• フリスクのおすすめ人気ランキング10選【口臭サポートタイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング10選【口臭サポートタイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング10選【口臭サポートタイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング10選【口臭サポートタイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング10選【口臭サポートタイプも】のアイキャッチ画像5枚目

フリスクのおすすめ人気ランキング10選【口臭サポートタイプも】

ミントタブレットの中でも強い刺激や持続感を味わえると人気の「フリスク」。最近は、おしゃれなフリスクケースに入れて持ち歩く方も多いですよね。そんなフリスクですが、ペパーミントにスペアミントといった代表的なものから、キャンディのような食感のネオまで種類も豊富。さらに口臭対策にもなる成分が配合された、クリーンブレスというシリーズもあり、種類が多いだけにどれにしようか迷ってしまいます。

そこで今回は、フリスクの選び方とともに、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介していきます。フリスクは手放せないけど、いつも同じものを手に取ってしまうという方は必見です。この記事を読めば、新たなフレーバーに挑戦してみたくなりますよ!
  • 最終更新日:2019年05月28日
  • 24,640  views
目次

フリスクの選び方

気分転換や、食後のお口直しに欠かせないフリスクですが、いつもと違うものを選んで後悔したくないから、同じものに偏ってしまうという方も多いようです。まずはフリスクの種類や特徴とともに、その選び方をまとめてみましたので、ぜひ新しいお気に入り選びの参考にしてくださいね。

やっぱり大切!フレーバー選び

フリスクのパッケージはとにかくシンプル。一部を除き、フレーバー名が英語で書かれているだけなので、どんな味なのかを想像しにくいのが難点です!そこで、まずはそれぞれのフレーバーの特徴を簡単に見てみましょう。

超リフレッシュ!ミント系フレーバーから選ぶ

超リフレッシュ!ミント系フレーバーから選ぶ

出典:amazon.co.jp

まずはおなじみの、ミント系フレーバーのご紹介です。ミント系は、フリスクのキャッチフレーズにもなっている「SHARPENS YOU UP(あなたを鋭くする)」という言葉通り、スッキリとした刺激が特徴で、口直しだけでなく、思考を切りかえたいときや、集中したいとき、眠気を覚ましたいときなどにぴったりです。

ミント系だけでも、風味や刺激の強さの違いから、さまざまな種類がありますよ。具体的には、メントールの香りが強く、鼻を抜ける清涼感が特徴の「ペパーミント」や、歯磨き後のようなスッキリ感が得られる「スペアミント」、眠気が飛ぶほど強い刺激のある「ブラックミント」などなど。他にも、刺激の中に甘さを感じる事ができる「ベリーミント」や、エナジードリンクの風味が感じられる「エナジーミント」などがあります。刺激の強さ・甘さ・風味などからお好みのものを選んでくださいね!

リラックスに最適!フルーツ系フレーバーから選ぶ

リラックスに最適!フルーツ系フレーバーから選ぶ

出典:amazon.co.jp

フルーツ系フレーバーには、「ベリーミント」「レモンミント」「ライムミント」「グレープ」「サワーラズベリー」などがあります。甘さや酸味がある分、ミントの刺激や清涼感は控えめなので、強い刺激が苦手という方は、フルーツ系フレーバーから試してみると良いでしょう。

特に「グレープ」は甘さが際立ちます。刺激は元より、酸味もほとんどと言っていいほどありません。ミントが得意でない方や、子供でも食べやすい味になっているのではないでしょうか。

ラインナップは4種類。食感や効果で選ぶ

フリスクには、定番の「フリスク」から始まり、それぞれに特徴を持つ4つのラインナップがあります。それぞれの違いを知れば、ますますお気に入りのフリスクを見つけやすくなりますよ。

ミントの刺激がすぐに欲しいなら「フリスク」

ミントの刺激がすぐに欲しいなら「フリスク」

出典:frisk.jp

2016年9月のリニューアルで、1粒あたりの重量が増え、パッケージのサイズが若干大きくなりましたが、フリスクといえばこちら、レギュラーサイズの「フリスク」を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか。持ち歩きに便利な手の平サイズでありながら、ミントタブレットが50粒入っています。

