• コンパウンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • コンパウンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • コンパウンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • コンパウンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • コンパウンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

コンパウンドのおすすめ人気ランキング10選

金属やプラスチック、ガラスなどの傷消しに使われる「コンパウンド」。日本磨料工業のピカールやワコーズのメタルコンパウンドが有名ですが、3M・ヤナセ・光陽社・アサヒペンなどさまざまなメーカーから販売されています。さらに液体タイプ・クリームタイプ・綿タイプなどタイプの違いなどもあるため、どれを購入しようか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できるコンパウンドのおすすめ人気ランキングをご紹介します。浅い傷や錆などがあっても、コンパウンドを使って磨けば元のキレイな状態に戻せますよ!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,373  views
目次

コンパウンドの選び方

コンパウンドは使う用途や使う素材によって選び方もいろいろあります。まず初めは、コンパウンドの選び方のポイントをみていきましょう。

用途に応じて、適切なタイプを選ぶ

コンパウンドには3種類の形状があり、それぞれメリット・デメリットも違います。そこで、それぞれの違いから、用途にあったタイプを選択してください。

磨く範囲が広い場合に最適な「液体タイプ」

液体タイプは伸びが良く、均一に研磨しやすいのが特徴です。容量もたっぷり入っている商品が多いので、車のボディなど広範囲に磨く場合に最適!さらに、研磨する際に出てくるカスが排出されやすく、傷が良く見えて作業もしやすいですよ。

液体タイプは、飛散しやすい特徴があるため、使用の際はマスク・ゴーグルをして作業する場所にも気をつけてください。また、乾燥が速いので、ある程度慣れていないと扱いにくいと言われているので、使用する際は手際よく作業できるスペースを作っておくといいですね。

液だれがなく手を汚しにくい「クリームタイプ」

液だれがなく手を汚しにくい「クリームタイプ」

出典:amazon.co.jp

クリームタイプは、布・スポンジに出したら磨くだけと手軽に使えるのが魅力です。狭い範囲を磨くのに最適で、液体タイプとは違い液だれや飛散を気にせず作業できます。さらに、乾燥しにくいクリームタイプを使うと作業に手間取ってしまう初心者の方でも安心して使うことができますよ。

クリームタイプは、無理に広い範囲を研磨しようとすると、使う量も多くなりムラもできやすいので作業する際は、注意してくださいね。

気軽に使えて便利な「綿タイプ」

気軽に使えて便利な「綿タイプ」

出典:amazon.co.jp

綿タイプは3つの内でも、特に手軽に使えるのがポイント。あまり数は多くありませんが、中に大きな湿った綿が入っていて、好きなサイズにちぎって使えます。そのため、蛇口やドアノブなど、曲面で磨きにくい物や、ハサミや工具類と小さいアイテムの研磨に最適です。

液体やクリームと違って、刺激臭も少なく快適に使えますよ。なお、研磨力は液体やクリームと比べると落ちるため、磨き上げるまでに時間がかかります。

素材の状態から適切な粒子の大きさを選択

素材の状態から適切な粒子の大きさを選択

出典:amazon.co.jp

コンパウンドは粒子のサイズ(単位はμ(ミクロン))で判断し、μの数値が小さいほど粒子が細かくなるので表面をキレイに整えることができます。大きさを見ると、粗目(20~15μ)・中目(14~12μ)・中細目(11~10μ)・細目(8~7μ)・極細目(6~5μ)・微粒子(4~3μ)・超微粒子や極超微粒子(2~0.3μ)となっています。

粗目や中目はとても強い研磨力を持ち、表面状態がひどく一気に削りたいときに最適。中細目は一般的に使われるサイズで、浅い傷や錆落としに使われます。そして、極細目から超微粒子まで、段階を踏んで、どんどん細かくして表面を整えましょう!

「油溶性」と「水溶性」の特性を理解する

「油溶性」と「水溶性」の特性を理解する

出典:amazon.co.jp

コンパウンドにはシリコンやワックスを配合した油溶性に、ノンシリコン・ノンワックスの水溶性の2種類があります。初心者の方は油溶性を使い、慣れて来てもっと丁寧に磨きたくなったら水溶性を使いましょう。

油溶性は滑りが良く、初心者の方でも簡単に扱えます。また、油分が傷に入り込んで埋めてくれるので、短時間で作業が終わるのもメリット。水溶性は油溶性よりも研磨力が高いのが特徴です。油溶成分が入っていないので傷が埋まらずはっきりと見えるため、研磨作業の効率がアップしますよ!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのコンパウンドをご紹介します。さまざまなコンパウンドを集めたので、選び方をしっかり見て、用途に最適なコンパウンドを見つけてくださいね!

10位:カナセ工業株式会社 水槽美人

カナセ工業株式会社 水槽美人
出典:amazon.co.jp
カナセ工業株式会社 水槽美人

1,898円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:アクリル
・形状タイプ:クリーム
・粒子のサイズ:-
・特性:溶性
・容量:50g

アクリル水槽の傷直しに最適!

