1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 熱帯魚・アクアリウム用品
  6. >
  7. 【癒しの空間づくり】水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選
  • 【癒しの空間づくり】水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【癒しの空間づくり】水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【癒しの空間づくり】水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【癒しの空間づくり】水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【癒しの空間づくり】水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【癒しの空間づくり】水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選

水槽用ライトは熱帯魚を元気に育てていくには必須アイテムです。ニッソー・エーハイム・コトブキ・ジェックスなどの有名熱帯魚器具メーカーから今主流のLEDや定番の蛍光灯やメタルハライドランプを使ったライトがたくさん販売されていて、どれを選んだらいいかわかりませんよね?

そこでアクアリスト歴15年以上の筆者が、様々なタイプの10製品をおすすめの熱帯魚水槽用ライトとしてランキング形式でご紹介します。メンテナンスしやすいライトから水槽内の生物に最適なライトまで様々な製品を厳選していますので、あなたにぴったりな1台がきっと見つかりますよ!
  • 最終更新日:2020年04月23日
  • 118,064  views
目次

水槽用ライトの選び方

癒しの空間を演出する熱帯魚。熱帯魚や水草などを飼育する水槽用ライトをホームセンターなどで見かけ「何を選んでいいのかわからない」といった経験はありませんか?今後、数年単位で使用するわけですから慎重に選んで欲しいものです。

そこで、熱帯魚や水草などを飼育する上で最適な水槽用ライトの選び方を4つのポイントでご紹介します。

成長に影響する光を知ろう

光は観賞照明以外の役割があり、熱帯魚やサンゴに影響を与えます。用途にあったライトを選びましょう。

色温度:ケルビン(K)

色温度:ケルビン(K)
光の色合いを数値価したもので、単位は「ケルビン(K)」です。色温度が低い値の場合は暗いオレンジ色から白色になり、高い色温度になると青色を表すようになります。昼間の太陽光が5000~6500K程度の色温度になります。

熱帯魚や水草の飼育ならば8000Kあれば十分ですが、とくに強い光が必要なサンゴやイソギンチャクを飼育する場合には10000〜20000Kが必要だと言われています。

波長:ナノメートル(nm)

波長:ナノメートル(nm)
太陽光線は、いろいろな波長をもつ光の集合体です。光は波長によって色が変わり、波長の長いものから順に赤・橙・黄・緑・青・藍・紫となっていて、「虹」の色並びがこの順になります。

光合成に必要な波長帯は「600~700nmの赤系の光」と「400-500nmの青系の光」なので、水草飼育をする場合にはこれらの波長を含んだライトを組み合わせて使用することをおすすめします。

光束:ルーメン(lm)

光束:ルーメン(lm)
ライトから発せられる明るさ(強さ)の量を示すもので、単位は「ルーメン(lm)」です。一般的には光量と認識されているものです。ただし、ルーメン値が高くても照射範囲が狭ければ、水槽内の隅々に光が行き届いていないことになりますので、注意が必要です。

照射範囲が狭いと感じた場合には、水草やサンゴなどへピンスポットで当て、あえて陰の部分を作る楽しみ方もあります。

照度:ルクス(lx)

照度:ルクス(lx)
照度は光束(光量)と大きく関係しており、「ルクス(lx)」は「ルーメン毎平方メートル(lm/㎡)」という単位でも表されます。わかりやすくすると、明るくしたい範囲が広い場合には、「ルーメン値の高いライトを使う」か「複数のライトを使う」ことになります。

観賞目的では照らしている範囲の明るさが重要になるので、この照度こそライトを選ぶときに重要視する場合があります。

飼育する生き物によって最適なライトを選ぼう

ライトの種類によって、発する波長や光量などが変わってきます。水槽で何を飼育するかによって、最適なライトを選びましょう。

蛍光灯

蛍光灯
メリット:水草飼育に最適/波長帯を選べる/安い
デメリット:寿命が半年ほど

古くから観賞用ライトで使用されており、水草飼育での実績も十分で複数本並べて使用するのが一般的です。半年ほどで徐々に明るさが落ちていき、求めている波長が出なくなってしまいます。スタンダードな蛍光灯は、3種類ありますので覚えておきましょう。ただし、照明機器によっては使えない蛍光灯もありますので注意してください。

