1. TOP
  2. >
  3. インテリア・家具
  4. >
  5. インテリアファブリック
  6. >
  7. ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなヨギボーも!】
  • ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなヨギボーも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなヨギボーも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなヨギボーも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなヨギボーも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなヨギボーも!】のアイキャッチ画像5枚目

ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなヨギボーも!】

「人をダメにするソファ」として話題のビーズクッション。身体を預けると中のビーズが流動してフィットし、極上の心地よさを体感できると人気のアイテムです。でも、大きさはもちろん、ビーズの粒子サイズやカバーの素材などによって使い心地が変化するため、どんなものが自分に合うのか分かりにくいですよね。

そこで今回は、そんなビーズクッションの選び方とともに、通販で手に入るおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。Yogibo(ヨギボー)・ニトリ・無印などを含む、計15商品が登場しますよ。この記事を参考にして、ゆったりとくつろげるビーズクッションを見つけちゃいましょう。

この記事に登場する専門家

nuts
gomarimomo
nico
  • 最終更新日:2020年05月20日
  • 765,866  views
目次

ビーズクッションの選び方

休日をのんびり過ごしたいときはもちろん、仕事から帰宅して少しくつろぎたいときなどにあると嬉しいビーズクッション。最適なものを見つけるのに役立つ、選び方のポイントをご紹介します。

使い方に合わせて、大きさ・形状を選ぼう

ビーズクッションにはいろいろな大きさのものがありますが、どのような使い方をしたいのかイメージしておくと、失敗せずにぴったりなものが選べますよ。以下を参考にして、あなたの使い方に適したものを見つけましょう。

上半身を預けられる大きめサイズは、スツールやソファ代わりに

上半身を預けられる大きめサイズは、スツールやソファ代わりに

ゆったりと身体を預けてリラックスしたい方は、大きめサイズのビーズクッションを選びましょう。縦横60cm以上の大型のものは、安定感があるのでゆったりくつろぐのに最適です。


座って使う方にはキューブ型やラウンド型、寄りかかりたい方には背もたれにもなるものがベスト。中には、大人でも寝転べる長さの超大型タイプもあります。お部屋のスペースやくつろぎ方をイメージしながら選んでみてください。

小さめサイズは枕や座布団として使うのにぴったり

小さめサイズは枕や座布団として使うのにぴったり

クッションとして使いたい方におすすめなのは、30cm四方くらいの小さめサイズのもの。枕代わりに・座布団に・背もたれにと、普段のくつろぎスタイルをさらにリラックスさせてくれるでしょう。


厚みのあるものは、読書時の腕置きや寝転んだときの足置きにぴったり。薄型なら枕や座布団にするのに良いですよ。小さめのビーズクッションにはキャラクターものやかわいい形状のものも多いので、お部屋のインテリアにもなります。

座り心地を左右するビーズに注目

ビーズクッションは、布団やマットレスなどの寝具と同じように、人によって好みの柔らかさが全く異なります。自分好みの座り心地や触り心地が得られるよう、ビーズの種類や大きさ、充填量をチェックしましょう。

ビーズが小さいほど柔らかさUP!充填量が多いほどへたりにくい

ビーズが小さいほど柔らかさUP!充填量が多いほどへたりにくい

ビーズクッションで最も多く採用されている直径2~5mmのビーズは、弾力が強め。座って使う方や硬めの感触を好む方に適しています。


柔らかく包み込まれるタイプが好みの方は、直径1mmまでの極小ビーズがおすすめです。もちもちっとした手触りが特徴で、どんな姿勢でも身体にフィット。価格はやや高価になりますが、ビーズ内の空気が潰れにくいのでへたりにも強く、一度購入すれば長く愛用できるものが多くなっています。

中のビーズが補充できると、好感触をキープできる

中のビーズが補充できると、好感触をキープできる

中綿としてビーズを使っているビーズクッションは、長期間使用しているとビーズが劣化し、座り心地や触り心地が悪くなってしまいます。そのため、同じクッションを長く使い続けたい場合はビーズの補充ができるものを選ぶと良いでしょう。


