• 【使いやすい!】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【使いやすい!】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【使いやすい!】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【使いやすい!】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【使いやすい!】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像5枚目

【使いやすい!】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング20選

施設や商店の喫煙所に設置されるスモーキングスタンドとして活躍するスタンド型灰皿。また昨今では自宅での喫煙を禁止され、やむなく屋外で煙草を吸われるという喫煙者も多いのではないでしょうか?スタンド灰皿は、そういった方にこそおすすめな商品です。

スタンド灰皿は一般的には業務用と言う印象も根強く、その仕様も大差のないものと思われがちです。しかし実際には屋内用と屋外用でははっきりと性能に違いがあり、またゴミ箱兼用タイプなども含めると選択肢は膨大です。

今回はネット通販で販売されているスタンド灰皿の中から、特に実用性や汎用性といった点に着目してランキング形式でご紹介したいと思います。

もちろんデザイン性の優れたおしゃれなものなど、さまざまな種類の商品をご紹介いたしますので、ぜひお気に入りの灰皿を見つけてください!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 15,813  views
目次

スタンド灰皿の種類

スタンド灰皿には大きく分けて2つの種類があります。それは、純粋なスタンドタイプのものと、ゴミ箱が兼用になっているタイプです。

スタンドタイプ

スタンドタイプ

出典:amazon.co.jp

純粋なスタンドタイプの灰皿は、灰皿部と台座とが1本のポールで繋がった形状になっている物が多く、見た目にもすっきりとしていてデザイン性が高いのが特長です。また本体重量が軽く持ち運びやすいため、必要なときだけ持ち出したいといった状況にはぴったりのタイプと言えるでしょう。

一方でスタンドタイプには、風や衝撃に弱く倒れやすいという欠点があります。それらを考慮して設計された屋外用スタンドもあるのですが、倒れにくくするため重量が増しているため使用場所は限られてしまいます。

このように屋内用と屋外用とは一長一短があり、これらを単純比較することはできません。そのため今回のランキングでは別部門として、それぞれ分ける形でご紹介します。

ゴミ箱兼用タイプ

ゴミ箱兼用タイプ

出典:amazon.co.jp

ゴミ箱兼用タイプは、通常の灰皿スタンドの胴部分へ空洞を設け、そこへゴミ袋を入れることで灰皿にゴミ箱の機能を持たせたタイプです。飲食店などの施設の軒先や、公共の喫煙所などで見かけることが多いタイプではないでしょうか。

屋外で良く用いられることからも分かる通り、ゴミ箱兼用タイプは通常のスタンドタイプよりも安定性を確保しやすくなっています。しかし形状が限定されるため、デザインとしては似たり寄ったりになってしまいがちです。

また中身は空洞なので、口の部分から風が入ってしまうと通常のスタンドタイプよりも倒れやすい場合があります。見た目がしっかりしているからと過信せず、屋外へ設置する場合は重りを入れておくなど工夫が必要かもしれません。

スタンド灰皿の選び方

スタンド灰皿は、「高さ」「安定性」「実用性」を考えて選びましょう。好みのデザインを選択することも重要ですが、使い勝手が悪く、そもそも使い物にならないのでは道具としての意味がありません。

スタンドの高さ

スタンドの高さ

出典:amazon.co.jp

スタンド灰皿は、通常の灰皿と違って2通りの使い方が考えられます。それは、「立って使う」場合と、「座って使う」場合です。

立って使う場合、スタンドが低すぎると灰や吸い殻を落とすのに多少屈まなければならず、灰が飛び散る原因にもなりかねません。座って使う場合は、スタンドが高すぎると火が消しづらく、また不要な高さは不安定にも繋がります。

屋内で使うにせよ屋外で使うにせよ、実際に使うときどういった体勢で使うことが多いのかを想定しておきましょう。

足元の安定性

足元の安定性

出典:amazon.co.jp

スタンド灰皿の安定性は、倒れにくさを判定する指標となります。具体的には、スタンド底部――台座の大きさや、重心の位置がポイントです。

本体重量が軽くとも、台座がしっかりしていれば倒れにくくなりますし、逆に本体重量が重くとも、台座が小さく不安定であれば簡単に倒れてしまいます。また一部のスタンド灰皿は転倒を防ぐために、台座部分に重りを入れているものなどもありますので、合わせて判断することが大切です。

頻繁に移動させるならば軽く取り扱いやすいもの、長期的に設置するならば重くしっかりしたものを選ぶと良いでしょう。

消しやすさや掃除の手間などの実用性

消しやすさや掃除の手間などの実用性

出典:amazon.co.jp

スタンド灰皿は立って使用する場合も多く、そうなると煙草の火の消し忘れが気になるところです。喫煙者の方ならば屋外の喫煙所で煙草を吸うときなどを思い浮かべていただければ分かりやすいと思いますが、普段自宅で吸うときと比べてかなり適当に火を消しているのではないでしょうか。

