• 789d98c614c3765c6e8351175b7e26b00ddadcc7
  • Cb226e04601dd91d6fb85c65797ee47d2d916b8f
  • 7139d9e0c404e82d5d89521bd32ce03b4d084fcb
  • 87ae33ca95380ea284c6af5d5fa40e3ca652678e
  • C003afb85bd7e2f6de70bd284a7772ae7a729a5d

メンズ用香水のおすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

今や男子の身だしなみの一つになっているフレグランス。ディオール・シャネル・ジバンシー・ブルガリ・サムライなど多くのブランドから香水が販売されていますよね。香りも柑橘系・ムスクなど色々な種類があるため、どの香水を選ぶべきか悩む男性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は香水選びの参考にしていただけるように、選び方のポイントを解説しつつ、通販でも人気のメンズ用香水をおすすめ順にランキング形式でご紹介したいと思います。香水の効果的な付け方もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。自分用に購入する男性も、男性にプレゼントしたい女性も必見ですよ!

最終更新日:2017年07月21日 | 33,028views

メンズ用香水の選び方

一口に香水に香水といってもさまざまな種類があるため、どれが自分に合うのか悩みがちになりますよね。そこでまずは、香水の選び方のポイントについて解説していきたいと思います。正しい知識をつけて、自分に合った香水を選んでいきましょう。

濃度・持続時間をチェックする

香水はアルコール、もしくはアルコールと蒸留水に香料を溶かして作られています。どの香水も、ボトルやパッケージに「オードトワレ」や「オーデコロン」というような名前がついていると思いますが、それぞれの違いや意味を知っていますか?

実は、香水の香料濃度の違いでこのように名前が分けられています。パルファンが一番香料濃度が高く、次がトワレ、コロンの順で濃度は弱くなっていきます。そしてよく聞く「オーデパルファン」「オードトワレ」「オーデコロン」のように、「オード」(eau de)が付くと、アルコールの他に蒸留水も含まれているため、さらに香料濃度は薄くなります。それぞれの持続時間は以下の通り。一般的に、使用されている香料の含有率が少ないものほど値段は安めに設定されており、香りも軽めになっていますよ。

・パルファン:5~12時間
・オーデパルファン:4〜6時間
・オードトワレ:2~5時間
・オーデコロン:1~2時間

ちなみに、香水としての香りを楽しめ、日常的に使いやすい濃度だといわれているのがオードトワレです。今回のランキングでも手に入れやすいオードトワレに絞ってご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

香調(香りのタイプ)で選ぶ

みんなに人気の香水だからといっても、必ずしも自分好みの香りとは限りません。感じ方は人それぞれです。香水を選ぶ際、自分の好きな香りを知っておくと香水選びの手助けになります。以下にメンズ用のフレグランスに使用される代表的な香調(ノート)を挙げてみましたので、参考にしてくださいね。

■シトラスノート:オレンジ、グレープフルーツなどに代表される柑橘系。フレッシュな香り。
■グリーンノート:緑の葉を摘んだ時のようなさわやかな香り。
■フローラルノート:ローズやジャスミンなどの花の香り。華やかさやエレガントさがあります。
■オリエンタルノート :ムスクなどに代表されるエキゾチックな香り。
■ウッディノート :白檀やサンダルウッド、シダーウッドなどの、いわゆる樹木の香り。あたたかみと落ち着きのある印象。
■シプレーノート:オークモス(樫の木に生える苔の一種)をベースに柑橘系のベルガモット、花の香りも加えた深みのある香り。
■マリンノート(オゾンノート):潮風・水辺の風景をイメージさせるようなみずみずしいフレッシュな香り。

また、香水の香りは時間によっておよそ3段階に変化します。「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」の3段階です。このような変化も考慮して選ぶようにしてくださいね。

トップノート:つけた直後からの香り

香水をつけた直後から5〜10分くらいに感じる香りのことです。揮発性の高いレモンやベルガモットなどのシトラス系の香りが多く、すぐ飛んでしまう香りですが、つけた瞬間これから香る香水のインスピレーションを感じさせてくれます。

ミドルノート:少し落ち着いたころの香り

トップノートの香りが落ち着いてきた頃〜30分くらいに香り出すのが、その香水のメインの香りとなるミドルノート。このミドルノートが香り出してきたくらいに人に会うと、一番良い香りをアピールすることができます。ミドルノートの香りは、だいたい2〜3時間程度続きます。

ラストノート:付けたあと2時間以降からの香り

ラストノートは文字どおり、香りの最後を飾る香り。つけてからだいたい2時間以降から香りだし、消えるまでの香りを指します。ラストノートまで香るのは、ムスクやウッディ系が多いでしょうか。最大で半日くらいまで香りが残ります。

