1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. コンシーラー
  6. >
  7. 【徹底比較】肌に優しいコンシーラーのおすすめ人気ランキング10選
【徹底比較】肌に優しいコンシーラーのおすすめ人気ランキング10選

【徹底比較】肌に優しいコンシーラーのおすすめ人気ランキング10選

シミやくま、ニキビ跡などの気になる肌の悩みを解決してくれるコンシーラー。しっかりカバーしたくても、肌が敏感になっていると刺激を感じてしまうこともありますよね。できるだけ肌に優しいコンシーラーが欲しい!と思っても、プチプラからデパコスまで様々なメーカーの商品があって、どれがいいか迷ってしまいませんか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の肌に優しいコンシーラー10商品を比較して、最もおすすめの肌に優しいコンシーラーを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 肌への優しさ
  2. 隠しやすさ
  3. 使用感

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?肌に優しいコンシーラーの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年08月24日更新
  • 160,972 views

検証のポイント

売れ筋の肌に優しいコンシーラー10商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 肌への優しさ

    検証① 肌への優しさ

    まずは、「肌への優しさ」の検証です。専門家の方に実際に手の平に試し塗りをしてもらい、塗り心地や配合成分をチェックしていただきました。また、編集部内で落ちやすさや塗り心地の検証をしました。ゆらぎ肌や過敏になっている肌の方が使うことを想定して、総合的に判断しています。

  • 隠しやすさ

    検証② 隠しやすさ

    続いて、「隠しやすさ」の検証です。くま・シミ・ニキビに見立てて、腕に青色・茶色・赤色を塗り、その上からコンシーラーを重ねて、どれくらい隠れるかをチェックします。

  • 使用感

    検証③ 使用感

    最後は、「使用感」の検証です。実際に全ての商品を使って、顔や腕に塗り伸びやすさや肌への馴染み具合をチェックしました。同時に、容器の使いやすさや利便性なども評価しています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    美肌育成のスペシャリストが検証協力!

    美肌育成のスペシャリストが検証協力!
    今回の比較・検証では、スキンケアのスペシャリストとして、雑誌やwebメディアなどに出演多数の専門家の協力を得ました。

    <肌育成スペシャリスト 川上愛子>
    これまで2万人以上をスキンケアカウンセリングした経験のある、肌育成のスペシャリスト。日本中の女性の肌をワンランクUPさせるべく、皮膚科学+化粧品成分学という科学的根拠と経験則を合わせて爪の先まで美しさをつくる。日本爪肌美容検定協会の代表理事や化粧品検定協会ではインストラクターを務めており、メディアへの出演も多数実績あり。

    肌に優しいコンシーラーの選び方

    肌に優しいコンシーラーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 配合成分をチェックしよう

    重要なのは、肌に負担になるような使い方をしないこと。自分に肌にアレルギーを起こす成分などがわかっている場合は、成分表でチェックするようにしましょう。

    肌に負担をかけないことを意識して

    肌に負担をかけないことを意識して
    例えば、肌に優しいといわれるオーガニック製品でも、人によってはアレルギー反応が出る場合があります。香料や植物由来のものは、反応に個人差があることを覚えておきましょう。

    潤いを与える保湿成分が入っているもの

    潤いを与える保湿成分が入っているもの

    ベストな肌コンディションは、水分と油分のバランスが整っていること。乾きにくいコンシーラーを選んで、適度な水分を保てるようにしましょう。


    例えば、ミツロウは保湿に役立ち、肌を和らげてくれます。ただし、ロウが多く含まれているほど、固いテクスチャーになるので気をつけましょう。

    「薬用=肌に優しい」は間違い?

    「薬用=肌に優しい」は間違い?

