますよ。スヌーピーが大きく机の中心に来るデザインなので、子供たちも気に入ること間違いなしです。

8位:キンタロー ベビージュニアDX180エコ

キンタロー ベビージュニアDX180エコ

63,990円 (税込)

詳細情報
・サイズ:ベビー時(70×120×高さ99cm)、ジュニア時(85×185×高さ78cm)
・収納部分の特徴:収納扉下開き
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節3段階
・ベビーベッド以外の使い方:ジュニアベッド
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

6歳ぐらいまで使用可能!ジュニアベッドに変身するベビーベッド

ベビーベッドとして使用した後、ジュニアベッドに変身させて使おうというコンセプトの商品です。だいたい6歳ぐらいまでの使用を想定しており、一人寝の練習をさせて自立を目指すことも目的としています。もちろん、ベビーベッドとして使うときにはたっぷりの収納もついており、床板も3段階に調整できますよ!

7位:ヤマサキ ツーオープンベッド b-side

ヤマサキ ツーオープンベッド b-side
出典:amazon.co.jp
ヤマサキ ツーオープンベッド b-side

47,259円 (税込)

詳細情報
・サイズ:70×120×高さ89cm
・収納部分の特徴:収納扉下開き
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節3段階
・ベビーベッド以外の使い方:×
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

大人用ベッドの横にピッタリつけても収納がオープンできる!

大人用ベッドの横にピッタリつけても収納がオープンできる!

出典:amazon.co.jp

大人用ベッドの横にピッタリとつけて置ける添い寝仕様のベビーベッド。ベビーベッドの下には収納がありますが、大人用ベッドの反対側に収納扉がついているため、大人用ベッドにピッタリつけていても、難なく収納オープンが可能です。大人用ベッドにつけることを目的としているため、ハイタイプではありませんが、頭枠もツーオープン仕様なのでお世話がしやすいですよ。

6位:キンタロー ハイタイプ ミニベッド ミニポムST

キンタロー ハイタイプ ミニベッド ミニポムST
出典:amazon.co.jp
キンタロー ハイタイプ ミニベッド ミニポムST

18,900円 (税込)

詳細情報
・サイズ:60×90×高さ101cm
・収納部分の特徴:収納扉下開き
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節3段階
・ベビーベッド以外の使い方:×
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

コンパクトでかつハイタイプでお世話しやすい!

コンパクトでかつハイタイプでお世話しやすい!

出典:amazon.co.jp

60×90cmのミニタイプで、かつ床板からの高さが最大60cmとハイタイプになっているベビーベッド。収納部分もハイタイプに連動し、床から高さがあるので、収納している荷物がホコリなどの影響を受けづらく、清潔を保てます。床板も3段階に調節できるので、赤ちゃんが成長し、飛び出しが心配になったら、床板を下げて使えますよ。

5位:サワベビー ベビーベッド ステラ

サワベビー ベビーベッド ステラ
出典:amazon.co.jp
サワベビー ベビーベッド ステラ

32,295円 (税込)

詳細情報
・サイズ:70×120×高さ114.5cm
・収納部分の特徴:収納扉なし
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節2段階
・ベビーベッド以外の使い方:×
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

床板は国産ひのき!70cmの超ハイタイプベビーベッドで収納もたっぷり

身長が高めで腰痛持ちという方におすすめなのが、サワベビーのベビーベッド「ステラ」です。何と床からの床板の高さは70cmとかなり高め。これなら腰を曲げずにお世話できます。しかもその床板は国産のひのきを採用しており、頑丈で通気性にも優れていますよ。収納扉も無いため、出し入れが簡単です。ハイタイプなので床下の収納量もかなりたっぷり!

4位:カトージ ベビーベッド ハイタイプ 123

カトージ ベビーベッド ハイタイプ 123

15,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:70×120×高さ101cm
・収納部分の特徴:収納扉下開き
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節3段階
・ベビーベッド以外の使い方:×
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

楽天ショップで絶大な人気!ハイタイプで多機能なベビーベッド

一見、その他のベビーベッドと大差ないように見えますが、楽天ショップで他とはけた違いの支持を得ており、とにかく人気がある商品です。ハイタイプで床板は3段階の調整が可能です。最大高さは床から56cm。普通のベビーベッドより高く、あまり腰を折り曲げなくていいのでお世話が楽です。床板にはスノコを使用しているので、蒸れ知らず!収納もゆったりしており、扉も大きく下に開きます。

さらに特筆すべきは、何と大人ベッドの隣に段差無く置けるかもしれないというところ。ただそれには、別売りの専用マットを購入し、枠との段差を無くす必要があります。また、大人用ベッドとの段差はよほど偶然にサイズがマッチしない限りは、どうしても出てきてしまうので注意は必要です。

3位:キンタロー ベビーベッド パルテール ミドルサークル エコ

キンタロー ベビーベッド パルテール ミドルサークル エコ
出典:amazon.co.jp
キンタロー ベビーベッド パルテール ミドルサークル エコ

47,371円 (税込)

