• E3e793ebdd2f752c3804b39e1e54ece177bdcf9c
  • 843b41a47c1d46b8dca61e2eabc5528b36ec1c8b
  • 0efcd0ad47210c66b1ba0060cea91f54c6f4e689
  • 4cb6cd55e9058a49a1a1e403413860021a429ad6
  • E5f7a1a87c342d3b2ceaa178e2904bd7953411b2

パスタマシンのおすすめ人気ランキング7選

美味しい生パスタを簡単に家で作れることをご存じですか?家庭用のパスタマシンの中には、スパゲッティだけでなくうどんやラーメンまで電動で作れるものもあり、とても便利です。フィリップスなどの有名メーカーから、マルカートなどの本場イタリアのメーカーまで、手頃な価格で様々な製品が販売されていますよ。


そこで今回は、パスタマシンの選び方のポイントと、おすすめ人気商品をランキング形式で7選ご紹介します。パスタマシンで手軽に美味しい麺を手作りしてみましょう!

最終更新日:2017年07月04日 | 2,940views

パスタマシンの選び方

家庭ではあまり馴染みのない調理器具であるパスタマシンですが、どういった点に注意して選べば良いのでしょうか。ここでは絶対に絶対にチェックしておきたいポイントを5つご紹介します。

1. 電動か手動か

パスタマシンには手動タイプと電動タイプの2種類があります。

手動のパスタマシンの良さは、自分でパスタを作っているという手ごたえや楽しさを存分に感じられるところです。その分、手間がかかるので業務用としての使用はおすすめできませんが、家庭で自分たちが食べる分だけ作るのであれば、手動でも充分機能します。

逆に、できるだけ手間をかけずに効率よくパスタを作りたい方には電動タイプを選ぶことをおすすめします。業務用だと何万円もするマシンもあるため価格が高い印象があるかもしれませんが、家庭用であれば高くても1万円台で手に入るものが多いので、検討してみると良いでしょう。

2. 厚さ調整はできるか

パスタなどの麺類を作る場合は、生地の厚みをいかに均等にするかが大切になってきます。生地の厚さがばらばらになってしまうと、食べた時の食感が混ざり合ってしまいます。ある程度の不均一さは手作りの良さでもありますが、やはり厚みはなるべく均一の方が良いですよね。

パスタマシンはローラーに生地を通すことで厚みを均一にしますが、この時にローラーを調整できると作れるパスタの幅が広がりますので、厚みの調整が可能かどうかもチェックしましょう。

3. カッターの種類は何種類あるのか?

パスタマシンには、たいてい付属品として2種類程度の太さの違うカッターが付属しています。カッターを取り換えることで様々な種類のパスタを楽しむことができます。

そのため、色々なパスタを作りたいという方は、カッターがたくさん付いている、もしくはオプションとして別のサイズのカッターを追加購入できるパスタマシンを選ぶことをおすすめします。

4. 部品は洗えるか?

高温多湿な日本ですから、こういった調理器具の衛生面は気になるところです。昔のパスタマシンは洗えないタイプのものが多かったようですが、今では丸洗いできるようなパスタマシンが登場して、衛生面での心配が少なくなりました。

選ぶ際には部品などが洗えるのかをしっかりチェックしましょう。

5. 大きさと重さ

パスタマシンはそれなりの大きさと重さのあるものです。キッチンの中でも場所を取ってしまいがちですから、棚の上に据え置くにしても、棚の中にしまうにしても、サイズ感の把握は大事なチェックポイントになります。

日常的に使うためには重さも重要です。あまりにも重すぎると扱いにくく、やがて使用が面倒になってしまいます。しかし、だからといってあまりにも軽すぎると安定度に欠けるので、2Kgから4Kgの間くらいの重さがおすすめです。

おすすめのパスタマシンランキング

ではおすすめのパスタマシンランキングBEST7をご紹介します。どれも自分の家で楽しみながら作ることができる、手軽で本格的なものばかりですよ。

7位:ベルナー ツイスト麺喜

ベルナー ツイスト麺喜
2,980円(税込)

・方法:手動
・サイズ:筒直径8.7×高さ16.2cm・押し棒直径5.6×高さ21.7cm
・重さ:本体142g・棒88g
・厚さ調整:不可
・カッターの種類:7種類
・水洗い:丸洗い可

