• 514eb96d4186798a6e1c58d4c37b34211a058e27
  • C335f2e539095c4450e9f70d7cd69408bb1f0ceb
  • 61fc58f4be1b0b65f9c7d05696d0ecd576c7274e
  • Cc2bdb71dbe71bd110b987447bba70619838cc59
  • C91e51d41a0bd30620b7438642032893a180815c

消臭シートのおすすめ人気ランキング11選

車内や下駄箱の臭い取りに、置くだけカンタン消臭シート。タバコや生ゴミの臭いに対応するもののほか、衣類のカビ臭さを消してくれるもの、猫や犬などペットのシステムトイレに設置できるペットシーツなど形状もさまざまあります。ちなみにこれらの商品は用途や成分によって消臭・防臭・脱臭と扱いも微妙に変わるのですが、気にされたことはありますか?

今回はそんな消臭シートについて、選び方のポイントや通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。梅雨や夏場の湿気が多い季節、日ごろ家庭で発生する臭いにお悩みの方はぜひ参考にしてください!

最終更新日:2017年11月21日 | 2,903views

消臭シートの選び方

家の中で悪臭を放つものの筆頭であるゴミ箱に装着するものや、衣類に付いた臭いのこもったクローゼットなどに使えるタイプなどさまざまな種類がありますが、用途・消臭力になる成分・サイズ・有効期間・コスト面などのポイントを見て選びましょう。

用途に合わせて選ぶ

例えば、室内で犬や猫などのペットを飼う人の必需品にペット用シーツがありますが、何でもいいというわけではなく犬用と猫用では違いがあります。適当に選んでしまって漏れて汚れたりということでは困ってしまいますね。このようにシートの大きさや機能等が用途に合うものをを選びましょう。

衣類用は除湿効果のあるものを選ぶ

特に梅雨の必需品と言える消臭シートには引き出し用とフック付の洋服タンス用があります。湿気の多いお宅で北向きの部屋だったりするとカビも生えやすかったりしますので、気になる人は消臭だけでなく除湿機能のあるものを選ぶようにしましょう。

ただこうしたタイプは除湿部分がゼリー状に固まることで効果を実感できますが、除湿効果と消臭効果では有効期間に違いがあります。環境によっては除湿効果が早く終わってしまい交換時期が早まることもありますので、ややコスト的には高くなってしまいます。

夏用は除湿効果つき、冬用は消臭効果のみ、といった感じで使い分けるとより効率が良いかもしれません。ちなみに夏場の使用では防虫剤と併用すると除湿効果がアップしますので、ぜひ参考にしてください。

下駄箱用なら炭やシリカゲルを選ぶ

下駄箱用の消臭シートは、棚の部分に敷き込みその上に靴を置いて使うタイプです。玄関は訪問者がそのお宅の第一印象を決める大切な場所ですので、やはり臭い対策はきっちりしておきたいところですよね。

下駄箱の臭いの主な原因は汗臭さ。そのため、吸着効果の高い炭を練りこんだものやシリカゲルを含む製品を選びましょう。炭やシリカゲルにはたくさんの小さな孔があり、嫌な臭いと合わせてこもった湿気も吸着してくれます。

またシートのサイズもチェックポイント。大体1mで棚1段分になるので、購入前にどれぐらいのシートが必要になるのか確認しておきましょう。もし余ってしまっても小さく切って靴の中に直接入れたりすることもできますので、余裕を持って選ぶことが大切です。

香りの苦手な人は香料を含まないゴミ箱用を

ビニールの口を縛ってフタを閉めていても臭ってしまうゴミ箱。強烈な臭いには芳香剤の香りで対策するという方法もありますが、それでは臭いそのものを消すことにはならないばかりか、化学的な香りが苦手な人には不快になることもありますね。

