• 赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング9選【初めての歯磨きに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング9選【初めての歯磨きに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング9選【初めての歯磨きに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング9選【初めての歯磨きに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング9選【初めての歯磨きに!】のアイキャッチ画像5枚目

赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング9選【初めての歯磨きに!】

赤ちゃんに歯が生え始めたら、歯磨きをしなければいけません。そんなときに使うのが赤ちゃん用歯ブラシ。大人用とは違って、柔らかいシリコンでできていたり、ヘッドが小さかったりと、さまざまな工夫がされています。ですが、コンビ・ピジョン・リッチェルなど多くの人気メーカーから発売されており、単品・セット・仕上げ磨き用など種類もさまざま。選ぶのに悩んでしまうことも多いですよね。

そこで今回は、赤ちゃん用歯ブラシの選び方とおすすめ商品を、ランキング形式で紹介していきます!Amazonなどでも取り扱いのあるものばかりなので、お手軽に購入することが出来ますよ。使いやすい赤ちゃん用歯ブラシを手に入れて、歯磨きの時間を楽しくしちゃいましょう!

この記事に登場する専門家

園田 奈緒
  • 最終更新日:2019年05月29日
  • 80,234  views
目次

赤ちゃん用歯ブラシとは

歯ブラシは大人も使うものですが、赤ちゃん用のものは、大人の歯ブラシのようにしっかり磨けることが第一目的ではありません。特に、乳歯が生えたての0歳台の赤ちゃんは、安全に歯ブラシに慣れることを目的に歯ブラシを使います。

なので、ブラシ部分もシリコンでできているもの、のどに届かないようにストッパーが付いているものなど、安全に配慮されているものが多いです。また、小さなお口の中でしっかりと歯に当たるように、ヘッドが小さなものや360度ブラシが付いてるものなども。楽しく歯磨きに慣れてもらうために、快適な歯ブラシを選んであげたいですね。

また、赤ちゃんが使うものではなく、ママやパパが仕上げ用に使う歯ブラシもあります。こちらは大人が使うものですが、赤ちゃんの小さな口に合うよう、さまざまな工夫がされているものばかり。基本的には赤ちゃんが使うもの・仕上げ用と2つ揃える必要があるので、ぜひランキングをチェックしてみてくださいね!

赤ちゃん用歯ブラシの選び方

赤ちゃん用歯ブラシの選び方として、安全性・月齢に合っているもの・サイズ・柔らかさなどが挙げられます。歯ブラシを嫌がる子どもはとても多いので、少しでもストレスなく楽しく磨けるようにしていきたいですよね。

月齢に合わせて歯ブラシを変えていく

赤ちゃん用のものにもさまざまなタイプがあり、歯が生えてすぐに使うものと歯が増えてきてからステップアップするものに分けられています。赤ちゃんの成長具合に合わせて選んでくださいね。

乳歯の生え初めにはシリコンの安全なものを使う

乳歯の生え初めにはシリコンの安全なものを使う

出典:amazon.co.jp

個人差はありますが、だいたい生後6ヶ月頃に乳歯が生え始めると言われています。生え始めた頃が、歯磨きを始めるタイミング。まだそれほど歯は汚れていないので、汚れを落とす目的よりも、歯ブラシに慣れることを目標にしましょう。

この時期は、子どもが口に入れても喉をつかない安全ストッパーが付いているものや、噛んでも大丈夫なシリコン製のブラシを選ぶのがおすすめです。大人がする仕上げでは、ガーゼや綿棒で優しく拭いてあげましょう。

歯が増えてきたらブラシタイプに変えていく

歯が増えてきたらブラシタイプに変えていく

出典:amazon.co.jp

月齢が上がってきて、段々と歯が増えてきたり離乳食をしっかり食べるようになってきたら、シリコンタイプから毛先の柔らかいブラシに変えていきましょう。自分で握る場合は、まだ安全ストッパー付きのものが安全かもしれませんね。