レギュラーサイズのフリスクの特徴は、口に含むとすぐに感じられる強いミントの刺激と清涼感です。欲しい刺激に合わせて食べる数を調整すれば、自分にピッタリの爽快感を感じることができますよ。リフレッシュに、即効性を求めている方におすすめです。

キャンディーのように楽しめる「フリスクネオ」

キャンディーのように楽しめる「フリスクネオ」

出典:amazon.co.jp

「フリスクネオ」は、丸みを帯びた三角形の形が特徴的なミントタブレットです。レギュラーサイズのフリスクと比較すると、1粒4倍弱の重さがあり、食べごたえも十分。フレーバーは、「ペパーミント」を除きフルーツ系が多く、どちらかというとミントの刺激は控えめです。

口に含むと、ちょっとやそっとでは噛み砕けないくらいの硬さが感じられます。フルーツ系のフレーバーとその食感から、キャンディーのように長時間楽しみたいという方におすすめです。

噛んで楽しい「フリスクナウミンツ」

噛んで楽しい「フリスクナウミンツ」

出典:frisk.jp

「フリスクナウミンツ」は、噛んで食べることを前提としたタブレットです。直径1cmほどのキシリトールのコーティングが施されているタブレットを口に入れると、ツルツルとした舌触りが今までにない感覚を与えてくれます。歯を立てるとカリッとした食感の後に、口いっぱいにタブレットの風味が広がります。食べごたえがあるミントタブレット探しているという方におすすめです。

フレーバーには、そのネーミング通り、雪のような冷涼感を感じる「スノーミント」と、ライムの甘酸っぱさが癖になる「ライムミント」があります。アルミのパッケージは高級感があり、デザインもすてき!しかし、やや高めの価格がネックかもしれません。

キレイな息が続く「フリスククリーンブレス」

キレイな息が続く「フリスククリーンブレス」

出典:amazon.co.jp

「フリスククリーンブレス」は、口臭サポートを目的に開発されたミントタブレットです。口臭の元となる物質を減少してくれる効果があるとされる緑茶抽出物が配合されているのが特徴で、製造元によりその効果が証明されているとのこと。

形状は「フリスクネオ」と同様の三角形ですが、フリスクネオが2層であるのに対し、こちらは抹茶抽出物を真ん中に挟む3層構造となっています。食べるというよりも舐めて溶かすタイプなので、比較的長時間、爽快感やそのフレーバーを楽しむ事ができるでしょう。フレーバーにはほどよい刺激の「フレッシュミント」と、強い刺激が得られる「ストロングミント」の2種類があります。口臭が気になる、口臭があるかどうか不安という方におすすめですよ。

パケ買いするのも楽しい!

フリスクのケースには、プラスチックとメタルの2種類があります。「フリスク」は、蓋をスライドして開けるタイプのプラスチックケース、「フリスクネオ」「フリスクナウミンツ」「フリスククリーンブレス」は、蓋をパカっと開けるタイプのメタルケースです。それぞれの違いを簡単に見てみましょう。

シンプルさが魅力のプラスチックケース

シンプルさが魅力のプラスチックケース

出典:amazon.co.jp

プラスチックケースの良さは、何と言ってもそのシンプルさ。ケースの色や文字色はフレーバーによって異なるものの、どれも「FRISK」の大きなロゴの下にフレーバー名などが書かれているだけで、余計な絵柄は一切ありません。そのため、どのフレーバーを選んでも、人前で取り出しやすいと感じる方が多いようです。

また、プラスティックという素材から、中身を取り出すときに音が気にならないところもメリット。職場や学校、公共の場などでも、シーンを選ばずに扱いやすいですよね。そのシンプルで開けやすいパッケージを使って、付箋などの小物入れにしたり、ミニライトを手作りしたりと工作に利用する方もいるようですよ。