そういった化学製品の香りが苦手な方は、無臭で臭いそのものを吸着してくれるタイプを選ぶようにしましょう。中でも底に敷いて使うものは漏れ出た水分も吸収して消臭してくれるので、より効果的。フタに貼るタイプを使う場合は、ゴミにぶつかってはがれないよう場所を考えて貼ると良いでしょう。

またごみを捨てる袋自体に消臭効果のあるものも販売されていますから、そうした商品と併用すればさらに消臭効果は高まります。おむつの処理が必要な赤ちゃんのいるご家庭や介護施設、そして夏のキッチンの臭い対策には併用するのがおすすめです。

ペット用なら種類や大きさ・世話のペースも考えて

ペット用の消臭シートは、一般的にペットシーツと呼ばれるタイプのものです。ペット用ならどれも同じというわけではなく、犬・猫など動物の種類によっても最適なシートがありますし、大型犬か小型犬か、何頭飼っているか、頻繁にシートの交換ができるかどうかによっても求められる大きさや吸収力も違います。

薄くて吸収力が無かったり、交換するのが遅かったりして水分が逆戻りすると大切なペットの足元が濡れてしまうことにも。そうなってはかわいそうですから、昼間は留守番させるという場合には長時間でも大丈夫な厚手のタイプがおすすめです。

また猫のトイレはシステムトイレが主流になっているので、ニーズに対応して各社共通のサイズで販売されているものならばコストも抑えられます。特に猫のオシッコは犬に比べて少量でも臭いが強いので、気になる方は消臭率を明記している商品を選ぶようにしましょう。

車用なら臭いの種類に特化したものを選ぶ

車内の臭いはとても狭い空間だけに、ちょっとした臭いでも気になりますね。赤ちゃんを乗せるならタバコ臭は避けたいですし、お客さんを乗せるなら食べたものの臭いがするのも避けたいところ。冷蔵庫の脱臭剤のような一般的な置き型に比べると種類は多くありませんが、車専用のシートタイプも販売されています。

中でも、シートを広げて臭いを吸着させれば翌朝にはしっかり消臭できているという商品が使いやすくておすすめ。使い捨てタイプなので、悪臭と共にそのままゴミ箱へ捨てれば嫌な臭いを家庭内に持ち込んでしまう心配もありません。タバコの臭いだけでなく、エアコン臭や食べ物臭などの臭いのタイプ別になって販売されているので、特に気になる臭いに合わせて選びましょう。

いろいろな用途に使うなら汎用性のあるものを選ぶ

室内の臭いの元は一箇所だけではありませんから、コスト面から見た場合でもなるべく色々な用途に使えるものが便利です。ゴミ箱用の残りを車用に使ったり、衣類用のものを下駄箱やクローゼット用にも使いまわしたり。大切なのは、それぞれのシートが得意としている臭いに対応した場所へ使い回すというところ。

また介護用品で大きなシートタイプのものは赤ちゃんのオムツ入れにも使い回せますし、中には使いたい場所に応じてハサミでカットできる物もあるので、必要に応じてゴミ袋などに入れるといった使い方も可能。アンモニア臭に強いものならトイレの消臭剤としても活躍しますよ。

消臭シートのおすすめ人気ランキング11選

選び方を見てきたところで、いよいよ消臭シートの人気ランキングの発表です。いろいろな用途のものをまとめてご紹介しますので、それぞれコストやサイズにも注目してみてください。

また番外編として防臭効果の高いゴミ袋もご紹介しますので、生ごみの臭いなどでお悩みの方はぜひ合わせて参考になさってください!

