• フリスクのおすすめ人気ランキング14選【ネオ・クリーンブレスも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング14選【ネオ・クリーンブレスも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング14選【ネオ・クリーンブレスも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング14選【ネオ・クリーンブレスも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フリスクのおすすめ人気ランキング14選【ネオ・クリーンブレスも!】のアイキャッチ画像5枚目

フリスクのおすすめ人気ランキング14選【ネオ・クリーンブレスも!】

ミントタブレットの中でも強い刺激や持続感を味わえると人気の「フリスク」。最近では、おしゃれなフリスクケースに入れて持ち歩く方も多いですよね。とはいえ、ペパーミント・スペアミントなどが定番ですが、ほかにもキャンディのような食感のネオや、食後のケアにぴったりのクリーンブレスなど種類が豊富。いざ購入しようと思っても、どれがよいのか迷ってしまいませんか。

そこで今回は、フリスクの選び方とともに、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。フリスクは手放せないけど、いつも同じものを手に取ってしまうという方は必見です。早速チェックして、新たなフレーバーに挑戦してみてくださいね!

  • 最終更新日:2020年04月02日
  • 34,935  views
目次

フリスクの選び方

まずは、フリスクの選び方のポイントをチェックしてみましょう。

お好みやシーンに合わせてフレーバーを選ぶ

フリスクのパッケージはとにかくシンプル。一部を除き、フレーバー名が英語で書かれているだけなので、どんな味なのか想像しにくいものもありますよね。そこで、まずはそれぞれのフレーバーの特徴を簡単にご紹介します。

定番のミント系は、リフレッシュしたいときに最適

定番のミント系は、リフレッシュしたいときに最適

出典:frisk.jp

フリスクの定番と言えば、やはりミント系フレーバーです。ミント系は、フリスクのキャッチフレーズにもなっている「SHARPENS YOU UP(あなたを鋭くする)」という言葉通り、スッキリとした刺激が特徴。口直しだけでなく、思考を切りかえたいときや集中したいとき、眠気を覚ましたいときなどにぴったりです。

ミント系は風味や刺激の強さの違いにより種類が豊富。中でもメントールの香りが強く鼻を抜ける清涼感が特徴の「ペパーミント」や、歯磨き後のようなスッキリ感が得られる「スペアミント」、眠気が飛びそうなほど強い刺激のある「ブラックミント」などが人気です。

その他、刺激の中に甘さを感じられる「ベリーミント」や「レモンミント」などもあります。刺激の強さ・甘さ・風味などからお好みのものを選んでくださいね。

リラックスタイムには、フルーツ系をチョイス

リラックスタイムには、フルーツ系をチョイス

出典:frisk.jp

オレンジ・グレープ・チェリーなどのフルーツ系フレーバーは、甘さや酸味がある分、ミントの刺激や清涼感は控えめ。ちょっと口寂しいときや、疲れていて甘いものが欲しいときなどにもフルーツ系がぴったりです。強い刺激が苦手な方も、フルーツ系フレーバーから試してみると良いでしょう。

特に「グレープ」は甘さが際立ちます。刺激は元より、酸味もほとんどと言っていいほどありません。グレープなら、ミントが得意でない方や子供でもきっと食べやすいですよ。

ラインナップは3種類。食感や効果で選ぶ

フリスクには、定番の「フリスク」から始まり、それぞれに特徴を持つ3つのラインナップがあります。それぞれの違いを知れば、ますますお気に入りのフリスクを見つけやすくなりますよ。

ミントの刺激がすぐに欲しいなら「フリスク」

ミントの刺激がすぐに欲しいなら「フリスク」

出典:frisk.jp

フリスクといえば、レギュラーサイズの「フリスク」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。持ち歩きに便利な手の平サイズでありながら、ミントタブレットが50粒入っています。

レギュラーサイズのフリスクの特徴は、口に含むとすぐに感じられる強いミントの刺激と清涼感です。欲しい刺激に合わせて食べる数を調整すれば、自分にピッタリの爽快感を得られますよ。リフレッシュに、即効性を求めている方におすすめです。

キャンディーのように楽しめる「フリスクネオ」

キャンディーのように楽しめる「フリスクネオ」

出典:frisk.jp

「フリスクネオ」は、丸みを帯びた三角形の形が特徴的なミントタブレットです。レギュラーサイズのフリスクと比較すると、1粒4倍弱の重さがあり、食べごたえも十分。ネオのフレーバーは、ペパーミントを除きどれもフルーツ系で、どちらかというとミントの刺激は控えめです。