アクリル製の水槽に、傷が付いてしまった場合のメンテナンスに使いやすいコンパウンドです。アクアリウムを行っている方に人気が高い商品ですよ。深い傷には不向きですが、細かい傷には最適!きれいに仕上がると口コミでも人気です。ただし、水槽の内側には使用しないようにとの注意書きがあるので、水槽の内側の傷への使用は避けてください。

9位:アクリサンデー 研磨剤

アクリサンデー 研磨剤
出典:amazon.co.jp
アクリサンデー 研磨剤

798円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:プラスチックや金属
・形状タイプ:液体
・粒子のサイズ:3~5μ(極細目・微粒子)
・特性:溶性
・容量:100ml

アクリル用では値段が手ごろで使いやすい

アクリルに対応したコンパウンドでは、値段も手ごろでおすすめです。プラスチックの研磨はもちろん、ステンレスやアルミといった金属の研磨も可能。粘度が低い液体タイプで、広い面の研磨にも適しています。粒子の大きさは3~5μと小さく、表面に浅い傷があった状態でも、キレイに整えてくれますよ。量も100mlと一般用としては、十分すぎるほど入っているのでお得です!

8位:SOFT99 ガラス用コンパウンドZ

SOFT99 ウィンドウケア ガラス用コンパウンドZ 05064
出典:amazon.co.jp
SOFT99 ウィンドウケア ガラス用コンパウンドZ 05064

633円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:ガラス
・形状タイプ:液体(高粘度)
・粒子のサイズ:-
・特性:-
・容量:100ml

車の窓に汚れや油膜、傷ができたらこれで修復!

車のガラスに汚れや油膜が付いたり、傷が付いてしまったりした場合は、SOFT99の「ガラス用コンパウンドZ」を使いましょう。ハードインパクト研磨粒子とマイルドインパクト研磨粒子の2つの研磨材が配合されていて、汚れや油膜も一気に落とせる研磨力です。

さらに、その研磨力は汚れだけでなく、フッ素系のガラスコーティングも除去できるほど。専用のクリーニングパッドも付いてくるので、他に用意する必要もありません。

7位:アサヒペン 金属みがき ピカピカン

アサヒペン 金属みがき ピカピカン
出典:amazon.co.jp
アサヒペン 金属みがき ピカピカン

990円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:金属
・形状タイプ:綿
・粒子のサイズ:-
・特性:-
・容量:70g

好きなサイズにちぎってこするだけ!

手軽に使える綿タイプで、意外と対応素材は広く、ステンレスから銅やアルミ、ホーローなど多くの金属に使えます。鍋やヤカンなど日常用品に錆やくすみが発生した場合は、これを使って磨きましょう。ただ錆などを落とすだけでなく、汚れや変色を防ぐ効果もあります。ただし、錆がひどい場合は効果が無いので、もっと研磨力が高い液体やクリームのコンパウンドを使ってください。

なお、扱う際は手袋を付けますが、湿っているので軍手よりゴム系の手袋がおすすめです。それから、錆が取れないという方もいますが、少しこすったぐらいでは取れないので、根気よくこする必要があります。

6位:光陽社 ニューサンライト プラスチック用コンパウンド

光陽社 ニューサンライト プラスチック用コンパウンド
出典:amazon.co.jp
光陽社 ニューサンライト プラスチック用コンパウンド

787円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:プラスチック
・形状タイプ:クリーム
・粒子のサイズ:-
・特性:溶性
・容量:100ml

プラスチック製品の傷に!値段も安く微香性で使いやすい

浴槽やスキー板、サーフボードといった、プラスチック製品の傷や落ちにくい汚れに最適なコンパウンド。手ごろな値段で購入しやすいだけでなく、よくある石油のようなニオイが無いので日常的に使いやすいですね。さらに同メーカーより、コンパウンド用のみかきクロスが発売されていて、そちらと一緒に使えばもっとキレイに仕上がりますよ。

ただし、柔らかいプラスチックだけは使えないため、うっかり使わないように気を付けてください。なお、光陽社のコンパウンド「ニューサンライト」はプラスチック用やステンレス用、アルミ用・銅や真鍮用・汚れ落とし用と種類が揃っています。どれも人気になっていてレビュー・口コミも多く、浅い傷ならこれで磨けば消えると評判です。

5位:ヤナセ ガラセリウム

ヤナセ ガラセリウム GRS-100
出典:amazon.co.jp
ヤナセ ガラセリウム GRS-100

986円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:ガラス
・形状タイプ:クリーム
・粒子のサイズ:-
・特性:-
・容量:100g

ガラスの研磨に最適な酸化セリウムを配合!

