• 517323ae061578b2ca2b13b19869c5783557c24b
  • 221d74484afb3c9d69a0162d4420b5df9f4e986c
  • 7781d15856418cc3fae1997a6f3affca16be8484
  • 7a94a61f0d1ec0b40dbd4d4bcfd8345ac9954961
  • 749396a02afc4b59efc529c5c7dfa5f8ad912252

プランター菜園用防虫ネットのおすすめ人気ランキング8選

プランター菜園用防虫ネットは、ハーブや野菜を害虫から守る大事なガーデニングアイテムです。ベランダや庭先で小規模なプランター栽培をするご家庭は、年々増えてきていますよね。自宅で作れば無農薬で野菜を作れる反面、害虫から野菜を守る対策も重要になってきます。防虫ネットは、網の目のサイズ・ネットの張り方などにも違いがあるため、何を基準に購入すればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、通販で購入できる人気のおすすめプランター菜園用防虫ネットをランキング形式でご紹介します。アブラムシなどの害虫から守り、安心・安全のおいしい野菜をつくりましょう!

最終更新日:2017年12月08日 | 2,483views

防虫ネットの選び方

プランター用の防虫ネットは、ニッチな商品のためかあまり情報がありません。そのため、どれを選んだら良いのか、さっぱり分からないという方も多いと思います。防虫ネットには「一般家庭向け」と、畑で使う「農家向け」の2種類があります。

そこで、今回は一般家庭向けに、ベランダや庭先で小規模なプランター栽培を想定した防虫ネットの選び方をご紹介します。

目合いは家庭用なら1mm程度がおすすめ

防虫ネットを選ぶ際に一番重要なのは、網目の大きさである目合いがどのくらいあるかでしょう。この点を間違うと小さい害虫は入ってくるけど、逆に害虫を食べてくれる益虫は入ってこれず、被害が余計広がってしまうことがあります。

一般家庭向けなら、目合いは1mm程度がおすすめ。あまり細かいタイプだと、通気性や光の透過率も考える必要がありますが、1mmくらいなら問題ありません。それに、1mmならアオムシやヨトウムシなどの侵入を、しっかり防いでくれます。ただし、アブラムシなどの小さい害虫の進入を防ぐのは、無理なので気を付けましょう。

サイズは張り方に合ったものを選択する

プランターへのネットの貼り方は、大きく分けると2パターンあります。まずはU字の支柱を直接プランターか土に挿して、その上から張り付けてトンネル状にする方法。コンパクトで、ベランダなど余裕がない場所に最適です。

もうひとつは大きな支柱を用意して、プランターごと覆ってしまう方法になります。こちらは育てている野菜や花が大きくなっても、ネット内のスペースに余裕があるので問題なく成長させることができます。

このように、プランターの場所・野菜・花のサイズから適した方法を選んで、そちらに合ったサイズを選びましょう。

野菜や花の成長後を想定して高さを決める

意外とうっかりしがちなのが、防虫ネットの高さ。基本的なことになりますが、現状の野菜や花のサイズではなく、成長し切ったサイズを想定して選びましょう。そうでないと、段々と大きくなって防虫ネットを突き破ってしまうからです。

特に上に大きくなる野菜では、防虫ネットも支柱も高さのあるものを選んで、上のほうに余裕を持たせておくと安心できますね。

支柱とのセットなら手軽に使える

防虫ネットを購入するなら、支柱とセットになっているタイプを購入しましょう。別々に購入した場合に、意外とサイズが合ってなく使えないトラブルがあるからです。セットになっているタイプなら、最初から防虫ネットも支柱もサイズを合わせて作られているので、そのようなトラブルを回避できます。

なお、防虫ネットは切ってサイズ合わせできます。もし支柱と別々に購入するなら、防虫ネットは大きめのサイズを選ぶと失敗がありません。

銀糸入りはアブラムシに効果的

近年では防虫ネットに、銀糸を混ぜたタイプが販売されるようになりました。この銀糸の意味は虫除け効果を狙ったもので、アブラムシなどは光の反射を嫌うためです。100%近寄らなくなる訳ではありませんが、意外と効果があったという声も聞くのであれば便利という感じでしょうか。

アブラムシも駆除は結構大変で、短期間で大量に増殖していることがあります。もしお困りでしたら、銀糸入りを選んでみると効果あるかもしれませんよ。

プランター菜園用防虫ネットのおすすめ人気ランキング8選

それでは、おすすめのプランター向けの防虫ネットをご紹介します。販売されているプランターは、各社ごと微妙にサイズが異なります。購入する前に、既に持っているプランターにサイズが合っているかよく確認しましょう。

8位:グリーンパル 防虫ネットセット

グリーンパル 支柱・防虫ネットセット
850円(税込)

・サイズ:40×26×72cm(幅×奥行き×高さ)
・目合いの大きさ:-
・セット内容:防虫ネット1枚・支柱3本

U型支柱と防虫ネットの便利なセット!