押し出すだけで簡単に手作りパスタが完成

麺の作り方が普通のパスタマシンとは違う、ちょっと変わったパスタマシンがこのドイツ・ベルナー社製の製品です。

筒の中に材料を入れたら、付属の7種類のカッターを筒先に付け、ぎゅっとそのままお湯の中に押し出して茹でるだけという簡単な調理方法が人気を集めています。ところてんを作るようなイメージです。

普通のパスタだけでなくきしめんなどの変わった麺も作れますが、麺を押し出す時にコツと力がいるので注意が必要です。ドイツの家庭料理のような少し不揃いな麺ができますので、手作り感の強いパスタがお好みの方におすすめです。

6位:シロカ パスタマシン

シロカ パスタマシン SPM-136
4,450円(税込)

・方法:手動
・サイズ:約幅21×奥行20×高さ15.5cm
・重さ:約2.5kg
・厚さ調整:7段階
・カッターの種類:2種類(3mm・6.5mm)
・水洗い:不可

高級感のあるデザインとコンパクトさが魅力

代表的な2種類のパスタである、リングイネとフィットチーネが作れるパスタマシンです。厚みを7段階に変えることができるので、様々なパスタを楽しむことができます。高級感のあるデザインと、ローラー・カッター・ハンドル・固定用金具を簡単に分解することができる点も魅力です。

水洗いはできないのですが、部品を分解すれば付属しているブラシで意外と簡単に汚れを落とすことができます。分解した状態で収納すれば無駄に場所を取らないのも嬉しいですね。

5位:日本ニーダー 洗えるパスタマシン 製麺機「麺や」

日本ニーダー 洗えるパスタマシン 製麺機「麺や」
6,912円(税込)

・方法:手動
・サイズ:幅17×奥行14×高さ22cm
・重さ:2kg
・厚さ調整:4段階(1mm・1.5mm・2mm・2.5mm)
・カッターの種類:2種類(2mm・4mm)
・水洗い:丸洗い可

片手で持てる軽さで、しかも安全性抜群!

およそ2kgと軽く、また丸洗いできるのでお手入れしやすいのが嬉しい製麺機です。安全面に配慮されており、カッターは全て樹脂製、本体はステンレスで軽量なので、お子様がいる家庭でも安心して使うことができます。樹脂製はさびにくいので水洗いしても安心です。

パスタの厚みは4段階に変えられ、カッターは別売りも合わせると3種類あるので、簡単に蕎麦、中華麺、生パスタ、餃子の皮などが作れます。

4位:マルカート パスタマシン アトラス

マルカート パスタマシン アトラス
12,145円(税込)

・方法:手動
・サイズ:幅20×奥行21.5×高さ15.7cm
・重さ:約2.25kg
・厚さ調整:10段階(0.2mmから2mm)
・カッターの種類:2種類(1.5mm・6mm)
・水洗い:不可

インテリアの一部になるおしゃれなパスタマシン

このパスタマシンの大きな特徴は、カラー展開が8種類と豊富なことです。そのためキッチンのイメージにピッタリな色を選べて、インテリアの一部としても楽しめますよね。こういったところは原産国のイタリアのおしゃれさを受け継いでいます。

ただおしゃれなだけではないのがこのパスタマシンのすごいところで、厚さはなんと10段階にも調整が可能。2種類の標準カッターの他にオプションのカッターも購入すれば12種類ものパスタが作れます。

ロングパスタやラザニア・うどんなど色々な麺を作って楽しめるパスタマシンです。おしゃれで機能性の高いパスタマシンを探している人はこちらをおすすめします。

3位:インペリア パスタマシーン

インペリア パスタマシーン SP-150
8,640円(税込)

・方法:手動
・サイズ:幅20.5×奥行19×高さ17.5cm
・重さ:約3.3kg
・厚さ調整:6段階
・カッターの種類:2種類(2mm・6.5mm)
・水洗い:不可

美しいパスタが作れる、本場イタリア製マシン

パスタの本場イタリアのメーカーが作っているパスタマシンがこのインペリアの製品です。ローラー側にはガイドトレーが付いていることで、生地をスムーズに送り込めるように工夫されています。その結果、生地が綺麗に延ばすことができて、揃った美しい麺を作れるのは嬉しい工夫ですよね。