なお、赤ちゃん用の歯ブラシの商品の中には、成長に合わせて使えるセットになっているものもあるので、そういう商品を用意しておくとステップアップしやすいですよ。

ヘッドの小さいブラシを選ぶ

ヘッドの小さいブラシを選ぶ

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんの口はとても小さいもの。特に奥歯の外側などは空間が狭く磨きにくいので、なるべくヘッドが小さく小回りの利くブラシを選ぶのがおすすめです。逆に大きいヘッドのブラシで無理やり磨くと、歯茎や内頬が痛くて嫌がる子もいるかもしれません。歯磨きで嫌な気持ちになるとトラウマになって磨いてくれなくなることもあるので、なるべくストレスのないものを選びたいですね。

毛先の柔らかいものを選ぶ

毛先の柔らかいものを選ぶ
子どもが自分で磨く歯ブラシは、ゴシゴシと力任せに磨いてしまいがち。普通~固めのブラシだと歯茎に傷をつけてしまうので、できるだけ柔らかめのブラシを選んであげましょう。

ただし、まだしっかりと磨くことができず、ブラシをおもちゃ替わりにして噛んでしまう子どもには、毛先がへたりにくい普通タイプのブラシを選んでもいいかもしれません。基本は柔らかめを選びつつも、子どものタイプによって適した硬さを選びましょう。

歯磨き中に遊んでしまう子には曲がる歯ブラシがおすすめ

歯磨き中に遊んでしまう子には曲がる歯ブラシがおすすめ

出典:amazon.co.jp

歯ブラシを持っているときには座ることを教えるのはもちろんですが、それでも立ち歩いてしまったり遊んでしまうこともありますよね。そういう子には、柄の部分がぐにゃっと曲がる歯ブラシを渡してあげると、万が一にものどを突かずに安全です。

曲がる歯ブラシといっても、磨く方向にはあまり曲がらないようになっていてしっかり力を入れて磨けるなど、歯ブラシとしての機能もばっちりですよ。

仕上げ磨き用には違うブラシを用意する

仕上げ磨き用には違うブラシを用意する

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんの歯磨きで大事なのが仕上げ磨き。赤ちゃん自身の歯磨きでは汚れが落ちきっていないことが多いので、必ず最後にママやパパが磨いてあげなければいけません。そのときは、子どもに渡すブラシとは違うものを用意する方がいいでしょう。仕上げ磨き用のブラシは、しっかりと汚れが落とせるように、普通タイプの毛先でヘッドの小さいものがおすすめです。

また、奥まで入りやすいように、少し柄が長いものを選んだ方がいいでしょう。一般的なタイプのブラシを使う場合は、歯茎を傷つけないように優しく磨いてくださいね。

プロの愛用するおすすめの赤ちゃん用歯ブラシ

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの赤ちゃん用歯ブラシをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、安全に歯磨きできる歯ブラシを選んでくださいね。

【単品タイプ】赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング3選

専門家の
マイベスト

【単品タイプ】赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング3選

ここからは、赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ商品をランキングでご紹介していきます。赤ちゃんが使う歯ブラシの単品タイプ・月齢や歯の本数に応じてステップアップできるセット・親が使う仕上げ磨き用の3つのカテゴリに分けて挙げていきますね。
3位
対象年齢0~3才
柄の材質ポリプロピレン
毛の材質ナイロン
毛の硬さやわらかめ
2位
対象年齢6ヶ月~
柄の材質シリコーン
毛の材質シリコーン
毛の硬さ
1位

和光堂にこピカ ベビー歯ブラシ 自分でみがく用

807円 (税込)

