• ボクシングシューズのおすすめ人気ランキング9選【アディダス・アシックス・ミズノなど】のアイキャッチ画像1枚目
  • ボクシングシューズのおすすめ人気ランキング9選【アディダス・アシックス・ミズノなど】のアイキャッチ画像2枚目
  • ボクシングシューズのおすすめ人気ランキング9選【アディダス・アシックス・ミズノなど】のアイキャッチ画像3枚目
  • ボクシングシューズのおすすめ人気ランキング9選【アディダス・アシックス・ミズノなど】のアイキャッチ画像4枚目
  • ボクシングシューズのおすすめ人気ランキング9選【アディダス・アシックス・ミズノなど】のアイキャッチ画像5枚目

ボクシングシューズのおすすめ人気ランキング9選【アディダス・アシックス・ミズノなど】

本格的にボクシングをやっている方から、ボクササイズで体を動かしたい!という方にも必須のアイテムである、ボクシングシューズ。アシックスやアディダス、ミズノなど、各メーカーからおしゃれなボクシングシューズが販売されていますが、通常のトレーニングシューズなどと何が違うのか、正直よく分からないという方も多いのではないでしょうか。


こちらでは、ボクシングシューズの選び方とともに、人気の商品をランキング形式でご紹介していきます!ロング・ミドル・ショートに分けてご紹介していきますよ。自分にぴったりのおすすめのシューズを選んで、フットワークを上達させましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,381  views
目次

ボクシングシューズの選び方

ランキングの前に、まずはボクシングシューズを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

3つのタイプの特徴をチェック!

ボクシングシューズには、ロング・ミドル・ショートの3タイプがあります。それぞれに特徴があるのでチェックしましょう!

本格的なボクシング向き!フィット感と保護力の高いロングタイプ

本格的なボクシング向き!フィット感と保護力の高いロングタイプ

足首の上までしっかりと縛るロングタイプのシューズは、フィット感が高いのが特徴です。格闘技としての本格的なボクシング向きで、足の広い範囲をカバーすることで、捻挫やアキレス腱の損傷などの怪我のリスクを減らしてくれる効果もあるんですよ。


ただ、長ければ良いというわけでもなく、どちらかというと足首より上のふくらはぎの部分は、デザイン性の意味合いが強くなります。長さがある分、着脱に時間がかかるというデメリットはありますが、これぞボクサー!というものが欲しい方にチェックしてほしいタイプです。

試合にもボクササイズにも!保護力と扱いやすさの両方を備えたミドルタイプ

試合にもボクササイズにも!保護力と扱いやすさの両方を備えたミドルタイプ

ミドルタイプは、保護力と着脱のしやすさの両方を兼ね備えています。足首の少し上ぐらいまで保護されるため、足首の捻挫やアキレス腱損傷というリスクも防ぎつつ、ロングタイプのように着脱に時間がかかるということもないので、幅広いシーンで使いやすいタイプとなっています。


一昔前まではロングタイプが主流でしたが、最近は、このミドルタイプを選ぶ方が多いです。ボクサーらしさも感じられるほど良い長さで、機能性もしっかり備えた、バランスの良いタイプと言えますね!

ボクササイズや軽めのトレーニングに。気軽に履きやすいショートタイプ

ボクササイズや軽めのトレーニングに。気軽に履きやすいショートタイプ

ショート丈の魅力は、何と言っても気軽に脱ぎ履きできることです。ショート丈とは、スニーカーのハイカットくらいの長さのものを差します。着脱は楽なのですが、フィット感や保護力は他のタイプに比べると劣るので、本格的な練習や激しい動きには不向き。


軽めのトレーニングやボクササイズをするなど、気軽に履きたいときにぴったりなので、練習用として一足常備しておくのも良いですよ。見た目にもスッキリしているので、シンプルに履きたい方にもおすすめです。

俊敏に動くために、軽くてソールの薄いものが◎

俊敏に動くために、軽くてソールの薄いものが◎

出典:amazon.co.jp

ボクシングシューズは、なるべく軽量のものを選ぶのがおすすめです。フットワークが大切なボクシングでは、足元が重いのは致命的。思うように足が動かせず、俊敏でリズミカルな動きをするのが難しくなります。


