1. TOP
  2. >
  3. ホビー
  4. >
  5. 手芸用品・クラフト
  6. >
  7. 指ぬきのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】
  • 指ぬきのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 指ぬきのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 指ぬきのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 指ぬきのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 指ぬきのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

指ぬきのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】

手芸で針を使う作品を作るとき「針が押しにくい」「指先に針が刺さって痛い」という経験、ありませんか?そんなときにおすすめなのが、指先を保護しながら作業できる「指ぬき」です。しかし、定番の金属製だけでなく、革製・ゴム製など素材もさまざま。用途によって使いやすい形も異なるため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、指ぬきの選び方を解説するとともに、人気の商品をランキング形式でご紹介します。刺し子や和裁に使いやすいタイプや、お得なセット品も登場!ぜひ自分にぴったりの指ぬきを見つけて、お裁縫を楽しみましょう!
  • 最終更新日:2020年09月24日
  • 57,764  views
目次

指ぬきがあれば、指の負担軽減&作業効率アップ

指ぬきがあれば、指の負担軽減&作業効率アップ

縫物をするとき、指ぬきを使っていないという方もいるのではないでしょうか。もちろん使わなくても針仕事はできますが、使った方がいいことがいろいろあります。


ひとつは、指ぬきを使えば指先を保護することができること。指先に針が刺さらないように、指ぬきが守ってくれます。


また、そもそも指ぬきは、針を押して布地に通しやすくするための道具。指への負担を軽くすることで余計な力がかからず、スムーズに作業できるというメリットもあります。特に、硬くて厚い生地を縫うときには、その違いを実感できるはず。趣味や仕事で針仕事をする機会が多い方は、ぜひ、指ぬきを使ってみてください。針の進み方が変わりますよ。

指ぬきの選び方

一口に指ぬきと言っても、そのバリエーションは非常に豊富。形や素材ごとに用途や適した使い方が異なります。そこでまずは指ぬきの形状・素材などから、自分の用途に合うものを選んでみましょう。

縫い方に合わせて種類を選ぼう

指ぬきには様々な形状のものがあります。一般的な指ぬきの種類や適した用途を知り、縫い方に合うものを選んでみましょう。いくつかの種類を揃え、縫い物に合わせて使い分けるのもおすすめですよ。

短い針で細かく縫うには、リングタイプがおすすめ

短い針で細かく縫うには、リングタイプがおすすめ

短い針で細かく縫うときは、リングタイプの指ぬきがおすすめです。太めの指輪のような形で全体にくぼみがあるリングタイプはどの面でも針を押せるのがメリット。なかなか針の通らない分厚いものを縫う時にも便利です。


内径が表記されている場合は、中指の第一関節と第二関節の中間の太さを目安に選べばOK。男性や関節が太めの方でぴったりのサイズがない場合は、フリーサイズタイプや、針を当てる部分が大きめの大甲丸タイプがおすすめです。ただし、これらはリングの正面からしか針を押せない点に注意してください。

長い針でざっくり縫うには、皿付きタイプがぴったり

長い針でざっくり縫うには、皿付きタイプがぴったり

刺し子など、長い針で大きめに縫うときには、皿付きタイプがおすすめです。皿付きタイプを中指にはめて長針を持つと、手の平側にあるお皿にちょうど針の頭が当たるため、グッと押し出しながらスムーズに縫い進めることができます。


リングタイプ同様、皿付きタイプも内径が表記されていることが多いので、中指の付け根のサイズを目安に選ぶとよいでしょう。指が太めの方はフリーサイズを選んでくださいね。

1針ずつすくって縫う場合は、シンブルタイプがおすすめ

1針ずつすくって縫う場合は、シンブルタイプがおすすめ

何層にも重ねた生地を縫うキルティングには、指先にはめるシンブルタイプがぴったり。キャップ状のシンプルタイプは指先で針の頭を押し当てることができるため、1針ずつすくうようにして縫うときに適しています


また、布を持つ方の手にシンブルタイプをはめれば、布に針がしっかり刺さっているか確認しながら縫い進められて便利。グッと力を入れて縫い込んでも、指先に針が刺さるのを防ぐことができますよ。