中身のビーズを補充できるタイプなら、ビーズを足したり抜いたりして、自分好みの硬さや座り心地にできるのもメリットです。ビーズ補充用の口がWファスナーになっていれば、ビーズ漏れを防げるので安心して使えます。

クッションカバーも重要。素材や肌触りをチェックして

クッションカバーも重要。素材や肌触りをチェックして

カバーの素材や肌触りの良さにも注目しましょう。中身のビーズと相性が良いポリエステルやポリウレタンは、伸縮性抜群で柔らか。良く伸びるので、身体を包み込むようにフィットするものが欲しい方におすすめです。さらりとしていてべたつかず、暑い季節でも快適に座ることができます。


一方、伸縮性のないコットンやリネン、合皮は、やや硬めでしっかりとした座り心地。体重の重みで伸び切ってしまうことが少ないため、へたりにくいのがメリットです。丈夫で耐久性も高めなうえ、見た目にも上質感があるので、インテリアとの相性を考慮して選びたい方にも向いています。

洗濯はまるごとorカバーのみ?お手入れしやすいものを選ぼう

洗濯はまるごとorカバーのみ?お手入れしやすいものを選ぼう

リラックスのために使うビーズクッションですから、衛生的に使えるかも気になりますよね。洗濯できるものだと安心ですが、クッションまるごと洗えるのか、それともカバーのみなのか、購入前にしっかり確めておきましょう。


おすすめは、クッションまるごと洗えるタイプ。ネットに入れて洗濯機にポンと放り込めば簡単に洗うことができ、いつでも清潔を保つことができます。


洗濯機に入らない大きめサイズの場合は、カバーを取り外して洗えるものを選ぶと良いでしょう。洗えるものなら、お子さんやペットがいる家庭でも安心して使うことができますよ。

人気のメーカーから選ぶのもアリ!

人気のメーカーから選ぶのもアリ!

どのビーズクッションにすべきか迷ってしまったら、人気メーカーからチョイスするのも1つの手です。特に人気が高いのは、Yogibo(ヨギボー)・無印良品・ニトリの3つ。


なかでも最もおすすめなのは、ビーズクッション専門ブランドであるYogibo(ヨギボー)です。アメリカに本社を構えるブランドだけあり、大人が寝転んでも余裕のビッグサイズも展開。カラーも鮮やかなものが多いため、お部屋に設置すれば目を惹くこと間違いなしです。


へたりにくさ・使い心地の良さ・価格のバランスが取れているのは、無印良品。ビーズクッションの先駆けとなる「体にフィットするソファ」を販売して人気が高まり、現在でも続々と新商品が発売されています。また、予算も重視して選びたい方にはニトリがおすすめ。ほぼスペックの同じ商品でも、ニトリならかなりお手ごろな価格で手に入れられるのが強みです。

プロの愛用するおすすめのビーズクッション

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのビーズクッションをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせて選んでくださいね。

専門家の
マイベスト

ハナロロ 人をダメにするクッション レザーカバーセット オニオン80L

8,980円 (税込)

専門家の
マイベスト

エムールマイクロビーズクッション mochi-モチ- キューブ Sサイズ

6,990円 (税込)

専門家の
マイベスト

ビーズクッションのおすすめ人気ランキング15選

それでは、ビーズクッションの人気ランキングを発表していきます。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月13日時点)をもとにして順位付けしています。

