• 855ef233b65d16c2d9b39d90d247759475d1de0f
  • Dca0c6e1dc6a3b64c78af3bb851641f3a3ced572
  • B9f552115bf222f59fdae27e5eff44ea2ce20983
  • 06d402113dd976e1ef8c276f33b03a1b8cea4245
  • A0e6fa06f2f318f0aa5d751cc5368c953f416dd0

鏡用ウロコ落としのおすすめ人気ランキング10選

お風呂場や洗面台の鏡が水垢で汚れてしまったときに重宝する掃除グッズ、うろこ落とし。シートタイプやコンパクトなスポンジタイプなどさまざまな種類の商品が販売されていますが、あなたはしっかりと購入する商品を選んでいますか?お酢・クエン酸・重曹などの掃除用品、あるいは車のガラス用クリーナーで対応しているという方も多いと思いますが、処理の仕方を間違えるとかえって水垢を増やす原因にもなりかねません。

そこで今回は、鏡用ウロコ落としを探している方に向けて、市販・通販で取り扱いのある人気商品の中から口コミ・価格・使いやすさを比較検討し、鏡用ウロコ落としのおすすめランキングをご紹介します。選び方のポイントや特徴などと合わせて、記事後半では家庭でできる簡単なお手入れ方法や水切りワイパーなどについても紹介しますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね!

最終更新日:2017年08月18日 | 8,999views

鏡用ウロコ落としの選び方のポイント

まずは鏡用ウロコ落としを選ぶ上で押さえておきたいポイントから解説します。以下の3つのポイントをチェックし、あなたに最適な商品を一緒に選んでいきましょう。

汚れ具合や用途に合った研磨材を選ぼう

使用している研磨材によって、研磨力はもちろん鏡の傷付きやすさなども異なってきます。まずは鏡の汚れ具合や、求める性能に合った研磨材を選んでいきましょう。

頑固な汚れはお任せあれ!人工ダイヤモンド

人工ダイヤモンドは、圧倒的研磨力を誇る研磨材。使用年数が長く頑固なウロコ汚れが付着している鏡でも、人工ダイヤモンドが使われている商品を選べば、簡単にウロコを落とすことが可能です。しかし、優れた研磨力を持つゆえ、鏡を傷付けやすいという面もありますので、軽い力で優しく磨き上げましょう。

時間をかけず、しつこいウロコを綺麗に取りたいと思っている方におすすめの研磨剤です。

鏡を傷付けにくい!アルミナ

アルミナの研磨力は人工ダイヤモンドには少し劣るものの、ウロコを落とすのには十分な研磨力を持っています。粒子が細かいタイプが多く、人工ダイヤモンドに比べて鏡を傷つけにくいのが特徴です。

ウロコを取るには根気よく!その他

人工ダイヤモンドやアルミナ以外の研磨素材が採用されているタイプは、粒子が細かくガラスを傷付けにくいのがメリットです。しかし汚れを落とす力は弱く、ウロコを完全に落とすには根気よく作業する必要があります。

頑固なウロコを落とすことには向きませんが、使用年数が浅くウロコもあまり付いていない鏡を綺麗に保つのには最適の研磨剤と言えるでしょう。

ベースとなる形をチェックしよう

鏡用ウロコ落としのベースとなるタイプは、大きく分けて3種類に分けられます。タイプによって力の伝わり具合や持ちやすさなどが異なりますので、これからご紹介するそれぞれの特徴をきちんと理解し、あなたに合ったタイプを選んでいきましょう。

力が伝わりやすい!スポンジタイプ

スポンジは多くのウロコ落としに採用されている、最も一般的なベースタイプです。スポンジの上に研磨シートが付いています。適度な弾力があるうえに形も変形しやすいため、手にしっかりフィットし、力が全体に伝わりやすいため、最低限の力で効率良く掃除することが可能です。

角や曲がった場所でも大丈夫!布タイプ

布タイプは、研磨材を布状に加工したタイプです。自由に形を変えられるため、平面な鏡だけでなく狭い所や曲がった所など、ありとあらゆる場所の掃除に役立ちます。しかし力が全体に伝わりにくく、持っている部分に力が集中してしまうため、多少の磨きにくさがあることは否めません。

持ち手付きなら握りやすい!ゴムタイプ

ゴムタイプは、ゴム部分に研磨材が練りこまれたタイプです。消しゴムのように擦りながらウロコを落とします。持ち手が付いている商品もあり、握りやすさはナンバーワンかもしれません。

しかしゴムが固いため、力がうまく分散しないのが難点。部分的に掃除をするのには向いていますが、全体を磨きたい場合にはそれなりの力と時間を要します。

持ちやすさにこだわろう

持ちやすい商品を選ぶほうが、掃除しやすいのはもはや当たり前。特にウロコ落としをする場合は力を入れて作業をすることが多いため、持ちやすさにこだわって最適な商品を選んでいきましょう。