対象年齢1歳頃~
柄の材質ポリプロピレン
毛の材質ナイロン
毛の硬さやわらかめ

おすすめ人気【単品タイプ】赤ちゃん用歯ブラシの比較一覧表

商品画像
1
赤ちゃん歯ブラシ 和光堂 にこピカ ベビー歯ブラシ 自分でみがく用 1枚目

和光堂

2
赤ちゃん歯ブラシ KJC エジソンのカミカミ歯ブラシDX 1枚目

KJC

3
赤ちゃん歯ブラシ gadgettown ライオンこどもハブラシ 1枚目

gadgettown

商品名

にこピカ ベビー歯ブラシ 自分でみがく用

エジソンのカミカミ歯ブラシDX

ライオンこどもハブラシ

特徴360°ヘッドがしっかり歯に当たる優れもの遊ぶ感覚で歯をきれいにしてくれる子どもの大好きなアンパンマンで歯みがきタイムを楽しく
価格807円(税込)380円(税込)374円(税込)
対象年齢1歳頃~6ヶ月~0~3才
柄の材質ポリプロピレンシリコーンポリプロピレン
毛の材質ナイロンシリコーンナイロン
毛の硬さやわらかめやわらかめ
商品リンク

【セット】赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング3選

続いては、セットになっているタイプのご紹介です。セットで購入しておくことで、ステップアップしようとしたときにスムーズに新しいものを使えそうですね。また、同じシリーズだとそれまでに慣れたものなので安心して使えます。
3位

リッチェルミッフィー 乳歯ブラシセット

814円 (税込)

対象年齢8ヶ月~
柄の材質ポリプロピレン・エラストマー
毛の材質エラストマー(8ヶ月~用)・ナイロン(12ヶ月~用)
毛の硬さやわらかめ
2位

コンビはじめて歯みがき 乳歯ブラシセット

694円 (税込)

対象年齢歯の本数が1本~
柄の材質ポリプロピレン・水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(ラバー部)
毛の材質水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(STEP1)・ナイロン(STEP2・3)
毛の硬さやわらかめ
1位

ピジョン親子で乳歯ケア 乳歯ブラシセット

311円 (税込)

対象年齢6ヶ月頃~1才6ヶ月頃
柄の材質ポリプロピレン・水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(ラバー部)
毛の材質水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(レッスン1・2)・飽和ポリエステル樹脂(レッスン3)
毛の硬さやわらかめ

おすすめ人気【セット】赤ちゃん用歯ブラシの比較一覧表

商品画像
1
赤ちゃん歯ブラシ ピジョン 親子で乳歯ケア 乳歯ブラシセット 1枚目

ピジョン

2
赤ちゃん歯ブラシ コンビ はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット 1枚目

コンビ

3
赤ちゃん歯ブラシ リッチェル ミッフィー 乳歯ブラシセット 1枚目

リッチェル

商品名

親子で乳歯ケア 乳歯ブラシセット

はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット

ミッフィー 乳歯ブラシセット

特徴それぞれの時期に合わせたサイズ・形状が計算されたセット初めての1本もブラシ形状だから自然にステップアップできるさりげないミッフィーデザインがかわいい!
価格311円(税込)694円(税込)814円(税込)
対象年齢6ヶ月頃~1才6ヶ月頃歯の本数が1本~8ヶ月~
柄の材質ポリプロピレン・水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(ラバー部)ポリプロピレン・水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(ラバー部)ポリプロピレン・エラストマー
毛の材質水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(レッスン1・2)・飽和ポリエステル樹脂(レッスン3)水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(STEP1)・ナイロン(STEP2・3)エラストマー(8ヶ月~用)・ナイロン(12ヶ月~用)
毛の硬さやわらかめやわらかめやわらかめ
商品リンク

【仕上げ磨き用】赤ちゃん用歯ブラシのおすすめ人気ランキング3選

赤ちゃんが自分でする歯磨きは、きちんと磨けていないことがほとんどです。しっかり汚れを落とすのには、仕上げ磨きがとても重要。汚れの落としやすい仕上げ用の歯ブラシを紹介しますね。
3位

