• オフロードヘルメットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • オフロードヘルメットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • オフロードヘルメットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • オフロードヘルメットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • オフロードヘルメットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

オフロードヘルメットのおすすめ人気ランキング10選

オフロードバイクを楽しむのに必要なヘルメット。アライ・O'Neal・エィチジェイシーなどさまざまなメーカーがあり、どういう基準で選べばよいか分からないという人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、これからオフロードを始める方向けにオフロードヘルメットの選び方をランキング形式でご紹介します。自分のスタイルにピッタリのオフロードヘルメットを選んで、安全で快適なライディングを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2019年09月11日
  • 120  views
目次

オフロードヘルメットの選び方

ヘルメットは命を守る大切なアイテム。致命的な怪我をしないためにも、まずはオフロードヘルメットを選ぶポイントをしっかりと確認しておきましょう。

オフロード専用のヘルメットを選ぶのが基本!

整備された一般道路とは違い、山道や林道を走るオフロードバイク。基本的には、転倒時の衝撃から顔や歯を守り呼吸も楽にしてくれる「チンガード」、土や雨・日差しよけになる「バイザー」のついた専用ヘルメットを選びましょう。その上でさらにチェックすべきは、シールドの有無です。

オフロードメインならシールドなしでゴーグルを併用

オフロードメインならシールドなしでゴーグルを併用

本格的にオフロードを楽しみたいなら、シールドなしのヘルメットにゴーグルの併用がおすすめ。オフロードは息が荒くなるほど激しいスポーツなのでシールド付きだとレンズが曇ってしまいますが、自分に合ったゴーグルと併用すると通気性が良くなり視界も良好。顎周りに空間もあり解放的で着け心地も楽です。


見た目も斬新なデザインでカッコイイものが多いのもこのタイプ!気に入ったデザインを選ぶとライディングをさらに楽しむことができますよ。

オンロードも走るならシールド付きが便利

オンロードも走るならシールド付きが便利

オフロードに限らず、普段乗り(オンロード)にも使いたいならシールド付きのヘルメットがおすすめです。シールド付きなら眼鏡の上からの着用も快適、雨や風をシャットアウトできヘルメット内に雨粒が入ってくるのを防ぐことも可能。


シールドが無いタイプに比べてヘルメット内の空気がこもりがちですが、外部の空気を取り入れながら内部のムレを防ぐエアベンチレーション搭載のものだと、快適な走行を楽しむことができます。

安全性が最重要!規格や認定もしっかりチェック

安全性が最重要!規格や認定もしっかりチェック

ヘルメットは命を守る重要なアイテムなので、安全性が保障されている製品を選ぶことが重要です。ヘルメットを選ぶ際には規格や認定マークも確認しましょう


オフロードヘルメットには、安全性に関わる規格や認定が複数あります。公道を走る基準を満たしている「SG、PSCマーク」、日本工業規格が定めた「JIS規格」、国際的な基準の「SNELL・DOT・ECE」などがあり、いずれかの規格があるものを選んでおくと安心です。


またレースに参加するには、MFJ認定のヘルメットが必要。いつかレースに出たいと考えている人は「MFJ規格」もチェックしましょう!

フィット感が大事!ピッタリサイズのヘルメットを選ぼう

フィット感が大事!ピッタリサイズのヘルメットを選ぼう

ヘルメットは着用したときに頭・顔周り・首周りがしっかりフィットする、自分のサイズに合うものを選ぶことが大事です。実際に着用してみてフィットするものを選びましょう。


自分のサイズに合ったものを選ぶことは命を守ることにつながります。激しい動きをするオフロードではかなりの衝撃を受けることも。サイズが大き過ぎるとちょっとした衝撃で簡単に外れて頭を防護することができず、反対に小さすぎてもきつくて頭部や首へのストレスがかかり、長時間使うことができません。

首に負担のかからない軽量のものを!目安は3kgまで

首に負担のかからない軽量のものを!目安は3kgまで

首に負担のかからない軽量タイプ、目安は3kgまでのものを選びましょう。


ヘルメットは走行している間ずっとかぶりっぱなしなので、重いものだと首や体全体に大きなストレスを与えます。特にオフロードで使うヘルメットはカバーする面積が大きいので、その分大きく重くなってしまいがちです。できるだけ軽量素材で作られたものを選ぶなど、体への負担が少ないものを探してみてください。