なお、シンブルタイプはサイズに余裕があると抜け落ちやすいため、どの指にはめて使うのか決めてから選ぶのがおすすめ。爪が長いと使いにくいので、爪を伸ばしている方やネイルをしている方は、指の腹だけを覆うフリータイプのものを選ぶと良いでしょう。

指先の感覚を残して縫えるシールタイプも便利

指先の感覚を残して縫えるシールタイプも便利

刺繍など指先の微妙な感覚が必要な縫物には、シールタイプもおすすめです。指先に貼り付けて使うだけのシールタイプは、指の感覚を残したまま使えるので便利。指のサイズに合わせる必要もなく、どなたでも手軽に使うことができます。


お好きな部分に貼りつけることができるので、リングタイプや皿付きタイプ、シンブルタイプのいずれの使い方にも対応できますが、粘着力が落ちると使えなくなってしまいます。基本的には使い捨てと考え、裁縫をする頻度が少ない場合に使用すると良いでしょう。

使う目的に合わせて素材を選ぼう

指ぬきには、針を押すことに特化したものと、針のつかみやすさも備えたものの2種類があります。自分にとってどちらの目的で使いたいのか明確にして選びましょう。

針を押して布地に通しやすくするには、丈夫なレザー・金属製を

針を押して布地に通しやすくするには、丈夫なレザー・金属製を

針を通しやすくするために指ぬきを使いたい場合は、丈夫な金属製や革製のものを選びましょう。針の頭に指ぬきを押し当てて、指を傷めずスムーズに針を通すことができます。なかでも硬くて厚手の生地を縫う場合は、金属製が適しています。高耐久で力を込めて針を押しても、突き抜ける心配がありません。


一方、薄手で柔らかな生地を縫うのならレザー製がぴったり。使い始めは硬いですが使うたびに指になじんで使い心地がアップします。ただ力を込め過ぎると針が突き抜けてしまうので、心配な方は針を押す部分だけ金属製のものを選ぶとよいでしょう。


なお、シンブルタイプには、陶器製のものもあります。陶器は生地をすべらせるように縫い進めることができる上に、デザインが豊富でコレクション性も高め。おしゃれな指ぬきを求める方にぴったりです。

針の滑りを防ぎたいなら、グリップ性のあるゴム製をチョイス

針の滑りを防ぎたいなら、グリップ性のあるゴム製をチョイス

針が滑って引き抜きにくいという方には、ゴム製をおすすめします。革製品よりも薄くしなやかなため、指サックのように使いやすい素材であることが最大の魅力。指先にぴったりフィットし、グリップ力があるのでしっかりと針をつかんで引き抜くことができます。


通気穴も開いているので指が蒸れにくく、快適に使うことができますよ。ただオールゴム製は針を押すのには向かないので、内部にプラスチックなどハード素材が使われたものを選ぶと良いでしょう。

使い慣れていない方は、フチ付きや針受け穴付きを選ぼう

使い慣れていない方は、フチ付きや針受け穴付きを選ぼう

指ぬきを使い慣れていない方は、フチ付きのものや針を受けるための穴があるものを選びましょう。針を押す部分にフチが付いていると、押している最中に滑ってしまっても指に到達せず安全。針仕事中の怪我を防止することができます。金属製の指ぬきだけでなく、レザーにプラスチックのフチが付いたものもあるので、チェックしてみてくださいね。


また、針仕事に慣れていないと、針を持つ手も定まらず、針の頭をしっかり指ぬきに当てるのが難しくなります。そんな方は、針受け穴があるものを選べば、針の滑り防止に効果的です。ぜひ、試してみてくださいね。

指ぬきのおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気の指ぬきをランキング形式でご紹介します。


なお、ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月15日時点)をもとにして順位付けしました。

10位
種類シンブルタイプ
サイズ大(他、小もあり)
素材天然ゴム
フチ
針受け穴
9位
種類シンブルタイプ
サイズM(他、Lあり)
素材牛革
フチ
針受け穴
8位
種類リングタイプ
サイズフリーサイズ
素材金属(真鍮)
フチ
針受け穴
7位
種類リングタイプ
サイズフリーサイズ
素材金属(真鍮)
フチ
針受け穴
6位
種類皿付きタイプ
サイズフリーサイズ
素材金属(真鍮)
フチ
針受け穴
5位
種類シンブルタイプ
サイズ-
素材牛革・真鍮
フチ
針受け穴
4位
種類リングタイプ・皿付きタイプ
サイズ-
素材牛皮・スチール・PE
フチ有(セル皮指ぬき・大甲丸指ぬき)
針受け穴
3位
種類リングタイプ
サイズ内径15mm(他、6サイズあり)
素材金属(真鍮)
フチ
針受け穴
2位
種類シンブルタイプ
サイズM(他、S・Lあり)
素材牛革
フチ
針受け穴
1位
種類シンブルタイプ
サイズM(他、S・L・XLあり)
素材ラバー・強化プラスチック
フチ
針受け穴

人気指ぬきの比較一覧表

商品画像
1
指ぬき Prym(プリム) エゴノミックシンブル 1枚目

Prym(プリム)

2
指ぬき クロバー 3Dシンブル 1枚目

クロバー

3
指ぬき Clover(クロバー) 総目指ぬき No.0 1枚目

Clover(クロバー)

4
指ぬき ポケット 指ぬき 3点セット 1枚目

ポケット

5
指ぬき Clover(クロバー) トップ・コインシンブル 1枚目

Clover(クロバー)

6
指ぬき クロバー 皿付指ぬき 1枚目

クロバー

7
指ぬき Clover(クロバー) 大甲丸 1枚目

Clover(クロバー)

8
指ぬき クロバー おしゃれ指ぬき 1枚目

クロバー

9
指ぬき 金亀糸業 リトルハウス NEWリトルシンブル 1枚目

金亀糸業

10
指ぬき クロバー ラバーシンブル 1枚目

クロバー

商品名

エゴノミックシンブル

3Dシンブル

総目指ぬき No.0

指ぬき 3点セット

トップ・コインシンブル

皿付指ぬき

大甲丸

おしゃれ指ぬき

リトルハウス NEWリトルシンブル

ラバーシンブル

特徴長時間の作業に!人間工学に基づいてデザインされたシンブル立体形状で指先にフィットしやすい牛革製シンブルしっかり針を押し込める金属製。硬い生地も縫いやすい用途別に使い分けできる3点セット指先・指腹でしっかり針を押し込めるコイン付きフリーサイズで誰にでも合う皿付きタイプ針受け穴&フチ付きで、針滑り防止にぴったりメッシュ加工済みで、金属製なのに蒸れにくいゴム付きでフィット感がグッド!ステッチ模様もおしゃれ指先の感覚がそのままで使いやすいゴム製指ぬき
最安値
1,339
送料無料
詳細を見る
558
送料要確認
詳細を見る
208
送料要確認
詳細を見る
110
送料要確認
詳細を見る
654
送料別
詳細を見る
238
送料別
詳細を見る
238
送料別
詳細を見る
331
送料要確認
詳細を見る
554
送料別
詳細を見る
360
送料別
詳細を見る
種類シンブルタイプシンブルタイプリングタイプリングタイプ・皿付きタイプシンブルタイプ皿付きタイプリングタイプリングタイプシンブルタイプシンブルタイプ
サイズM(他、S・L・XLあり)M(他、S・Lあり)内径15mm(他、6サイズあり)--フリーサイズフリーサイズフリーサイズM(他、Lあり)大(他、小もあり)
素材ラバー・強化プラスチック牛革金属(真鍮)牛皮・スチール・PE牛革・真鍮金属(真鍮)金属(真鍮)金属(真鍮)牛革天然ゴム
フチ有(セル皮指ぬき・大甲丸指ぬき)
針受け穴
商品リンク

針作業の効率アップには糸通し器もおすすめ

針作業をするとき、効率良く進めたい方には糸通し器もおすすめです。手間なくスムーズに針穴へ糸を通せるので、とっても便利!縫う作業に集中できますよ。気になる方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

指ぬきの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、指ぬきのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認してください。

まとめ

指ぬきのおすすめ商品はいかがでしたか?たくさんの種類がある指ぬきですが、形状や素材から目的に合ったものを選べば、使いやすいものを見つけることができます。

縫物をすると指が痛む・指に針が刺さるとお困りの方は、ぜひ指ぬきを使って、快適なソーイングをしてみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す