• 色鉛筆セットのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像1枚目
  • 色鉛筆セットのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像2枚目
  • 色鉛筆セットのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像3枚目
  • 色鉛筆セットのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像4枚目
  • 色鉛筆セットのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像5枚目

色鉛筆セットのおすすめ人気ランキング15選

子どもはもちろん、最近の塗り絵ブームで大人にも人気な「色鉛筆セット」。定番のトンボ鉛筆や三菱鉛筆だけでなく、高級品のホルベインまで、さまざまなメーカーから色鉛筆が販売されています。12色や36色などの一般的なセットから500色という多色のもの、水彩画のような表現ができるものなど種類も豊富で、どんな色鉛筆のセットを買ったらいいのか迷っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、文房具店やネット通販などで販売されている商品の中から価格や口コミなどを比較して、おすすめの色鉛筆セットをランキング形式でご紹介します。安いのに高品質なもの、ギフトに最適なものなど厳選した15商品が登場。記事後半では塗り方のコツも解説しますので、ぜひ参考にして、イラストや塗り絵を楽しんじゃいましょう!

この記事に登場する専門家

おさだ かずな
山下 邦子
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 223,825  views
目次

色鉛筆セットの選び方のポイント

まずは色鉛筆セットを選ぶ際のポイントについてご説明していきます。

水性と油性、用途に合わせて種類を選ぶ

色鉛筆には、油性色鉛筆と水性色鉛筆の2種類があります。それぞれ特徴がありますので、用途に合わせて選んでくださいね。

油性色鉛筆:発色と伸びが良く、子どもの塗り絵から本格アートまで幅広く使える

油性色鉛筆とは一般的な色鉛筆のことで、ほとんどの人が幼いころからなじみのある色鉛筆です。顔料とワックスが含まれているので発色が良く、水もはじくので上から絵の具を塗ってもしっかりと色鉛筆の色が残ります。また水性色鉛筆よりも芯が柔らかいことが多いので、重ね塗りがしやすいのも特徴です。

ワックスを含んでいるため消しゴムで消しにくいというデメリットがあるものの、色鉛筆用のボカシ液を使えば、色をぼかすことも可能。基本の使い方から難しい使い方まで楽しめるのが油性色鉛筆の強みですから、子どもの塗り絵や本格的な色鉛筆絵画まで幅広く使いたい方におすすめです。

水性色鉛筆:ぼかしや混色など特殊なテクニックにも対応できる上級者向け

水性色鉛筆:ぼかしや混色など特殊なテクニックにも対応できる上級者向け

出典:craypas.com

水彩色鉛筆の特徴は、水に溶けるので混色が簡単なこと。油性色鉛筆のように色鉛筆用のボカシ液は不要なので、水を含んだ絵筆でなぞるだけでグラデーションを作ることもできます。また芯が硬めの色鉛筆が多いので、線描などの細かい描写にも向いています。

絵の具でもいいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、水彩色鉛筆だからこそできる技法も豊富。色鉛筆としての発色が少し弱いので油性色鉛筆に比べて上級者向けになりますが、普通の色鉛筆として、時には水彩画のように楽しみたいという方に最適です。

なお以下のリンクでは水彩色鉛筆だけをご紹介していますので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

36色セットをベースに、レベルに合わせて買い足すのがおすすめ

36色セットをベースに、レベルに合わせて買い足すのがおすすめ

出典:amazon.co.jp

色鉛筆セットには12色や24色などのほか、多いものでは100色を超えるものもありますが、自分のレベルや用途に合わせて選ぶのがおすすめです。子どもの塗り絵ならば12色でも十分ですが、大人の塗り絵などで微妙な色合いを表現するのなら36色くらいあった方が便利です。

これ以上のセットの場合、ケースも大きくなるので外に持ち出すのが大変になりますし、初心者では色の違いが分からないということにもなりかねません。外でスケッチする方や初心者の方はひとまず36色のセットを選び、足りない色を追加購入して揃えていくと良いでしょう。ただ、使いたい色がなくて困るという方は、色数の多いものの方が便利です。

まずは1本買って試し書き、発色や芯の柔らかさを確認しよう

まずは1本買って試し書き、発色や芯の柔らかさを確認しよう

出典:amazon.co.jp

色鉛筆の芯の硬さは、「硬質」「中硬質」「軟質」の3種類に分けられます。硬質は発色があまり良くないのですが、細かいところまで描き込みやすいので繊細な描写をするのに適します。軟質は顔料の粉が落ちやすいものの、発色と伸びの良さから広い面積を塗るのに向いています。しかし、色鉛筆の描き味や発色は筆圧や塗り方に左右されるので、これらはあくまでも目安にしかなりません。