また、ソールの厚みも、動きやすさやシューズの重さに影響してくるので、なるべく薄いものが理想的です。ソールにこだわっているメーカーも多く、1.5~2㎝といった厚みのものが多い中、1㎝ほどまで薄くしてあるシューズもありますよ。


ソールが高く重たいシューズは、履いた瞬間はそれほど違和感がなくても、長時間動いているとだんだんと疲れが溜まってきます。できるだけ、素足に近いような感覚で履けるものを選びたいですね。

力を込めやすい!サイズはつま先に少し余裕があるものを

力を込めやすい!サイズはつま先に少し余裕があるものを

足に力を込めやすくするためには、サイズ選びも大切なポイントです。商品によって、タイトに作られているものから大きめサイズのものまでありますが、サイズ選びの際は、シューズの中でつま先を自由に動かせるくらいの余裕があるか、ということを目安にすると良いでしょう。


つま先部分に少し余裕があることで、指に力を込めやすくなりますよ。指にしっかりと力を込めることが、力強い蹴りやパンチにつながります。


試着をして選ぶのが理想ですが、どうしても試着ができない場合は、口コミや商品紹介に書かれている、サイズ情報をチェックしましょう。サイズ選びのコツが書かれているものもあるので、参考にすると良いですね。

モチベーションUPのために、カラーやブランドにこだわるのも◎

モチベーションUPのために、カラーやブランドにこだわるのも◎

ハードで、辛く感じることもあるボクシングの練習や試合。モチベーションを上げるためにも、自分の好みのカラーやデザインで選ぶ、というのもアリですよ。好きなブランドで全身統一してみるのもいいですし、普段は使わないようなカラフルなデザインを選ぶのもおすすめ。


普段と違うカラーを取り入れることで、視覚的にオン・オフとの切り替えができ、練習モードに入りやすくなるかもしれません。もちろん、シンプルが好きな方は、ブラックやホワイトもおすすめ。自分のモチベーションが上がるような、お気に入りのものを見つけましょう!

ボクシングシューズ(ロング)の人気ランキング3選

ここからは、人気のボクシングシューズをご紹介していきます。ロング・ミドル・ショートと、3タイプに別けてご紹介しますね。まずは、ロングタイプからです。

3位
タイプロング
重量約260g
ソール厚み約1㎝
サイズジャストサイズ(24.5〜28.0cm)
カラーブラック・レッド・ゴールド
2位

アディダスBox Hog 2 ボクシングシューズ

8,500円 (税込)

タイプロング
重量-(軽量な合成スエードオーバーレイ素材)
ソール厚み
サイズ少し大きめ(23.5〜29.0cm)
カラーブラック
1位
タイプロング
重量-(軽量なAHARラバー採用)
ソール厚み1.5cm
サイズジャストサイズ(24.0〜29.0cm)
カラーホワイト・レッド

ボクシングシューズ(ロング)の比較一覧表

商品画像
1
ボクシングシューズ ASICS ボクシングシューズ

ASICS

2
ボクシングシューズ アディダス Box Hog 2 ボクシングシューズ

アディダス

3
ボクシングシューズ EasyChange ボクシングシューズ

EasyChange

商品名

ボクシングシューズ

Box Hog 2 ボクシングシューズ

ボクシングシューズ

特徴長めの丈で足をしっかりホールド!耐久性の高いソールも高評価耐久性と快適性を兼ね備えた素材を採用目を引く鮮やかデザインと、蒸れないメッシュ素材が魅力
価格7,840円8,500円(税込)4,500円
タイプロングロングロング
重量-(軽量なAHARラバー採用)-(軽量な合成スエードオーバーレイ素材)約260g
ソール厚み1.5cm約1㎝
サイズジャストサイズ(24.0〜29.0cm)少し大きめ(23.5〜29.0cm)ジャストサイズ(24.5〜28.0cm)
カラーホワイト・レッドブラックブラック・レッド・ゴールド
商品リンク

