• アウトドアサンダルのおすすめ人気ランキング25選【キーン・コロンビアなど!】のアイキャッチ画像1枚目
  • アウトドアサンダルのおすすめ人気ランキング25選【キーン・コロンビアなど!】のアイキャッチ画像2枚目
  • アウトドアサンダルのおすすめ人気ランキング25選【キーン・コロンビアなど!】のアイキャッチ画像3枚目
  • アウトドアサンダルのおすすめ人気ランキング25選【キーン・コロンビアなど!】のアイキャッチ画像4枚目
  • アウトドアサンダルのおすすめ人気ランキング25選【キーン・コロンビアなど!】のアイキャッチ画像5枚目

アウトドアサンダルのおすすめ人気ランキング25選【キーン・コロンビアなど!】

キャンプや釣りなどさまざまなアウトドアシーンで大活躍する、アウトドアサンダル。濡れてもすぐ乾き、ビーチサンダルよりも丈夫で安定感があるため、非常に頼りになるアウトドアグッズです。しかし、形状や素材にはいろんな種類があり、どんなものを選んだらいいのか分かりにくくなっています。

そこで今回は、アウトドアサンダルの選び方のポイントとあわせて、人気のおすすめ商品をメンズ・レディース別にランキング形式でご紹介します。デザインがおしゃれなものや冬向けのモデルも商品も登場しますよ。お気に入りの1足を見つけて、アウトドアを思いっきりアクティブに過ごしてくださいね!
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 91,556  views
目次

アウトドアサンダルの魅力とは

アウトドアサンダルの魅力とは
アウトドアサンダルは、キャンプや釣り、BBQなどアウトドアシーンに適したサンダルのことです。足にフィットして歩きやすいという特徴があり、そのまま水の中にも入れるので、小石や破片などから足を守る役目も果たします。

スポーツサンダルとの名称で販売されているものもあり、こちらも、気軽なアウトドアシーンで活躍するシューズとして人気があります。

アウトドアサンダルの選び方

ランキングをご紹介する前に、まずはアウトドアサンダルの選び方を解説します。デザインで選ぶことももちろん大切ですが、これからご紹介するポイントを確認して、安全にしっかり動ける商品を見つけていきましょう!

「どこで履くか」考えて形状を選ぶ

アウトドアサンダルの形状は、大きく分けて「ベルト」「シューズ」「クロッグ」の3タイプ。それぞれデザインが異なるのはもちろん、適したシーンや履き方なども異なります。タイプの特徴やおすすめの使用場所についてご紹介していきますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

着脱が簡単な「クロッグタイプ」

着脱が簡単な「クロッグタイプ」

出典:amazon.co.jp

テントの出入りなどで頻繁に脱ぎ履きするなら、クロッグタイプのアウトドアサンダルを選びましょう。クロッグタイプは「クロックスサンダル」でおなじみの形状で、つま先部分は覆われているのにかかとはないサンダルのこと。かかとを潰すことなく、楽に脱ぎ履きできます

つま先はパンチングやメッシュで通気性が良いものが多く、ムレにくくなっています。ただ脱ぎ履きしやすいぶん簡単に脱げてしまうので、脱げにくさも重視したい方はかかとにベルトが付いたものを選ぶと良いでしょう。

岩場での怪我を防ぐ「シューズタイプ」

岩場での怪我を防ぐ「シューズタイプ」

出典:amazon.co.jp

岩場や川岸など石の多い場所で着用するのなら、つま先までしっかり覆われているシューズタイプを選びましょう。かかとも覆うのでクロッグタイプよりも脱げにくいのがメリット。怪我を防ぐことができ、フットワークも軽くなりますよ。

しかしシューズタイプはつま先まで覆われている分、やや通気性が悪いのが難点です。ムレや水はけの悪さが気になるなら、メッシュ素材を使用したものや、ソールに水はけ用の穴が開いている商品を選ぶと良いでしょう。

水中でも脱げにくい「ベルトタイプ」

水中でも脱げにくい「ベルトタイプ」

出典:amazon.co.jp

水中でも着用したいという方は、ベルトタイプのアウトドアサンダルを選びましょう。ベルトタイプは自分の足に合わせてベルトでサイズ調整ができるため、しっかり足にフィットし安定感も高いです。水中でもサンダルが脱げにくく、川や海に入るときにぴったりです。

よりしっかりとフィットするアウトドアサンダルを選びたいなら、2点ベルトや3点ベルトタイプを選ぶのもおすすめです。

「メイン素材」も履くシーンに合わせて

アウトドアサンダルでは基本的に、乾きやすく耐久性の強いポリエステルが使われています。素材によって歩きやすさやムレにくさが変化するので、使用場所をイメージしながら、最適な素材のアウトドアサンダルを選んでいきましょう。

