• コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選

特に暑い時期になると、どこからともなく湧いてくるコバエ。なんとかしたいですよね。そこで、出番なのが「コバエ取り」です!昔ながらの天井から吊るす粘着テープにかわって、最近では置いて集めるタイプが人気。KINCHOやアース製薬、フマキラーなどのメーカーから、工夫された使いやすい商品が続々登場しており、種類豊富です。しかしながら、よく似た商品が販売されているので、どれを選べば良いのか迷ってしまうという方も多いようです。効き目や使いやすさは違うの…?と、気になりますよね。

そこで今回は、商品選びのポイントと合わせて、市販や通販で手軽に購入できる商品の中から、使いやすいコバエ取りを選んでランキング方式でご紹介したいと思います。さて、簡単に使えて、たくさんのコバエを捕獲してくれるのはどれでしょうか!?ぜひ最後まで、読んでみてくださいね。
  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 112,480  views
目次

コバエ取りの選び方

夏になるとどこからともなく、湧いてくるたくさんのコバエ。悩んでいる方も多く、様々なコバエ取り商品が販売されています。最初に、そのようなコバエ取りの中から最適な商品を選ぶポイントをご紹介します。

吊るす?置く?使う場所に合ったタイプを選ぶ

吊るす?置く?使う場所に合ったタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

基本的なことになりますが、コバエ取りは大きく分けて天井などに設置する「粘着テープ型」と、プラスチックの容器に誘引剤と殺虫成分を入れた「置き型」の2種類があります。設置に応じて、適切な方を選びましょう。

天井に設置する粘着テープは、昭和の頃から使われおり、馴染みがある方も多いでしょう。コバエが好むようなニオイを出し、寄って来たところを粘着テープで捕まえます。構造的にも安価で作れるため、1セットで数個とコスパ良いのがメリット。ただし、天井に取り付けないといけないので、設置が困難な場合もあると思います。

一方の、置くタイプは近年ポピュラーになりつつあり、手軽に使えるので人気があります。天井に設置する粘着テープよりは高価になりますが、しっかりとコバエを捕まえる効果があり、1個で1ヶ月は持つのでなかなかコスパも良いんですよ。どちらかと言えば、簡単に使えてコスパも良いのでおすすめです。ただし、両方とも設置できれば、より高い効果を持つのでコバエに悩まされている方は、ぜひ試してみてくださいね。

ベランダやガーデニング用には、専用のものを選ぶ

ベランダやガーデニング用には、専用のものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

ベランダや庭でガーデニングをしていると、コバエがたくさん寄って来て困ることがありませんか?幸い、そのような外でも使えるコバエ取りが、いくつか販売されているんですよ。外で使えるタイプは棒状になっていて、殺虫成分や粘着成分によりコバエを退治します。また、コバエだけでなく、害虫であるアブラムシなどの対策にもなるメリットがあります。

外でも「置き型」のコバエ取りを使うことはできますが、コバエだけでなく様々な虫が集まってきて、すぐに使えなくなってしまいます!外で使う場合は、専用のコバエ取りのほうが効果があるので、ぜひそちらを使ってくださいね。

コハエの種類に合わせて選ぶ

コハエの種類に合わせて選ぶ

出典:amazon.co.jp

より効果的にコバエを捕まえるためには、どうすれば良いのでしょうか?コバエにも種類があるので、発生しているのはどのような種類かを見極めて、それに適したコバエ取りを使いましょう。コバエの種類によって、効果的な誘引剤が異なるので、合わなければあまり効果がなく、寄って来ないことが多くなってしまうからです。

一般的に台所やゴミ箱に発生するのは、目が赤いショウジョウバエや丸い背中のノミバエです。置くタイプや天井の粘着テープは、こちらをターゲットとしていて、これらが好むニオイを発散させています。また、浴室やトイレにいる妙に羽根が大きい種類は、チョウバエと言います。こちらはハエ取り棒が効果あるとされていて、洗濯機の後ろや排水口などの汚れに巣を作るので、掃除するのがもっとも効果的です。

また、朽ちた木材などにいるのがキノコバエ。よくプランターにいるのはこの種類になります。これに対しては、園芸用のハエ取り棒を使いましょう。コバエと言ってもいろいろな種類があり、それぞれ違った生態を持っています。効果的に駆除したいなら、生態を知って、それに合った商品を使ってくださいね!