ここでは最も一般的で種類の多いスポンジタイプの、サイズ・形状の違いによる持ちやすさについて解説をしていきます。

片手で軽く握れるサイズを選ぼう

小さめのサイズだと持ちにくく、鏡全体を掃除するのに時間がかかってしまいます。かといって大きすぎると力が分散してしまい、力を込めて掃除しなければなりません。

時間もさほどかからず力も適度に伝わるのは、片手で収まり軽く握れるほどのサイズです。人によって手の大きさは異なりますので、ウロコ落としを選ぶ際には、必ずサイズをイメージしてから購入するようにしましょう。

手にフィットする形状を選ぼう

多くのアイテムは四角い形状をしていますが、果たしてこの形状は持ちやすいのでしょうか。ホルダーなどの補助アイテムがあれば適度な厚みも出て手にフィットしますが、そのままでは指をかける場所もなく手の形にも合わないため、四角い形状はあまり持ちやすいものとは言えません。

現在、少数ではありますが、魚型・しずく型・ひよこ型・ハート型など、さまざまな形状の商品が登場しています。これらは適度な丸みがあるので手にフィットしやすく、くぼんでいる部分に指をかけられるため、見た目のかわいいだけでなく持ちやすさも抜群ですよ。

鏡用ウロコ落としのおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、人気の鏡用ウロコ落としをおすすめ順にランキング形式でご紹介していきます。鏡の汚れ具合や求める性能に合ったものを使い、お風呂や洗面台の鏡をピカピカに保ちましょう。

10位:レック 鏡のウロコとります

LEC 鏡のウロコとります
245円(税込)

かわいい魚型は握りやすさも抜群

あまりウロコ汚れは付いていないけれど、予防やきれいな状態を保つために鏡用ウロコ落としを購入したい。そんなあなたにぴったりなのが、こちらのレック・鏡のウロコ取ります、です。鏡を傷付けず、ウロコだけを落とすことに特化した特殊な研磨シートを使用しているため、新品の鏡が傷だらけになってしまった、なんてことは起こりません。

また、魚の形をしていることにより、見た目のかわいさだけでなく握りやすさもアップ。長時間作業しても疲れにくい商品です。しかしながら研磨力が低いため、10位のランクインとなりました。

9位:レック 激落ちくん 鏡のウロコ取り リキッド

LEC 激落ちくん 鏡のウロコ取り リキッド S-777
631円(税込)

布でも磨けるリキッドタイプ

こちらはリキッドタイプの鏡用ウロコ落とし。研磨剤に加えて、スポンジやゴムタイプではなかった酸の力を使うことで、ウロコ汚れを化学的に落とします。またリキッドタイプですので、スポンジや布など、好きな道具を使用できるのも魅力です。

しかし口コミを見てみると、年代物の頑固なウロコ汚れにはあまり効果がない模様。しつこい汚れ部分には液を散布し、しばらくしてから汚れをふき取るように磨きましょう。

8位:スリーエム スコッチブライト バスシャイン 鏡の水あかクリーナー

3M スコッチブライト バスシャイン MC-01
750円(税込)

隅まで届くしずく型

人工ダイヤモンドを使用していないにも関わらず、ウロコ落としの効果が高いと口コミで評判の商品です。頑固な汚れを落としきるには若干物足りない印象ですが、できてあまり時間が経っていないウロコになら抜群の効果を発揮します。

また、しずく型をしているため、握りやすいのもうれしいポイント。スポンジの尖った部分を使えば、鏡の角までムラなく掃除することができますよ。

7位:業務用スカッとウロコ取りクリーナー

業務用スカッとウロコ取りクリーナー
756円(税込)

お風呂のウロコ汚れにコレ1本

こちらはプロが使うほどの商品。研磨剤と酸の力でウロコ汚れを落とすリキッドタイプのため、鏡だけでなく蛇口などのステンレス部分にも使用可能。内容量は60g、約3g程度あれば一般的なお風呂の鏡1枚分を掃除できます。容器もコンパクトでキャップも付いているため、コスパが高く収納もしやすいですよ。

ただし、使用する際には十分に換気する必要があります。また、塩素系の製品と一緒に使用するのは絶対にNG。必ず単体で使用するようにしてください。

6位:トパック 簡単鏡のうろことり

トパック 簡単鏡のうろことり
950円(税込)

使い捨てのシート状ウロコ落とし

シート状のため平面の鏡だけでなく、曲がった場所や角までお手入れしやすい商品です。濡れた鏡をシートで擦るだけで、1年もののウロコ汚れがスッキリ落ちたと口コミでも高評価。11枚入りの使い捨てタイプですので、使用したシートを保管しておく必要がなく、保管場所にも困らないのはうれしいですね。

ただし、シート全体に力が伝わりにくいため、1枚で広い面積を掃除しようとすると、かなりの時間と労力が必要です。

5位:レック 激落ちくん 鏡のウロコ取り ハンディ

激落ちくん 鏡のウロコ取り ハンディ S-782
631円(税込)