「ラバー」「EVA」は川や海など水中用にぴったり

「ラバー」「EVA」は川や海など水中用にぴったり
川や海などで、アウトドアサンダルを履いたまま水の中に入って活動したいという方は、ラバー素材やEVA素材が使われている商品を選びましょう。ラバーやEVAは水をはじく素材ですので、ムレにくく水に濡れてもすぐに乾きます

特にEVA素材は、柔軟性と耐久性に優れてるのが特徴。軽量で汚れにくく、衝撃を吸収してくれるため疲れにくいというメリットもあります。よりアクティブに動きたいという方は、ぜひEVA素材のサンダルを試してみてください。

「ポリエステル」は水辺や湿地での活動用に最適

「ポリエステル」は水辺や湿地での活動用に最適

出典:amazon.co.jp

水辺・湿地・釣り用など、あまり水には浸からないけど濡れても安心して使えるものを選びたいという方は、ポリエステル素材が使われているアウトドアサンダルを選びましょう。ポリエステルは汚れに強く、土や泥が付着しやすいシーンにぴったりです。

ポリエステル素材でメッシュ地になったものなら、ムレにくくて乾きやすいうえ、軽量なので長時間快適に履き続けられます。また、足にフィットするので比較的動きやすいところもポイントです。

滑りにくいソールなら安心

滑りにくいソールなら安心

水辺やぬかるんだ場所でも安心できるように、滑りにくいソールの商品を選びましょう。おすすめは、EVA素材が使われたものや、ソールに凹凸が付いたグリップ力のあるものです。グリップ力のあるソールを選べば、不安定で滑りやすい水辺でも地面をしっかりとらえて歩くことができます。


またソールが薄すぎると、尖った石やガラスの破片などから足を守ることができません。岩場などの足場の悪い場所で使用する場合には、少々厚底になったアウトドアサンダルを選ぶと良いでしょう。

「通気性」「水はけの良さ」にも注目して

「通気性」「水はけの良さ」にも注目して
汗をかいたり水中で使用した後でも快適に履けるよう、通気性や水はけの良いものを選ぶのがおすすめです。ムレて履き心地が悪くなるのも防げますし、キャンプなどで連日海や川で使用した場合でも気持ち良く履くことができますよ。

メッシュ地のように速乾性に優れたサンダルや、ソールまたは側面に排水穴が開いているものならさらに水はけが良くて快適。柔軟性のあるものは雑巾のようにギュッと絞って水気を切ることもできますよ。

「素足」にフィットするサイズを選ぼう

「素足」にフィットするサイズを選ぼう
アウトドアサンダルを快適に使用するには、足にフィットするサイズを選ぶことが重要なポイントです。靴下を着用せずに素足のサイズを測って、0.5~1cm大きなサイズを選びましょう。頻繁に脱いだり履いたりしたいという場合には、もう若干余裕のあるサイズを選んでも良いですね。

靴下を履いた状態より足そのものが小さめになるので、普段のサイズを選んだら大きすぎた…なんてことになりかねません。店頭で試着するのが理想的ですが、通販で購入する場合は口コミやショップスタッフの感想も参考にして選んでくださいね。

メンズアウトドアサンダルの人気ランキング15選

ここからは、おすすめのアウトドアサンダルをメンズ・レディースに分けてランキング形式でご紹介します。まずはメンズ用から!選び方も参考に、履き心地のいい1足を見つけてみてくださいね。

15位
形状クロッグタイプ
素材ナイロン
ソールの素材合成ゴム
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ×/×
14位
形状シューズタイプ
素材PUレザー
ソールの素材EVA・Clorts
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
13位
形状シューズタイプ
素材合成繊維
ソールの素材ラバー
ソールの厚み1.5cm
通気性・水はけの良さ〇/〇
12位
形状ベルトタイプ
素材合成繊維
ソールの素材EVA・ラバー
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
11位
形状クロッグタイプ
素材合成樹脂
ソールの素材合成底・ラバー
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
10位
形状クロッグタイプ
素材記載なし
ソールの素材合成底
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
9位
形状ベルトタイプ
素材ポリエステル
ソールの素材合成底・ラバー
ソールの厚み2.5cm
通気性・水はけの良さ〇/〇
8位
形状コンフォートタイプ
素材EVA
ソールの素材EVA
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
7位
形状ベルトタイプ
素材合成繊維
ソールの素材ラバー
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
6位

コロンビアアウトドアサンダル

3867

4,470円 (税込)