防虫ネットだけでなく、U型の支柱とセットになっている便利な一品。この支柱をプランターに付いている穴に差し込んで、防虫ネットを張るだけで害虫をシャットアウト。ものによってはぶかぶかで下の方に隙間が出てしまい、洗濯バサミなどで止める必要がある防虫ネットもあります。しかし、こちらはきっちりとしているので、そのような手間も必要ありません。

今回ご紹介した720用と別に、幅34.5cm・奥行き26cm・高さ52cmのコンパクトタイプもあります。

7位:アップルウェアー 支柱付き防虫・防鳥ネット 720mm

アップルウェアー 支柱付き防虫・防鳥ネット
924円(税込)

・サイズ:ファームプランター65型用(幅65cm×奥行き28.8cm×高さ19cm)
・目合いの大きさ:1mm
・セット内容:防虫ネット1枚・支柱3本

専用プランターに取り付けて使える

アップルウェアーが販売している、ファームプランター用で防虫ネットと支柱がセットになっています。おもしろいのがU字の支柱を土に突き刺すのではなく、プランターに取り付けることができるので、土に刺すタイプより面積を広く取ることができます。また、支柱はよくある2本ではなく3本なので、しっかりと防虫ネットを支えてくれますね。

ファームプランターは55型と65型の2タイプがあって、ご紹介したのは65型になります。それぞれサイズが合った防虫ネットを使わなければいけないので、間違えて購入しないように気をつけましょう。

6位:マルソル 実り野菜の虫よけカバー

マルソル 実り野菜の虫よけカバー プランター用
1,180円(税込)

・サイズ:205×175cm(周囲×高さ)
・目合いの大きさ:1mm
・セット内容:防虫ネット1枚

かなり大きいタイプ!ファスナーも付いて作業がスムーズ

水やりや剪定など何か作業するなら、いちいち防虫ネットを外す必要があるので面倒でした。マルソルの防虫ネットは、作業のたびに外す必要がないようにファスナー付き。これならチャックを開けるだけで、直接作業できるのでわずらわしさがありません。

サイズはかなり大きめで、周囲205cm×高さ175cmの大型タイプになっています。きゅうりやゴーヤといったつる性の植物は、支柱に沿ってなかなかの高さまで成長します。これだけ大型サイズなら、ネット内のスペースも大きく取れるので安心して栽培できますね。

なお、アブラムシ対策にも使えるとありますが、残念ながら目合い1mmだとアブラムシのような小さい虫は問題なく通過できます。そのため、アブラムシ対策をしたいなら、天敵のテントウムシを入れてみるなど別の手段も組み合わせましょう。

5位:アイリスオーヤマ ベジタブル防虫カバーセット

アイリスオーヤマ ベジタブル防虫カバーセット VBC-80C
1,154円(税込)

・サイズ:33×60×76cm(幅×奥行き×高さ)
・目合いの大きさ:-
・セット内容:防虫ネット1枚・支柱3本・カバーフレーム3本など

便利な支柱とのセット。銀糸入りでアブラムシ対策

大手のアイリスオーヤマの防虫ネットは、支柱もセットになっているので手軽に使えます。タイプは3種類あって、奥行き30cm・45cm・60cmです。。30cmタイプはプランターではなく、鉢用になるので注意してくださいね。高さは76cmになっていて、これならほとんどの野菜・花に使うことができます。

分かりにくいですが、防虫ネット自体に銀糸が織り込まれていて、この銀糸の反射光により鳥やアブラムシ対策になるので、アブラムシや鳥の被害に困っているなら試してみる価値はありますよ。

4位:渡辺泰 虫よけカバーセット

・サイズ:-(適用プランターは幅64cm奥行き28cm以下・支柱は高さ90cm)
・目合いの大きさ:1mm
・セット内容:防虫ネット1枚・支柱2本

手頃な値段で、複数必要なときに便利!

複数のプランターに防虫ネットを取り付けたいなら、あまり価格が高いと出費も増えて困りますね。そんなときにおすすめしたいのが、こちらの「虫よけカバーセット」。防虫ネットと支柱の便利なセットにもかかわらず、これだけの低価格です。目合いも1mmと他の防虫ネットと同じで、使用感は問題ありません。

支柱は高さ90cmとなっていて、これなら大きめの野菜・花でも気にせずに育てられます。なお、スソのほうを洗濯バサミなどで止める必要があるので、あらかじめ用意しておきましょう。

3位:高儀 支柱・ネット・プランターセット

高儀 支柱・ネット・プランターセット
2,462円(税込)

・サイズ:55×45×95cm(幅×奥行き×高さ)
・目合いの大きさ:1mm
・セット内容:防虫ネット1枚・保温ビニール1枚・30cm支柱12本・25cm支柱4本・20cm支柱4本・プランター1個など

支柱は分解可能。収納に困らない大型タイプ!

