• SATAケーブルのおすすめ人気ランキング10選【HDD・SSDとの接続に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • SATAケーブルのおすすめ人気ランキング10選【HDD・SSDとの接続に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • SATAケーブルのおすすめ人気ランキング10選【HDD・SSDとの接続に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • SATAケーブルのおすすめ人気ランキング10選【HDD・SSDとの接続に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • SATAケーブルのおすすめ人気ランキング10選【HDD・SSDとの接続に!】のアイキャッチ画像5枚目

SATAケーブルのおすすめ人気ランキング10選【HDD・SSDとの接続に!】

パソコン内部のハードディスクやドライブとの接続に欠かせない「SATAケーブル」。ストレージへの転送や、DVDドライブからのデータの読み込みなどを行うための、重要なパーツの1つです。ケーブルの仕様により、転送速度が決まったり、パソコン内部の配線の取り回しやすさも決まるため、慎重に選びたいですよね。しかし、さまざまな種類があり、長さや形状も異なるため、どれを選べば良いか迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回は、パソコンに利用する「SATAケーブル」の選び方を徹底解説。さらに、通販で購入できるおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。選び方のポイントをしっかり押さえて、ぜひこの記事で紹介する選び方のポイントを参考にしながら、最適なSATAケーブルを選んでいきましょう。
  • 最終更新日:2018年06月13日
  • 961  views
目次

SATAケーブルの選び方

では、さっそくSATAケーブルの選び方について見ていきましょう!接続する機器の違いや、ケーブルの性能をしっかり確認しておくのがポイントです。

転送スペックの速いSATA3がベスト

転送スペックの速いSATA3がベスト

出典:amazon.co.jp

搭載しているマザーボードがSATA3に対応しているかに関わらず、ケーブル規格はSATA3対応の商品を選択しておきましょう。初期タイプのSATAは「SATA1.5Gb/s」とも記載されており、1秒間に150MBまでの転送に対応。さらに、SATA2が「SATA3Gb /s」、SATA3が「SATA6Gb/ s」と、転送速度にスペック上大きな違いがあります。

SATA3ケーブルは下位互換のあるケーブルですので、SATAやSATA2にしか対応していないパソコンでも利用することが可能です。これからパソコンを組むのであれば、マザーボード・SSDはSATA3に対応した商品を選択し、SATAケーブルもSATA3に対応していれば、快適な動作環境を得られるでしょう。

使い方に合った長さや形状を選ぼう

パソコンケース内の配線のしやすさにも関係するSATAケーブル。長さや形状を自分の利用しやすいものにしておくと、配線の取り回しがしやすくなります。

フルタワーなら50cm以上、ミニ・スリムなら50cm以下でもOK

フルタワーなら50cm以上、ミニ・スリムなら50cm以下でもOK
SATAケーブルの長さは、自分のパソコンの大きさに合わせたものを選びましょう。ハイエンド向けのフルタワーケースを利用している人なら、50cm以上のものが理想的。50cm以上あれば配線の取り回しもしやすく、裏配線にしてケース内のエアフローを作りやすくなります。

逆に、ミニタワーやスリムタワーなどを利用している場合は、マザーボードからHDDやドライブまでの距離が短いため、50cm以下の商品でも利用可能。マザーボードから接続したい機器までの長さを確認し、少し余裕がある長さがおすすめです。

バリエ重視ならフラットタイプ、取り回し重視ならラウンドタイプを

バリエ重視ならフラットタイプ、取り回し重視ならラウンドタイプを

出典:amazon.co.jp

ケーブルのバリエーションを重視するなら、フラットタイプ。ケース内の取り回しのしやすさを重視するなら、ラウンドタイプを選びましょう。フラットタイプはケーブルが薄く平らなタイプで、以前から取り扱われていることもあり、長さや形状も豊富。商品の数が多いのもメリットです。

一方、ラウンドタイプは、スマホの充電器などに使用されている円形ケーブルと似た形状をしており、束ねたりねじったりと自由に扱えるのがメリット。ただし、フラットタイプと比較するとまだ選択できる商品の数に差があります。

接続端子の形状もチェック!

SATAケーブルはラインだけでなく、先端部分の接続端子にも種類があります。接続具合を左右する端子の形状も比較しておきましょう。

抜けにくいラッチ付きがおすすめ

抜けにくいラッチ付きがおすすめ

出典:amazon.co.jp

SATAケーブルは接続部分が抜けてしまうとパソコンが動かなくなってしまうため、抜けにくいラッチ付きのケーブルをおすすめします。ケーブルの先端に金具が付いているため、接続すると金具も利用して接続端子としっかり繋がってくれるのが特徴です。

特に配線の長さをギリギリにしている場合、他のケーブルに引っ張られて抜けやすくなりますが、ラッチ付きなら安心。ケース内のケーブル配線を束ねてスッキリさせたい人にも、抜けにくい商品はおすすめですよ。

