1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. 農業資材・ガーデニング用品
  6. >
  7. ホースリールのおすすめ人気ランキング10選
  • ホースリールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ホースリールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ホースリールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ホースリールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ホースリールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ホースリールのおすすめ人気ランキング10選

洗車やガーデニングの際に便利な「ホースリール」。長いホースも巻き取ってくれるので、使いやすいだけでなく収納面でも便利なアイテムです。しかし一口にホースリールと言っても、アイリスオーヤマやタカギなどの国内メーカーからさまざまな商品が発売されており、どれが自分にとって使いやすいのか見分けにくいですよね。

そこで今回は、ホースリールの選び方のポイントと、人気商品をおすすめ順にランキングでご紹介。ねじれ防止機能付き・据え置き型・耐久性の高いものなど、使いやすい商品が多数登場しますよ。記事の後半では水漏れした時の対策法や自作する方法も登場しますので、ぜひ参考にして、あなたのホースリール選びにお役立てください!
  • 最終更新日:2020年06月30日
  • 139,446  views
目次

ホースリールの選び方

まずはホースリールの選び方を詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

取りつけたい蛇口に適合するものを選ぶ

取りつけたい蛇口に適合するものを選ぶ
蛇口には、一般的な形状の「横水栓」、蛇口の先端がネジのような形をした「万能ホーム水栓」、蛇口が長めになっている「自在水栓」など、蛇口の種類は複数あります。ニップルもセットで売られている商品もありますが、適合しない蛇口の場合は別売りの取り付け金具が必要になります。

また、蛇口の口径がどれぐらいかを事前にチェックすることも忘れずに行いましょう。

用途や使用場所に合わせて、ホースの長さを選ぶ

ほとんどのホースリールにはホースが付属していますが、その長さは商品によって異なります。自分にとってどのくらいの長さが必要なのかを確認し、使用する場所や用途にぴったりなものを選びましょう。

蛇口から使いたい場所まで+2~3mがベスト

蛇口から使いたい場所まで+2~3mがベスト
ホースの長さ選びは、使いたい場所から蛇口までの距離で選ぶのが一般的です。このときある程度ゆとりを持たせていた方が使いやすくなるので、必要な長さにプラス2~3mのたわみ分を追加しましょう。例えば蛇口から庭までの距離が15mだった場合は、18mくらいのホースを選んでください。

ただし、長ければいいというわけではありません。ホースが長くなればなるほど、きれいに巻き取るのも難しくなります。使いやすさを考慮して、適切な長さのものを選びましょう。

洗車には、車1周分の長さにたわみ分を加える

洗車には、車1周分の長さにたわみ分を加える
車の前後左右を楽に洗車するためには、車の周りを1周できる長さが必要です。したがって、車1周分の長さにたわみ分を追加してホースの長さを決めましょう。

セダン車の場合、1周分で15mくらいは必要なので、これにたわみ分をプラスして17mくらいを目安にします。軽自動車の場合は少し短い13m、ワンボックスカーの場合は19mあれば安心です。

耐久性と巻き取りやすさを考えて選ぶ

ホースリールの耐久性と、ホースの巻き取りやすさも使いやすさを決めるポイントです。長く使うためにも、しっかりチェックしておきましょう。

耐久性を重視するならステンレスやアルミ製がおすすめ

耐久性を重視するならステンレスやアルミ製がおすすめ
ホースリール本体の材質は、プラスチック・ステンレス・アルミなどがあります。プラスチックは価格が安いのですが経年劣化が起こりやすいため、耐久性が低くなる点に注意してください。一方でステンレス素材やアルミ素材のホースリールは、価格は高くなってしまいますが耐久性に優れています。

ただホース自体も劣化してきますので、数年単位でホースリールごと取り替えるという場合はプラスチック製でも問題ありません。ホースだけを取り替えて使いたいのならば、ホースリール本体はステンレス製やアルミ製を選ぶといいでしょう。

ねじれ防止機能があれば巻き取りがスムーズ

ホースは長く重量もあるので、使用中にひっかかったり、片付けの際にうまく巻き取れないことがあります。ねじれたままで巻き取るとホースに負担がかかり、劣化を早める原因にもなります。長いほどねじれも起こりやすいので、ねじれを防いで巻き取りやすくなっているものを選びましょう。