頑固な汚れに一点集中

頑固なウロコ汚れを落としたい、そんなあなたに最適の商品がこちら。人工ダイヤモンドを練りこんだゴムを採用し、そこにホルダーを付けることで、狙った場所に力を集中させやすいウロコ落としが完成しました。ホルダーにはフック穴が付いているため、収納も簡単に行えます。

しかしながら力が1点に集中しやすいため、広い面を掃除するにはあまり向いていないのが難点です。

4位:アズマ工業 鏡のウロコ取り アルミナパッド

アズマ 鏡のウロコ取り アルミナパッド
397円(税込)

安心のアルミナ製研磨剤

鏡を傷付けにくいアルミナ製研磨剤ですが、3年もののウロコ汚れがきれいさっぱり落ちるほどの効果があります。人工ダイヤモンド製の研磨剤では不安だけれど、しっかり汚れは落としたい、そんな方にぴったりな商品と言えるでしょう。

また、8.6cm×5cmという十分なサイズなうえに、両面使うことが可能。このお値段でこの使い勝手の良さは、コスパの面から考えても大変優秀ですよ。

3位:畑中産業 ミラッシュ

畑中産業 ミラッシュ
1,998円(税込)

1度使えばキレイが長持ち

これまでに付いてしまったウロコ汚れを除去するだけでなく、これから付くであろうウロコ汚れ・水垢・曇りを防止してくれる画期的な商品が、こちらの畑中産業・ミラッシュです。まずはウロコ落とし用のスポンジとクリームを使って汚れを落とし、次にミラッシュを塗ることで鏡に特殊な膜ができ、汚れが付くのを防ぎます。

通常のウロコ落としよりも手間はかかりますが、その分次からのお手入れが楽になると考えれば大した作業ではありません。しかしお値段が張るため、残念ながら1位にはなりませんでした。

2位:ライフテースト 鏡のウロコ落とし ピタっと!シェイプ

鏡のウロコ落とし ピタっと!シェイプ
1,000円(税別)

このフォルムが最大の魅力

ダイヤモンドパウダー配合の研磨剤を採用しているため、汚れが落ちやすいのはもう当たり前。それ以上に注目したいポイントは、この形。かわいいアヒル型のスポンジには尖った部分と丸い部分、さらには凹んだ部分があるため、手で握りやすく、鏡の角まできっちり磨くことができるんです。

また鏡にスポンジを張り付けておくことができますので、保管にも困りません。今回ご紹介している商品はアヒル型ですが、長方形・星型・魚型・ハート型も販売されています。手の形や掃除したい場所に合わせて、最適な形を選んでみてくださいね。

1位:ダイヤモンドパッドS ホルダーセット

ダイヤモンドパッドS ホルダーセット
1,401円(税込)

使い心地の良さも汚れの落ち具合もナンバーワン

圧倒的な研磨力の高さと、それでいて鏡を傷付けにくい特殊な技術を採用していますので、ただ汚れを落とすだけでなく、使いやすさや使い心地の良さまで考えつくされている商品です。

最大の魅力は、ホルダー付きだということ。小さなスポンジにも力が伝わりやすく、時間も力もかからずお手入れすることができちゃいます。ちなみにホルダー付き商品は数量限定品ですので、早めに購入すると良いでしょう。

今回ご紹介しているのは鏡用のSサイズ商品ですが、広い鏡への使用に最適なLサイズ・陶器用・ステンレス用など、あらゆるニーズに対応したグッズが登場しています。気になる方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

ちょっとした水垢にはクエン酸やお酢で代用可能

今回ご紹介した商品はどちらかというとがんこなウロコ落としに向いたものが多く、まだできてから日の浅いウロコ・水垢に使うとかえって鏡を傷つけてしまい状況を悪化させてしまう可能性もあります。

まずはクエン酸やお酢などの酸の力を浸透させて、通常の布やスポンジで拭き取れないか試してみましょう。ウロコはアルカリ性の性質を持っているため、酸性の成分によって溶かすことができます。リキッドタイプの商品などに酸の力が用いられているのもこのためです。

少しがんこなウロコには半日程度クエン酸やお酢を浸透させてみて、それでも落ちなければ研磨剤を含んだ商品を試す、といった順番の方がより鏡に優しく、傷防止にもなります。

普段からしっかり水切りしてウロコ防止!

キレイになった鏡は、そのまま放っておくとまたすぐに元通りの水垢だらけの状態になってしまいます。せっかくのお手入れを無駄にしないためにも、水切りワイパーでしっかり水気を取って、普段からウロコ防止に努めましょう。下記記事ではハンドワイパーなども含め浴室用スクイージーの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

まとめ

鏡用ウロコ落としランキングはいかがでしたか?

油断するとすぐに汚くなってしまうお風呂の鏡。ですが、鏡用ウロコ落としを使えば手間なく簡単にお掃除することができちゃいます。今回ご紹介したことをぜひ参考にしながらとっておきの鏡用ウロコ落としを選び、鏡をピカピカにキープし続けてくださいね!

人気の記事