    薬用とは、医薬部外品のことで、薬ではなくあくまで化粧品。一般の化粧品と違い、全ての成分を公開しているわけではないので、パッケージなどに記載されているのはあくまで成分の一部です。そのため、自分の肌にとって相性の悪い成分をすべて確認することはできません


    どうしても使いたい場合は、顔に塗る前に、腕などで試し塗りをするといいでしょう。腕と顔では反応が違うこともあるので、万が一刺激になってしまったときはすぐに洗い流してください。

    ② お湯で簡単に落ちるものを選ぼう

    お湯で簡単に落ちるものを選ぼう

    あまりにカバー力が高いコンシーラーを使うと、メイクを落とす際に肌を傷めてしまう危険性も。洗浄力の強いクレンジング剤を使わないで済むのが理想的です。なるべく刺激を少なくできるよう、すんなりとメイクを落とせるコンシーラーを選ぶのがおすすめですよ。


    落としやすいのは、パウダータイプ。粉体は油分が少なく肌と密着しづらい分、簡単に落とすことができます。また、頑丈な油が入っていると落としづらいのですが、植物オイルは分解しやすく洗いやすい特徴があるのでチェックしてみましょう。

    ③ 肌悩みに合わせて色味を選ぼう

    肌悩みに合わせて色味を選ぼう

    カラーを選ぶときは、コンシーラーで隠したい肌悩み・部位に合わせて、最適な色味を使うことが重要です。

    ニキビ跡には、ベージュやイエローなどの肌の色にできるだけ近い色味がおすすめです。しみ・そばかすには、肌と同じ色、もしくは肌の色より少しだけ暗めの色味を使って目立たなくしてみてください。


    クマを隠したい場合は、クマの色味に合わせる必要があります。茶くまはベージュ・イエローなど、青くまはオレンジ・ピンク系、黒くまはパール感のあるベージュやオークルなどを選びましょう。

    ④ タイプごとのメリットを理解して選ぼう

    タイプごとのメリットを理解して選ぼう
    コンシーラーはリキッド・スティック・ペンシル・クリーム・パウダーと5つのタイプがあります。肌を労わるためにはできるだけ柔らかく軽いテクスチャーを選んでください。

    薄く伸ばしやすいリキッドタイプは、特に先端が筆やスポンジになっているものがよいでしょう。クリームタイプはピンポイントで使うことができるので、塗りすぎを避けられるのがメリット。パウダータイプは薄づきに仕上がるのが良いですね。


    注意が必要なのがスティックタイプ・ペンシルタイプ。どちらも固形にするために固めのテクスチャーになっていることが多いです。なかには柔らかく馴染んでくれるものもありますが、あまりに固すぎるものは肌をこすってしまう恐れがあり、刺激となってしまうので注意が必要です。

    売れ筋の人気肌に優しいコンシーラー全10商品を徹底比較!

    肌に優しいコンシーラーの検証

    ここからは、@cosme・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで購入した売れ筋上位10商品のコンシーラーを、どれが最も優れたアイテムなのか比較・検証していきます!肌に優しいとうたうものや敏感肌専用に作られたアイテムを集めました。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:肌への優しさ

    検証②:隠しやすさ

    検証③:使用感

    今回検証した商品

    1. Oz link&STYLE|ミネラル シルク コンシーラー
    2. トゥヴェール|ミネラルコンシーラー
    3. ナチュラピュリファイ研究所|ケアミネラルコンシーラーUV
    4. エトヴォス|ミネラルコンシーラーパレット
    5. イプサ|クリエイティブコンシーラー EX
    6. 常盤薬品工業|コンシーラー
    7. ザ セム|カバーパーフェクション チップコンシーラー
    8. ヤーマン|薬用コンシーラーファンデーション アクネプロテクター(医薬部外品)
    9. 資生堂インターナショナル|d プログラム 薬用 スキンケア&カバーチューブ(医薬部外品)
    10. MiMC|ナチュラルホワイトニング コンシーラー(医薬部外品)

    検証① 肌への優しさ

    肌への優しさ

    まずは、「肌への優しさ」の検証です。


    専門家の方に実際に手の平に試し塗りをしてもらい、塗り心地や配合成分をチェックしていただきました。


    また、編集部内で落ちやすさや塗り心地の検証をしました。ゆらぎ肌や過敏になっている肌の方が使うことを想定して、総合的に判断しています。

    【検証結果ハイライト】柔らかいテクスチャーのスティックタイプに軍配

    【検証結果ハイライト】柔らかいテクスチャーのスティックタイプに軍配

    どのコンシーラーも成分にあまり差はないという結果に。


    違いがあったのは、「24th cosme ケアミネラルコンシーラUV」「トゥヴェール ミネラルコンシーラー」「ヴァントルテ ミネラルコンシーラー」の3商品。肌をしっとりさせるスクワランや、水分を閉じ込めてくれるミツロウなど、保湿効果が期待できる成分を含んでいました。


