• ボールプールのおすすめ人気ランキング10選【キッズテントにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ボールプールのおすすめ人気ランキング10選【キッズテントにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ボールプールのおすすめ人気ランキング10選【キッズテントにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ボールプールのおすすめ人気ランキング10選【キッズテントにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ボールプールのおすすめ人気ランキング10選【キッズテントにも!】のアイキャッチ画像5枚目

ボールプールのおすすめ人気ランキング10選【キッズテントにも!】

たくさんのボールが敷き詰められ、赤ちゃんから幼児まで楽しく遊べるボールプール。カラフルなボールは視覚を刺激し、全身運動にもつながります。室内遊具施設やキッズルームなどによく設置されていますが、最近では家庭用のボールプールもとっても人気!大きくて邪魔になると思われがちですが、使い終わった後は折りたたんで小さくなるので収納場所にも困りません。

しかし、ボールプールといっても屋根なしのプール型と屋根付きのテントやハウス型のものがあり、おしゃれなデザインのものも豊富なのでどれを購入すればよいか迷ってしまうママも多いはず。そこで今回は、ボールプールを選ぶ時のポイントと、Amazonや楽天などの通販でも購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ボールプールを置くだけで、自宅がたちまちキッズルームに!お子さんも大喜びで遊んでくれますよ!
  • 最終更新日:2019年05月31日
  • 32,119  views
目次

ボールプールの選び方

まずはボールプールの選び方についてご紹介します。お子さまが遊びやすいことはもちろんですが、折りたたんで収納しやすいのも重要なポイント。選び方のコツをおさえ、楽しく遊んでお片付けもしやすいボールプールを選びましょう。

屋根なしのプールタイプ or 屋根付きのハウスタイプ

ボールプールには屋根がない「プールタイプ」のものと屋根付きの「ハウスタイプ」の2種類があります。どちらもメリット・デメリットがあるので、よく考えて選びましょう。

子供の安全を確認しやすい「プールタイプ」

子供の安全を確認しやすい「プールタイプ」

出典:amazon.co.jp

屋根のないプールタイプは、お子さまが怪我をしないよう、お母さんの目が届くことが最大のメリットです。月齢の低い赤ちゃんがボールプールで遊んでいると、ボールに埋まってしまうこともあるので要注意。一人歩きのできない赤ちゃんがボールプールで遊ぶ場合は、屋根のないものがおすすめです。

また、プールタイプのデメリットは遊んでいるうちに、ボールが散らかってしまうこと。お子さまが大きくなるにつれて、遊び方もダイナミックになるため、ボールもあちこちに散らばってしまい面倒に感じることも多くなるでしょう。

ボールが散らかりにくい「ハウスタイプ」

ボールが散らかりにくい「ハウスタイプ」

出典:amazon.co.jp

屋根付きのハウスタイプは、ボールが散らばりにくいことがメリットです。家やテントの形をしているものもあり、ボールプールに飽きてもおままごとなどのごっこ遊びを楽しむことも。一人遊びができるようになったお子さま向けなら、ハウスタイプがおすすめと言えるでしょう。

屋根付きのボールハウスだと中の様子が見えにくいことがあるため、お子さまが遊んでいるときはお母さんから見えやすい位置に入口を向けるなど工夫するとよいでしょう。

設置場所を考えて大きさを決めよう

設置場所を考えて大きさを決めよう

出典:amazon.co.jp

ボールプールの中には子供が3人程度入って遊べるものもあり、広いスペースが必要になります。安全なボールプールですが万が一の怪我を考えて、リビングなどの親の目の届く場所に置くのがおすすめ。リビングのどこに置くかなどを考えたうえで、スペースに合ったサイズを選ぶことが大切です。

なかには、テントのような形の小さいサイズや追加でパーツを購入して大きくできるものもあるため、設置する場所のスペースに最適な大きさのボールプールを見つけることができますよ。

収納しやすいものが便利

収納しやすいものが便利

出典:amazon.co.jp

ボールプールを選ぶ際に忘れがちなのが、収納のしやすさです。ほとんどのボールプールは、遊び終わった後に小さく収納できるようになっているため、収納場所には困りません。しかし、たたみ方にちょっとしたコツが必要で、上手くできないという方もいるようです。