ネオはちょっとやそっとでは噛み砕けないくらい硬めなのが特徴。フルーツ系のフレーバーとその食感から、キャンディーのように長時間楽しみたい方におすすめです。

キレイな息が続く「フリスククリーンブレス」

キレイな息が続く「フリスククリーンブレス」

出典:frisk.jp

「フリスククリーンブレス」は、口臭サポートを目的に開発されたミントタブレットです。口臭の元となる物質を減少させる効果が期待できる緑茶抽出物を配合しており、製造元ではその効果が実証されています。

形状は「フリスクネオ」と同様の三角形ですが、ネオが2層であるのに対し、こちらは抹茶抽出物を真ん中に挟む3層構造。食べるというよりも舐めて溶かすタイプで、比較的長時間、爽快感や味わいを楽しめるでしょう。

クリーンブレスのフレーバーにはほどよい刺激の「フレッシュミント」と、強い刺激が得られる「ストロングミント」の2種類があります。口臭が気になる、口臭があるかどうか不安という方におすすめですよ。

パケ買いするのも楽しい!

フリスクのケースには、プラスチックとメタルの2種類があります。「フリスク」は、蓋をスライドして開けるタイプのプラスチックケース、フリスクネオ・フリスククリーンブレスは、蓋をパカっと開けるタイプのメタルケースです。それぞれの違いを簡単に見てみましょう。

シンプルさが魅力のプラスチックケース

シンプルさが魅力のプラスチックケース

出典:frisk.jp

プラスチックケースの良さは、何と言ってもそのシンプルさ。ケースの色や文字色はフレーバーによって異なるものの、どれも「FRISK」の大きなロゴの下にフレーバー名などが書かれているだけです。余計な絵柄も一切ないので、どのフレーバーを選んでも人前で取り出しやすいでしょう。

また、プラスチックだけに、中身を取り出すときに音が気にならないのもメリット。職場や学校、公共の場などでも、シーンを選ばずに扱いやすいですよ。シンプルで開けやすいことを活かして、付箋などの小物入れにしたり、ミニライトを手作りしたりと工作に利用するのもOKです。

高級感が感じられるメタルケース

高級感が感じられるメタルケース

出典:frisk.jp

メタルケースは、鮮やかな色や絵柄が魅力。作りもしっかりとしていて、高級感もUPします。フリスクネオはブラックを基調として、それぞれのフレーバーをイメージさせる絵柄がみずみずしく描かれているのが特徴。フリスククリーンブレスは、フリスクらしいシンプルなデザインに、メタルの良さが生かされています。


また、食べ終わった後に、ヘアピンやクリップなどの小物入れとして使えるのもメタルケースのメリット。ただし、プラスチックケースと比べて、カチャカチャという音が気になるかもしれません。

フリスクのおすすめ人気ランキング14選

人気のフリスクをランキング形式でご紹介します。


なお、ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年1月31日時点)をもとにして順位付けしています。

14位
フレーバーレモンミント
種類フリスククリーンブレス
ケースメタル
13位
フレーバーホワイトピーチ
種類フリスクネオ
ケースメタル
12位
フレーバーオレンジ
種類フリスクネオ
ケースメタル
11位
フレーバースペアミント
種類フリスク
ケースプラスチック
10位
フレーバーチェリー
種類フリスクネオ
ケースメタル
9位
フレーバーベリーミント
種類フリスク
ケースプラスチック
8位
フレーバーレモンミント
種類フリスクネオ
ケースメタル
7位
フレーバーグレープ
種類フリスクネオ
ケースメタル
6位
フレーバーストロベリーミント
種類フリスクネオ
ケースメタル
5位

クラシエフーズフリスク ネオ ペパーミント

255円 (税込) / 1商品あたり

フレーバーペパーミント
種類フリスクネオ
ケースメタル
4位

クラシエフーズフリスク ブラックミント

171円 (税込) / 1商品あたり

フレーバーブラックミント
種類フリスク
ケースプラスチック
3位
フレーバーペパーミント
種類フリスク
ケースプラスチック
2位
フレーバーストロングミント
種類フリスククリーンブレス
ケースボトル
1位
フレーバーフレッシュミント
種類フリスククリーンブレス
ケースボトル