ボクシングシューズ(ミドル)の人気ランキング3選

続いて、取り回しやすさとカバー力を両立したい方におすすめの、ミドルタイプを紹介します。

3位
タイプミドル(レスリングシューズ)
重量-(軽量タイプ)
ソール厚み1.5㎝
サイズ少し小さめ(24.0〜28.5cm)
カラーブラック×ブレイジングイエロー×インペリアル・アシックスブルー×ホワイト×リッチゴールド
2位
タイプミドル(レスリングシューズ)
重量
ソール厚み2㎝
サイズ-(25.0〜29.0cm)
カラーブラック×ホワイト
1位
タイプミドル(レスリングシューズ)
重量軽量タイプ
ソール厚み1㎝
サイズジャストサイズ(24.0〜30.5cm)
カラーブルー×ホワイト・ホワイト×インディゴ・ブラック・ブラック×ホワイト

ボクシングシューズ(ミドル)の比較一覧表

商品画像
1
ボクシングシューズ ASICS レスリングシューズ MATCONTROL

ASICS

2
ボクシングシューズ adidas レスリングシューズ Combat Speed.5

adidas

3
ボクシングシューズ ASICS レスリングシューズ CAEL

ASICS

商品名

レスリングシューズ MATCONTROL

レスリングシューズ Combat Speed.5

レスリングシューズ CAEL

特徴軽くてグリップ力も高いと高評価!しっかりフィットする立...まるでソックスを履いているような、高いフィット感を実現足の動きに柔軟に対応する軽量なシューズ
価格8,757円8,316円(税込)
タイプミドル(レスリングシューズ)ミドル(レスリングシューズ)ミドル(レスリングシューズ)
重量軽量タイプ-(軽量タイプ)
ソール厚み1㎝2㎝1.5㎝
サイズジャストサイズ(24.0〜30.5cm)-(25.0〜29.0cm)少し小さめ(24.0〜28.5cm)
カラーブルー×ホワイト・ホワイト×インディゴ・ブラック・ブラック×ホワイトブラック×ホワイトブラック×ブレイジングイエロー×インペリアル・アシックスブルー×ホワイト×リッチゴールド
商品リンク

ボクシングシューズ(ショート)の人気ランキング3選

最後は、着脱に便利なショートタイプの商品を紹介します。

3位

アディダスレスリングシューズ HVC

5,832円 (税込)

タイプショート(レスリングシューズ)
重量
ソール厚み
サイズ-(24.5〜29.0cm)
カラーブラック×ホワイト
2位
タイプショート
重量約230g
ソール厚み
サイズ-(25.0〜29.0cm)
カラーホワイト×レッド×イエローフチ
1位

アシックスレスリングシューズ JBエリートIII

11,821円

タイプショート(レスリングシューズ)
重量
ソール厚み
サイズ少し小さめ(24.0〜30.5cm)
カラークラシックレッド×ホワイト

ボクシングシューズ(ショート)の比較一覧表

商品画像
1
ボクシングシューズ アシックス レスリングシューズ JBエリートIII

アシックス

2
ボクシングシューズ ミズノ ボクシングシューズ

ミズノ

3
ボクシングシューズ アディダス レスリングシューズ HVC

アディダス

商品名

レスリングシューズ JBエリートIII

ボクシングシューズ

レスリングシューズ HVC

特徴メッシュ素材で通気性抜群!足に負担を感じにくいシューズ前折り返しタイプの本格的なデザインが魅力!トレーニング用にぴったり!足首も固定してくれるショートタイプ
価格11,821円23,760円(税込)5,832円(税込)
タイプショート(レスリングシューズ)ショートショート(レスリングシューズ)
重量約230g
ソール厚み
サイズ少し小さめ(24.0〜30.5cm)-(25.0〜29.0cm)-(24.5〜29.0cm)
カラークラシックレッド×ホワイトホワイト×レッド×イエローフチブラック×ホワイト
商品リンク

口内のけが防止に!マウスピースもチェック

本格的なボクシングの際は、歯の保護や口内のけが防止という意味でマウスピースを使用するのがおすすめです。以下の記事では、マウスピースの人気商品をご紹介しています。気になる方は、チェックしてみて下さいね!

まとめ

ボクシングシューズの記事はいかがでしたか?かっこいいシューズを選べば、ボクシングがさらに楽しく練習のモチベーションも上がりそうですね。自分の好みのシューズを探して、試合や練習で活用しましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事