接続するスペースが限られているなら片側L型が◎

接続するスペースが限られているなら片側L型が◎

出典:amazon.co.jp

HDDやドライブへのつなぎやすさを考えるなら「片下L型」の商品を選びましょう。片下L型とは、SATAケーブルの片方がL型になっている商品のこと。HDDやドライブへ接続するときに便利なケーブルです。

パソコンケース内はケーブルが多く、HDDやドライブ周りのスペースが限られていることも多いため、下からL字に挿しこめる端子は接続がしやすいと人気です。マザーボードのSATA端子よりも上にHDDが設置されている場合は、特に使いやすいので比較候補に入れておく事をおすすめします。

また、マザーボードの端子より下や平衡ライン上に設置されているHDDやドライブには、フラットタイプを接続し、使い分けて利用するのもおすすめですよ。

利用用途に合わせて商品タイプを選択しよう

SATAケーブルの仕様を確認したら、用途に合わせて適切な商品タイプを選んでいきましょう。

SATAケーブルの入れ替えなら「シングル」を

SATAケーブルの入れ替えなら「シングル」を

出典:amazon.co.jp

すでにパソコンを組んでいる人の場合、利用する本数以上は必要ないため、単品販売されている中から選択していきましょう。単品の商品は、コードの長さが選択でき、端子の形を選べるのがメリット。使用中のSATAケーブルより使いやすい商品を選ぶこともできます。

ただし、セット販売されている商品より、コストがかかってしまうのが難点。条件を満たす商品があるなら、セット品を購入するのもおすすめです。

これからパソコンを組むなら「セット品」がお得

これからパソコンを組むなら「セット品」がお得

出典:amazon.co.jp

これから新しく自作パソコンを制作する場合は、SATAケーブルが何本かセットになっている商品をおすすめします。最低でもシステム用のHDDへ1本、DVD・Blue-rayドライブへ1本の2本は必要です。

今後ストレージを増設することも考えているなら、さらに1本SATAケーブルが入った3本セットがベストでしょう。これからパソコンを組んでいく人は、自分が組もうと思っているパソコンのスペックや、搭載するパーツの数に合わせて商品タイプを選択するのが理想的です。

ただしセット品の場合、単品で販売されているものと違い、すべてが同じ長さになってしまいます。ケース内のコードの取り回しを重視するなら、単品タイプを選択するのもありです。

【シングル】SATAケーブルの人気ランキング5選

それでは、ここまでの選び方を踏まえ、人気のSATAケーブルを「シングルタイプ」と「セットタイプ」に分けてご紹介していきます。まずは、すでに利用しているケーブルの交換やカスタムにおすすめの「シングルタイプ」を見ていきましょう。ちなみに紹介している商品は、すべてSATA3に対応しています。
5位
6Gbps対応シリアルATAケーブル
出典:amazon.co.jp

オウルテック6Gbps対応シリアルATAケーブル

OWL-CBSATA-SS30(BK)

424円 (税込)

長さ20cm・30cm・50cm・70cm・100cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型
4位
SATA3(6Gbps対応)ケーブル
出典:amazon.co.jp

変換名人SATA3(6Gbps対応)ケーブル

SATA6-ILCA30

399円 (税込)

長さ30cmケーブル形状ラウンド
ラッチ付き片下L型
3位
シリアルATA3ケーブル
出典:amazon.co.jp

サンワサプライシリアルATA3ケーブル

TK-SATA3-05

714円 (税込)

長さ30cm・50cm・70cm・100cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型
2位
シリアルATAラウンドケーブル
出典:amazon.co.jp

AINEXシリアルATAラウンドケーブル

SATR-3103BK

630円 (税込)

長さ30cmケーブル形状ラウンド
ラッチ付き片下L型
1位
下L型シリアルATA3ケーブル
出典:amazon.co.jp

サンワサプライ下L型シリアルATA3ケーブル

TK-SATA3-05SL

519円 (税込)