    固いものが多いスティックですが、ヒマシ油やホホバオイルなど肌馴染みの良い油を使っているものなら、テクスチャーも滑らかです。肌への摩擦が少ないものは、スッと溶けるような感覚がありました。


    落ちやすいのは、やはりパウダータイプでした。クレンジングを使わず、ぬるま湯だけで洗い流してみると、色も粉っぽさもほとんど残りませんでした。

    川上愛子
    肌育成スペシャリスト
    川上愛子さんのコメント
    なじみの良い油は肌に優しく広げやすい傾向にあります。ゆらぎ肌のときでも負担が少ないでしょう。

    検証② 隠しやすさ

    隠しやすさ

    続いて、「隠しやすさ」の検証です。


    くま・シミ・ニキビに見立てて、腕に青色・茶色・赤色を塗り、その上からコンシーラーを重ねて、どれくらい隠れるかをチェックします。

    【検証結果ハイライト】元の肌・ファンデーションと同じ色なら自然にカバー

    【検証結果ハイライト】元の肌・ファンデーションと同じ色なら自然にカバー

    しっかり色を隠せるかどうかは、カバー力があること・もとの肌に馴染む色であることの2つがポイントです。カバー力が高いものは、茶色・青色・赤色と色味に関わらずほぼ隠れるという結果になりました。


    イエロー・ピンク・オレンジ系など色々なカラーがありますが、元の肌の色か使っているファンデーションの色に近い色味を選ぶのがおすすめです。

    検証③ 使用感

    使用感

    最後は、「使用感」の検証です。


    実際に全ての商品を使って、顔や腕に塗り伸びやすさや肌への馴染み具合をチェックしました。同時に、容器の使いやすさや利便性なども評価しています。

    【検証結果ハイライト】簡単に自然に仕上がるのはスティックタイプ

    【検証結果ハイライト】簡単に自然に仕上がるのはスティックタイプ

    スティックタイプは初心者でもテクニックいらずで使える手軽さが高評価でした。柔らかいテクスチャーのものなら、肌に馴染みやすいので厚塗りになりません


    反対に使いづらさを感じてしまうのが、チューブタイプ。一度指にとったり筆にとったりする手間が面倒だという意見が多くありました。直接使うよりも肌にとってはよいのですが、手軽さの面で大きくマイナスだったようです。

    No.1

    Oz link&STYLEミネラル シルク コンシーラー

    2,530円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 隠しやすさ: 2.0
    • 使用感: 3.0
    • 肌へのやさしさ: 5.0

    滑らかでするする伸びる塗り心地が高評価!密着感があるのに、落としやすい!

    スティックタイプの中では、1番伸ばしやすく塗りやすいです。油分が多めの滑らかなテクスチャーで、生き生きとしたツヤ肌に仕上がります。肌に馴染むまでに少し時間がかかりますが、待てば密着感はイチオシです。


    成分チェックでは「シルクの繊維を配合していて、肌に密着してくれる」と評価いただきました。保湿成分も含まれているので、肌の乾きを感じやすい時におすすめです。


    また、化粧崩れしにくいのに、軽めのクレンジング剤で落とせるのが嬉しいポイント。色味は1色のみで、標準〜健康的な肌の色の方にぴったりです。色白の方はハイライトを足すなどして調節すると良いでしょう。

    タイプスティック
    カラーベージュ系
    No.2

    トゥヴェールミネラルコンシーラー

    1,890円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 隠しやすさ: 2.0
    • 使用感: 1.0
    • 肌へのやさしさ: 4.0

    ナチュラル派におすすめな薄づきコンシーラー

    成分バランスでは、専門家の方から高評価をもらえたこちら。軽いつけ心地でナチュラルに仕上がり、やさしめのクレンジングでメイク落としができます。


    リップのような見た目で、持ち運びもしやすいコンパクトサイズなのも嬉しいポイント。かなり薄づきなので素肌感のある仕上がりが好みの方にはちょうどよいでしょう。ライトオークル・ナチュラルオークルの2色展開で、イエロー系・ピンク系のどちらの肌でも使えます。


    カバー力はそこそこなので、気なる部分には重ね付けが必要ですが、厚塗りの心配は全くなし。肌に定着するまでに時間がかかるので、ファンデーションを重ねるときは少し待ってから塗るのがポイントです。

