1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. CPUクーラー
  6. >
  7. CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】
  • CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

パソコンの頭脳とも言えるCPUを効率的に冷やすために必要な「CPUクーラー」。利用しているパソコンスペックや静音性を重視するのか、冷却性を重視するのかなど、作りたい構成によって選び方が変わるパーツです。しかし、水冷式・空冷式などいくつかの種類があり、CFM・rpmなどチェックすべきスペックもたくさん。さらに、クーラーマスターやサイズなど、さまざまなメーカーから販売されているため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、デスクトップパソコンに欠かせないCPUクーラーを選ぶときのポイントをピックアップ。さらに、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。自分のパソコンにピッタリのCPUクーラーを見つけて、快適な環境を作っていきましょう!
  • 最終更新日:2020年05月20日
  • 26,739  views
目次

CPUクーラーの選び方

CPUクーラーを選ぶにあたっては、絶対に確認しなければいけないポイントがいくつかあります。選び方をしっかり押さえて、自分にピッタリの商品を検討していきましょう。

求める性能に合った冷却タイプを選ぼう

CPUクーラーは、冷却方法によって大きく「空冷式」と「水冷式」の2種類に分類され、「空冷式」はさらに、サイドフローとトップフローに分けられます。それぞれの特徴を把握し、どんなパソコンを作りたいのか考えると、選びやすくなりますよ。

エアフロー作りを重視するなら「サイドフロー」を

ケース内にスムーズな空気の流れを作りたいなら、サイドフロー型の商品がおすすめです。サイドフロータイプは、マザーボードに対してファンが垂直に立つ形のもの。ヒートシンクに風を横からあてて、CPUを冷やす構造になっています。

メリットは、風の向きが前から後ろに流れていくので、ケース内のエアフローを邪魔しないこと。そして、垂直に立っているので、CPU周りにスぺースがあき、メンテナンス性が高い点が上げられます。ただし、高さがあり、スリムタイプ・ミドルタイプのケースに搭載できない可能性があるため注意が必要です。

マザーボード全体の冷却性を重視するなら「トップフロー」

マザーボード全体の冷却性を重視するなら「トップフロー」

出典:scythe.co.jp

マザーボードの冷却性を重視するなら、トップフロータイプのCPUクーラーがおすすめです。トップフロータイプは、上から下に風を当ててマザーボード全体を冷却する効果を持っています。

サイドフローと違い、ケース内のエアフロー作りにあまり適していない点はデメリットですが、マザーボードに取り付けているメモリーカードやグラフィックボードなど、熱を持つ他の機器を冷却できるのは大きなメリット。高さの低い商品を選択すれば、ケースサイズに関係なく取り付けることができるため、スリム・ミドルタイプのパソコンケースを利用している人にもおすすめです。

高い冷却性能を求めるなら「水冷式」も候補に

CPUクーラーの中で最も冷却性能が高いのが、水冷式。ハイスペックパソコンを利用して負荷の高い作業をする人におすすめします。水冷式とは水を使って冷却する方法で、ラジエーターで水を冷やし、冷たい水を循環させることでCPUの熱を放熱させる設計になっています。

空冷式と比較すると作りが複雑で、さまざまな機能が搭載されている分コストがかかるのはデメリットですが、CPUクーラーの高さを気にする必要はありません。また、メンテナンスフリーの一体型商品が多くなってきており、そういった商品なら取り付け後の管理も簡単です。冷却性能が必要なパソコンを組む人は選択肢に入れる事をおすすめします。

マザーボードの対応ソケットと合わせよう

マザーボードの対応ソケットと合わせよう

出典:scythe.co.jp

CPUクーラーは、構造上マザーボードに固定して利用します。そのため、取り付けるマザーボードに対応するソケットに適合するものを選ぶことが重要です。マザーボードのスペック表には、「LGA1150」や「SocketAM4」といった対応ソケットの種類が記載されているので、必ずチェックしておきましょう。

なお、CPUクーラーには、多くのマザーボードで利用できるようにコネクターがいくつか付属していますが、そのような商品でも全てのソケットに対応しているわけではありません。必ず確認してから、購入するようにしてくださいね。

設置するケースにあったサイズを選ぼう

CPUクーラーを取り付ける場所のサイズを把握したうえで、商品を選ぶことも大事です。高さのある商品の場合、ケースによっては高さが足りず、ケース側面に接触してしまう可能性があります。