そのため選ぶ際は試し描きをしてから決めた方が良いのですが、色鉛筆は試し描き用として置かれていることが少ないので、気になる商品を見つけたらバラ売りのものを1本だけ購入してみると良いでしょう。せっかくセットを購入したのに使いにくいというのでは困りますので、できる限り試し描きをしてから購入することをおすすめします。

単色でも販売しているものは買い足しができて便利

色鉛筆セットは、使っていくうちに長さにばらつきが出てきます。単色でも販売している色鉛筆なら、よく使う色だけ補充することもできます。

他のメーカーの単色で販売されているものを代用することもできますが、やはり発色や芯の柔らかさなどは微妙に異なりますので、気になる方は単色でも販売されている色鉛筆がおすすめです。

プロの愛用するおすすめの色鉛筆セット

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの色鉛筆セットをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、お気に入りの色鉛筆を見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

ファーバーカステル水彩色鉛筆 丸缶 36色セット

TFC-115936

1,499円 (税込)

詳細情報
・種類:水性色鉛筆
・セット数:36色
・単品販売:〇
専門家の
マイベスト

ファーバーカステルアートグリップ 水彩色鉛筆 36色

114236

4,306円 (税込)

詳細情報
・種類:水性色鉛筆
・セット数:36色
・単品販売:〇
専門家の
マイベスト

ダーウェント色鉛筆 スタジオ 72色セット

32201

13,393円 (税込)

詳細情報
・種類:油性色鉛筆
・セット数:72色
・単品販売:〇
専門家の
マイベスト
三菱鉛筆 uni 油性ダーマトグラフ 12色セット 1枚目
出典:amazon.co.jp

三菱鉛筆uni 油性ダーマトグラフ 12色セット

1,188円 (税込)

専門家の
マイベスト

月光荘画材色鉛筆

色鉛筆セットのおすすめ人気ランキング15選

ここからは具体的におすすめな色鉛筆セットを、ランキング形式でご紹介していきます。前半でご紹介した選び方も参考にしながらお気に入りの1点を見つけてみてくださいね。
15位
種類油性色鉛筆
セット数50色
単品販売×
14位
種類油性色鉛筆
セット数160色
単品販売×
13位
kasimir 水溶性色鉛筆 48色 三角形ケース
出典:amazon.co.jp

kasimir水溶性色鉛筆 48色 三角形ケース

1,748円 (税込)

種類水性色鉛筆
セット数48色
単品販売×
12位
三菱鉛筆 ユニカラー 36色セット
出典:amazon.co.jp

三菱鉛筆ユニカラー 36色セット

UC36CN

4,707円 (税込)

種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売
11位
種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売
10位
ターレンスジャパン ヴァンゴッホ 色鉛筆 36色
出典:amazon.jp

ターレンスジャパンヴァンゴッホ 色鉛筆 36色

T9773-0036

3,400円 (税込)

種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売
9位
トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第一集 30色
出典:amazon.jp

トンボ鉛筆色鉛筆 色辞典 第一集 30色

CI-RTA

1,580円 (税込)

種類油性色鉛筆
セット数30色
単品販売
8位
三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色
出典:amazon.jp
種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売
7位
ステッドラー 色鉛筆 ノリスクラブ 144 36色
出典:amazon.jp

ステッドラー色鉛筆 ノリスクラブ 144 36色

ND36P

1,054円 (税込)

種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売×
6位
ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆 36色 缶入
出典:amazon.jp

ファーバーカステルポリクロモス色鉛筆 36色 缶入

110036

6,232円 (税込)

種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売
5位
ファーバーカステル 油性色鉛筆 平缶 36色セット
出典:amazon.jp

ファーバーカステル油性色鉛筆 平缶 36色セット

TFC-CP/36C

1,209円 (税込)

種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売×
4位
種類水性色鉛筆
セット数72色
単品販売×
3位
種類油性色鉛筆
セット数36色
単品販売
2位
ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット
出典:amazon.jp

ファーバーカステル水彩色鉛筆 平缶 36色セット

TFC-WCP/36C

1,370円 (税込)