プランターと防虫ネット、支柱だけでなく、冬場に重宝する保温ビニールまでセットになった初心者におすすめな商品です。価格が少々高いのが難点ですが、その分だけ性能が高く、使いやすい防虫ネットになっています。まず、防虫ネットはスムーズに作業できるように、ファスナー付き。さらに、支柱は30cmや20cmなどの小さいものがたくさん付属しています。

これは、付いてくる直列コネクターやジョイントクリップを使って、より大きな支柱を作るため。これなら、高さが95cmもあっても、使わなくなったら分解してコンパクトにできるので収納に困りませんね。趣味でプランター栽培を始めてみたいという方は、使っていない時期は収納に便利ですのでおすすめします!

2位:ノーブランド 緑のやさいプランターとかんたん虫よけネットのセット

緑のやさいプランターとかんたん虫よけネットのセット
1,319円(税込)

・サイズ:50×42×38.5cm(幅×奥行き×高さ)
・目合いの大きさ:-
・セット内容:防虫ネット1枚・支柱2本・プランター1個

安価でも使いやすい工夫が満載!

ノーブランド品ですが防虫ネットに支柱とプランターも付いてきて、この値段というコスパ良い商品です。ベランダでプランター栽培するなら、このセットと土・種があればすぐに始めることができます。付いて来るプランターはサイズ幅50cm・奥行き40.2cm・高さ18cm。ホームセンターなどで販売されている一般的なプランターと比べると、奥行きが広くなっているので倒れにくい特徴があります。

また、アーチ状になっている支柱は、3段階の調整ができるアジャスター式です。防虫ネットはプランターに被せるので、どうしても下部に隙間が出てしまいます。ところが、こちらの防虫ネットは下部に、ストッパー付きの紐があるので、それを引っ張れば隙間を無くすことができます。これほど手頃な値段で、使いやすい工夫がいろいろとあるのは助かりますね。

1位:第一ビニール すっぽり虫よけカバー

第一ビニール すっぽり虫よけカバー
1,214円(税込)

・サイズ:75×40×60cm(幅×奥行き×高さ)
・目合いの大きさ:0.6mm
・セット内容:防虫ネット・支柱

プランターをすっぽり覆う。0.6mmの目合いでブロック!

プランター用の防虫ネットで一番におすすめするのは、この「すっぽり虫よけカバー」。今までのプランターに支柱を差し込むタイプではなく、自立する支柱に防虫ネットを張ってすっぽりと覆ってしまうタイプです。設置が面倒だと思うかもしれませんが、底面は空いているので被せるだけと手軽になっています。また、防虫ネットをしたまま、直接水やりしても大丈夫。見た目とは違って、使いやすく簡単に扱うことができます。

目合いのサイズはアブラムシなど、小さい害虫もブロックしてくれる0.6mmという細かさ。これより細かい目合いサイズの防虫ネットもありますが、あまり細かすぎると通気性や光の透過性に影響します。そのため、アブラムシといった小さい害虫も十分ブロックしてくれる、0.6mmで良いでしょう。

0.6mmと細かいタイプは値段も高めになることが多いのですが、こちらは1000円台で購入できるというコスパの良い防虫ネットです。なお、底面が開いているタイプのため、でこぼこな面に置くと隙間ができるのは注意しましょう。0.6mmと目合いが細かい防虫ネットが、これだけ低価格で購入できるなんてうれしいですよね。品質も普通に使用するなら問題ないので、ぜひ使ってみてくださいね!

初心者でも育てやすい家庭菜園向き野菜をチェック!

防虫ネットで守りながら、プランターでいろいろな野菜づくりに挑戦しましょう。以下の記事では、家庭菜園に向いた種や苗を厳選して紹介しています。バリエーションを増やして、家庭菜園をもっと楽しんじゃいましょう。さて、初心者でも育てやすいと人気のおすすめ野菜とは…?

まとめ

プランター向けの防虫ネットおすすめ人気ランキングはいかがでしたか?

ベランダでプランター栽培をしていると困るのが害虫。虫が増える時期になると、どこからともなく現れてせっかく育てた植物を食べられてしまいます。また、それだけでなく、病気を持ってきて全滅することも…。そのようなことがないように、ご紹介したプランター向けの防虫ネットを使って守ってあげましょう!

関連記事

人気の記事