1つの目安として、最大の高さが16cm以上の商品に関しては、スリムタイプに取り付けることが難しくなります。また、ミドルケースでも、商品によっては取り付けられない場合もあるため、ケース内の寸法を計測しておくと安心です。一方、ハイエンド向けのフルタワーケースを利用している人は自由に選べますので、その他の項目を優先して商品を絞っていきましょう。

冷却性能とノイズのバランスで選ぼう

ケースが小さい場合も大きい場合も、しっかりと商品のスペックを比較すれば自分の望むパソコン環境を作る事ができます。そのために、細かいスペックもしっかり比較しておきましょう。

冷却性能重視なら最大風量CFMの大きいものが◎

冷却性能重視なら最大風量CFMの大きいものが◎

出典:scythe.co.jp

冷却性能重視、ファンの回転音は気にならないという人は、スペック表に記載されているCFM(Cubic Feet per Minute)の数値が高い商品がおすすめです。この数値は1分間にどれだけの風をヒートシンクに当てることができるかを表わしている数値のこと。大きければ大きいほど、冷却性能が高くなります。

静音性重視ならファン回転数とノイズレベルが低いものを

静音性重視ならファン回転数とノイズレベルが低いものを

出典:scythe.co.jp

ノイズを抑えた静音性重視のパソコンを作りたい人、もしくは静音性が高くなるようにパソコンをカスタムしたい人は、ファン回転数とノイズレベルの低い商品を選択しましょう。ファン回転数は、1分間の回転数を「rpm(Revolution per minute)」という単位で表しています。

回転数が大きいほど冷却性能は高くなりますが、その分、ノイズレベルが上がってしまうことに。ノイズレベルはdB(デシベル)の単位で記載されており、最小数値と最大数値が記載されています。最大数値が20~30dBならささやき声程度の音ですので、商品選びの目安にしてみましょう。

長期間使いたいなら「MTTF」が長い商品を

長期間使いたいなら「MTTF」が長い商品を

出典:scythe.co.jp

長く同じCPUクーラーを使い続けたい人は、CPUクーラーが故障するまでの時間の目安になるMTTF(平均故障間隔)が長い商品を選びましょう。CPUクーラーは、使い方にもよりますが劣化したり、故障したりするものです。CPUを冷やせなくなってしまうとパソコンが故障してしまうため、大切なポイントですね。

全ての製品に記載されているわけではありませんが、水冷式と空冷式を比較すると、MTTF時間は空冷式のほうが長くなります。水冷式はポンプのMTTF時間が短く、故障する可能性が高いのが特徴。一方、空冷式は構造が簡単で故障するまでの時間が12万時間以上と長い商品が多い傾向があります。

CPUクーラーのおすすめ人気ランキング10選

人気のCPUクーラーをランキング形式でご紹介します。さまざまななタイプがランクインしていますので、きっとニーズに合うものが見つかりますよ。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月1日時点)をもとに順位付けしています。