Amazonの研磨材カテゴリーで、ベストセラー1位を獲得した人気のコンパウンド。ガラスを研磨するなら、ぜひ使っていただきたい一品です。これはガラスに特化しており、酸化セリウムがガラスに付いた傷や水垢を特にキレイに除去します。

この酸化セリウムはただ削るだけでなく、ガラスと化学反応して表面を整える効果もあります。そのため、他のガラス用コンパウンドを使ってみたけど無理だった場合も、ガラセリムを使えば何とかなるかもしれません。

4位:3M コンパウンド ハード・1-L

3M コンパウンド 目消し肌調整 ハード・1-L
出典:amazon.co.jp
3M コンパウンド 目消し肌調整 ハード・1-L

3,229円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:金属
・形状タイプ:液体
・粒子のサイズ:約4μ(微粒子)
・特性:水性
・容量:750ml

プロもよく使っている業務用のコンパウンド

車の整備を行うプロが使っている水性の業務用コンパウンド。もし、車のボディのケアにコンパウンドを使う場合は、3Mの「ハード・1-L」を使ってみてください。業務用として絶賛されるのは、用途が広くこれで磨けばツヤが出てキレイに仕上がるためです。さらに、通常は100mlぐらいが多いものの、こちらは業務用だけあって750mlもあるのでたくさん使えますね。

通常はウールバフで使用しますが、手磨きでも大丈夫です。なお、もう一つ黄色いパッケージに入っている、「ハード・2-L」があります。ハード・2-Lのほうはハード・1-Lより粒子が細かいので車のボディの状態で使い分けましょう。

3位:日本磨料工業 ピカール液

日本磨料工業 ピカール液
出典:amazon.co.jp
日本磨料工業 ピカール液

293円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:金属・プラスチック
・形状タイプ:液体
・粒子のサイズ:3μ(微粒子)
・特性:溶性
・容量:500g

コスパ抜群で、大量に欲しいときにおすすめ

金属からプラスチックまでと使える素材が多いのが特徴。広い範囲を磨いたり、磨くものが多い場合におすすめです。何より500gと大量に入っていて、数百円で購入できてしまうので経済的ですね。研磨材は約3μと小さく、これが汚れや錆を削り取ってくれます。

ただし、塗装された物に使うと、塗装も剥がしてしまうので注意してください。また、プラスチック類も、種類によっては傷だらけになるため、初めに目立たないところで試しましょう。ちなみに、ピカールは特に有名で、前身にあたる商品は昭和10年~15年に開発されたという歴史のあるコンパウンドです。

2位:ワコーズ メタルコンパウンド V300

ワコーズ MTC メタルコンパウンド V300
出典:amazon.co.jp
ワコーズ MTC メタルコンパウンド V300

1,605円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:金属
・形状タイプ:クリーム
・粒子のサイズ:-
・特性:-
・容量:120g

研磨力が高く、頑固な錆も落とせる!

Amazonでは、200件を超えるレビュー・口コミがあり、大人気の有名な金属用コンパウンド。アルミやステンレス、銅、真鍮など様々な金属磨きに使えます。これで磨けば特殊な研磨材の働きにより、キレイな鏡面仕上げになりますよ。なお、クリームタイプは、伸びが悪いデメリットがありました。ところが、ワコーズのメタルコンパウンドは伸びが良く、少量で幅広い面を研磨できるので意外と経済的です。

また、研磨力が高く、錆がひどい場合でも問題なく短時間で磨けます。他のコンパウンドを使ってみて落ちなかった場合は、ぜひメタルコンパウンドを使ってみてください。

1位:日本磨料工業 ピカールケアー

日本磨料工業 ピカールケアー
出典:amazon.co.jp
日本磨料工業 ピカールケアー

519円 (税込)

詳細情報
・対応した素材:金属・プラスチック
・形状タイプ:クリーム
・粒子のサイズ:3μ(微粒子)
・特性:溶性
・容量:150g

クリーム状で初心者も使いやすい。値段も手ごろでおすすめ!

Amazonで業務用研磨材カテゴリー、ベストセラー1位を獲得。レビューも220件を超えていて、大人気になっています。これは先ほどご紹介した、ピカール液のクリームタイプです。クリームタイプだけあって、何か布に出して磨くだけと、初心者の方でも手軽に使えるので一番におすすめします。

配合されている研磨材は、耐摩耗性に優れるので幅広く使われているアルミナです。これがしっかりと表面を磨いてくれるので、金属の錆取りや細かい傷もキレイになりますよ。ただし、こちらはあまり錆がひどいと難しいので注意してください。ワコールのメタルコンパウンドと迷う方も多いですが、こちらは150gと量も多く値段も半額以下とコスパの良さが自慢。値段が低くても研磨材によりしっかりと磨けるので、コンパウンドが必要になったらぜひ使ってみてくださいね!

必ず素材に対応するか確認!

必ず素材に対応するか確認!

出典:amazon.co.jp

コンパウンドは、ステンレス用やプラスチック用など、専用の物が販売されています。基本的に磨きたい素材に合わせて、専用の物を使いましょう。対応していないコンパウンドを使うと、入っている研磨材の種類や粒度が合わずに、逆に傷つけてしまうことがあります。

コンパウンドの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コンパウンドのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

おすすめのコンパウンドをご紹介しました。

今回は金属用やプラスチック用、ガラス用などまとめてご紹介してあるので、磨きたい素材ごとに適切なコンパウンドを見つけましょう。あまりにも傷が深い場合は無理ですが、浅い傷ならたくさんあってもキレイに整えられます。なお、コンパウンドを使う場合は、ゴミがあると逆に傷を広げるので、洗うなどしてから使ってくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す