ガイド付きなら、均等に巻けて便利

ホースを巻き取る際、リールに均等に巻けるようにガイドが付属したタイプもあります。ガイドなしの場合はホースが1ヵ所に集中して巻かれるのでバランスも悪くなりますよね。ねじれ防止機能と同じで、この機能もホースリールとホースへの負担を軽減してくれますから、長いホースの場合はガイド付きかどうかをチェックしましょう。

収納方法は? カバーの有無やコンパクトさをチェック

使用頻度や収納方法に合わせて、ホースリールのカバーや収納サイズもチェックしておきましょう。

庭に出したまま使うなら、カバー付きを選んで劣化防止

収納せずに庭やベランダに出したまま使うという場合、直射日光を避ける工夫が必要です。特に材質がプラスチックのホースリールでは、直射日光は劣化を早めるため防いでおきたいところ。日光はホースの劣化にも繋がるので、丸ごと覆ってしまえるようにカバーが付いているタイプが良いでしょう。

カバーは単なる覆いとして使うものと、そのままステップ台として活躍するものがあります。洗車時は天井までしっかり洗えるので、必要であればこうした面もチェックしてみてください。

使用後に収納するのなら、コンパクトで持ち運びやすいものを

使い終えたら収納するという場合は、コンパクトさや持ち運びやすさを重視してください。持ち手が付いて楽に持てるものや、幅をスリムにして場所を取らないものなど、収納場所に合わせて選ぶと良いでしょう。

ちなみに、プラスチック製のホースリールならステンレスやアルミに比べて軽量なため、持ち上げた時に楽です。重量もしっかり確認して、持ち上げやすい重さのものを選びましょう。

ホースリールのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ホースリールのおすすめ人気ランキングをご紹介します。上記でご説明した選び方のポイントを参考にして、自分の用途にぴったりなホースリールをお探しください。

なお、ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月10日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
長さ21mホース付き
材質ステンレス
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量5,100g
9位
長さ20mホース付き
材質ポリプロピレン/ポリアセタール/ABS樹脂
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量-
8位
長さ10mホース付き
材質ポリプロピレン/ポリアセタール/ABS樹脂
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量1,596g
7位
長さ10mホース付き
材質ABS樹脂/ポリアセタール/ポリプロピレン
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量1,950g
6位
長さ20mホース付き
材質本体:ポリプロピレン/ABS樹脂・ホース:塩化ビニル樹脂・アクアガン:AES樹脂/ABS樹脂/ポリアセター
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量約4,600g
5位
長さ15mホース付き
材質ABS樹脂/ポリアセタール/ポリプロピレン/ポリアミド
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量-
4位
長さ20mホース付き
材質プラスチック
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量4,380g
3位
長さ20mホース付き
材質ポリプロピレン/ポリ汗タール/ABS樹脂
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量-
2位
長さ20mホース付き
材質本体:ポリプロピレン/ABS樹脂/PVC・ホース:塩化ビニル樹脂
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量3,380g
1位
長さ15mホース付き
材質本体:ポリプロピレン/ABS樹脂・ホース:塩化ビニル樹脂
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量約2,500g

