• つづりひものおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • つづりひものおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • つづりひものおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • つづりひものおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • つづりひものおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

つづりひものおすすめ人気ランキング10選

書類を束ねるために使う「つづりひも」。結びをほどけば何度でも使えるので、後から書類を追加することも可能です。コクヨ・ライオン事務器・プラス・マルアイ・長門屋商店など、意外と多くのメーカーから販売されています。さらに、セル先タイプ・うるし先タイプ・金属先タイプ・紙製タイプなど種類の違いも多く、いざ購入しようとすると、どれを購入すればいいのか迷う方も多いかもしれません。

そこで今回は、通販で購入できるつづりひものおすすめ人気ランキングをご紹介します。選び方も詳細にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。最近では使われることが少なくなったつづりひもの、意外な魅力も発見できますよ!
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 7,105  views
目次

つづりひもの選び方

つづりひもには、意外と多くの素材や種類があります。まずはじめに、何をポイントに選べばよいのかを見ていきましょう。

4種類から適したものを使う

つづりひもには、セル先・うるし先・金属先といった3種類の先端の加工法があります。それに加えて、糸ではなく紙製のつづりひもを加えて全部で4種類。それぞれ、特徴があるので状況によって使い分けましょう。

ほつれにくく使いやすい「セル先」

ほつれにくく使いやすい「セル先」

出典:amazon.co.jp

アセチルセルロースフィルムという、透明のフィルムを巻いたタイプです。丈夫でほつれにくく値段も手ごろ、とコスパの良さが特徴。つづりひもの中でも主流になっており、一番種類が多いタイプです。一般的な書類を束ねる場合は、これを使えば大丈夫でしょう。先端は硬さがあって細いので、穴に通しやすいメリットもあります。

先端がとがっていて、より穴に通しやすい「うるし先」

先端がとがっていて、より穴に通しやすい「うるし先」

出典:amazon.co.jp

ひもの先をそのままうるしで固めるという加工を施したタイプ。こちらも低いコストで作れるため、リーズナブルな価格で購入できるのがメリット。また、セル先と比べて、少々とがった形になっていることが多く、穴に通しやすいのも魅力です。ただし、主流はセル先になっているので、残念ながら販売数は少なくなっています。

なお、うるしにアレルギーがある方は、影響が出る可能性があるため注意してください。

見栄えを良くしたいときに使う「金属先」

見栄えを良くしたいときに使う「金属先」

出典:amazon.co.jp

重要な書類を束ねる場合に使われるのが、金属先で加工したつづりひもです。こちらは銀色ではなく金色になっていて、見た目がとても豪華。黒いつづりひもとマッチして、見栄えを良くしてくれます。

金属先タイプは真鍮製とアルミ製があって、それぞれ特徴が違います。真鍮製はしばらくすると段々と黒ずみ、アンティークのような風合いなります。もうひとつのアルミ製は、軽いだけでなく意外と耐食性に優れる特徴があり、耐久性を考えればこちらでしょう。

リサイクルにそのまま出せる「紙製タイプ」

リサイクルにそのまま出せる「紙製タイプ」

出典:amazon.co.jp

書類の量が多く、後でリサイクルに出す場合は、紙製のつづりひもがおすすめです。一般的なスフ糸などのつづりひもと比べると強度は落ちるものの、紙製はリサイクル時に外さずそのまま出すことができます。一方、一般的なつづりひもは、リサイクルする際に分別が必要で、手作業で外さないといけないため大変です。

特にリサイクルに出す書類の量が多いと、分別だけでかなり時間がかかってしまうため、最初から紙製のつづりひもを使いましょう。

ロングタイプは厚みのある書類に最適

ロングタイプは厚みのある書類に最適

出典:amazon.co.jp

一般的なつづりひもの長さは45cmですが、それより長いロングタイプも販売されています。束ねる書類の数が多く、厚みがかなりある場合は、ロングタイプを購入してください。なおロングタイプは、メーカーによりサイズが違っていて、60cmや70cm、75cm辺りが多くなっています。

強度を重視なら、32本織やPP糸を選ぶ

強度を重視なら、32本織やPP糸を選ぶ

出典:amazon.co.jp

つづりひもによく使われている素材に、スフ糸があります。これは現在ではあまり呼ばないようですが、短繊維のレーヨンのことです。もし頑丈さを重視する場合は、スフ糸より丈夫なPP(ポリプロピレン)糸やポリエステル繊維を使いましょう。スフ糸は天然繊維のような外見から、見た目は良いのですがそこまで強度はありません。

それから、ひもには16本織と32本織の2タイプがあり、本数が多い32本織のほうが丈夫です。

ストレッチタイプを使うと、きっちりと結べる

書類をつづりひもで束ねると、どうしても書類とひもの間に隙間ができてしまいキレイにできません。これを防ぎたい場合は、引っ張ると伸びるストレッチタイプのつづりひもを使いましょう。ストレッチタイプを使って引っ張りながら束ねれば、隙間もできずキレイに束ねられます。