長さ30cm・50cm・70cm・100cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型

【シングル】人気SATAケーブル比較一覧表

商品画像商品名特徴価格長さケーブル形状ラッチ付き片下L型商品リンク
1
下L型シリアルATA3ケーブル

サンワサプライ

下L型シリアルATA3ケーブル

Amazonベストセラーの使いやすいL...519円(税込)30cm・50cm・70cm・100cmフラット詳細を見る
2
シリアルATAラウンドケーブル

AINEX

シリアルATAラウンドケーブル

ケーブルがやわらかいソフトケーブルを採用630円(税込)30cmラウンド詳細を見る
3
シリアルATA3ケーブル

サンワサプライ

シリアルATA3ケーブル

選べる長さは4種類!定番のフラットタイプ714円(税込)30cm・50cm・70cm・100cmフラット詳細を見る
4
SATA3(6Gbps対応)ケーブル

変換名人

SATA3(6Gbps対応)ケーブル

とりまわしに便利な30cmラウンドケーブル399円(税込)30cmラウンド詳細を見る
5
6Gbps対応シリアルATAケーブル

オウルテック

6Gbps対応シリアルATAケーブル

20cm~100cm選べる長さが豊富な...424円(税込)20cm・30cm・50cm・70cm・100cmフラット詳細を見る

【セット】SATAケーブルの人気ランキング5選

続いて、ここからはパソコンをこれから組む人におすすめの、複数ケーブルがセットになった「セットタイプ」のSATAケーブルを5つ見てみましょう。
5位
SATA3ケーブル ストレート 3本セット
出典:amazon.co.jp

NeeyerSATA3ケーブル ストレート 3本セット

ly-sata-blue

799円 (税込)

長さ45cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型
4位
SATAケーブル ストレート 3点セット
出典:amazon.co.jp

ELUTENGSATAケーブル ストレート 3点セット

ELT-SA3C-STRA-3P-RE

579円 (税込)

長さ50cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型
3位
SATA ケーブル 3点セット
出典:amazon.co.jp

UGREEN GROUP LIMITEDSATA ケーブル 3点セット

20997P3

1,098円 (税込)

長さ50cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型
2位
SATA ケーブル L型 3本セット
出典:amazon.co.jp

UGREEN GROUP LIMITEDSATA ケーブル L型 3本セット

20998P3

1,098円 (税込)

長さ45cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型
1位
SATA ケーブル L型 50cm 3点セット
出典:amazon.co.jp

ELUTENGSATA ケーブル L型 50cm 3点セット

659円 (税込)

長さ50cmケーブル形状フラット
ラッチ付き片下L型

【3本セット】人気SATAケーブル比較一覧表

商品画像商品名特徴価格長さケーブル形状ラッチ付き片下L型商品リンク
1
SATA ケーブル L型 50cm 3点セット

ELUTENG

SATA ケーブル L型 50cm 3点セット

新たなパソコン作りを計画している人にお...659円(税込)50cmフラット詳細を見る
2
SATA ケーブル L型 3本セット

UGREEN GROUP LIMITED

SATA ケーブル L型 3本セット

片下L型、取り付けやすさを重視1,098円(税込)45cmフラット詳細を見る
3
SATA ケーブル 3点セット

UGREEN GROUP LIMITED

SATA ケーブル 3点セット

コンパクトサイズの接続端子が使いやすい1,098円(税込)50cmフラット詳細を見る
4
SATAケーブル ストレート 3点セット

ELUTENG

SATAケーブル ストレート 3点セット

SATAケーブルをコストを抑えて手に入...579円(税込)50cmフラット詳細を見る
5
SATA3ケーブル ストレート 3本セット

Neeyer

SATA3ケーブル ストレート 3本セット

ケーブルカラーが選べるケース内をおしゃ...799円(税込)45cmフラット詳細を見る

外付けHDD・ドライブには「eSATAケーブル」を

外付けHDD・ドライブには「eSATAケーブル」を
eSATA端子が搭載されているパソコンを利用している場合、外付けHDDやドライブが対応しているなら、eSATAケーブルで接続するのも1つの方法です。SATAケーブルよりもデータ転送速度が速く、ノイズに強いのも魅力でしょう。eSATA対応の外付け機器を利用している人は、継続して利用できれば便利ですよね。

ただし、新しいパソコンを購入したときは注意が必要です。最新のパソコンにはeSATA端子が搭載されていない商品が多いため、eSATAケーブルを使うにはUSB変換ケーブルや変換アダプターなどを利用し、工夫して使う必要があることを覚えておきましょう。

なお、eSATAケーブルの購入を検討するなら、ATA1.2.3すべてに対応している、以下の商品がおすすめです。転送速度も最大6.0Gb/sまで対応しており、ノイズの干渉を受けにくいことも魅力。ケーブルが柔軟なため、扱いやすいですよ。

自作PCに必要な他のパーツもチェック!

パソコンを新しく組み立てようと検討中なら、必要なパーツをしっかり選んでいきましょう。用途に合わせて必要な性能を見極めていくことが、パーツ選びのポイントです。ぜひ、以下の記事も参考にしてくださいね。

SATAケーブルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、SATAケーブルのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回は、パソコンの内部機器の接続に利用するSATAケーブルを選ぶときのポイントについていくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?SATAケーブルは、後回しにされがちなパーツの1つですが、しっかりと選ぶ事でケース内をスッキリさせることができ、今後のカスタムのしやすさにも関係してくるパーツです。

今回ランキングで紹介した商品は、販売されている商品の中でも人気のある良い商品ばかりです。この記事の選び方を参考にして、SATAケーブルの違いや利用用途を考え自分のパソコンに合った商品を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す