詳細情報
・サイズ:70×120×高さ100cm
・収納部分の特徴:収納扉なし、収納底板分離〇
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節3段階
・ベビーベッド以外の使い方:ミドルサークル
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

引き出し式のスライド収納がとても便利!ミドルサークルにも

引き出し式のスライド収納がとても便利!ミドルサークルにも

出典:amazon.co.jp

収納棚がスライド式で、荷物を乗せていてもすっと引き出せるのが実に便利な収納付きベビーベッドです。収納部分には扉がなく、フルオープン仕様なので、最大の高さまで荷物を詰め込むことができます。

赤ちゃんが寝るベッド部分の床板は、3段階調節できますが、ハイタイプではありません。床からの最大距離は49cmなので腰痛持ちの方は注意してください。年齢に応じて3段階に調整でき、さらに、完全に床板を外してプレイヤードとしても使えるという点はとても便利です。

2位:石崎家具 ベビーベッド ALICE

石崎家具 ベビーベッド ALICE
出典:amazon.co.jp
石崎家具 ベビーベッド ALICE

22,114円 (税込)

詳細情報
・サイズ:70×120×高さ102.5cm
・収納部分の特徴:収納扉下開き
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節2段階
・ベビーベッド以外の使い方:×
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

エレガントな雰囲気を持つハイタイプの収納付きベビーベッド

エレガントな雰囲気を持つハイタイプの収納付きベビーベッド

出典:amazon.co.jp

日本製の丁寧な造りが魅力的な石崎家具のベビーベッド。中でも「ALICE」はデザイン性にこだわり、曲線が美しいエレガントな雰囲気を醸し出しています。高品質な国産製にも関わらず、価格も抑えられているところが嬉しいですね。

収納部分は、下開きタイプの扉がついており、開け閉めもスムーズです。開け口幅は約80cmあり大きく開くため、奥の荷物も取りやすいですよ。赤ちゃんが寝るベッドの床板は2段階調節が可能で、上の段は床から57.7cmになります。床から高さがあるので、お世話がしやすいと好評です。

ベビーベッド以外の使い方はできず、折りたたみも難しいため、純粋なベビーベッドとしてのみの活用となりますが、コスパも良く、使いやすいため、かなりお買い得なベビーベッドと言えます。

1位:石崎家具 折りたたみベッド ハイタイプ パル

石崎家具 折りたたみベッド ハイタイプ パル
出典:amazon.co.jp
石崎家具 折りたたみベッド ハイタイプ パル

35,500円 (税込)

詳細情報
・サイズ:70×120×高さ108.8cm
・収納部分の特徴:収納扉なし、収納底板分離〇
・収納以外の特徴:キャスター〇、頭枠スライド〇、床板高さ調節2段階
・ベビーベッド以外の使い方:×
・安全マーク:PSCマーク〇、SGマーク〇

ベビーベッドとしての使い勝手の良さ&折りたたみ式で高機能

1位にランクインしたのは、石崎家具の折りたたみベッド「ハイタイプ パル」。ベビーベッドとしての使い勝手の良さと、折りたたみ式で簡単に収納できるという機能性を合わせ持っている点が大きな魅力です。

まず気になる収納ですが、4輪キャスター付きの可動棚で、縦・横のどちらからでもすっと引き出せます。耐荷重は約10kgと頑丈なので、重いオムツなどもどんどん置けますよ。赤ちゃんが寝るベッド部分の床板の高さも67cmと37.1cmの2段階となっており、上の段で使うと腰を曲げずに赤ちゃんのお世話ができます。ちなみに床板の耐荷重は60kg。赤ちゃんが大きく成長しても安心して使えます。

また、使わないときにはたたんで収納できます。たたみ方も簡単で、床板を横に倒して、柵をたたむだけ。折りたたむと、高さ108×横幅124.8×奥行き15.6cmとかなりコンパクトになりますので、押し入れなどに入れて収納できます。

収納にも使えるベビーベッドは他にもたくさん!

今回は収納付きベビーベッドのみご紹介しましたが、ベビーベッドそのものは他にも色々な種類と商品があります。以下の記事では、今回ご紹介していないベビーベッドも多数ピックアップされており、中には収納としても使えるものも。こちらもぜひあわせてチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回は、収納が使いやすいことと、お世話がしやすいという視点から収納付きベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選をご紹介しました。ベビーベッドは、機能性が高くなればなるほど、価格も上がります。また、製造元がどこであるかということや、木材の品質によっても値段が上下するもの。

長く使えるもので選ぶか、それとも数ヵ月の使用ということで選ぶか、迷うところですが、もし数ヵ月の使用というのならば、レンタルという手もあります。購入するのであれば、ぜひ品質が良く、機能的な収納付きベビーベッドを選んで長く使ってください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す