それを解決するために屋外用スタンド灰皿は水を入れた受け皿を用意していることもありますが、灰皿の構造や材質によってはそもそも水を入れての使用ができないものもあります。

またスタンド灰皿は通常の灰皿と比べて容量が大きいため、頻繁に灰や吸い殻を捨てる必要がありません。しかし家庭用となると灰皿にこもる匂いなども気になるでしょうし、灰を屋外へ放置しておくと風に舞ってしまう可能性もあります。

火の消し忘れを防ぐための水入れやそれに準ずる機能、灰の飛散を防ぐ蓋の有無、灰皿の掃除は容易か否かなど。これらは実際に置く場所によっても重視するポイントが変わってきますので、自分が求める灰皿にはどんな機能が欲しいかを考えましょう。

【スタンドタイプ屋外用】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング5選

それでは屋外用スタンドタイプのおすすめスタンド灰皿人気ランキング5選をご紹介します。屋外用のスタンドタイプで特に注目するポイントは、風で倒れない安定性があるか、灰が飛び散らない機構になっているか、そして屋外使用に耐えるだけの耐久性があるかどうかです。
5位
重量9.8kg灰皿部直径6cm
台座直径34cm高さ113cm
4位

グッドフィールドスタイリッシュLEDライト付スタンド灰皿

3,280円 (税込)

重量1.2kg灰皿部直径15cm
台座直径15cm高さ75cm
3位
重量3.1kg灰皿部直径15.5cm
台座直径15.5cm高さ60.2cm
2位
重量1kg灰皿部直径15.7cm
台座直径35cm高さ80cm
1位
重量1.6kg灰皿部直径13.5cm
台座直径13.5cm高さ51cm

おすすめ人気【スタンドタイプ屋外用】スタンド灰皿の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格重量灰皿部直径台座直径高さ商品リンク
1
HiHi

渡辺金属工業

HiHi

バケツ職人が作るレトロデザインなスタンド灰皿3,736円(税込)1.6kg13.5cm13.5cm51cm詳細を見る
2
屋外スタンドK型

テラモト

屋外スタンドK型

耐久性バツグン、軽いのに倒れないスタンド灰皿3,979円(税込)1kg15.7cm35cm80cm詳細を見る
3
スモーキング

山崎産業

スモーキング

見た目も機能もシンプル、スタンド灰皿のスタンダード6,090円(税込)3.1kg15.5cm15.5cm60.2cm詳細を見る
4
スタイリッシュLEDライト付スタンド灰皿

グッドフィールド

スタイリッシュLEDライト付スタンド灰皿

フレキシブルなアームで好きなポジショニングが自由自在3,280円(税込)1.2kg15cm15cm75cm詳細を見る
5
ポイストップ

サンポール

ポイストップ

異色のスタンド灰皿!?施設の軒先へ置くのに最適53,000円(税込)9.8kg6cm34cm113cm詳細を見る

【スタンドタイプ屋内用】スタンド灰皿のおすすめ人気ランキング5選

次に、屋内用スタンドタイプの人気ランキング5選をご紹介します。屋内用のスタンド灰皿で注目するポイントは安定性や手入れのしやすさなのですが、今回ご紹介するものはどれも構造的に似ているため、ランキング自体は主に価格を基準としたものになっています。
5位

マーキュリースタンドアシュトレイ ウッド

C038

8,480円 (税込)

重量2.6kg灰皿部直径21.5cm
台座直径18cm高さ65.5cm
4位

山崎産業スモーキング YS-300

YS-15C-ID

7,979円 (税込)

重量2.2kg灰皿部直径18.2cm
台座直径20.2cm高さ60cm
3位

山崎産業スモーキング YS-310

YS-16C-ID

6,190円 (税込)

重量1.9kg灰皿部直径13.6cm
台座直径22cm高さ60cm
2位
重量0.72kg灰皿部直径10.8cm
台座直径10.8cm高さ53cm
1位
重量1.2kg灰皿部直径16cm
台座直径16cm高さ50~80cm

おすすめ人気【スタンドタイプ屋内用】スタンド灰皿の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格重量灰皿部直径台座直径高さ商品リンク
1
Ball Point