取り外しができる内装でお手入れしやすいものが◎

取り外しができる内装でお手入れしやすいものが◎

汚れやすいオフロードバイクのヘルメットは、内装が取り外しできて洗いやすいことが大切。また内装は、吸汗に優れているものや速乾性のある素材がおすすめです。


オフロードバイクはとても激しいスポーツなので、汗を大量にかきます。泥や土を被ることも多いので、お手入れしやすいヘルメットを選びましょう。

オフロードヘルメットおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のオフロードヘルメットをランキング形式でご紹介します。

10位
オフロードヘルメット BELL ヘルメット Qualifier 19年 Honor マットチタニウム/XL(61-62cm)  1枚目
出典:amazon.co.jp

BELLヘルメット Qualifier 19年 Honor マットチタニウム/XL(61-62cm)

19,000円 (税込)

シールド
規格DOT・ECE 22.05
サイズXL(61-62cm)
内装の着脱
重量3.0 kg
9位
オフロードヘルメット アライ バイクヘルメット オフロード L 59-60cm 1枚目
出典:amazon.co.jp

アライバイクヘルメット オフロード L 59-60cm

34,074円 (税込)

シールド
規格JIS・SNELL
サイズL(59-60cm)
内装の着脱
重量2.39 kg
8位
シールド
規格SG・PCS
サイズM
内装の着脱
重量2.14 kg
7位
オフロードヘルメット アライ バイクヘルメット オフロード TOUR CROSS3 DETOUR 1枚目
出典:amazon.co.jp

アライバイクヘルメット オフロード TOUR CROSS3 DETOUR

44,535円 (税込)

シールド
規格SNELL・JIS
サイズL (59-60cm)
内装の着脱
重量2.35 kg
6位
オフロードヘルメット ネオライダース インナーシールド ヴィンテージ オフロード ヘルメット フリーサイズ 57-60cm 1枚目
出典:amazon.co.jp

ネオライダースインナーシールド ヴィンテージ オフロード ヘルメット フリーサイズ 57-60cm

7,800円 (税込)

シールド
規格SG・PSC
サイズフリーサイズ (57-60cm)
内装の着脱
重量1.39 kg
5位

ゴッドブリンクZEALOT MadJumper CARBON HYBRID XXL/63-64cm

MJC0010/XXL

28,907円 (税込)

シールド×
規格SG
サイズXXL(63-64cm)
内装の着脱
重量1.05 kg
4位
オフロードヘルメット エィチジェイシー バイクヘルメット オフロード (サイズ:S) 1枚目
出典:amazon.co.jp

エィチジェイシーバイクヘルメット オフロード (サイズ:S)

HJH123WH01S

16,065円 (税込)

シールド×
規格SG・JIS・MFJ
サイズS(55-56cm)
内装の着脱
重量2.2 kg
3位
シールド×
規格DOT・ECE 22-05
サイズM(57~58cm)
内装の着脱
重量1.45 kg
2位
オフロードヘルメット アライ ヘルメット ツアークロス3 フラットLサイズ(59-60cm)  1枚目
出典:amazon.co.jp

アライヘルメット ツアークロス3 フラットLサイズ(59-60cm)

TOUR-CROSS

46,332円 (税込)

シールド
規格SNELL・JIS
サイズL (59-60cm)
内装の着脱
重量2.4 kg
1位
オフロードヘルメット アライ バイクヘルメット オフロード  L (頭囲 59cm~60cm) 1枚目
出典:amazon.co.jp

アライバイクヘルメット オフロード L (頭囲 59cm~60cm)

36,509円 (税込)