形状ベルトタイプ
素材ポリエステル
ソールの素材ノンマーキングラバー
ソールの厚み2.5cm(ヒール)
通気性・水はけの良さ〇/〇
5位

キーンスポーツサンダル メンズ

1016865

17,280円 (税込)

形状シューズタイプ
素材防水ヌバックレザー
ソールの素材ラバー
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
4位
形状シューズタイプ
素材ポリエステル
ソールの素材EVA
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
3位
形状シューズタイプ
素材合成繊維
ソールの素材記載なし
ソールの厚み2cm
通気性・水はけの良さ〇/〇
2位
形状クロッグタイプ
素材EVA
ソールの素材EVA・ラバー
ソールの厚み2cm
通気性・水はけの良さ〇/〇
1位

クロックスフロント コート クロッグ

14300

3,500円 (税込)

形状クロッグタイプ
素材EVA
ソールの素材EVA・ラバー
ソールの厚み2cm
通気性・水はけの良さ〇/〇

人気 メンズアウトドアサンダルの比較一覧表

商品画像
1
アウトドアサンダル クロックス フロント コート クロッグ 1枚目

クロックス

2
アウトドアサンダル キーン Yogui Arts

キーン

3
アウトドアサンダル キーン スポーツサンダル MEN UNEEK 1枚目

キーン

4
アウトドアサンダル Atica tasle Cairo

Atica

5
アウトドアサンダル キーン スポーツサンダル メンズ 1枚目

キーン

6
アウトドアサンダル コロンビア アウトドアサンダル 1枚目

コロンビア

7
アウトドアサンダル Teva ORIGINAL UNIVERSAL 1枚目

Teva

8
アウトドアサンダル ビルケンシュトック アリゾナ EVA 1枚目

ビルケンシュトック

9
アウトドアサンダル チャコ Z1 CLASSIC 1枚目

チャコ

10
アウトドアサンダル サロモン RX SLIDE 3.0 1枚目

サロモン

11
アウトドアサンダル キーン SHANTI 1枚目

キーン

12
アウトドアサンダル Teva ORIGINAL UNIVERSAL URBAN 1枚目

Teva

13
アウトドアサンダル キーン Zambezi 1枚目

キーン

14
アウトドアサンダル クローツ SD206 1枚目

クローツ

15
アウトドアサンダル SUB ソール サンダル 1枚目

SUB

商品名

フロント コート クロッグ

Yogui Arts

スポーツサンダル MEN UNEEK

tasle Cairo

スポーツサンダル メンズ

アウトドアサンダル

ORIGINAL UNIVERSAL

アリゾナ EVA

Z1 CLASSIC

RX SLIDE 3.0

SHANTI

ORIGINAL UNIVERSAL URBAN

Zambezi

SD206

ソール サンダル

特徴クロッグタイプだから脱ぎ履きラクチンデザイン性に優れたSHANTIの進化版レースアップでサイズ調節できるコスパの高いハイブリッドアウトドアサンダルグリップ力を強化してより滑りにくく!ワイズ広めで窮屈感なし耐水性に優れたTevaの定番モデルEVAだけでできた超軽量タイプ高級感漂う、大人なデザインメッシュ地でクッション性と通気性が高め!水に強く軽量なクロッグ耐久性と履き心地の両方を追求!ラバーソールで滑りにくいのがポイント防滑性に優れたアウトソールで安定の歩行が可能冬のアウトドアに最適な暖かさ
価格3,500円(税込)7,364円(税込)12,960円(税込)2,690円(税込)17,280円(税込)4,470円(税込)5,550円(税込)4,860円(税込)33,983円(税込)15,194円(税込)3,400円(税込)4,900円(税込)12,888円(税込)4,999円(税込)3,672円(税込)
形状クロッグタイプクロッグタイプシューズタイプシューズタイプシューズタイプベルトタイプベルトタイプコンフォートタイプベルトタイプクロッグタイプクロッグタイプベルトタイプシューズタイプシューズタイプクロッグタイプ
素材EVAEVA合成繊維ポリエステル防水ヌバックレザーポリエステル合成繊維EVAポリエステル記載なし合成樹脂合成繊維合成繊維PUレザーナイロン
ソールの素材EVA・ラバーEVA・ラバー記載なしEVAラバーノンマーキングラバーラバーEVA合成底・ラバー合成底合成底・ラバーEVA・ラバーラバーEVA・Clorts合成ゴム
ソールの厚み2cm2cm2cm記載なし記載なし2.5cm(ヒール)記載なし記載なし2.5cm記載なし記載なし記載なし1.5cm記載なし記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇×/×
商品リンク

