1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 防災グッズ
  6. >
  7. 防災シューズのおすすめ人気ランキング7選【避難時の足元保護・瓦礫の撤去作業にも】
  • 防災シューズのおすすめ人気ランキング7選【避難時の足元保護・瓦礫の撤去作業にも】のアイキャッチ画像1枚目
  • 防災シューズのおすすめ人気ランキング7選【避難時の足元保護・瓦礫の撤去作業にも】のアイキャッチ画像2枚目
  • 防災シューズのおすすめ人気ランキング7選【避難時の足元保護・瓦礫の撤去作業にも】のアイキャッチ画像3枚目
  • 防災シューズのおすすめ人気ランキング7選【避難時の足元保護・瓦礫の撤去作業にも】のアイキャッチ画像4枚目
  • 防災シューズのおすすめ人気ランキング7選【避難時の足元保護・瓦礫の撤去作業にも】のアイキャッチ画像5枚目

防災シューズのおすすめ人気ランキング7選【避難時の足元保護・瓦礫の撤去作業にも】

私たちの住む日本は地震や台風など自然災害に見舞われることが多く、自分の住んでいる地域がいつ被災地になるか分かりません。万が一の場合に備えて、非常持ち出し袋などを準備している方も多いかと思います。数多くある防災グッズの中でも、特に役立ったという声も多いのが、防災シューズです。


今回は、そんな防災シューズを選ぶ時のポイントをご紹介!合わせて人気商品もランキング形式でお伝えしていきます。普段の靴と変わらず履けるスニーカータイプや、より安心感の高いブーツタイプなど、さまざまな商品が登場!備えておくと心強いアイテムですから、ぜひ参考にされてくださいね。

  • 最終更新日:2020年05月01日
  • 12,042  views
目次

防災シューズは災害時に身を守る重要アイテム

防災シューズは災害時に身を守る重要アイテム

災害時の備えとしてよく言われるのが水や食料などの備蓄ですが、意外に忘れがちなのが、身に着けるもの。特に地震や台風などの被害にあった場合は、足元はガラスや瓦礫などで危険な状態になっていることがほとんどで、その中で避難や撤去作業などを行わなければなりません。


通常の靴やスリッパでは破れやすく、安全に歩くことができない恐れがありますが、頑丈な防災シューズであれば、踏み抜きも防止してくれますよ。また夏は雨天時の防水に冬は防寒にと、衣類などに比べ、季節に左右されずに役立つアイテムでもあります。まだお持ちでないのなら、防災用に一足備えておいて損はありません。

防災シューズの選び方

防災シューズを選ぶ時に、どんな点に気を付ければ良いのでしょうか。ここではその選び方のポイントについてまとめました。

JASS規格とJIS規格の違いを知って選ぼう

防災シューズの安全性をはかるための目安として注目したいのが、JAASやJISの安全認証です。防災シューズはプロテクティブシューズとしての安全基準が設けてあり、様々なチェックを経て基準をクリアした商品には、その認証が記されています。それぞれ違いがありますので、ここで確認しておきましょう。

強度を優先するならJIS規格のものがベター

強度を優先するならJIS規格のものがベター
防災シューズを選ぶポイントとしてはやはり、頑丈であることは必須項目と言えます。ガラスやくぎなどが散乱した環境下で、靴底を踏み抜いたりすることがないように耐久性などが確認されているものを選びたいですね。

耐久性・突き刺し・引っ張り・防汚・水や油の侵入などに関する厳格な規定が定められているのは、JIS規格になります。より危険度の高い場所で作業しなければならない状況や、防災シューズに強度や耐久性を一番に求めるという場合は、JIS適合の認証マークがあるものを選びましょう。

履きやすさを重視するならJASSがおすすめ

履きやすさを重視するならJASSがおすすめ

一方JASSの規格は作業現場などで安全に使用できるかを定めた規格で、靴の安全性に加えて疲れにくいかどうかも基準になっています。そのため、JISのものより強度が落ちる素材が使われていることがありますが、蒸れにくい・疲れにくいというメリットがあります。


耐久性や強度などではJISよりも落ちるJASSですが、JISの規格で使用できる素材が牛革とゴム素材などのわずかなものに限られているのに対し、JASSの方は人工皮革やビニールレザークロスなども可能になっています。このため、履き心地が良く、普段の靴とあまり変わらない印象で履けるものも少なくありません。

サイズ選びも重要ポイント

サイズ選びも重要ポイント

そして当然ながら、サイズ選びも大切です。災害時は普段よりも強いストレスを受けた状態で、過酷な環境下で生活しなければなりません。そんな中、サイズが合わない靴を履いていては心身への負担がとても大きくなってしまいます。また、普段より衛生面に気を使えない状況になりますから、靴擦れも避けたいところ。傷口から雑菌が入り、破傷風にでもなってしまったら大変です。