畳みやすいかどうかは、実際に商品を手にしてみないとわからないところですが、口コミを見たり、動画サイトでたたみ方を紹介している商品などを参考に選んでみるとよいでしょう。

子供が遊んで安全なものを選ぼう

どんなおもちゃでも、小さな子供が遊んでいると思わぬ事故につながることがあります。子供が楽しく遊べるように安全なボールプールを選ぶことも大切です。

メッシュ生地だと見えやすい

メッシュ生地だと見えやすい

出典:amazon.co.jp

屋根のないボールプールだとお子さまの様子をしっかり見ることができますが、屋根が付いているハウスタイプだと中の様子が見えにくくなってしまいます。素材がメッシュ生地や透けている素材のものを選び、親の目が届くようにしましょう。

STマークがあれば安心

STマークがあれば安心
ほとんどのおもちゃは、お子さまの安全を考えて作られていますが、より安全性を重視したいという方は「STマーク」が付いているものを選びましょう。STマークとは、日本で定められたおもちゃに対する安全基準(玩具安全基準・ST基準)をもとに、第三者機関がおもちゃの強度や形状を厳しく検査し、基準を満たしたものにのみ付けられるマークになります。

なお、STマークは日本での基準になっており、海外ではASTM(アメリカ)やCE(ヨーロッパ)などがST基準と同程度の安全基準となっています。輸入品などを購入する場合は、海外の安全基準もしっかりチェックしてくださいね。

ボール付きのセットがおすすめ!

ボール付きのセットがおすすめ!
ボールプールにセットで付いているボールだけでは、公共施設にあるようなボールプールのようにはなりません。ボールは、必要に応じて追加購入するのがおすすめです。また、ボールプールの中にはボールが別売りになっているものも。受け取ってすぐに使いたい場合は、ボール付きものを選ぶとよいでしょう。

ボールプール用のボールはメーカーによって大きさや色が異なるため、同じボールで揃えたい場合は、購入前に追加のボールが販売されているか確認しておくといいですよ。

ボールプールのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ボールプールのおすすめ商品をご紹介します。月齢の低い赤ちゃんから幼児まで楽しく遊べるものばかりですよ。
10位

ピープル 頭と体の知育ボールコースター

7,556円 (税込)

サイズ40×20×40cm
対象年齢1歳から5歳
主な素材ポリエステル、ナイロン
ボール50個
安全対策
9位
サイズ85×85×45cm(約)
対象年齢6ヶ月から
主な素材ポリエステル、EVA樹脂
ボール50個
安全対策
8位

バンダイ(BANDAI)アンパンマン あそびたーっぷり! ボールテントパンこうじょう

4,480円 (税込)

サイズ80×160×80cm
対象年齢2歳から
主な素材ポリエステル
ボール100個
安全対策STマーク
7位

RiZKiZ(リズキズ)超ビッグサイズボールハウス

3,180円 (税込)

サイズ125×100×95cm
対象年齢
主な素材ポリエステル
ボール100個
安全対策
6位

野中製作所ワンワンとうーたんなかよし ボールハウス

5,896円 (税込)

サイズ90×90cm×106cm
対象年齢2歳から
主な素材ポリエステル
ボール100個
安全対策STマーク
5位
サイズ300×120×90cm(約)
対象年齢0歳から6歳まで
主な素材ポリエステル
ボールなし
安全対策安全基準適合商品
4位

ドウシシャ(DOSHISHA)ボールハウスセット プリンセスハウス

2,998円 (税込)

サイズ70×70×74cm(約)
対象年齢3歳以上
主な素材ポリエステル
ボール30
安全対策STマーク
3位

野中製作所トゥーンタウン あそびと知育のボールハウス

7,671円 (税込)

サイズ87×87×104㎝
対象年齢2歳から4歳まで
主な素材ポリエステル
ボール100個
安全対策STマーク
2位

EocuSunボール プール ミニバスケットゴール付き

1,880円 (税込)