10位:槌屋 ヤック 一晩で消臭シート

槌屋 ヤック 一晩で消臭シート
290円(税込)

・成分:有機性化学消臭剤
・商品サイズ:47.5×33.5cm
・内容量:1枚
・有効期間:-
・コスト:1枚当たり290円

一晩広げておくだけの使い捨てタイプで悪臭ごとポイ

こちらは車用の消臭シートです。使い方は、広げた消臭シートを一晩フロアマットに置いておくだけ。今回ご紹介しているのはタバコ用ですが、同シリーズには食べ物用・エアコン用も販売されていますので、それぞれ必要に応じて使い分けましょう。

非常に手軽な反面、使い捨てタイプなのでコストが少し高め。毎日使うというよりは、子供やお客さんを乗せる時など、ピンポイントで使用すると良いかもしれませねん。

9位:ワイズ 住まいの消臭・除湿シート

ワイズ 住まいの消臭・除湿シート
867円(税込)

・成分:ポリプロピレン不織布・B型シリカゲル
・商品サイズ:約30cmx2m
・内容量:1ロール
・有効期間:-
・コスト:1m当り433円

天日干しで効果が回復するエコシート

一見よくあるおしゃれな棚用シートのように見えますが、湿気やにおいをサッと吸収して終わるのではなく、天日干しすることでその効果が回復するというお得なシートです。繰り返し使えるのでエコですし、敷く場所に合わせてハサミで簡単にカットできるため汎用性も十分。

クリップに挟んでクローゼット用に使うことも可能ですし、下駄箱・衣装ケースといろいろな用途に使いまわせますが、それぞれの専用シートと比較すると若干割高。また天日干しをする必要があるので、敷きっぱなしにできないというのがややマイナスです。

8位:アイリスオーヤマ 1週間取り替えいらずネコトイレ 脱臭シート

アイリスオーヤマ 1週間取り替えいらずネコトイレ 脱臭シート
999円(税込)

・成分・材料:線状パルプ・抗菌ポリマー・ポリエチレン
・商品サイズ:約31x1x43cm
・内容量:30枚
・有効期間:-
・コスト:1枚あたり33.3円

1週間交換不要!各社共通サイズで高コスパ

商品名にもある通り、一般的な猫1匹あたり、1週間取り替える必要がないペットシーツです。各社共通サイズで使い勝手もよく、厚さ約1cmのシートがしっかりとおしっこを吸収してくれます。

ただしあくまでも一般的な猫の場合ということで、不安な方は2枚重ねて使用するなど工夫した方がよいでしょう。また共通サイズというのも実は考え物な部分で、少しだけサイズが合わないというトイレですと高確率でシートの外へおしっこされてしまいます。サイズ確認は必要ですが、対応するトイレを使用している方にとってはコスパに優れた便利なペットシーツです。

7位:ネオ・ルーライフ プラスカーボンネオシーツ

ネオ・ルーライフ プラスカーボンネオシーツ 超厚型 DX
1,078円(税込)

・成分・材料:ポリオレフィン不織布・綿状パルプ・カーボン(炭)紙・高分子吸収材・ポリエチレンフィルム・ホットメルト粘着剤
・商品サイズ:45x0.5x34cm
・内容量:88枚
・有効期間:-
・コスト:1枚あたり12.25円

炭で強力吸着消臭、グレーで跡が目立ちにくい

室内飼いのペットのオシッコの臭いを炭の力で強力に吸い取ってくれるペットシーツ。今回ご紹介しているのはレギュラータイプですが、他にワイド・スーパーワイドもあるのでワンちゃんの大きさや飼っている頭数に合わせて選ぶことができます。

スポット吸収タイプなのでオシッコが素早く吸収されて広がらず逆戻りもなく、表面がサラッとしているので足も濡れません。シートの色は白ではなくグレーなので、おしっこ跡がより目立ちにくくなっています。サイズはやや小さ目ですが、かなり高機能なペットシーツです。

6位:アイリスオーヤマ ペットシーツ

アイリスオーヤマ ペットシーツ 薄型
3,880円(税込)

・成分・材料:高吸収ポリマー・ポリエチレン製バックシート
・商品サイズ:44x59cm
・内容量:400枚
・有効期間:-
・コスト:1枚当たり9.7円

シンプルで高コスパ!使い捨てタイプは小型犬や旅行にも

こちらはオシッコをするたびにシートを交換する、1回使い捨てタイプのペットシーツです。約44x59cmのワイドタイプは小型犬の多頭飼いをする人や猫にもおすすめで、高吸収ポリマーを使用しているから気になる逆戻りもせず足が濡れにくい製品です。