レディースアウトドアサンダルの人気ランキング10選

ここからは、レディースにおすすめのアウトドアサンダルをご紹介します。活動中もおしゃれに気を抜きたくない!という方はぜひ参考にしてください。

10位
形状ベルトタイプ
素材ポリエステル
ソールの素材ラバー
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
9位
形状シューズタイプ
素材EVA
ソールの素材EVA
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
8位

クロックスカリン クロッグ ウィメン Espresso

3,179円 (税込)

形状クロッグタイプ
素材EVA
ソールの素材EVA
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
7位

キーンサンダル レディース Venice H2

7,371円 (税込)

形状シューズタイプ
素材ポリエステル
ソールの素材ラバー
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
6位

キーンユニーク 2019 Uneek レディース

14,080円 (税込)

形状シューズタイプ
素材ナイロン
ソールの素材記載なし
ソールの厚み1.5cm
通気性・水はけの良さ〇/〇
5位
形状シューズタイプ
素材ポリエステル
ソールの素材EVA
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
4位
形状クロッグタイプ
素材EVA
ソールの素材ラバー
ソールの厚み2cm
通気性・水はけの良さ〇/〇
3位
形状シューズタイプ
素材ポリエステル
ソールの素材ラバー
ソールの厚み2cm
通気性・水はけの良さ〇/〇
2位
形状ベルトタイプ
素材ポリエステル・EVA
ソールの素材記載なし
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇
1位
形状ベルトタイプ
素材合成繊維
ソールの素材合成底
ソールの厚み記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇

人気 レディースアウトドアサンダルの比較一覧表

商品画像
1
アウトドアサンダル Teva ハリケーン XLT 2 1枚目

Teva

2
アウトドアサンダル アティカ  Tesla Maya 1枚目

アティカ

3
アウトドアサンダル キーン WOMEN NEWPORT H2 1枚目

キーン

4
アウトドアサンダル キーン Yogui Crafts 1枚目

キーン

5
アウトドアサンダル アティカ サンダル レディース 1枚目

アティカ

6
アウトドアサンダル キーン ユニーク 2019 Uneek レディース 1枚目

キーン

7
アウトドアサンダル キーン サンダル レディース Venice H2 1枚目

キーン

8
アウトドアサンダル クロックス カリン クロッグ ウィメン Espresso 1枚目

クロックス

9
アウトドアサンダル キーン ウィスパー 2019 1枚目

キーン

10
アウトドアサンダル Chaco Z1 CLASSIC 1枚目

Chaco

商品名

ハリケーン XLT 2

Tesla Maya

WOMEN NEWPORT H2

Yogui Crafts

サンダル レディース

ユニーク 2019 Uneek レディース

サンダル レディース Venice H2

カリン クロッグ ウィメン Espresso

ウィスパー 2019

Z1 CLASSIC

特徴女性らしい色合いを揃えた9カラー展開水辺でのアウトドアにぴったりなモデル水陸両用、どんなアウトドアにもこれ1足で大丈夫目を惹くデザインで足元もおしゃれに3シーズン履けるハイブリッドサンダル伸縮性のあるレースタイプで足にフィットフィールドをしっかり捉える滑りにくいグリップまるでパンプスみたいにキュート!脱ぎ履きしやすくフィット感も抜群人気チャコサンダルの定番モデル
価格5,900円(税込)2,980円(税込)12,960円(税込)8,964円(税込)2,980円(税込)14,080円(税込)7,371円(税込)3,179円(税込)10,800円(税込)8,139円(税込)
形状ベルトタイプベルトタイプシューズタイプクロッグタイプシューズタイプシューズタイプシューズタイプクロッグタイプシューズタイプベルトタイプ
素材合成繊維ポリエステル・EVAポリエステルEVAポリエステルナイロンポリエステルEVAEVAポリエステル
ソールの素材合成底記載なしラバーラバーEVA記載なしラバーEVAEVAラバー
ソールの厚み記載なし記載なし2cm2cm記載なし1.5cm記載なし記載なし記載なし記載なし
通気性・水はけの良さ〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇
商品リンク

水辺でのアクティビティにはマリンシューズもおすすめ

シューズを履いたまま川や海へ入って遊びたいという場合は、より水中に特化した「マリンシューズ」が便利です。アウトドアサンダルに比べると用途は限られますが、水辺での快適さは抜群。ぜひこちらもチェックしてみてください。

まとめ

アウトドアサンダルのおすすめ商品、いかがでしたか?ノーブランドでも似たようなデザインの商品がたくさんありますが、使われている素材が違うと効果も大きく異なるので、購入する際はきちんとリサーチすることをおすすめします。

選び方やおすすめ商品も参考に、自分のスタイルに合ったアウトドアサンダルを見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す