グロースターター式:グロー管とも呼ばれ、アクアリウムでは一般的な蛍光灯です。品番が「FL」ではじまります。
インバーター式:消費電力が大幅に抑えられた高効率な蛍光灯です。品番が「FHF」ではじまります。
ラビットスタート式:始動補助装置が付いており、スイッチを入れるとすぐに点灯します。品番が「FLR」ではじまります。

また口金や形状が異なるコンパクト形蛍光管の「FPL」「FDL」「FML」ではじまる品番もあります

メタルハライドランプ

メリット:圧倒的な明るさ/吊り下げ式が多くメンテナンスしやすい/もっとも太陽に近い光を放つ
デメリット:高価/かなり熱を発する/ランニングコストがかかる

ベテラン向きの照明機器です。大型水槽での水草飼育や海水でのサンゴやイソギンチャク飼育に適しています。ナイター設備にも利用されるほど強い光を発するため、同時にかなりの熱を発します。そのため、部屋の温度や水槽内の水も高温になりやすく、クーラー対策が必要になりランニングコストがかかってしまいます。

LED

LED
メリット:電気代が安い/長寿命/機器重量が軽い
デメリット:光合成に必要な波長が弱い

水草飼育にこだわらなければ、ランニングコスト抜群で光量も十分なLEDはおすすめです。最近は、水槽用の照明の9割ほどはLEDです。

設置方法で選ぶ

設置方法で選ぶ
ライトの設置方法はいろいろあります。水槽の上に直接載せるタイプ、自立式タイプ、水槽などに挟み込むクリップタイプ、スタンドなどから吊り下げるタイプなどです。

水槽近くに設置すれば明るく照らすことができますが、メンテナンス時には邪魔になってしまうことになります。ライトそのものの効果を重視するか。メンテナンスを重視するか。ライトを選ぶ際にはよく検討してください。

構造やデザインもポイント

構造やデザインもポイント
水槽の上に直接置くタイプのライトは、メンテナンス時に移動することもあるので軽いものの方が扱いやすいといえます。ライト本体に反射板を備えているものもあり、効率的に水槽を照らしてくれます。

美しいレイアウトの水槽を作り上げても、周辺機器が美観を損ねてしまうこともあります。長く使用するものなので、トータルバランスを考えてデザイン的にも自分好みのものを選ぶようにしましょう。

水槽用ライトのおすすめ人気ランキング10選

ネットや通販で購入できる水槽用ライトの中から、口コミやレビューを参考にアクアリストである筆者が厳選した10製品をランキング形式でご紹介します。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月17日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
メーカー寿工芸
ライトの種類LED
消費電力14w
サイズ(幅x奥x高)62.7×7.5×5.4
重量0.8kg
9位
メーカー水作
ライトの種類LED
消費電力16w
サイズ(幅x奥x高)60×7.5×5
重量0.6kg
8位
メーカージェックス
ライトの種類LED
消費電力4w
サイズ(幅x奥x高)5×3.5×41.3
重量0.3kg
7位

エルエンスタジオ水槽ライト エルエンスタジオ 水槽用4色LED アクアリウムライト 135LEDs

7,654円 (税込)

メーカーエルエンスタジオ
ライトの種類LED
消費電力22w
サイズ(幅x奥x高)71×10.5×7.5
重量
6位
水槽ライト DADYPET 水槽ライト アクアリウムライト 1枚目
出典:amazon.co.jp
メーカーDADYPET
ライトの種類LED
消費電力8.5w
サイズ(幅x奥x高)25.5x5.3x4
重量記載なし
5位
メーカージェックス
ライトの種類LED
消費電力17w
サイズ(幅x奥x高)60.7×5×2.1
重量0.45kg
4位
メーカーアクロ
ライトの種類LED
消費電力29.4w
サイズ(幅x奥x高)56.2×9.5×5
重量1.2kg
3位
メーカーニッソー
ライトの種類LED
消費電力5.5w
サイズ(幅x奥x高)45×8.5×2.8
重量0.58kg
2位
メーカーニッソー
ライトの種類LED
消費電力24w
サイズ(幅x奥x高)90×9.4×3.4
重量0.8kg
1位
メーカージェックス
ライトの種類LED
消費電力17.5w
サイズ(幅x奥x高)60.7x8.5x2.1
重量0.69kg