    タイプスティック
    カラーベージュ系
    No.3

    ナチュラピュリファイ研究所ケアミネラルコンシーラーUV

    5,500円

    総合評価

    3.00
    • 隠しやすさ: 3.0
    • 使用感: 3.0
    • 肌へのやさしさ: 3.0

    イエロー系の肌にぴったり。色味が作りやすい2色パレット

    軽いテクスチャーのクリームで、伸ばしやすいのが特徴。表情ジワなどでヨレにくくいので、目元のクマ・くすみ消しにもよいでしょう。付属のチップが筆タイプなので、スポットで隠すよりも広範囲のカバー向きです。


    かなり柔らかいテクスチャーなので、肌を刺激せずに塗れるのが嬉しいポイント。意外にも持ちがよく、洗浄力の高いクレンジングを使った方が落としやすいです。


    ライトベージュとナチュラルベージュの2色パレット。混ぜ合わせて中間色にできるので、自分の肌色に合わせたカラーが作れます。2色ともベージュをベースにしたカラーなので、色白の方はファンデーションで調節してください。

    タイプクリーム(パレット)
    カラーライトベージュ・ナチュラルベージュ
    No.4

    エトヴォスミネラルコンシーラーパレット

    4,900円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 隠しやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.0
    • 肌へのやさしさ: 3.0

    肌に密着してしっかりカバー。オイルクレンジングと馴染みやすい

    あまりラメ感がなくマットに馴染む分、重ね塗りをすると厚塗り感が出てしまうので要注意です。Tゾーンなどの油分が多い部分にはあまり向かないかもしれません。密着感が高いですが、オイルタイプのクレンジングと馴染みやすくしっかりオフできます。


    色味は、ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュの3色。くすみやクマ、色味の調節などに使いやすいナチュラルベージュが1番多く入っているので無駄なく使えます。もともと平均的なイエロー系の肌の方なら、混ぜ合わせる必要がなくそのまま肌にのせられるのが良いですね。


    付属のチップはブラシとスポンジの2WAYタイプ。特にスポンジはスポットでしみやニキビをカバーするときに便利です!

    タイプクリーム(パレット)
    カラーナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュ
    No.5

    イプサクリエイティブコンシーラー EX

    3,650円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 隠しやすさ: 2.0
    • 使用感: 3.0
    • 肌へのやさしさ: 3.0

    色味の調整が難しい上級者向けのコンシーラー

    人気コンシーラーのランキングでいつも上位にいるイプサですが、初心者が使うのは難しいです。カバーしたい箇所によって三色を使い分けていくタイプですが、肌色によっては色を混ぜ合わせる必要があります。下地やファンデーションと組み合わせてコンシーラーを使いこなせる、上級者向けです。


    薄づきな分、落としやすいのは嬉しいポイント。軽めのミルクタイプやクリームタイプでも簡単にメイク落としができます。

    タイプクリーム(パレット)
    カラーブラウン・ピンクオレンジ・ベージュ
    No.6

    常盤薬品工業コンシーラー

    1,468円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 隠しやすさ: 3.0
    • 使用感: 4.0
    • 肌へのやさしさ: 2.0

    淡い色づきでカバー力がイマイチ。密着感がない分落としやすい

    小さいのでポーチなどにポンと入れておくのには便利ですが、フタが開けにくいのが惜しいですね。柔らかく、繊細にしっかりと馴染んでくれます。淡い色づきなのでカバー力はあまり期待できませんが、落としやすさという点ではまずまずです。


    ナチュラルベージュ・ライトベージュの2色展開。明るさを出すならライトベージュ、自然にカバーするならナチュラルベージュを選ぶとよいでしょう。

    タイプクリーム
    カラー明るいベージュ
    No.7

    ザ セムカバーパーフェクション チップコンシーラー

    350円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 隠しやすさ: 3.0
    • 使用感: 5.0
    • 肌へのやさしさ: 2.0

    崩れやすさが目立つコンシーラー。しっかりオフが必要

    テクスチャーが柔らかいので、よく伸びるのが特徴です。その分、密着力はあまりなく擦れやすいです。クレンジング剤と馴染みやすいのですが、オイルタイプなど重ための方が確実に落とせます。