高級感が感じられるメタルケース

高級感が感じられるメタルケース

出典:amazon.co.jp

メタルケースは、鮮やかな色や絵柄が魅力。作りもしっかりとしていて、高級感が感じられます。「フリスクネオ」は、ブラックを基調として、それぞれのフレーバーをイメージさせる絵柄がみずみずしく描かれており、「フリスクナウミンツ」は、洗練されたデザインが目を引きます。「フリスククリーンブレス」は、フリスクらしいシンプルなデザインに、メタルの良さが生かされています。

食べ終わった後に、ヘアピンやクリップなどの小物入れとして使っている方も多いようですよ。ただ、プラスチックケースと比べて、カチャカチャという音が気になるかもしれません。

別売りフリスクケースが装着できるものも!

Amazonや楽天などの通販サイトを覗くとフリスク専用のケースがたくさん取り扱われています。フリスク自体のケースもすてきですが、お気に入りの専用ケースに入れて持ち歩けば、ポッケから取り出したときに気分が上がりそう!個性を出すアイテムとしても使えそうですよね。

ちなみに専用フリスクケースには、2016年9月以前の旧フリスク用・新フリスク用・フリスクネオ用など、サイズによって分かれています。お気に入りのケースに合わせて、フリスクを選ぶというのもアリかもしれません。

フリスクのおすすめ人気ランキング10選

それでは、フリスクのおすすめをランキング形式でご紹介していきます。選び方なども参考に、ぜひお気に入りのものを見つけてみてくださいね。
10位
内容量8.4g(12個セット)
原材料甘味料(ソルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK・スクラロース)・香料・ショ糖エステル・カフェイン・微粒酸化ケイ素・V.B2・V.C・V.B6・V.B12
9位
内容量内容量:35g(9個セット)
原材料植物油脂・甘味料(ソルビトール・アセスルファムK・スクラロース)・ショ糖エステル・香料・着色料(V・B2)酸味料・酸化防止剤
8位
内容量8.4g(12個セット)
原材料甘味料(ゾルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素
7位
内容量35g(9個セット)
原材料甘味料(ソルビトール・スクラロース・アセスルファムK)・酸味料・ショ糖エステル・香料・着色料(アントシアニン・カロチノイド)
6位
フリスク クラシエフーズ フリスク ブラックミント 8.4g×12個 1枚目
出典:amazon.co.jp

クラシエフーズフリスク ブラックミント 8.4g×12個

197円 (税込)

内容量8.4g(12個セット)
原材料甘味料(ゾルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素
5位
内容量8.4g(12個セット)
原材料甘味料(ソルビトール・アセスルファムK・スクラロース)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素
4位
フリスク フリスク  クリーンブレス フレッシュミント 1枚目
出典:amazon.co.jp

フリスク クリーンブレス フレッシュミント

288円 (税込)

内容量35g(9個セット)
原材料甘味料(ソルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK・ネオテール・スクラロース)・香料・ショ糖エステル・緑茶抽出物・着色料(青色1号)
3位
内容量18g(8個セット)
原材料植物油脂・ゼラチン・甘味料(キシリトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK)・香料・着色料(二酸化チタン)・ショ糖エステル(原材料の一部に小麦を含む)
2位

クラシエフーズフリスク ネオ ペパーミント 35g×9個

267円 (税込)

内容量35g(9個セット)
原材料甘味料(ソルビトール・アセスルファムK・スクラロース)・ショ糖エステル・香料・着色料(青色1号)
1位
フリスク クラシエフーズ フリスク ペパーミント 8.4g×12個 1枚目
出典:amazon.co.jp

クラシエフーズフリスク ペパーミント 8.4g×12個

188円 (税込)