結ばずに手軽に使えるタイプは一時保管に便利

できた書類からどんどん束ねていく場合は、何度もひもを結びなおす必要があるので面倒ですね。そのようなときにおすすめなのが、結ばずに通すだけで使える簡単タイプ。これは先端部分に細い長方形のパーツが付いており、穴から通したら起こしてひっかけて使います。さらに糸製のひもではなく、ゴムひもを使っているため、書類が分厚くなっても問題ありません。

カラータイプは、色分けや飾る目的で使える

カラータイプは、色分けや飾る目的で使える

出典:amazon.co.jp

つづりひもと言えば基本は黒になりますが、赤や青などカラフルなタイプも販売されています。そこで、どこかに提出する書類ではない場合は、カラータイプのつづりひもを使えば、種類ごとに色分けできて便利です。カラータイプのつづりひもには、複数の色が入ったアソートタイプもあるので、そのようなセットを使えばコストも下げられます。

つづりひものおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのつづりひもをご紹介します。今回は、一般的に使いやすいコスパ良いつづりひもはどれかという視点で評価しました。いろいろな種類が入っているので、選び方を参考に適切なつづりひもを使ってくださいね!
10位
タイプ紙製
サイズ180m
素材中性紙
容量1巻
9位
タイプ金属先
サイズ95cm
素材ポリエステル糸48本織
容量10本
8位
タイプ紙製
サイズ45cm
素材上質紙
容量100本
7位
タイプうるし先
サイズ45cm
素材スフ糸16本織
容量100本
6位
タイプセル先
サイズ45cm
素材スフ糸32本織・R-PET
容量100本(5色×20本)
5位
タイプセル先
サイズ18cm
素材天然ゴム・レーヨン
容量10本
4位
タイプ紙製
サイズ36cm
素材
容量1000本
3位
タイプ金属先
サイズ45cm
素材R-PET・リサイクルレーヨン
容量100本
2位
タイプセル先
サイズ45cm
素材PP糸
容量20本
1位
タイプセル先
サイズ45cm
素材スフ糸16本織・R-PET・リサイクルレーヨン
容量100本

おすすめ人気つづりひもの比較一覧表

商品画像
1
つづりひも コクヨ つづりひも セル先 1枚目

コクヨ

2
つづりひも ライオン事務器 つづりひも 1枚目

ライオン事務器

3
つづりひも コクヨ つづりひも 金属先 1枚目

コクヨ

4
つづりひも マルアイ 紙こより 1枚目

マルアイ

5
つづりひも PLUS 結ばずカンタンつづりひも 1枚目

PLUS

6
つづりひも コクヨ カラーつづりひも セル先  1枚目

コクヨ

7
つづりひも PLUS つづりひも うるし先 1枚目

PLUS

8
つづりひも コクヨ つづりひも  1枚目

コクヨ

9
つづりひも ライオン事務器 つづりひも 1枚目

ライオン事務器

10
つづりひも 長門屋商店 紙こより 1枚目

長門屋商店

商品名

つづりひも セル先

つづりひも

つづりひも 金属先

紙こより

結ばずカンタンつづりひも

カラーつづりひも セル先

つづりひも うるし先

つづりひも

つづりひも

紙こより

特徴コスパ抜群で大量に欲しいときに便利ストレッチタイプを使って、キレイに束ねよう!リーズナブルな価格で使いやすい金属先タイプ官公庁や金融機関で使われる紙製つづりひも穴に通すだけで手軽に束ねられる!1セットで5色のつづりひもが手に入る束ねた書類をまとめても、かさばりにくいうるしで固めてあるのでほつれない!販売されている中でも特に長い95cm自分で必要な長さに切って使える
最安値
310
送料別
詳細を見る
107
送料別
詳細を見る
454
送料別
詳細を見る
958
送料別
詳細を見る
352
送料別
詳細を見る
580
送料要確認
詳細を見る
283
送料別
詳細を見る
293
送料要確認
詳細を見る
783
送料要確認
詳細を見る
799
送料別
詳細を見る
タイプセル先セル先金属先紙製セル先セル先うるし先紙製金属先紙製
サイズ45cm45cm45cm36cm18cm45cm45cm45cm95cm180m
素材スフ糸16本織・R-PET・リサイクルレーヨンPP糸R-PET・リサイクルレーヨン天然ゴム・レーヨンスフ糸32本織・R-PETスフ糸16本織上質紙ポリエステル糸48本織中性紙
容量100本20本100本1000本10本100本(5色×20本)100本100本10本1巻
商品リンク

つづりひもの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、つづりひものAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめのつづりひもを、ランキングでご紹介しました。

ただのひもではありますが、意外と種類が多くメーカーごとに使いやすい工夫がされています。書類を束ねる場合は、耐久性もあり長期保存できるので、ぜひつづりひもを使って束ねましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す