10位

アジェンスター12cmFAN搭載トップフローCPUクーラー

AGC-12TR01

3,600円

冷却タイプ 空冷式(トップフロー)
対応ソケットLGA1150/1151/1155/1156/1366・SocketAM2(+)/AM3(+)/AM4/FM1/FM2(+)
サイズW120×H83×D125mm
風量75.50CFM
ファン回転数1500rpm(±10%)
ノイズレベル29.10dB
MTTF(平均故障間隔)-
9位
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)
対応ソケットLGA1366/1156/1155/1151/1150/775・socketAM4/FM2/FM2(+)/FM1/AM3(+)/AM3/AM2(+)/AM2
サイズW127×H153×D75.3mm
風量74.33CFM
ファン回転数500~1500rpm(LNC使用時:400~1100rpm)
ノイズレベル28.8dB(LNC使用時:22.1dBA)
MTTF(平均故障間隔)-
8位
冷却タイプ 水冷式
対応ソケットLGA2066/2011-v3/2011/1366/1151/1150/1156/1155/775・socketAM4/AM3(+)/AM3/AM2(+)/AM2/FM2(+)/FM2/FM1
サイズ本体:62×62×36.4mm・冷却ヘッド:80.3×76×42.2mm・ラジエータ:157×119.6×27mm・ファン:120×120×25mm
風量66.7CFM(±10%)
ファン回転数650~2000rpm(±10%)
ノイズレベル6~30dB
MTTF(平均故障間隔)160000 時間
7位
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)
対応ソケットLGA2066/2011-v3/2011/1151/1150/1155/1366・socketAM4/AM3(+)/AM3/AM2(+)/AM2/FM2(+)/FM2/FM1
サイズ161×140×165mm
風量90.37CFM
ファン回転数400~1400rpm(LSP使用時:450〜1000rpm)
ノイズレベル34.2dB以下(LSP使用時:26.8dB以下)
MTTF(平均故障間隔)-
6位
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)
対応ソケットLGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)/2066・socketAM2(+)/AM3(+)/FM1/FM2(+)/AM4
サイズW137×H154.5×D131mm
風量 8.28~33.86CFM(フロントファン)・16.6~51.17CFM(ミッドファン)
ファン回転数300(±200)~1200rpm(±10 %)(フロントファン・ミッドファン)
ノイズレベル2.7~23.9dB(フロントファン)・4.0~24.9dB(ミッドファン)
MTTF(平均故障間隔)-
5位
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)
対応ソケットLGA775/1151/1155/1156/1366/2011/2011(V3)・socketAM2/AM2(+)/AM3/AM3(+)/AM4/FM1/FM2/FM2(+)
サイズW130×H154.5×D110mm
風量16.6~51.17CFM
ファン回転数300(±300)~1200rpm(±10%)
ノイズレベル4.0~24.9dB
MTTF(平均故障間隔)120000時間
4位
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)
対応ソケットLGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)/2066・socketAM2/AM2(+)/AM3/AM3(+)/FM1/FM2/FM2(+)/AM4
サイズW138.5×H155×D180mm
風量16.6~43.03CFM
ファン回転数300(±200)~800rpm(±10%)
ノイズレベル4.0~14.5dB
MTTF(平均故障間隔)-
3位
冷却タイプ 空冷式(トップフロー)
対応ソケットLGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)/2066・socketAM2(+)/AM3(+)/AM4/FM1/FM2(+)
サイズW122×H69×D122mm
風量8.28~50.79CFM
ファン回転数300(±200)~1800rpm(±10%)
ノイズレベル4.0~24.9dB
MTTF(平均故障間隔)-
2位
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)
対応ソケットLGA775/1366/1156/1155/1150/1151
サイズW111.5×H130×D84mm
風量6.75~48.878CFM
ファン回転数300(±200)~2300rpm(±10%)
ノイズレベル7.3~28.83dB
MTTF(平均故障間隔)-
1位
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)
対応ソケットLGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)・socketAM2(+)/AM3(+)/AM4/FM1/FM2(+)
サイズW130×H154×D83mm
風量16.6~51.17CFM
ファン回転数300(±200)~1200rpm(±10%)
ノイズレベル4.0~24.9dB
MTTF(平均故障間隔)120000時間

人気CPUクーラーの比較一覧表

商品画像
1
CPUクーラー サイズ 虎徹 MarkⅡ(KOTETSU マークⅡ) 1枚目

サイズ

2
CPUクーラー サイズ 白虎 弐(BYAKKO2) 1枚目

サイズ

3
CPUクーラー サイズ BIG SHURIKEN3(ビッグシュリケン3) 1枚目

サイズ

4
CPUクーラー サイズ 忍者 五(NINJA5) 1枚目

サイズ

5
CPUクーラー サイズ MUGEN5 Rev.B (無限五 リビジョンB) 1枚目

サイズ

6
CPUクーラー サイズ 風魔 弐(FUMA2) 1枚目

サイズ

7
CPUクーラー Deepcool GAMER STORM ASSASSIN Ⅲ 1枚目

Deepcool

8
CPUクーラー クーラーマスター MasterLiquid Lite 120 1枚目

クーラーマスター

9
CPUクーラー Thermaltake Contac Silent 12 1枚目

Thermaltake

10
CPUクーラー アジェンスター 12cmFAN搭載トップフローCPUクーラー 1枚目

アジェンスター

商品名

虎徹 MarkⅡ(KOTETSU マークⅡ)

白虎 弐(BYAKKO2)

BIG SHURIKEN3(ビッグシュリケン3)

忍者 五(NINJA5)

MUGEN5 Rev.B (無限五 リビジョンB)

風魔 弐(FUMA2)