ダルトン

Ball Point

高さ調節自在、デザイン性と実用性の両立2,600円(税込)1.2kg16cm16cm50~80cm詳細を見る
2
スタンドパイプ

マルカ

スタンドパイプ

圧倒的コストパフォーマンスの低価格スタンド灰皿1,728円(税込)0.72kg10.8cm10.8cm53cm詳細を見る
3
スモーキング YS-310

山崎産業

スモーキング YS-310

環境にフィットするシンプルなスモーキングスタンド6,190円(税込)1.9kg13.6cm22cm60cm詳細を見る
4
スモーキング YS-300

山崎産業

スモーキング YS-300

灰皿ボトル1.5L、大容量のボウル型スタンド灰皿7,979円(税込)2.2kg18.2cm20.2cm60cm詳細を見る
5
スタンドアシュトレイ ウッド

マーキュリー

スタンドアシュトレイ ウッド

独特の風合いをかもす木製のポール8,480円(税込)2.6kg21.5cm18cm65.5cm詳細を見る

【ゴミ箱兼用タイプ】おすすめのスタンド灰皿人気ランキング10選

最後に、ゴミ箱兼用タイプのスタンド灰皿人気ランキング10選をご紹介します。このタイプは、形状や仕様が似通うためやはり価格が重要になりますが、加えて屋外・屋内両方に適しているか否かなどもポイントとなってきます。
10位
スモークリン
出典:amazon.co.jp

山崎産業スモークリン

VM-300DS-18C-YQ

130,600円 (税込)

重量24kg直径30cm
高さ60cm
9位

山崎産業スモークリン DS-1300

DS-05C-ID

6,898円 (税込)

重量3.4kg直径24cm
高さ60.5cm
8位
重量3.2kg直径25cm
高さ65cm
7位
重量0.5kg直径24cm
高さ62cm
6位
重量5kg直径24cm
高さ62cm
5位
スモーキングスタンド
出典:amazon.co.jp

テラモトスモーキングスタンド

J-902

6,148円 (税込)

重量1.6kg直径22.5cm
高さ58cm
4位
重量1.5kg直径13.5cm
高さ51cm
3位

フジキンダストボックス付スモーキングスタンド

3,766円 (税込)

重量700g直径9.3cm
高さ46.3cm
2位
CANダストボックス付
出典:amazon.co.jp

北陸土井工業CANダストボックス付

3,668円 (税込)

重量1.1kg直径15cm
高さ56.5cm
1位
灰皿 スタンドタイプ
出典:amazon.co.jp

サンニード灰皿 スタンドタイプ

HS-560

3,280円 (税込)

重量1.4kg直径15cm
高さ56cm

おすすめ人気【ゴミ箱兼用タイプ】スタンド灰皿の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格重量直径高さ商品リンク
1
灰皿 スタンドタイプ

サンニード

灰皿 スタンドタイプ

カラバリ豊富、コスパも十分な高水準スタンド灰皿3,280円(税込)1.4kg15cm56cm詳細を見る
2
CANダストボックス付

北陸土井工業

CANダストボックス付

ゴミ箱としての機能をしっかりと確保3,668円(税込)1.1kg15cm56.5cm詳細を見る
3
ダストボックス付スモーキングスタンド

フジキン

ダストボックス付スモーキングスタンド

オフィスや自宅でデスクの隣にぴったりのスリムサイズ3,766円(税込)700g9.3cm46.3cm詳細を見る
4
HiHi

渡辺金属工業

HiHi

バケツ職人が作るくず入れ付スタンド灰皿3,456円(税込)1.5kg13.5cm51cm詳細を見る
5
スモーキングスタンド

テラモト

スモーキングスタンド

ステンレスミラー仕上げ、高級感のあるボディ6,148円(税込)1.6kg22.5cm58cm詳細を見る
6
ゴミ箱付灰皿

ゴミ箱付灰皿

コーナーにしっくりと来るスクエアタイプ6,280円(税込)5kg24cm62cm詳細を見る
7
ゴミ箱付灰皿

ゴミ箱付灰皿

見た目を裏切る軽量さ、移動もラクチン5,570円(税込)0.5kg24cm62cm詳細を見る
8
灰皿スタンドDX

サンニード

灰皿スタンドDX

掃除をする方に嬉しい、バケツ付属のスタンド灰皿5,940円(税込)3.2kg25cm65cm詳細を見る
9
スモークリン DS-1300

山崎産業

スモークリン DS-1300

灰皿ボトル容量たっぷり3L、本体容量17L6,898円(税込)3.4kg24cm60.5cm詳細を見る
10
スモークリン

山崎産業

スモークリン

落ち着きのある佇まい、陶磁器の灰皿スタンド130,600円(税込)24kg30cm60cm詳細を見る

まとめ

今回は実用性や汎用性、そして価格を中心にスタンド灰皿をご紹介しましたが、いかがでしたか。喫煙は日常的に行うことですので、基本的にはやはりデザインは二の次に、使う状況や環境を考えた商品選びが重要になってきます。

しかし、軽い灰皿ならば重しを入れる、背の低い灰皿ならば土台やイスを用意するなど、環境を灰皿に合わせることもある程度は可能です。一目ぼれしたデザインのものがあった場合など、性能がいまいちだからと諦めずに工夫を凝らすこともお忘れなく。

ぜひお気に入りの灰皿を見つけて、満足のいく喫煙ライフをお過ごしください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す