香りもTPOで選ぶ

TPOはご存知、Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)を指す言葉です。恋人とのデートでロマンティックに演出するためにつけるのか、ビジネスシーンで清潔感や強い印象を持たせるためにつけるのか、なりたいイメージによっても香水の選び方は変わってきます。

例えば、デートなどのシーンではムスクなどの香りが効いた、セクシーさをアピールできる甘めのフレグランス、ビジネスの場ならさわやかなシトラス系など、TPOに合わせて使い分けるのが大切です。

また気温が高く、湿気も多い真夏などには汗と香水の香りが混ざり、せっかくの良い香りが台無しになってしまうこともあります。夏場はバニラやムスクを含んだ甘い香りを避け、グリーンノートやマリンノートなどの香りを選んで控えめにつける程度がいいでしょう。

初心者なら小さいサイズから

香水を購入する場合、香水をつけてすぐのトップノートの香りだけでなく、ミドルノート、ラストノートまでしっかりチェックしておきたいですよね。

また、実際に肌に乗せて何時間か置かないと自分に合う香りか否かはなかなか分かりづらいもの。そこで、まだ香り選びに自信がないという方は、小さいサイズのボトルを選んで購入してみましょう。

ブランドによっては、そのブランドの香水をいくつかセットにしたミニコフレのセットや、サンプルサイズの商品を出しているところもあります。気になるブランドがある方は、セット商品などを手に入れて試してみるのも面白いですよ。

メンズ用香水のおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気のあるおすすめ商品をランキング順にご紹介します。選び方のポイントとランキングを参考に、気になるメンズ用香水を見つけてくださいね!

10位:BVLGARI ブラック オードトワレ

ブルガリブラック EDT 75ml
3,002円(税込)

・香調:オリエンタル・ウッディ
・トップノート:ブラックティー・ローズウッド・ベルガモット
・ミドルノート:シダー・オークモス・バニラ
・ラストノート:アンバー・サンダルウッド・ムスク
・内容量:75ml

大人の洗練されたスイートさが魅力

最初にご紹介するのは、ブラックティーの香りにミドルノートのバニラやラストノートのアンバーなど、甘さと深みをプラスしたブルガリらしい香りです。大人っぽさを感じさせるスイートな香りは、男女どちらでも存在感をアピールできますね。まろやかな香りで、日常的に使っても重すぎる香りではありません。落ち着いた印象の香りに合う、シックで個性的なボトルのデザインセンスもさすがです!

9位:Dolce&Gabbana ライトブルー プール オム

【ドルチェ&ガッバーナ 香水】ライトブルー プールオム 125ml ET SP 【並行輸入品】
5,780円(税込)

・香調:マリンシトラス
・トップノート:シチリアンレモン・グレープフルーツピール・ベルガモット・ジェニパー
・ミドルノート:ローズマリー・ローズウッド・ペッパー
・ラストノート:ムスク・オークモス・インセンス
・内容量:125ml

スーツでも普段着でも魅力を倍増させてくれるフレグランス

地中海らしいセクシーさが、このスタイリッシュなボトルに詰まっています。みずみずしい柑橘系の香りをトップノートに持ち、官能的で力強くスパイシーに香るフレグランスです。穏やかに香るムスクで、スーツに合わせてもカジュアルな服に合わせてもフィットし、あなたをより一層魅力的に見せてくれることでしょう。女性用のライトブルーとはまた違う香りで、爽やかさの中に秘めた男らしさがポイントですよ。

8位:GIORGIO ARMANI アクア ディ ジオ プール オム オードトワレ

ジョルジオ アルマーニ アクア ディ ジオ プールオム EDT 100ml
7,340円(税込)

・香調:マリンウッディ
・トップノート:スイートピー・藤・ヒヤシンス・ホワイトピオニー・フリージア
・ミドルノート:パーシモン
・ラストノート:シダー・パチュリ・ホワイトムスク
・内容量:100ml

甘めだけど爽やか!ミステリアスな大人のマリン

非常にバランスのとれたマリンウッディノート。付けた瞬間はパッと弾けるような爽やかさがあり、しばらくするとホワイトムスクとシダー、パチュリがセクシーさを残してくれます。透明感のある甘さは決して甘すぎることなく、エネルギッシュな現代の男性のためのフレグランスとして作られた背景が納得できますね!嫌味のない香りで、女性からの評判もかなり高い香水です。

7位:Ferrari フェラーリ ライトエッセンス

フェラーリ  ライトエッセンス  75ml
1,730円(税込)