内容量8.4g(12個セット)
原材料甘味料(ゾルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素

おすすめ人気フリスクの比較一覧表

商品画像
1
フリスク クラシエフーズ フリスク ペパーミント 8.4g×12個 1枚目

クラシエフーズ

2
フリスク クラシエフーズ フリスク ネオ ペパーミント 35g×9個 1枚目

クラシエフーズ

3
フリスク フリスクナウ  ミンツ スノーミント 1枚目

フリスクナウ

4
フリスク フリスク  クリーンブレス フレッシュミント 1枚目

フリスク

5
フリスク フリスク  スペアミント  1枚目

フリスク

6
フリスク クラシエフーズ フリスク ブラックミント 8.4g×12個 1枚目

クラシエフーズ

7
フリスク フリスクネオ  グレープ  1枚目

フリスクネオ

8
フリスク  フリスク  ベリーミント  1枚目

フリスク

9
フリスク フリスクネオ レモンミント 1枚目

フリスクネオ

10
フリスク フリスク  エナジーミント  1枚目

フリスク

商品名

フリスク ペパーミント 8.4g×12個

フリスク ネオ ペパーミント 35g×9個

ミンツ スノーミント

クリーンブレス フレッシュミント

スペアミント

フリスク ブラックミント 8.4g×12個

グレープ

ベリーミント

レモンミント

エナジーミント

特徴刺激・清涼感・風味のバランスが抜群清涼感長持ち!舐めて楽しむタブレット新感覚を得られるミントタブレットキレイな息が30分間続く?!ブラッシング後のような爽やかさ眠気覚ましに使いたいならコレ!ジューシーな葡萄の香りミントの刺激とベリーがベストマッチ!さっぱりしたい時にぴったり栄養ドリンク好きの方に
最安値
183
送料無料
詳細を見る
261
送料無料
詳細を見る
要確認
266
送料無料
詳細を見る
136
送料無料
詳細を見る
182
送料無料
詳細を見る
267
送料別
詳細を見る
166
送料無料
詳細を見る
266
送料無料
詳細を見る
要確認
内容量8.4g(12個セット)35g(9個セット)18g(8個セット)35g(9個セット)8.4g(12個セット)8.4g(12個セット)35g(9個セット)8.4g(12個セット)内容量:35g(9個セット)8.4g(12個セット)
原材料甘味料(ゾルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素甘味料(ソルビトール・アセスルファムK・スクラロース)・ショ糖エステル・香料・着色料(青色1号)植物油脂・ゼラチン・甘味料(キシリトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK)・香料・着色料(二酸化チタン)・ショ糖エステル(原材料の一部に小麦を含む)甘味料(ソルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK・ネオテール・スクラロース)・香料・ショ糖エステル・緑茶抽出物・着色料(青色1号)甘味料(ソルビトール・アセスルファムK・スクラロース)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素甘味料(ゾルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素甘味料(ソルビトール・スクラロース・アセスルファムK)・酸味料・ショ糖エステル・香料・着色料(アントシアニン・カロチノイド)甘味料(ゾルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK)・香料・ショ糖エステル・微粒酸化ケイ素植物油脂・甘味料(ソルビトール・アセスルファムK・スクラロース)・ショ糖エステル・香料・着色料(V・B2)酸味料・酸化防止剤甘味料(ソルビトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・アセスルファムK・スクラロース)・香料・ショ糖エステル・カフェイン・微粒酸化ケイ素・V.B2・V.C・V.B6・V.B12
商品リンク

いろいろ食べ比べてみよう!

食後に、人と会う前に、気分転換にとちょっと口に含むのにちょうど良いタブレット。いろいろ食べ比べて、手軽に気分転換しちゃいましょう。お気に入りのタブレット選びには以下の記事も参考になりますので、チェックしてくださいね!

まとめ

今回は、フリスクの選び方やおすすめのフレーバーをご紹介してきましたが、試してみたい商品は見つかりましたか?フリスク・フリスクネオ・フリスクナウミンツ・フリスククリーンブレス、それぞれの特徴がはっきりしているので、思っていたよりも選びやすいかもしれませんね。期間限定フレーバーなどもありますので、気になるフリスクがあればぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す