15位
大きさ/形状90×110cm
ビーズの大きさ約3~5mm
重量-
ビーズの補充-
カバーの素材綿麻
洗濯○(カバーのみ)
14位
大きさ/形状125×60cm
ビーズの大きさ-
重量-
ビーズの補充-
カバーの素材ライクラ生地
洗濯〇(カバーのみ)
13位
大きさ/形状50×50×35cm
ビーズの大きさ0.8~1mm
重量2.26kg
ビーズの補充-
カバーの素材ポリエステル、綿
洗濯〇(カバーのみ)
12位
大きさ/形状45×45×55cm
ビーズの大きさパウダービーズ
重量1995g
ビーズの補充
カバーの素材ナイロン85%、ポリウレタン15%
洗濯〇(カバーのみ)
11位
大きさ/形状50×55×20~50cm/しずく型
ビーズの大きさ-
重量1kg
ビーズの補充
カバーの素材綿100%
洗濯-
10位
大きさ/形状55×55×35cm/キューブ型
ビーズの大きさ直径0.5mm
重量3.0kg
ビーズの補充-
カバーの素材伸縮する生地:綿95%、ポリウレタン5%、伸縮しない生地:側面 綿100%
洗濯〇(カバーのみ)
9位
大きさ/形状93×56×50cm/滴型
ビーズの大きさ
重量ー(ビーズ充填量不明)
ビーズの補充
カバーの素材コットン
洗濯
8位
大きさ/形状135×65cm/長方形
ビーズの大きさ-
重量6kg
ビーズの補充-
カバーの素材コットン、ポリエステル、ポリウレタン
洗濯〇(カバーのみ)
7位
大きさ/形状約65×65×43cm/キューブ型
ビーズの大きさ直径約0.5mm
重量約5.5kg(ビーズ充填量4.8kg)
ビーズの補充
カバーの素材ポリエステル・ポリウレタン・コットン
洗濯〇(カバーのみ)
6位

Nissen(ニッセン)もちもちビーズクッション

6,990円 (税込)

大きさ/形状50×50×58cm
ビーズの大きさ-
重量4kg
ビーズの補充-
カバーの素材ポリウレタン・ポリエステル
洗濯 〇(カバーのみ)
5位
大きさ/形状56×93×25cm/長方形
ビーズの大きさ-
重量1.5kg
ビーズの補充
カバーの素材オックスフォード:綿、デニム調:ポリエステル・綿、PVCレザー:合成皮革・綿
洗濯×
4位
大きさ/形状95×65cm/キューブ型
ビーズの大きさ
重量4.5kg(ビーズ充填量不明)
ビーズの補充
カバーの素材
洗濯〇(カバーのみ)
3位
大きさ/形状60×60×40cm
ビーズの大きさ0.8~1mm
重量3.5㎏
ビーズの補充 -
カバーの素材ポリエステル
洗濯〇(カバーのみ)
2位

TBS ショッピング王様もダメになる もち クッション

10,778円 (税込)

大きさ/形状130×100×20cm/長方形
ビーズの大きさ
重量5.7kg(ビーズ充填量不明)
ビーズの補充
カバーの素材ポリエステル・ポリウレタン
洗濯〇(カバーのみ)
1位
大きさ/形状170×65cm/長方形
ビーズの大きさ-
重量8.5kg
ビーズの補充-
カバーの素材-
洗濯〇(カバーのみ)

人気ビーズクッションの比較一覧表

商品画像
1
ビーズクッション Yogibo(ヨギボー) Max 1枚目

Yogibo(ヨギボー)

2
ビーズクッション TBS ショッピング 王様もダメになる もち クッション 1枚目

TBS ショッピング

4
ビーズクッション Yogibo(ヨギボー) Mini 1枚目

Yogibo(ヨギボー)

5
ビーズクッション ビーズクッションコユル(KOYURU) 1枚目

6
ビーズクッション Nissen(ニッセン) もちもちビーズクッション 1枚目

Nissen(ニッセン)

7
ビーズクッション フレックス販売 ビーズクッション  1枚目

フレックス販売

8
ビーズクッション Yogibo(ヨギボー) Midi 1枚目

Yogibo(ヨギボー)

9
ビーズクッション 加栄レース ビーズクッション レゴリス  1枚目

加栄レース

10
ビーズクッション エムール マイクロビーズクッション キューブ 1枚目

エムール

11
ビーズクッション Snowing ビーズクッション 1枚目

Snowing

12
ビーズクッション MOGU フィットチェア 1枚目

MOGU

14
ビーズクッション P-sasae 魔法のビーズクッション 1枚目

P-sasae

商品名

Max

王様もダメになる もち クッション

Mini

ビーズクッションコユル(KOYURU)