災害時は、ただでさえケガや病気などにかかりやすい状況になります。防災用に準備した靴がこの原因となってしまっては本末転倒ですから、必ず自分の足に合うサイズのものを選び、普段から履き慣らしておくことも大切ですよ。

スニーカータイプとブーツタイプとの違いも

防災シューズには、スニーカータイプとブーツタイプのものがあります。それぞれ使い勝手が異なりますので、状況を考え、適したものを選びましょう。

泥水や瓦礫の撤去作業でもしっかり足をカバーする「ブーツタイプ」

泥水や瓦礫の撤去作業でもしっかり足をカバーする「ブーツタイプ」

家屋の倒壊や、土砂災害などがあった場合に重宝するのが、ブーツタイプです。こちらは足首をすっぽり覆ってくれるので、尖ったガラスや瓦礫などで足を傷つける心配が少なくなります。また、寒い季節などは防寒性もあるので、冬場の災害時にも心強い味方となってくれますよ。


ただし、ブーツタイプはスニーカータイプに比べると重く着脱がしにくくなります。避難用というよりは、災害後の撤去作業などにより適したものと捉えましょう。

「スニーカータイプ」は動きやすく履きやすいのが◎

「スニーカータイプ」は動きやすく履きやすいのが◎

スニーカータイプは着脱がしやすく、見た目もカジュアルかつ持ち出しも容易なので、普段から備えておきやすいというメリットがあります。また洪水など水害の際の避難時には、ブーツや長靴タイプだと脚を取られて身動きがしにくくなりますので、スニーカータイプの方が適しています。


一か所にとどまらず、あちこちを身軽に動き回りたい場合にはスニーカータイプが便利です。スニーカータイプにはコンパクトに折りたためるタイプの商品もあるため、いつ起こるから分からない災害に備え、非常持ち出し袋に忍ばせておけるものが欲しいという方にもおすすめです。

防災シューズのおすすめ人気ランキング7選

ここからは具体的に、人気の防災シューズを人気ランキング形式でご紹介していきたいと思います!ぜひアイテム選びの参考にしてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月25日時点)をもとにして順位付けしています。

7位
規格JSAA A種(普通作業用)プロテクティブスニーカー
サイズ24.5〜29cm
タイプスニーカー
6位
規格JIS S級相当鉄製先芯入・JSAA認定A種プロスニーカー
サイズ24.5〜29cm
タイプスニーカー
5位
規格JSAA A種
サイズ25〜28㎝
タイプブーツ
4位
規格 -
サイズ25〜28cm
タイプスニーカー
3位
規格-
サイズ22〜30cm
タイプスニーカー
2位
規格-
サイズ22.5〜29㎝(S・M・L)
タイプスニーカー
1位
規格JSAA認定 B種プロテクティブスニーカー
サイズ22〜30㎝
タイプスニーカー

人気防災シューズの比較一覧表

商品画像
1
防災シューズ ミドリ安全 作業靴スニーカー ブラック 1枚目

ミドリ安全

2
防災シューズ 丸五 ソールバリアモック 1枚目

丸五

4
防災シューズ EDWIN 安全靴 鉄芯入り 1枚目

EDWIN

5
防災シューズ ノサックス 瓦礫屋 建さん 現場防災作業靴  1枚目

ノサックス

7
防災シューズ 美津濃 安全靴 メッシュ  ハイカット  1枚目

美津濃

商品名

作業靴スニーカー ブラック

ソールバリアモック

安全靴 鉄芯入り

瓦礫屋 建さん 現場防災作業靴

安全靴 メッシュ ハイカット

特徴履き心地の良さと安全性を兼ね備えた高機能シューズ防災グッズにぜひ加えたい!耐踏み抜き対応の避難シューズ作業靴だとは思えないカジュアルなかっこよさ足元を瓦礫から守る!ステッチがおしゃれな防災ブーツつま先&かかとをしっかり守るハイカット仕様
最安値
4,383
送料要確認
詳細を見る
2,905
送料別
詳細を見る
4,940
送料要確認
詳細を見る
7,550
送料無料
詳細を見る
9,460
送料別
詳細を見る
規格JSAA認定 B種プロテクティブスニーカー- -JSAA A種JSAA A種(普通作業用)プロテクティブスニーカー
サイズ22〜30㎝22.5〜29㎝(S・M・L)25〜28cm25〜28㎝24.5〜29cm
タイプスニーカースニーカースニーカーブーツスニーカー
商品リンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?防災シューズと言っても、災害時の危険を伴う環境下でも活躍できる本格的なものから、まだ見ぬ有事に備えて、普段から使用できそうなものまで様々なアイテムがありましたね。


いつわが身にふりかかるか分からない自然災害だからこそ、しっかりと日頃から準備をしておきたいものです。皆様もぜひ今回の記事を参考に、ぴったりの商品を探してみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す