マミー17点検・仕上げ磨き用 歯ブラシ

1,003円 (税込)

対象年齢子ども用
柄の材質ポリプロピレン
毛の材質飽和ポリエステル樹脂
毛の硬さソフト・ミディアム
2位
赤ちゃん歯ブラシ クリアクリーン  キッズハブラシ 0~2才向け トレーニング用 仕上げみがき用 1枚目

クリアクリーン キッズハブラシ 0~2才向け トレーニング用 仕上げみがき用

268円 (税込)

対象年齢0~2才
柄の材質EPDM(プレート)・ポリプロピレン
毛の材質ナイロン
毛の硬さやわらかめ
1位

コンビはじめて歯みがき 仕上げみがき用

399円 (税込)

対象年齢6ヶ月~
柄の材質ポリプロピレン
毛の材質ナイロン
毛の硬さやわらかめ

おすすめ人気【仕上げ磨き用】赤ちゃん用歯ブラシの比較一覧表

商品画像
1
赤ちゃん歯ブラシ コンビ はじめて歯みがき 仕上げみがき用 1枚目

コンビ

2
赤ちゃん歯ブラシ クリアクリーン  キッズハブラシ 0~2才向け トレーニング用 仕上げみがき用 1枚目

クリアクリーン

3
赤ちゃん歯ブラシ マミー17 点検・仕上げ磨き用 歯ブラシ 1枚目

マミー17

商品名

はじめて歯みがき 仕上げみがき用

キッズハブラシ 0~2才向け トレーニング用 仕上げみがき用

点検・仕上げ磨き用 歯ブラシ

特徴山形ブラシと15°ななめネックが磨きやすさのポイント子どものトレーニング用と大人の仕上げ磨き用がセットに硬さの選べるブラシと長いグリップが特徴
価格399円(税込)268円(税込)1,003円(税込)
対象年齢6ヶ月~0~2才子ども用
柄の材質ポリプロピレンEPDM(プレート)・ポリプロピレンポリプロピレン
毛の材質ナイロンナイロン飽和ポリエステル樹脂
毛の硬さやわらかめやわらかめソフト・ミディアム
商品リンク

赤ちゃん用歯ブラシの消毒方法

赤ちゃん用歯ブラシの消毒方法
口に入れるものなので、赤ちゃんの歯ブラシはできる限り清潔にしておきたいですよね。とはいえ、水洗いして乾かさずに収納するだけだと雑菌がわきやすくなってしまいます。赤ちゃん用の歯ブラシは定期的に消毒してあげましょう。

熱湯に5~10分ほど浸けて煮沸消毒したり、ミルトンなどの哺乳瓶消毒液に浸けたりといった方法はありますが、どちらもブラシが傷むのが早くなるデメリットがあります。薬液に漬けるのは、素材によっては有害物質が出ることもあるので、使用上の注意をよく確認しましょう。

歯ブラシは月に1度の買い替えが望ましいとも言われているので、消毒しながら使用しつつ、1ヶ月に1度買い替えるのが最も清潔かもしれません。ストックを欠かさないようにしつつ、しっかりお手入れしてくださいね。

成長にあわせて子ども用の歯ブラシもチェック!

子どもの成長にあわせて、歯ブラシも年齢に合ったものに変えていくことが必要です。今回の記事では赤ちゃん用の歯ブラシを紹介しましたが、以下の記事では幼稚園児や小学生など、さまざまな年齢に合った歯ブラシを紹介しています。お子さんの成長にあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

歯の健康を守ることは、健康に過ごすためにとても重要な要素ですよね。楽しく歯磨きを続けられる子に育てるためにも、赤ちゃんの頃からしっかりと歯磨き習慣をつけるようにしましょう。

頑張りすぎて歯茎を傷つけたり、喉をついたりということのない安全な歯ブラシを選んで、親子で歯磨きタイムを楽しみたいですね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す