• バイオリン用チューナーのおすすめ人気ランキング10選【ヤマハ・KORGも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • バイオリン用チューナーのおすすめ人気ランキング10選【ヤマハ・KORGも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • バイオリン用チューナーのおすすめ人気ランキング10選【ヤマハ・KORGも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • バイオリン用チューナーのおすすめ人気ランキング10選【ヤマハ・KORGも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • バイオリン用チューナーのおすすめ人気ランキング10選【ヤマハ・KORGも!】のアイキャッチ画像5枚目

バイオリン用チューナーのおすすめ人気ランキング10選【ヤマハ・KORGも!】

バイオリンの調弦に欠かせないのが「バイオリン用チューナー」です。木製のバイオリンは温度や湿度にとても敏感なため、その日によって音の高低が変わってしまいます。練習前はもちろん、新しい弦に変えた時や練習中に正しい音程で調弦する必要があるため、やはりチューナーがあると便利です。

しかし、チューナーにはクリップ式と置き型があり、メトロノーム機能がついたものやマイクが内蔵されたものまで種類もさまざま。そのうえ、ヤマハ・KORG・SEIKO・モーリスなど多くのメーカーから販売されているため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで今回は、バイオリン用チューナーの選び方と、Amazonなどの通販で人気があるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。お気に入りのバイオリン用チューナーを見つけて、簡単に楽しく調弦できるようになりましょう。
  • 最終更新日:2019年04月24日
  • 10,264  views
目次

バイオリン用チューナーの選び方

それではバイオリン用チューナーの選び方を見ていきましょう。使いやすいチューナーなら調弦も簡単に手早く終わらせることができ、より練習に集中できます。調弦が楽しくなるようなお気に入りのチューナーを見つけてくださいね。

練習スタイルに合ったタイプを選ぶ

バイオリン用チューナーは大きく分けて、チューナー式と置き型の2つに分かれます。ギターやベースを弾く方には、クリップ式が人気が高いのですが、バイオリンではどちらかとというと置き型が人気です。ただし、どちらも一長一短があるため、自分の練習スタイルや使いやすさに合わせて選ぶとよいでしょう。

演奏中にも確認したいなら「クリップ式」が便利

演奏中にも確認したいなら「クリップ式」が便利

出典:amazon.co.jp

バイオリンに取付けて使うクリップ式は、演奏中にもピッチを確認したい方におすすめです。角度を調節できるタイプなら、見やすい位置にチューナーを設置できるため、視認性も高くなります。直接楽器に取付けているため、何人かで練習をする時に自分の音を拾いやすいこともメリット。小型で軽量なものが多く、バイオリンケースに入れて持ち運べるため便利です。

しかし一方で、演奏中、常に視界に入るため鬱陶しいと感じる方も。気になる方は、マイク付きで譜面台に取付けても使用できるタイプや、ボディの下の方に取付けられるタイプなどを選んでみると良いでしょう。

機能性を重視するなら「置き型」がおすすめ

機能性を重視するなら「置き型」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

より機能面が充実しているものを選びたいという方には、置き型がおすすめです。メトロノーム機能や録音機能がついた多機能モデルがあるため、練習時にはこれ1台ですんでしまいます。また、クリップ式よりは視認性は劣りますが、見たい時だけ確認できるため、邪魔になりにくいこともメリットのひとつ。演奏に集中したいという方にも、置き型のほうが便利でしょう。

便利な機能に注目しよう

調弦を行うために必要な機能は、A(ラ)の音が分かることです。しかし、自分の出している音が基準より高いのか低いのか確認できること以外に便利な機能がついているものもたくさんあります。バイオリンを演奏する時にあると便利な機能も押さえておきましょう。

キャリブレーション機能があれば様々な場面に対応できる

キャリブレーション機能があれば様々な場面に対応できる

出典:amazon.co.jp

他の楽器にも使用したい場合や、様々な場面で演奏する機会が多い場合は、基準範囲(キャリブレーション)機能があるものを選びましょう。調弦の時に基準となるAの音の測定範囲が変更できるタイプだと、様々な場面にあわせてピッチを変えることができます。

一般的に、バイオリンではAの音を442Hzとしており、バイオリン専用のチューナーであれば、442Hzになっていることでしょう。しかし、ピアノでは440Hzに合わせることが多く、コンサートなどではバイオリン以外の楽器や他の演奏者に合わせてピッチを変えることもあるため、状況に応じて調弦できるものが便利です。

メトロノーム機能があると便利

メトロノーム機能があると便利

出典:amazon.co.jp

バイオリンの練習ではメトロノームも不可欠。メトロノーム機能のついたチューナーなら1台で両方をこなすことができます。特にチューナーとメトロノームを同時に使えると便利です。