ペットシーツは消耗品ですからコスト面から行くと安くて助かりますね。箱もシンプルにすることで低価格に抑えていますが、薄型なので大型犬では使えないことも。大きさに合っているかどうかの確認と、400枚と大容量なため収納に場所を取るということも認識しておきましょう。

5位:エステー 備長炭 ドライペット 洋服ダンス用

エステー 備長炭 ドライペット 洋服ダンス用
358円(税込)

・成分・材料:塩化カルシウム・保水剤・活性炭・備長炭
・商品サイズ:14.5×2.8×21cm
・内容量:2シート
・有効期間:1~2か月
・コスト:1シート当たり179円

除湿だけじゃない、活性炭と備長炭のダブルで汗臭にも

除湿と脱臭2つの機能を持った、洋服ダンス用消臭シート。フック付なので封を切ったらポールに引っかけるだけ、と設置もお手軽なので忙しい方でも安心して使うことができます。特徴は活性炭と備長炭を使っている点。2つの炭が、湿気と臭いを強力に吸収してくれます。

ただし防虫機能はありませんから、衣類を守るならば防虫剤との併用を忘れずに。どんな防虫剤とも併用可能なので、すでに防虫剤を設置しているという方は心配する必要はありません。ただ1パックに2シート入りで個包装というわけではないので、残ったシートはしっかり密閉袋にいれて保管するようにしましょう。

4位:ワイズ 最選炭II備長炭消臭シート

ワイズ 最選炭II 備長炭シート
293円(税込)

・成分・材料:表面/ポリエチレン・炭(備長炭) 本体/ポリエチレン
・商品サイズ:約30x300cm
・内容量:1枚
・有効期間:-
・コスト:1mあたり97.66円

1コインで下駄箱3段分のお徳サイズ

こちらのシートは長さが約3mあるので、一般的な下駄箱なら3段分カバーすることができます。シートの表面が黒いのは、備長炭の微粉末が特殊加工してあるから。シート自体が黒いので靴の汚れが付いても目立ちにくいというのも嬉しいポイント。裏面はクッション性のある発砲ポリエチレンになっており、ちょっとしたキズも防いでくれます。

備長炭消臭シートはこのほかにも流し台用や押入れ用が販売されているのですが、ここまで長さがあるのはこのくつ箱用だけ。一箇所で使った余りが出たら、小さく切って靴の脱臭剤として使ったり、丸めてクローゼットやシンク下など臭いの気になる箇所にどんどん使い回しましょう。

3位:エステー 備長炭ドライペット 引き出し・衣装ケース用

エステー 備長炭ドライペット 除湿剤 引き出し・衣装ケース用
552円(税込)

・成分・材料:塩化力ルシウム・保水剤・活性炭・備長炭
・商品サイズ:20×6×27cm
・内容量:12シート
・有効期間:3~4か月(除湿)
・コスト:1シートあたり46円

除湿と消臭はおまかせの定番消臭シート

5位で洋服ダンス用がランクインしましたが、成分の全く変わらない衣装ケース用が3位にランクイン。理由は選び方でも触れた通り、汎用性が高いから。除湿と脱臭機能がついた引出タイプで12シート入りとお得感もあり、手軽に使えておすすめです。袋自体がチャック式になっているので、残りを他の袋に入れ替える必要もありません。

なお交換の目安は3~4か月になっていますが、湿気の多い季節には除湿部分がすぐに交換期限となってしまいますので、定期的なチェックをおすすめします。またシートには表裏があるので適当に置かず、効果を最大限発揮させるためにもきちんと確認するようにしましょう。

2位:豊田化工 ゴミ箱脱臭シート

豊田化工 ゴミ箱底脱臭シート
384円(税込)