    カバー力はしっかりめで、頬や額など広範囲でも余裕でカバーすることができます。カラーは3種類ありますが、お手頃な価格なので全色購入して使用感を試してみるというのもおすすめですよ。

    タイプリキッド
    カラーベージュ
    No.8

    ヤーマン薬用コンシーラーファンデーション アクネプロテクター(医薬部外品)

    4,594円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 隠しやすさ: 2.0
    • 使用感: 1.0
    • 肌へのやさしさ: 2.0

    粉タイプは使いづらさが残念。落としやすさは◎

    ブラシを使って肌にのせる、パウダータイプ。ピンポイントに塗ることができず、どうしても粉が散らばってしまいました。フタに粉を出して、ブラシを使って塗る必要があるので、ささっと化粧直しするには向きません。ただ、意外にも赤味は隠しやすく、うっすらと赤味が残る程度でした。


    落としやすさはかなり期待できます。お湯で簡単にオフできるので、軽めの洗顔フォーム1本で大丈夫そうです。赤ら顔になってしまった時のカラー補正や、ファンデーション代わりといった使い方がいいでしょう。

    タイプパウダー
    カラーベージュ
    No.9

    資生堂インターナショナルd プログラム 薬用 スキンケア&カバーチューブ(医薬部外品)

    1,400円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 隠しやすさ: 3.0
    • 使用感: 2.0
    • 肌へのやさしさ: 1.0

    濃厚テクスチャーで肌に密着。クレンジングに洗浄力が必要

    こっくりしたテクスチャーで、もはやファンデなのでは?と思うくらい濃厚な使用感です。塗ってからの乾きが早く、マットな仕上がりになります。乾燥しがちな肌の方には、少し潤いが足りないかも。


    しっかり肌に密着してくれる分、落とすときは洗浄力の高いクレンジング剤を使った方が良さそうです。dプログラムには肌に負担をかけにくいメイク落とし・洗顔フォームもあるので、セット使いがいいかもしれません。

    タイプクリーム(チューブ)
    カラーイエローベージュ
    No.10

    MiMCナチュラルホワイトニング コンシーラー(医薬部外品)

    5,940円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 隠しやすさ: 4.0
    • 使用感: 5.0
    • 肌へのやさしさ: 1.0

    くすみ飛ばしが得意で崩れにくい。軽いクレンジングで落とせる

    ピンク・オレンジ・淡いベージュの3色パレット。くすみ・青クマのカバーにピンク、しみ・ニキビのカバーにオレンジを使い、淡いベージュで馴染ませるのがベストです。スポンジタイプと筆タイプの2種類のチップが付いているので、広く伸ばすのにもスポットで置くのにも最適です。


    持ちが良く崩れにくい反面、しっかりクレンジング剤を馴染ませて落とす必要があります。ただ、クリームタイプやミルクタイプの軽めのクレンジング剤で大丈夫なので、落ちやすさはまずまずといったところです。

    タイプクリーム(パレット)
    カラーピンク・オレンジ・ベージュ

    人気肌に優しいコンシーラーの検証結果比較表

    肌に優しいコスメは、他にもいろいろ!

    今回のコンシーラーと同じように、コスメは肌質に合わせたものを選ぶのが大事です。以下の記事では、肌への優しさを第一に考えた、化粧下地やファンデーションのおすすめ商品をたくさんご紹介していますよ。肌質に合ったアイテムを揃えて、ご自身の肌をもっと輝かせてくださいね!

    肌悩み別のコンシーラーはこちら

    肌への優しさにあまりこだわらず、肌悩みをピンポイントに隠したいならこちらをチェック!クマ・ニキビ・シミのそれぞれに適したコンシーラーとおすすめの塗り方をご紹介していますよ。

    まとめ

    今回は、売れ筋上位の肌に優しいコンシーラー10商品を徹底的に比較・検証してみました。


    肌が弱くなっているときは、できることならカバーよりも、スキンケアを重視して欲しいです。あまりにかぶれやすいときは、無理せず皮膚科に行って治療してくださいね。


    ゆらぎ肌は、生活環境の変化や心理的ストレスが原因になることもあります。生活習慣や食事を見直して、内側からのケアも意識しましょう!


    文/写真:戸田はるか、写真:三浦晃一・星野泰晴

    ランキング作成日:2019/02/27

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す