メトロノーム機能には、通常のメトロノームのように音が出るタイプと光で知らせるものがあり、中には音を出すか光にするか選べるモデルもあります。場面ごとに切り替えることができれば、使い勝手も良くなりますね。

サウンドバック機能があれば音感トレーニングにも役立つ

サウンドバック機能があれば音感トレーニングにも役立つ

出典:amazon.co.jp

チューナーは基本的に目で見て調弦を行います。しかし、バイオリン演奏には音感が大切。目で見る調弦だけでなく、耳で聴いて音を合わせる調弦ができるようになりたいものです。サウンドバック機能のついたタイプなら音感トレーニングにも適しているので、正しい音程を身につけるのに役立ちます。

バックライト付きなら暗いステージ上でも使えて便利

バックライト付きなら暗いステージ上でも使えて便利

出典:amazon.co.jp

チューナーを確認しながら演奏したいときには、バックライト機能の付いたチューナーが便利です。例えばステージ上など周りが暗くてチューナーの画面が良く見えなくても、画面が光って見えるなら安心ですね。

また、バックライト機能がついていると明記のないチューナーでも、画面が明るくて見やすいなどの口コミがあるものなら、暗い場所でも使いやすくなります。商品説明だけでなく、口コミもあわせてチェックしてみるとよいでしょう。

バイオリン用チューナーのおすすめ人気ランキング10選

それでは通販で人気のあるバイオリン用チューナーをおすすめ度順にランキング形式でご紹介します。見やすくて使いやすいお気に入りのチューナーを見つける参考にしてください。
10位
バイオリンチューナー LUVAY フクロウ クリップチューナー 1枚目
出典:amazon.co.jp

LUVAYフクロウ クリップチューナー

1,200円 (税込)

タイプクリップ式
A4測定範囲
チューニング範囲A0(27.5Hz)~ C8(4186Hz)
メトロノーム機能
サウンドバック機能
バックライト機能不明
9位
タイプクリップ式
A4測定範囲430~450Hz(1Hz単位)
チューニング範囲A0(27.5Hz)~C8(4186Hz)
メトロノーム機能
サウンドバック機能
バックライト機能
8位

SYMPHAクリップチューナー スクエアタイプ

1,080円 (税込)

タイプクリップ式
A4測定範囲440Hz
チューニング範囲B0~B7
メトロノーム機能
サウンドバック機能
バックライト機能不明
7位

KORGチューナー/メトロノーム/レコーダー

TMR-50 BK

14,980円 (税込)

タイプ置き型
A4測定範囲
チューニング範囲C1(32.70Hz)~C8(4186.01Hz)
メトロノーム機能テンポ30~252回/分
サウンドバック機能
バックライト機能
6位
タイプクリップ式
A4測定範囲410~480Hz(1Hz単位)
チューニング範囲A0(27.50Hz)~C8(4186Hz)
メトロノーム機能テンポ30~25 回/分
サウンドバック機能
バックライト機能
5位
タイプクリップ式
A4測定範囲430~450Hz(1Hz単位)
チューニング範囲
メトロノーム機能
サウンドバック機能
バックライト機能不明
4位

PLANET WAVESD'Addario マイクロバイオリンチューナー

PW-CT-14

2,230円 (税込)

タイプレバーロッククランプ(ボディ固定式)
A4測定範囲410-480Hz
チューニング範囲
メトロノーム機能テンポ20-270回/分
サウンドバック機能
バックライト機能
3位

SEIKOクリップチューナー メトロノーム付

STMX1

44,778円 (税込)

タイプクリップ式
A4測定範囲410~450Hz(1Hz単位)
チューニング範囲A0~C8
メトロノーム機能テンポ30~250回/分
サウンドバック機能
バックライト機能
2位

YAMAHAチューナーメトロノーム

TDM-75

9,800円 (税込)

タイプ置き型
A4測定範囲41~~480Hz(1Hz単位)
チューニング範囲C1(32.7Hz)~C8(4186Hz)
メトロノーム機能30~252回/分
サウンドバック機能
バックライト機能
1位

KORGチューナー/メトロノーム

TM-50

3,500円 (税込)

タイプ置き型
A4測定範囲410~480Hz(1Hz単位)
チューニング範囲C1(32.70Hz)~C8(4186.01Hz)
メトロノーム機能30~252回/分
サウンドバック機能
バックライト機能