おすすめ人気 水槽用ライトの比較一覧表

商品画像
1
水槽ライト ジェックス クリアLED POWER3 600 1枚目

ジェックス

2
水槽ライト マルカン PG スーパークリア900 1枚目

マルカン

3
水槽ライト マルカン LEDライナー450 ブラック 1枚目

マルカン

4
水槽ライト アクロ  TRIANGLE LED GROW 600 3000lm Aqullo Series 1枚目

アクロ

5
水槽ライト ジェックス  クリアLED POWER SLIM 600 1枚目

ジェックス

6
水槽ライト DADYPET 水槽ライト アクアリウムライト 1枚目

DADYPET

7
水槽ライト エルエンスタジオ 水槽ライト エルエンスタジオ 水槽用4色LED アクアリウムライト 135LEDs 1枚目

エルエンスタジオ

8
水槽ライト ジェックス クリアLED リーフグロー 2枚目

ジェックス

9
水槽ライト 水作 ライトアップ600 ブラック 1枚目

水作

10
水槽ライト 寿工芸 フラットLED600 ブラック  1枚目

寿工芸

商品名

クリアLED POWER3 600

PG スーパークリア900

LEDライナー450 ブラック

TRIANGLE LED GROW 600 3000lm Aqullo Series

クリアLED POWER SLIM 600

水槽ライト アクアリウムライト

水槽ライト エルエンスタジオ 水槽用4色LED アクアリウムライト 135LEDs

クリアLED リーフグロー

ライトアップ600 ブラック

フラットLED600 ブラック

特徴 3色独立スイッチで、魚・水草・水が究極の美しさに!明るさ最高クラスで、抜群の透明感を演出上部フィルターとLEDライトの一体感を実現!水草育成に優れた最高クラスの品質のLED搭載モデルパワフルな明るさとスリムさで、扱いやすいLEDライト2つの点灯モードで、魚、水草、水を究極に美しく見せる!4色パワーLEDで際立つ明るさ自然な明るさ・色温度で水草を成長させる、小型水槽用LE...高輝度LEDチップにより明るさUP薄く、明るく、美しく!水草飼育に最適
最安値
5,080
送料別
詳細を見る
6,290
送料要確認
詳細を見る
4,880
送料要確認
詳細を見る
9,880
送料要確認
詳細を見る
3,370
送料別
詳細を見る
7,654
送料要確認
詳細を見る
3,179
送料要確認
詳細を見る
2,980
送料別
詳細を見る
6,980
送料無料
詳細を見る
メーカージェックスニッソーニッソーアクロジェックスDADYPETエルエンスタジオジェックス水作寿工芸
ライトの種類LEDLEDLEDLEDLEDLEDLEDLEDLEDLED
消費電力17.5w24w5.5w29.4w17w8.5w22w4w16w14w
サイズ(幅x奥x高)60.7x8.5x2.190×9.4×3.445×8.5×2.856.2×9.5×560.7×5×2.125.5x5.3x471×10.5×7.55×3.5×41.360×7.5×562.7×7.5×5.4
重量0.69kg0.8kg0.58kg1.2kg0.45kg記載なし0.3kg0.6kg0.8kg
商品リンク

まとめ

いかがだったでしょうか?口コミやレビューを参考にライトの種類別や目的別に「選ぶならコレ!」という水槽用ライトをご紹介しました。蛍光灯・LED・メタハラにはそれぞれ良い部分がありますので「足りない波長を他のライトで補う」など複数のライトを組み合わせて使用することもおすすめします。

また生態には日照サイクルが必要で、とくに水草は生え方にも違いが出てきます。プログラムタイマーとあわせて使うことを強くおすすめします。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す