人気フリスクの比較一覧表

商品画像
1
フリスク クラシエ クリーンブレスボトル フレッシュミント 1枚目

クラシエ

2
フリスク クラシエ クリーンブレス ボトル ストロングミント 1枚目

クラシエ

3
フリスク クラシエフーズ フリスク ペパーミント 1枚目

クラシエフーズ

4
フリスク クラシエフーズ フリスク ブラックミント 1枚目

クラシエフーズ

5
フリスク クラシエフーズ フリスク ネオ ペパーミント 1枚目

クラシエフーズ

6
フリスク クラシエ ネオ ストロベリーミント 1枚目

クラシエ

7
フリスク クラシエ ネオ グレープ 1枚目

クラシエ

8
フリスク クラシエ ネオ レモンミント 1枚目

クラシエ

9
フリスク クラシエ ベリーミント 1枚目

クラシエ

10
フリスク クラシエ ネオ チェリー 1枚目

クラシエ

11
フリスク クラシエ スペアミント 1枚目

クラシエ

12
フリスク クラシエ ネオ オレンジ 1枚目

クラシエ

13
フリスク クラシエ ネオ ホワイトピーチ 1枚目

クラシエ

14
フリスク クラシエ クリーンブレス レモンミント 1枚目

クラシエ

商品名

クリーンブレスボトル フレッシュミント

クリーンブレス ボトル ストロングミント

フリスク ペパーミント

フリスク ブラックミント

フリスク ネオ ペパーミント

ネオ ストロベリーミント

ネオ グレープ

ネオ レモンミント

ベリーミント

ネオ チェリー

スペアミント

ネオ オレンジ

ネオ ホワイトピーチ

クリーンブレス レモンミント

特徴1粒で長時間ミントを味わう大粒タイプ!刺激が苦手な方も◎強いミント感でスカッとしたい方におすすめ迷ったらコレ!好き嫌いを分けにくい万人向けフレーバー眠気覚ましに活躍する強刺激フレーバー清涼感長持ち!舐めて楽しむタブレットストロベリーの甘さとミントの清涼感がほどよく味わえる甘いグレープ味はリラックスタイムにもおすすめレモンの酸味を存分に堪能できるフレーバーミントの刺激とベリーがベストマッチ甘さと清涼感のバランスが絶妙なチェリーブラッシング後のように爽やかな後味柑橘系のオレンジでジューシーな甘さネオシリーズの刺激控えめピーチ味レモンとハーブでさわやかな味わい
最安値
638
送料別
詳細を見る
638
送料別
詳細を見る
170 / 1商品あたり
送料無料
詳細を見る
171 / 1商品あたり
送料無料
詳細を見る
255 / 1商品あたり
送料無料
詳細を見る
308
送料要確認
詳細を見る
247
送料要確認
詳細を見る
247
送料要確認
詳細を見る
166 / 1商品あたり
送料無料
詳細を見る
308
送料別
詳細を見る
151
送料別
詳細を見る
252 / 1商品あたり
送料無料
詳細を見る
2,494
送料要確認
詳細を見る
260 / 1商品あたり
送料無料
詳細を見る
フレーバーフレッシュミントストロングミントペパーミントブラックミントペパーミントストロベリーミントグレープレモンミントベリーミントチェリースペアミントオレンジホワイトピーチレモンミント
種類フリスククリーンブレスフリスククリーンブレスフリスクフリスクフリスクネオフリスクネオフリスクネオフリスクネオフリスクフリスクネオフリスクフリスクネオフリスクネオフリスククリーンブレス
ケースボトルボトルプラスチックプラスチックメタルメタルメタルメタルプラスチックメタルプラスチックメタルメタルメタル
商品リンク

別売りのフリスクケースにも注目!

別売りのフリスクケースにも注目!
Amazonや楽天などの通販サイトを覗くと、フリスク専用のケースがたくさん取り扱われています。フリスク自体のケースも素敵ですが、お気に入りの専用ケースに入れて持ち歩けば、ポッケから取り出したときに気分がUP!個性を出すアイテムとしても使えますよ。

ちなみに専用フリスクケースには、フリスク用・フリスクネオ用など、サイズによって分かれています。お気に入りのケースに合わせて、フリスクを選ぶのもアリかもしれません。

いろいろ食べ比べてみよう!

食後に、人と会う前に、気分転換にとちょっと口に含むのにちょうど良いタブレット。いろいろ食べ比べて、手軽に気分転換しちゃいましょう。お気に入りのタブレット選びには以下の記事も参考になりますよよ。ぜひあわせてチェックしてくださいね!

フリスクの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、フリスクの楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、フリスクの選び方やおすすめのフレーバーをご紹介してきましたが、試してみたい商品は見つかりましたか?


フリスク・フリスクネオ・フリスククリーンブレス、それぞれの特徴がはっきりしているので、思っていたよりも選びやすいかもしれません。期間限定フレーバーなどもありますので、気になるフリスクがあればぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す