1点残念な点があるとすれば、さびやすいので水洗いができないことです。そのため竹串などを使ってこびりついた生地を取った後に乾いた布で拭き、風通しのいい場所で保管することをおすすめします。

交換カッターが豊富で色々なパスタが作れる

インペリアのパスタマシンに付属しているカッターは2種類ですが、付け足せる交換カッターが非常に豊富です。1.5mmから12mmまで様々なパスタが作れるように種類が揃っています。

生地の厚さも6段階に選ぶことができるので、自分の好みのパスタを見つけることができますよね!本場でも使われているパスタマシンを探している人におすすめです。

2位:フィリップス お家で生麺 ヌードルメーカー

フィリップス お家で生麺 ヌードルメーカー HR2365/01
10,500円(税込)

・方法:電動
・サイズ:幅21.5×奥行34.3×高さ30.0cm
・重さ:約7.8kg
・厚さ調整:なし
・カッターの種類:4種類(1.6mm平麺・2mm丸麺・1.6mm角麺・2.5mm角麺)
・水洗い:丸洗い可・クリーニングキット付属

ボタンを押して10分でパスタが完成

フィリップスのヌードルメーカーは、使用方法の簡単さと出来上がりの速さがとても魅力的です。作ろう!と思ってからでき上がるまで、材料さえあればおよそ10分となっています。

こねたりまとめたりも全部機械がしてくれるので、手動のように自分で作っている感覚はありませんが、とにかく楽に美味しい手作り麺を食べたければこの製品が一推しです!

丸洗いできるので衛生面の心配もありませんし、専用のクリーニングキットもとても使い勝手がよくて扱いやすいのが魅力です。

専用製麺キャップで広がる麺の世界

このヌードルメーカーには元々4種類の製麺キャップが付いているので、パスタだけでなく、うどんやそば・ラーメンなどを製麺することができます。また、材料を入れる際に麺に混ぜ込みたい野菜などを追加するだけで、簡単にアレンジ麺を作ることができます。

また、別売りの製麺キャップを購入すれば、ラザニアなど更に作れる種類が増えます。1台で色んな物を作りたい人や、簡単にアレンジを楽しみたい人、何より面倒な設定などをせずに楽に作りたい人におすすめです。

1位:ベルソス 洗える製麺機 ウマくてご麺

ベルソス 洗える製麺機 ウマくてご麺 VS-KE19
3,990円(税込)

・方法:手動
・サイズ:約幅19×奥行14×高さ23cm
・重さ:約1.4kg
・厚さ調整:4段階(1mmから2.5mm)
・カッターの種類:4種類(2mm・3mm・4mm・9mm)
・水洗い:丸洗い可

コスパ最強!初めての製麺機ならこれ

この製麺機は、駄洒落のような製品名からは想像もつかないくらいの本格的なパスタマシンで、しかもコスパは最強です。かなりリーズナブルな値段で手に入れられるのに、安全性や清潔さにしっかりこだわって作られています。

扱いやすい軽量設計ながら、テーブルに固定できる部品がついているので安定感も抜群です。また丸洗いできるので、使った後も清潔さをしっかりキープ。お手入れが簡単でいつでも気軽に使用することができます。簡単レシピも付属しているので、届いたその日からすぐ手作りパスタを楽しむことができます。

豊富なカッターで厚みも自在に調整できる

カッターの種類は4種類用意されていて、自分の好みの太さで麺を簡単に切ることができます。また、厚みも4段階に変えることができるので、組み合わせ次第でうどん・そば・餃子の皮などを作ることもできます。きしめんやフェットチーネなどの厚みのある麺がお好きな人も嬉しい極太9mmカッターも新たにセットされて、より幅広い麺作りを楽しめるようになっています。

生地をこねたりハンドルを回したりする手動ならではの作業は「麺を手作りしている感覚」が強く味わえるので、お子様の食育にもぴったりです。

まとめ

パスタマシンの選び方のポイントとおすすめ製品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

乾麺のパスタも美味しいですが、独特のもっちり感が楽しめる生パスタはまた別格です。生麺に挑戦するのをためらっていた人も、ここでご紹介したパスタマシンを導入すればいつでも美味しい生パスタ料理を楽しめますよ。

奥の深い手作りパスタの世界、便利なパスタマシンを使って楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

関連キーワード