シールド×
規格SNELL・JIS
サイズL ( 59~60cm)
内装の着脱
重量2.23 kg

人気オフロードヘルメットの比較一覧表

商品画像
1
オフロードヘルメット アライ バイクヘルメット オフロード  L (頭囲 59cm~60cm) 1枚目

アライ

2
オフロードヘルメット アライ ヘルメット ツアークロス3 フラットLサイズ(59-60cm)  1枚目

アライ

3
オフロードヘルメット O'Neal ヘルメット Spyde ハイビズ/M  1枚目

O'Neal

4
オフロードヘルメット エィチジェイシー バイクヘルメット オフロード (サイズ:S) 1枚目

エィチジェイシー

5
オフロードヘルメット ゴッドブリンク ZEALOT MadJumper CARBON HYBRID XXL/63-64cm 1枚目

ゴッドブリンク

6
オフロードヘルメット ネオライダース インナーシールド ヴィンテージ オフロード ヘルメット フリーサイズ 57-60cm 1枚目

ネオライダース

7
オフロードヘルメット アライ バイクヘルメット オフロード TOUR CROSS3 DETOUR 1枚目

アライ

8
オフロードヘルメット ウインズジャパン X-ROAD FREE RIDE  M 1枚目

ウインズジャパン

9
オフロードヘルメット アライ バイクヘルメット オフロード L 59-60cm 1枚目

アライ

10
オフロードヘルメット BELL ヘルメット Qualifier 19年 Honor マットチタニウム/XL(61-62cm)  1枚目

BELL

商品名

バイクヘルメット オフロード L (頭囲 59cm~60cm)

ヘルメット ツアークロス3 フラットLサイズ(59-60cm)

ヘルメット Spyde ハイビズ/M

バイクヘルメット オフロード (サイズ:S)

ZEALOT MadJumper CARBON HYBRID XXL/63-64cm

インナーシールド ヴィンテージ オフロード ヘルメット フリーサイズ 57-60cm

バイクヘルメット オフロード TOUR CROSS3 DETOUR

X-ROAD FREE RIDE M

バイクヘルメット オフロード L 59-60cm

ヘルメット Qualifier 19年 Honor マットチタニウム/XL(61-62cm)

特徴超軽量で内装のフィット感が半端ない!文句のつけようのな...高速走行でも安心の安定感!コンパクトなフォルムが美しい超軽くてデザイン性が高い!オシャレな米国製ヘルメットツーリングからレースまで対応可能なスタンダードモデル軽快にジャンプするオフローダーの相棒往年のオフロードヘルメットを再現したオシャレなデザイン!高速走行でもブレのない理想的なフィット感のヘルメット内装交換で自分にピッタリのサイズにカスタマイズできるF-1ドライバーも認めた安定感のあるかぶり心地コスパに優れた米国人気メーカーのエントリーモデル
価格36,509円(税込)46,332円(税込)20,300円(税込)16,065円(税込)28,907円(税込)7,800円(税込)44,535円(税込)23,581円(税込)34,074円(税込)19,000円(税込)
シールド××××
規格SNELL・JISSNELL・JISDOT・ECE 22-05SG・JIS・MFJSGSG・PSCSNELL・JISSG・PCSJIS・SNELLDOT・ECE 22.05
サイズL ( 59~60cm)L (59-60cm)M(57~58cm)S(55-56cm)XXL(63-64cm)フリーサイズ (57-60cm)L (59-60cm)ML(59-60cm)XL(61-62cm)
内装の着脱
重量2.23 kg2.4 kg1.45 kg2.2 kg1.05 kg1.39 kg2.35 kg2.14 kg2.39 kg3.0 kg
商品リンク

3年を目安に買い替えるのがおすすめ

3年を目安に買い替えるのがおすすめ

ヘルメットには有効期限があり、購入後約3年間を目安に新調するのがおすすめです。古くなったヘルメットは経年劣化で内部が傷んでいることもあり、見た目は劣化していなくても本来の機能を損ねている場合があります。


また転倒したり大きな衝撃を受けたヘルメットは、外観に損傷がなくても使用するのをやめて買い替えましょう。

オフロードヘルメットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、オフロードヘルメットのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

オフロードヘルメットの選び方とおすすめ10選をご紹介しました。いかがでしたか?


オフロードバイクをする上でヘルメットはとても重要な役割をするアイテムです。自分にピッタリフィットするものを見つけて、安全で快適なライディングを楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す