おすすめ人気バイオリン用チューナーの比較一覧表

商品画像
1
バイオリンチューナー KORG チューナー/メトロノーム  1枚目

KORG

2
バイオリンチューナー YAMAHA チューナーメトロノーム  1枚目

YAMAHA

3
バイオリンチューナー SEIKO クリップチューナー メトロノーム付 1枚目

SEIKO

4
バイオリンチューナー PLANET WAVES D'Addario マイクロバイオリンチューナー  1枚目

PLANET WAVES

5
バイオリンチューナー モーリス クリップチューナー 1枚目

モーリス

6
バイオリンチューナー KORG  Dolcetto-V 1枚目

KORG

7
バイオリンチューナー KORG チューナー/メトロノーム/レコーダー 1枚目

KORG

8
バイオリンチューナー SYMPHA クリップチューナー スクエアタイプ 1枚目

SYMPHA

9
バイオリンチューナー Flanger クリップチューナー 1枚目

Flanger

10
バイオリンチューナー LUVAY フクロウ クリップチューナー 1枚目

LUVAY

商品名

チューナー/メトロノーム

チューナーメトロノーム

クリップチューナー メトロノーム付

D'Addario マイクロバイオリンチューナー

クリップチューナー

Dolcetto-V

チューナー/メトロノーム/レコーダー

クリップチューナー スクエアタイプ

クリップチューナー

フクロウ クリップチューナー

特徴機能充実のコストパフォーマンスに優れたチューナー練習に必要な機能が充実楽器にも譜面台にもつけて使える多機能モデルバイオリンにしっかり固定できて演奏中も目立たない色の変化でチューニングできる初心者にも使いやすいモデルペグに取り付けられるバイオリン・ビオラ専用チューナー録音もできる多機能タイプポケットに入るお手頃価格なチューナーコスパに優れたシンプルなモデルお子さんに人気のかわいいチューナー
価格3,500円(税込)9,800円(税込)44,778円(税込)2,230円(税込)860円(税込)2,646円(税込)14,980円(税込)1,080円(税込)861円(税込)1,200円(税込)
タイプ置き型置き型クリップ式レバーロッククランプ(ボディ固定式)クリップ式クリップ式置き型クリップ式クリップ式クリップ式
A4測定範囲410~480Hz(1Hz単位)41~~480Hz(1Hz単位)410~450Hz(1Hz単位)410-480Hz430~450Hz(1Hz単位)410~480Hz(1Hz単位)440Hz430~450Hz(1Hz単位)
チューニング範囲C1(32.70Hz)~C8(4186.01Hz)C1(32.7Hz)~C8(4186Hz)A0~C8A0(27.50Hz)~C8(4186Hz)C1(32.70Hz)~C8(4186.01Hz)B0~B7A0(27.5Hz)~C8(4186Hz)A0(27.5Hz)~ C8(4186Hz)
メトロノーム機能30~252回/分30~252回/分テンポ30~250回/分テンポ20-270回/分テンポ30~25 回/分テンポ30~252回/分
サウンドバック機能
バックライト機能不明不明不明
商品リンク

調弦する時に気を付けること

最後に、チューナーを使いながら調弦する時に気を付けるとよい点をご紹介しておきます。コツをつかんで、しっかり調弦していきましょう。

最初にペグを緩める

最初にペグを緩める

出典:amazon.co.jp

ペグ(糸巻き)を回すことで弦を強く張ったり弱めたりできますが、慣れないうちはつい回し過ぎて弦が切れてしまうこともあります。勢いよくペグを回した場合も弦が切れることがあるため、調弦を始める際は、まずペグを緩めてから行うようにしましょう。

特にペグが硬くて回しにくい時はついつい力を入れて回しがち。ペグボックスに押し込むように回すとスムーズに回ります。それでも硬い時は、滑りを良くするペグコンポジションを使うのがおすすめです。また、切れた弦が顔に当たると危険なので、調弦中は必要以上に顔を近づけないように気をつけましょう。

駒の角度にも注目

駒の角度にも注目

出典:amazon.co.jp

調弦していると、弦に引っ張られて駒が傾いたり、ねじれたり、位置が変わってしまったり、場合によっては倒れてしまうことがあります。つい忘れがちですが、調弦中は常に駒の状態を確認しながら少しずつ調弦しましょう。

傾きなどを修正する場合は、駒の上部を両手の親指と人差し指で挟んで慎重に正しい位置に戻します。位置がずれてしまっている場合は、弦を緩めてから駒の中央部を持って位置を修正してから調弦を行いましょう。調弦が終わった後に駒が正しい状態かチェックするのも忘れないようにしてくださいね。

弓にもこだわって素敵な音色を奏でよう

バイオリンで素敵な音色を奏でるためには、バイオリンの本体や弦だけでなく、弓の品質も重要になります。以下の記事では、自分に合ったバイオリン弓を見つけるためのポイントと、おすすめの商品をたくさん紹介していますので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

通販などで人気があるおすすめのバイオリン用チューナーをランキン形式でご紹介しました。目で見て音程が合っているか確認できるチューナーは手早く調弦ができてとても便利です。クリップ式と置き型があるので、自分の演奏スタイルに合ったお気に入りをみつけて、正しい音程で楽しく演奏してくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事