人気ホースリールの比較一覧表

商品画像
1
ホースリール アイリスオーヤマ フルカバーハンディホースリール 1枚目

アイリスオーヤマ

2
ホースリール アイリスオーヤマ フルカバーホースリールスリム 1枚目

アイリスオーヤマ

3
ホースリール タカギ オーロラBOXY ツイスター 1枚目

タカギ

4
ホースリール タカギ タフブラウン 1枚目

タカギ

5
ホースリール タカギ NANO NEXT 1枚目

タカギ

6
ホースリール アイリスオーヤマ フルカバーホースリールEX 1枚目

アイリスオーヤマ

7
ホースリール タカギ オーロラNANO 1枚目

タカギ

8
ホースリール タカギ オーロラLIGHT 1枚目

タカギ

9
ホースリール タカギ マーキュリーツイスター 1枚目

タカギ

10
ホースリール 畑屋製作所 ステンノホースリール 1枚目

畑屋製作所

商品名

フルカバーハンディホースリール

フルカバーホースリールスリム

オーロラBOXY ツイスター

タフブラウン

NANO NEXT

フルカバーホースリールEX

オーロラNANO

オーロラLIGHT

マーキュリーツイスター

ステンノホースリール

特徴据え置き・ハンディタイプの2WAYタイプお庭に合わせて選べる全5色のカラーバリエーションホースの巻き取りがスムーズ!扱いやすいホースリール庭の景観を崩さないシックカラーが◎両側からホースを巻き取るWリール方式を採用ホースの汚れを簡単に落とせる窓付き軽量でコンパクト。取っ手付きだから持ち運びも楽々引っ掛け収納に対応。ミニマムなホースリール巻き取りのストレスよ、さようなら!耐久性で選ぶならコレ!丈夫なステンレス製
最安値
2,715
送料無料
詳細を見る
2,460
送料無料
詳細を見る
3,590
送料別
詳細を見る
3,750
送料要確認
詳細を見る
3,577
送料別
詳細を見る
3,299
送料別
詳細を見る
2,656
送料別
詳細を見る
2,721
送料要確認
詳細を見る
5,298
送料要確認
詳細を見る
7,061
送料別
詳細を見る
長さ15mホース付き20mホース付き20mホース付き20mホース付き15mホース付き20mホース付き10mホース付き10mホース付き20mホース付き21mホース付き
材質本体:ポリプロピレン/ABS樹脂・ホース:塩化ビニル樹脂本体:ポリプロピレン/ABS樹脂/PVC・ホース:塩化ビニル樹脂ポリプロピレン/ポリ汗タール/ABS樹脂プラスチックABS樹脂/ポリアセタール/ポリプロピレン/ポリアミド本体:ポリプロピレン/ABS樹脂・ホース:塩化ビニル樹脂・アクアガン:AES樹脂/ABS樹脂/ポリアセターABS樹脂/ポリアセタール/ポリプロピレンポリプロピレン/ポリアセタール/ABS樹脂ポリプロピレン/ポリアセタール/ABS樹脂ステンレス
ねじれ防止
巻き取りガイド
重量約2,500g3,380g-4,380g-約4,600g1,950g1,596g-5,100g
商品リンク

水漏れした場合は補修テープなどで修理可能

水漏れした場合は補修テープなどで修理可能
長年ホースリールを使っていると、劣化で水漏れが起こることがあります。水漏れは原因となっている場所を突き止めることで修理できる場合もあるので、買い換えを検討する前に水漏れ箇所を特定してみてください。

水漏れの原因がホースの破れだった場合は、ホース用の補修テープを使うのがおすすめです。破れが生じている箇所に補修テープを巻いて、そこからの水漏れを防げば修理完了です。

水漏れの原因が蛇口とホースをつなぐニップルだった場合、ニップルのメーカーを変えれば解消することがあるので、違うメーカーのニップルを取り付けてみましょう。

こだわる方は自作するのもアリ!

家の雰囲気や外観にぴったりなホースリールが見つからない!という場合は、手作りしてみるのもおすすめです。作り方は人それぞれなのですが、DIYが得意な方であればスタンドからホイールまで全て自作する方法もあります。自分にとって使いやすいように調整できますし、世界に1つだけのホースリールが作れますよ。

あまり時間をかけずにおしゃれに仕上げたいという場合は、壁などに市販のホースハンガーを取り付けるだけでもかなり雰囲気が違います。手作りに挑戦してみたい方は、こうしたアイテムを使ってみてはいかがでしょうか?

一緒にチェックしたい便利なグッズはこちら

以下のリンクでは、散水ホースや散水ノズルを紹介しています。今回ご紹介したホースリールの中でノズルが取り外しできるものは、別の散水ノズルを取り付けて使うこともできますよ。ぜひ一緒にチェックしてみてください。

ホースリールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ホースリールのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

ホースリールにもたくさんの種類がありますが、目的に合わせて選ぶことが、使いやすいホースリール選びのポイントです。自分の用途にぴったりなホースリールを見つけて、洗車やお庭の手入れを快適にしてみてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す