もちもちビーズクッション

ビーズクッション

Midi

ビーズクッション レゴリス

マイクロビーズクッション キューブ

ビーズクッション

フィットチェア

魔法のビーズクッション

特徴身体を包み込む特大サイズのビーズクッション大きめサイズだから自由なスタイルで使える専門ブランドとして人気のヨギボー寝転んで使えるロングタイプたっぷりの国産ビーズを詰めた込んだ日本製クッション機能性・デザイン性・価格のバランスが抜群の人気アイテム一人暮らしのソファとしても◎コットン100%のオックス生地で耐久性も抜群!コンパクトで使い勝手の良いサイズ感しっかりとした座り心地のビーズクッションころんとしたキュートな洋ナシフォルムリラックスタイムに最適!ビックサイズなビーズクッション
最安値
32,780
送料要確認
詳細を見る
10,778
送料要確認
詳細を見る
17,380
送料要確認
詳細を見る
4,054
送料要確認
詳細を見る
6,990
送料要確認
詳細を見る
9,765
送料無料
詳細を見る
28,380
送料要確認
詳細を見る
3,646
送料別
詳細を見る
7,690
送料要確認
詳細を見る
3,960
送料要確認
詳細を見る
7,480
送料無料
詳細を見る
6,999
送料無料
詳細を見る
大きさ/形状170×65cm/長方形130×100×20cm/長方形95×65cm/キューブ型56×93×25cm/長方形50×50×58cm約65×65×43cm/キューブ型135×65cm/長方形93×56×50cm/滴型55×55×35cm/キューブ型50×55×20~50cm/しずく型45×45×55cm 125×60cm
ビーズの大きさ---直径約0.5mm-直径0.5mm-パウダービーズ-
重量8.5kg5.7kg(ビーズ充填量不明)4.5kg(ビーズ充填量不明)1.5kg4kg約5.5kg(ビーズ充填量4.8kg)6kgー(ビーズ充填量不明)3.0kg1kg1995g-
ビーズの補充-----
カバーの素材-ポリエステル・ポリウレタンオックスフォード:綿、デニム調:ポリエステル・綿、PVCレザー:合成皮革・綿ポリウレタン・ポリエステルポリエステル・ポリウレタン・コットンコットン、ポリエステル、ポリウレタンコットン伸縮する生地:綿95%、ポリウレタン5%、伸縮しない生地:側面 綿100%綿100%ナイロン85%、ポリウレタン15%ライクラ生地
洗濯〇(カバーのみ)〇(カバーのみ)〇(カバーのみ)× 〇(カバーのみ)〇(カバーのみ)〇(カバーのみ)〇(カバーのみ)-〇(カバーのみ)〇(カバーのみ)
商品リンク

へたりにくくするには?長持ちさせる使い方をチェック

へたりにくくするには?長持ちさせる使い方をチェック

出典:amazon.co.jp

ビーズクッションは、使っているうちにどうしても弾力性がなくなりへたってきてしまうもの。しかし、使い方を気をつけることで、へたりをぐっと抑えることができますよ。


一番のポイントは、毎回座る位置やクッションの面を変えること。使用する際はクッションを回転させ、いつも同じ場所に体重をかけないようにするだけで、弾力性が長持ちします。


それでもへたってしまったら、中のビーズを補充すればOK。補充する際は、クッションの補充口にトイレットペーパーの芯を差し込むとスムーズに行えます。弾力不足を感じたら、適量を補充しながら調整し、快適な座り心地をキープしてくださいね!

もっと見たい方には、ヨギボークッションもおすすめ

以下の記事では、ビーズクッションで人気のブランド・ヨギボーのクッションに限定して、おすすめ商品を紹介しています。気になる方はこちらの記事も一緒にチェックしてくださいね。

ビーズクッションの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ビーズクッションの売れ筋ランキングのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

商品によって形も大きさもさまざまでしたが、あまりの心地よさに、ついつい腰が重くなってしまいそうなクッションが目白押しでしたね。ぴったりのビーズクッションを選んで、その心地良さに包まれてみませんか?

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す