・香調:フローラルフルーティウッディ
・トップノート:グリーンアップル・カリフォルニアレモン・ライチ
・ミドルノート:フリージア・オレンジフラワー
・ラストノート:チークウッド・ベチバー・アンバー・シダーウッド
・内容量:75ml

軽い付け心地の中にイタリアン・ラグジュアリーが感じられる

甘い香りが苦手な方も使いやすく、爽やかなライトエッセンスはフェラーリ初のユニセックス香水です。クリーンでフレッシュなトップノートは、フルーティーなグリーンアップルやカリフォルニアレモン。ミドルノートからラストノートにかけては、シダーウッドやアンバーがエレガントな印象を与えます。跳ね馬のエンブレムが描かれたボトルデザインからも、フェラーリの世界観が感じられていいですね。

6位:CHANEL エゴイスト プラチナム オードゥ トワレット

CHANEL シャネル エゴイスト プラチナム オードゥ トワレット (ヴァポリザター) 50mL [並行輸入品]
8,988円(税込)

・香調:フゼアグリーン
・トップノート:ラベンダー・ローズマリー・プチグレイン
・ミドルノート:クラリセージ・ゼラニウム・ガルバナム
・ラストノート:シダー・ベチバー・ラブダナム
・内容量:50ml

ここぞという時のお守りになる華やかな香り

6位でご紹介するのは、個性を引き出す魅惑的な香りが特徴の、シャネルのエゴイストプラチナムです。トップノートで使用されるラベンダーやローズマリーといったフローラルな香りからはじまり、シダーやベチバーのラストノートでバランス良く、男性らしい生き生きとした香りに変化していきます。積極性を持つ社交的な男性のための香りというだけあって、ビジネス・プライベートを問わず、ここぞという時の頼りになりそうですね!

5位:Calvin Klein CK ONE オードトワレ

カルバンクライン ck-one 100ml
1,922円(税込)

・香調:シトラス
・トップノート:ベルガモット・カルダモン・パパイヤ・フレッシュパイナップル
・ミドルノート:ヘディオンハイシス・ヴァイオレット
・ラストノート:ムスク・アンバー
・内容量:100ml

ユニセックスで使える香りの定番

男女ともに人気が高く、若々しく爽やかな香りが特徴です。南国のフルーツであるパイナップルやパパイヤを使用して明るい香りに導き、ラストノートではスパイシーなムスクやサンダルウッドがセクシーに香ります。カジュアルなファッションとも相性が良く、飽きもこないため、デイリーユースのフレグランスとして多くの人に愛され続けていますよ。

4位:NIKOS スカルプチャー オム オードトワレ

ニコス スカルプチャーオム 30ml (EDT・SP)
1,060円(税込)

・香調:フレッシュオリエンタル
・トップノート:ベルガモット・オレンジフラワー
・ミドルノート:シダー
・ラストノート:トンカビーン・バニラ・アンブレットシード
・内容量:30ml

ふわっとした高級感のある甘いセクシーな香り

ふわっと香る、さりげないシトラス系の甘さとムスクの香りがセクシー。女性からの評判も良く、ユニセックスで使える香りと言えます。トップノートの印象が強めで、そこからラストノートにかけてゆったりと甘さを感じられるので、一度この匂いを試すと忘れられなくなりそうですね。地中海の歴史や芸術的な遺産からインスパイアされて作られただけあって、深みのある香りです。

3位:GIVENCHY ウルトラマリン オーデトワレ

ジバンシー ウルトラマリン オーデトワレスプレー 30ml
1,940円(税込)

・香調:スプラッシュ・グリーン・ウッディ
・トップノート:ベルガモット・ウォーターフルーツ・ガルバナム・シクラメン
・ミドルノート:ミント・ローズ・カルダモン・マダガスカルクローブ・セージ
・ラストノート:セダー・オークモス・ベチバー・タバコ
・内容量:30ml

マリンノートといえばウルトラマリン

付けたてはベルガモットやウォーターフルーツが爽快に香り、スパイシーさのあるウッディマリンが海を思わせます。自然と自由を謳歌する男性をイメージして作られたという香りは、力強さも感じさせてくれますね!数ある香水の中でマリンノートといえばこの香水を思い浮かべる方も多いはず。香りの持続性が高く、上品な香りが長く続くのも人気の理由です。

2位:ALAIN DELON サムライ オードトワレ

サムライ オードトワレ 100mL
1,741円(税込)

・香調:セミオリエンタル
・トップノート:ジャスミン・ローズ・へスペリデック
・ミドルノート:レッドペッパー・タラゴン・シダー
・ラストノート:サンダルウッド・ベチバー・バニラ・ムスク
・内容量:100ml

サムライの潔い香りを身にまとう

ALAIN DELONはその名の通り、フランス映画の黄金期を代表する大スター、アラン・ドロンがプロデュースしているブランドです。中でもこのサムライは日本の文化や歴史からインスピレーションを得て生み出されており、透明感のあるさわやかな甘さが特徴的。1995年の発売当時から変わらず広く親しまれていることからも、その人気が伺えます。スパイスが効いた嫌味のない香りですが、セクシーさが前に出てくる印象ですので、デートなど、プライベートなシーンで活躍させたいですね!