GAMER STORM ASSASSIN Ⅲ

MasterLiquid Lite 120

Contac Silent 12

12cmFAN搭載トップフローCPUクーラー

特徴常に一定の冷却性能をキープ!使い勝手も良く隙のないクーラー組み立て不要で設置らくらく。CPUクーラー初心者にもおすすめケースを問わず設置しやすい!ファンをカスタムできるトッ...ノイズレベルは最大14.5dBA。静音性を追求するならこれAMD・Intelの最新ソケットに対応したサイドフロー式高さを抑えた2ブロック式。組み立てキットも付属2つの大型ファンで最大風力90CFM以上を実現最新のIntel・AMD両システムに対応する水冷式優れた静音性と冷却機能を両立したサイドフロータイプ全高83mmの薄型設計。スリムタイプにも取り付けやすい
最安値
3,838
送料無料
詳細を見る
2,680
送料別
詳細を見る
4,284
送料無料
詳細を見る
6,080
送料別
詳細を見る
5,649
送料無料
詳細を見る
6,620
送料別
詳細を見る
9,779
送料無料
詳細を見る
8,134
送料無料
詳細を見る
2,384
送料無料
詳細を見る
冷却タイプ 空冷式(サイドフロー)空冷式(サイドフロー)空冷式(トップフロー)空冷式(サイドフロー)空冷式(サイドフロー)空冷式(サイドフロー)空冷式(サイドフロー)水冷式空冷式(サイドフロー)空冷式(トップフロー)
対応ソケットLGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)・socketAM2(+)/AM3(+)/AM4/FM1/FM2(+)LGA775/1366/1156/1155/1150/1151LGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)/2066・socketAM2(+)/AM3(+)/AM4/FM1/FM2(+)LGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)/2066・socketAM2/AM2(+)/AM3/AM3(+)/FM1/FM2/FM2(+)/AM4LGA775/1151/1155/1156/1366/2011/2011(V3)・socketAM2/AM2(+)/AM3/AM3(+)/AM4/FM1/FM2/FM2(+)LGA775/1151/1150/1155/1156/1366/2011/2011(V3)/2066・socketAM2(+)/AM3(+)/FM1/FM2(+)/AM4LGA2066/2011-v3/2011/1151/1150/1155/1366・socketAM4/AM3(+)/AM3/AM2(+)/AM2/FM2(+)/FM2/FM1LGA2066/2011-v3/2011/1366/1151/1150/1156/1155/775・socketAM4/AM3(+)/AM3/AM2(+)/AM2/FM2(+)/FM2/FM1LGA1366/1156/1155/1151/1150/775・socketAM4/FM2/FM2(+)/FM1/AM3(+)/AM3/AM2(+)/AM2LGA1150/1151/1155/1156/1366・SocketAM2(+)/AM3(+)/AM4/FM1/FM2(+)
サイズW130×H154×D83mmW111.5×H130×D84mmW122×H69×D122mmW138.5×H155×D180mmW130×H154.5×D110mm W137×H154.5×D131mm161×140×165mm本体:62×62×36.4mm・冷却ヘッド:80.3×76×42.2mm・ラジエータ:157×119.6×27mm・ファン:120×120×25mmW127×H153×D75.3mmW120×H83×D125mm
風量16.6~51.17CFM6.75~48.878CFM8.28~50.79CFM16.6~43.03CFM16.6~51.17CFM 8.28~33.86CFM(フロントファン)・16.6~51.17CFM(ミッドファン)90.37CFM66.7CFM(±10%)74.33CFM75.50CFM
ファン回転数300(±200)~1200rpm(±10%)300(±200)~2300rpm(±10%)300(±200)~1800rpm(±10%)300(±200)~800rpm(±10%)300(±300)~1200rpm(±10%)300(±200)~1200rpm(±10 %)(フロントファン・ミッドファン)400~1400rpm(LSP使用時:450〜1000rpm)650~2000rpm(±10%)500~1500rpm(LNC使用時:400~1100rpm)1500rpm(±10%)
ノイズレベル4.0~24.9dB7.3~28.83dB4.0~24.9dB4.0~14.5dB4.0~24.9dB2.7~23.9dB(フロントファン)・4.0~24.9dB(ミッドファン)34.2dB以下(LSP使用時:26.8dB以下)6~30dB28.8dB(LNC使用時:22.1dBA)29.10dB
MTTF(平均故障間隔)120000時間---120000時間--160000 時間--
商品リンク

CPUクーラーの設置時にはCPUグリスが必須

CPUクーラーをCPUにつなげるときに欠かせないCPUグリス。パソコンのスペックに合ったものを選ぶことで、安定した冷却効果を得ることができますよ。ぜひ、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

CPUクーラーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、CPUクーラーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、まずCPUクーラーの選び方についていくつかの大切なポイントをピックアップしてご説明しました。CPUクーラーはCPUを守るためには欠かせないパーツ。パーツ構成をよく考え、自分のパソコンスペックに適した商品を選ぶことが重要です。


ランキング形式でご紹介した商品は、販売されているCPUクーラーの中でも人気のある商品ばかりです。ぜひ自分にぴったりのCPUクーラーを手に入れて、快適なPC環境を整えてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す