・成分・材料:シリカゲル消臭剤・活性炭・活性炭不織布
・商品サイズ:33.5x25x0.2cm
・内容量:2枚
・有効期間:-
・コスト:1枚当たり192円

底にたまる水分をシリカゲルがしっかり吸収

台所の生ごみの処理は本当に大変で、ビニール袋に穴が開いていたりすると、汁が漏れ出てしまい臭いを発生させてしまうということも。そこに着目したのがこの商品です。ごみ箱の底にたまる悪臭を放つ液だれをシリカゲルが吸収し、臭いは活性炭と植物性消臭剤におまかせです。

なお参考までに、アンモニアガス・硫化水素ガス・メチルメルカブタンガス・トリメチルアミンガスなどについて行われたこちらの脱臭シートの評価試験では、24時間後の臭いの減少率は約99%という結果が出ています。

1パックに2シート入りですが、チャック式の袋なのでそのままぴったり閉じて交換時期まで保管ができます。生ごみの他に臭いの強いゴミ、例えばペットシートやオムツなどの臭いにお悩みの方にもおすすめです。

1位:ハビナース お部屋の消臭シート 介護用

ハビナース お部屋の消臭シート 介護用
466円(税込)

・成分・材料:レーヨン・ポリエステル・フタロシアニン
・商品サイズ:73x45cm
・内容量:1枚
・有効期間:約3か月
・コスト:1枚あたり466円

汎用性のある介護用、アンモニア臭を90%カット!

こちらはピジョンのヘルスケア事業の高齢者ブランド「ハピナース」の製品です。介護用品と聞くと介護に関わらない人には一見無縁のようにも思えますが、先入観を持たずによく見てみると、その機能は素晴らしく汎用性もあります。介護以外に、赤ちゃんのいる方、ペットを室内飼いしている方、またトイレにも使い回すことのできる製品です。

大きな特徴はアンモニア臭に強いこと。フタロシアニンという成分が尿や便の臭いを吸収します。介護している空間が何となく臭うという場合にベッドの柵やハンガーにかけて使用します。1枚で6~8畳の消臭ができ、約3か月も効果が持続するというのだから驚き。

またそれなりに大きさのあるシートなので、そのまま使う以外にカットして使い回せるというのがやはり嬉しいですね。部屋全体だけでなく、小さ目に切って赤ちゃんのおむつペールとして使うのもおすすめですよ。

【番外編】BOS 生ごみが臭わない袋

BOS 生ゴミが臭わない袋
972円(税込)

・成分・材料:高機能素材BOS(特許出願済み)
・商品サイズ:20x30cm
・内容量:100枚
・有効期間:-
・コスト:1枚あたり9.72円

カレーの臭いもシャットアウト!強力防臭ゴミ袋

一般的な素材の袋とBOSとでカレーの臭いを比較した実験では、一般素材の袋が1時間で臭いが漏れるのに対し、BOSは7日経っても臭わないという結果が出たそうです。1週間臭いを防いでくれれば、余裕を持ってゴミ出しもできますね。

BOSシリーズにはうんち用・おむつ用・生ごみ用・猫砂用・非常トイレ用・サニタリー用とさまざまな種類があり、サイズもSS~LL・ロングサイズまで幅広く販売されていますが、実はどれも防臭効果は同じなのでおむつ用を生ごみ用などに転用もできます。消臭シートと合わせて使えば、臭いの元をより一層シャットアウトできるはず!

消臭シートの売れ筋ランキングもチェック

なお参考までに、消臭シートのAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクをご覧ください。

まとめ

ランキングを見て使いたくなるような消臭シートはみつかりましたか? 悪臭を断つにはこまめなお掃除が欠かせないことはいうまでもありませんが、赤ちゃんのいる人や介護でクタクタという人は少しでも楽で快適に過ごせるといいですね。その為にもぜひ助っ人の消臭シートを活用してみて下さい。

関連記事

人気の記事

関連キーワード