コバエ取りのおすすめ人気ランキング10選

ここからはコバエ取りの、おすすめ商品をご紹介します。今回は使いやすさと値段の手頃さの2点から、ランキングを作成しました。使いやすさという点では、置くタイプが有利になりますが、粘着テープ型と同時に使えばより効果的です。ぜひ、様々な商品を組み合わせて、不快なコバエを効率的に駆除しましょう!
10位
容量5本
タイプ天井用の粘着テープ
9位
容量5本
タイプ天井用の粘着テープ
8位

ウエ・ルココバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎

438円 (税込)

容量1個
タイプ置くタイプ
7位

カモ井加工紙粘着式ハエ取り 吊るすだけ

225円 (税込)

容量3枚
タイプ天井用の粘着テープ
6位
容量8本
タイプガーデン用の棒タイプ
5位
容量1セット4本
タイプ棒タイプ
4位

KINCHOコバエがポットン 吊るタイプ

336円 (税込)

容量1個
タイプ吊るすタイプ
3位
容量2個
タイプ置くタイプ
2位

KINCHOコバエがポットン 置くタイプ

375円 (税込)

容量1個
タイプ置くタイプ
1位
容量1個
タイプ置くタイプ

おすすめ人気 コバエ取りの比較一覧表

商品画像
1
コバエ取り アース製薬 コバエがホイホイ 1枚目

アース製薬

2
コバエ取り KINCHO コバエがポットン 置くタイプ 1枚目

KINCHO

3
コバエ取り フマキラー コバエ激取れ 1枚目

フマキラー

4
コバエ取り KINCHO コバエがポットン 吊るタイプ 1枚目

KINCHO

5
コバエ取り アース製薬 ハエとり棒 1枚目

アース製薬

6
コバエ取り アース製薬 ハエとり棒 園芸用 1枚目

アース製薬

7
コバエ取り カモ井加工紙 粘着式ハエ取り 吊るすだけ 1枚目

カモ井加工紙

8
コバエ取り ウエ・ルコ コバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎 1枚目

ウエ・ルコ

9
コバエ取り 桐灰化学 桐灰のハエ取りリボン 1枚目

桐灰化学

10
コバエ取り 三共消毒 エコセーフ ハエトリリボン 1枚目

三共消毒

商品名

コバエがホイホイ

コバエがポットン 置くタイプ

コバエ激取れ

コバエがポットン 吊るタイプ

ハエとり棒

ハエとり棒 園芸用

粘着式ハエ取り 吊るすだけ

コバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎

桐灰のハエ取りリボン

エコセーフ ハエトリリボン

特徴コバエ取りならこれ。ポピュラーになりつつある大人気の商品!すり鉢状のフタが特徴。一旦入ったら出にくい形状もポイントフマキラーのコバエ取り。お酢とお酒の香りで引き寄せるどこでも吊るして使える。引きつけて薬剤で退治します!手軽に使えるハエとり棒。誘引剤もあるので寄って来ます!園芸用で外でも使える。アブラムシにも効果あります特に人気の粘着テープ。太さがありたくさんのハエを捕獲!可愛らしいカエルの置物付き。殺虫成分もあり効果も高い!人気があるハエ取りリボン。どのような種類のハエでも捕獲します懐かしい天井から吊るす粘着テープ!
最安値
328
送料別
詳細を見る
375
送料別
詳細を見る
534
送料別
詳細を見る
336
送料要確認
詳細を見る
400
送料別
詳細を見る
3,480
送料別
詳細を見る
225
送料別
詳細を見る
438
送料要確認
詳細を見る
252
送料別
詳細を見る
要確認
容量1個1個2個1個1セット4本8本3枚1個5本5本
タイプ置くタイプ置くタイプ置くタイプ吊るすタイプ棒タイプガーデン用の棒タイプ天井用の粘着テープ置くタイプ天井用の粘着テープ天井用の粘着テープ
商品リンク

まとめ

おすすめのコバエ取りランキングは、いかがでしたか?

昔懐かしい天井から吊るす粘着テープも、より粘着力が強力になって現在でも販売されています。さらには、外で手軽に使える粘着棒タイプや、近年ではポピュラーになりつつある置くタイプなど、色々な種類があることを知っていただけたと思います。

1個だけではなく、様々な商品を組み合わせれば、より効率的にコバエを退治することができますよ。ぜひ、ご紹介した商品を使って、不快なハエを撃退してくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す