サイズ高さ90cm 幅150cm(折りたたみ時 幅30cm 厚さ4cm)
対象年齢6ヶ月から
主な素材ナイロン
ボールなし
安全対策CEマーク
1位
サイズ130×110×105cm
対象年齢1歳から
主な素材ポリエステル、スチール、EVA
ボール100個
安全対策食品衛生法取得済(ボール)

おすすめ人気ボールプールの比較一覧表

商品画像
1
ボールプール パピー エンジョイボールハウス 1枚目

パピー

2
ボールプール EocuSun ボール プール ミニバスケットゴール付き 1枚目

EocuSun

3
ボールプール 野中製作所 トゥーンタウン あそびと知育のボールハウス 1枚目

野中製作所

4
ボールプール ドウシシャ(DOSHISHA) ボールハウスセット プリンセスハウス 1枚目

ドウシシャ(DOSHISHA)

5
ボールプール SkySea 子供用ボールプール 1枚目

SkySea

6
ボールプール 野中製作所 ワンワンとうーたんなかよし ボールハウス 1枚目

野中製作所

7
ボールプール RiZKiZ(リズキズ) 超ビッグサイズボールハウス 1枚目

RiZKiZ(リズキズ)

8
ボールプール バンダイ(BANDAI) アンパンマン あそびたーっぷり! ボールテントパンこうじょう 1枚目

バンダイ(BANDAI)

9
ボールプール ルミカ ボールプール 1枚目

ルミカ

10
ボールプール ピープル  頭と体の知育ボールコースター 1枚目

ピープル

商品名

エンジョイボールハウス

ボール プール ミニバスケットゴール付き

トゥーンタウン あそびと知育のボールハウス

ボールハウスセット プリンセスハウス

子供用ボールプール

ワンワンとうーたんなかよし ボールハウス

超ビッグサイズボールハウス

アンパンマン あそびたーっぷり! ボールテントパンこうじょう

ボールプール

頭と体の知育ボールコースター

特徴広々遊べる六面ハウス生後6ヶ月から使える楽しいしかけがいっぱい女の子が夢中になるプリンセスハウス子供心くすぐるトンネル付きお買い物ごっこもできちゃうダイナミックに遊べるビックサイズ大好きなアンパンマンと遊ぼうシンプルなものをお探しならコレ!1歳から5歳まで長く遊べる工夫がいっぱい
価格5,300円(税込)1,880円(税込)7,671円(税込)2,998円(税込)3,980円(税込)5,896円(税込)3,180円(税込)4,480円(税込)3,980円(税込)7,556円(税込)
サイズ130×110×105cm高さ90cm 幅150cm(折りたたみ時 幅30cm 厚さ4cm)87×87×104㎝70×70×74cm(約)300×120×90cm(約)90×90cm×106cm125×100×95cm80×160×80cm85×85×45cm(約)40×20×40cm
対象年齢1歳から6ヶ月から2歳から4歳まで3歳以上0歳から6歳まで2歳から2歳から6ヶ月から1歳から5歳
主な素材ポリエステル、スチール、EVAナイロンポリエステルポリエステルポリエステルポリエステルポリエステルポリエステルポリエステル、EVA樹脂ポリエステル、ナイロン
ボール100個なし100個30なし100個100個100個50個50個
安全対策食品衛生法取得済(ボール)CEマークSTマークSTマーク安全基準適合商品STマークSTマーク
商品リンク

ハウス型のボールプールならおままごとでも遊べる!

かわいいハウス型のボールプールなら、ハウスの中でおままごとをして楽しむことができますよ。近所のお友達と一緒に遊べるようになったら、おままごとセットを使ってみんなで楽しく遊ぶのもおすすめです。ぜひ、お子さんの心をくすぐるかわいいおままごとセットを見つけてみてくださいね。

ボールプールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ボールプールのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめのボールプールについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。ボールプールは雨の日など外に行けない日でも、室内で楽しめる便利なアイテムです。お気に入りのボールプールを見つけて、親子で楽しんでください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す