1位:BVLGARI プールオム オードトワレ

ブルガリ プールオム EDT 100ml (並行輸入品)
3,030円(税込)

・香調:シアームスク
・トップノート:ダージリンティー・ベルガモット・オレンジフラワー・ブラックカラント・ウォーターリリー・ミュゲ
・ミドルノート:トルコカルダモン・ペッパー・ローズウッド・アイリス・グヤックウッド
・ラストノート:ムスク・シダーウッド・アンバームスク
・内容量:100ml

心地良い、癒されるウッディな香り

今回1位に輝いたのは、格調高いブランドであることをイメージさせるスタイリッシュなボトルデザインが特徴の、BVLGARIのプールオムです。ほんのりと柑橘系のダージリンティーから、流れるようなスパイシーウッドの香りに癒されます。ラストノートのムスク系ウッドの香りは、男性のエレガンスを感じさせる上品な香り。洗練された印象にさりげなく個性とやわらかさをプラスできる、知的な大人にぴったりのオードトワレですよ!

香水をつける時の注意点

フレグランスをつける場所として手首を選ぶ場合がありますが、この際にこすり合わせてつける方がいます。でも、これは香りの成分を壊してしまうことになるので避けたいですね。また、首筋につけるのもあまりおすすめしません。鼻は首筋に近いので匂いに慣れやすく、香水をつけすぎてしまいます。ベストなのはお腹のあたりでしょう。ここにワンプッシュすれば、適度に香水を香らせることができますよ。

また、どんなに良い香りでも香水の付けすぎは「香害」となり、周りの人を不快にしてしまうことがあります。食事の席などでもなるべく付けないのがマナー。どうしても付けたいという場合には、軽めの香りを下半身にほんの少しつけるだけに留めましょう。

せっかく手に入れたお気に入りのフレグランスですから、付け方もしっかりマスターして、上手に香りを取り入れていきたいですね!

ブランドもチェックして、さらに香水通に!

ブランドごとにさまざまなメンズフレグランスがありますが、最後に、代表的なブランドごとの香りの特徴についても少しまとめておきましょう。それぞれの特徴も知っておけば、さらに香り選びが楽しくなりますよ!

ALAIN DELON(アラン・ドロン)

「サムライ」をはじめとする香水で有名なブランド。すっきりシャープな香りから甘めのものまで、とにかくそのテイストの豊富さが魅力です。クセがなく、普段あまり香水をつけない方に向いたタイプも多いのが特徴です。

BVLGARI(ブルガリ)

老舗の高級宝飾店であるブルガリ。宝飾品で培われた繊細さは、その香りにも息づいています。お茶の香りをベースとした大ヒット香水「オ・パフメ」のように、リラックス感あふれる香りが多いのも特徴的でしょう。

Calvin Klein(カルバンクライン)

軽やかな印象の「CK-ONE」でおなじみ、カジュアルなユニセックスフレグランスが得意なブランドです。ニューヨーク発のブランドらしく、都会的でスタイリッシュな印象の香りが多いでしょう。気軽に香りを纏いたいときに向いたタイプも豊富に揃っています。

CHANEL(シャネル)

シャネルといえば、古い価値観に捉われず、自立した女性の美しさを引き出すことをポリシーとしていることで有名ですよね。身につける人の個性を大切にするシャネルのコンセプトは、メンズフレグランスの分野でも活かされています。本物志向のリッチな香りで、ひとつけで大人の魅力を演出できますよ。

GIVENCHY(ジバンシー)

ハイブランドらしく、洗練された上品な印象の商品が多いジバンシー。香水も例外ではなく、ラグジュアリーで品のあるタイプが揃っています。ランキングでもご紹介した「ウルトラマリン」や「π(パイ)」をはじめとして、エレガントで知的な雰囲気を印象づけたい時に頼りになる香りが揃っています。

メンズ用香水の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、メンズ用香水のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

いかがでしたか?一口に男性用香水と言っても様々な商品があり、それぞれが大変個性的です。香水を選ぶ際には、トップノートからラストノートに至るまでの香りをチェックすることが大切です。また、シチュエーションに合わせて香りを変えることもお忘れなく。

自分だけではなく、周囲にも心地よく思われるような香水選びを心掛けましょう。

人気の記事

関連キーワード