種類水性色鉛筆
セット数36色
単品販売×
1位
種類油性色鉛筆
セット数12色
単品販売

おすすめ人気色鉛筆セットの比較一覧表

商品画像
1
トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 12色

トンボ鉛筆

2
ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット

ファーバーカステル

3
トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色

トンボ鉛筆

4
Foneso Arespark 色鉛筆 72色セット

Foneso

5
ファーバーカステル 油性色鉛筆 平缶 36色セット

ファーバーカステル

6
ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆 36色 缶入

ファーバーカステル

7
ステッドラー 色鉛筆 ノリスクラブ 144 36色

ステッドラー

8
三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色

三菱鉛筆

9
トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第一集 30色

トンボ鉛筆

10
ターレンスジャパン ヴァンゴッホ 色鉛筆 36色

ターレンスジャパン

11
ホルベイン 色鉛筆 36色 セット

ホルベイン

12
三菱鉛筆 ユニカラー 36色セット

三菱鉛筆

13
kasimir 水溶性色鉛筆 48色 三角形ケース

kasimir

14
Ccfoud 油性色鉛筆 160色セット

Ccfoud

15
ユアーズテック 油性色鉛筆 50色

ユアーズテック

商品名

色鉛筆 NQ 12色

水彩色鉛筆 平缶 36色セット

色鉛筆 NQ 36色

Arespark 色鉛筆 72色セット

油性色鉛筆 平缶 36色セット

ポリクロモス色鉛筆 36色 缶入

色鉛筆 ノリスクラブ 144 36色

色鉛筆 880級 36色

色鉛筆 色辞典 第一集 30色

ヴァンゴッホ 色鉛筆 36色

色鉛筆 36色 セット

ユニカラー 36色セット

水溶性色鉛筆 48色 三角形ケース

油性色鉛筆 160色セット

油性色鉛筆 50色

特徴この色鉛筆ならではの多彩な色の表現が楽しめるリーズナブルで初めての水性色鉛筆におすすめ迷ったらこれを選べば間違いなし!子どもから大人まで楽し...色がなくて困ることがない72色入り色鉛筆安全性が高く使用感も良い、試してみたくなる色鉛筆濃く描きたいときも細かな線も描きやすい万能品持ちやすくて転がりにくく、しかも折れにくい色鉛筆セット美しい照りが魅力!長年愛される定番品パッケージもオリジナルカラーが美しい色鉛筆セット色褪せに強いので保存しておきたい作品におすすめ使うと分かる品質の高さ。プロの仕事場でも大活躍特殊な技法でぼかしも表現可能イラスト制作に最適な多色セット。ケース付きで持ち運びも便利ギフトにもぴったりな160色セット持ち運びに便利なロール型ケース付き
価格390円(税込)1,370円(税込)1,498円(税込)2,603円(税込)1,209円(税込)6,232円(税込)1,054円(税込)1,720円(税込)1,580円(税込)3,400円(税込)6,680円(税込)4,707円(税込)1,748円(税込)2,779円(税込)1,580円(税込)
種類油性色鉛筆水性色鉛筆油性色鉛筆水性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆水性色鉛筆油性色鉛筆油性色鉛筆
セット数12色36色36色72色36色36色36色36色30色36色36色36色48色160色50色
単品販売×××××××
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

作品に奥行きや深みが出る塗り方のコツ

作品に奥行きや深みが出る塗り方のコツ

出典:amazon.co.jp

色鉛筆で奥行き感や深みを出したい時は、薄い色・影となる色・その中間色という順で塗り重ねてみましょう。植物の葉であれば、黄色で薄く全体を着色した後に葉脈や影となる部分に緑で色を付け、その中間となる色を少しずつ重ねていくのがベストです。コツは、薄く重ねること。一度で濃く塗らないようにすると失敗がありません。

また光の当たっている部分を表現したい場合は、後から消しゴムで消してしまうのも1つの手です。油性色鉛筆は消しゴムで消えにくいという特徴があるので、これを活かせば不自然にならずに光の当たり具合を表現できますよ。ぜひ試してみてくださいね。

大人の塗り絵で色鉛筆をもっと楽しく

せっかく色鉛筆セットを選んだのなら、塗り絵を楽しんでみてはいかがでしょう。最近では趣味として大人の塗り絵がブームになっており、ヒーリングやリラックス効果もあるとして大変人気です。興味のある方は、以下のリンクもぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介した色鉛筆セットはどれも口コミで評判の良いものばかりです。しかし、筆圧には個人差がありますし、色鉛筆を使う目的もそれぞれ違います。

失敗しないためにもできる限り試し描きをして、自分にとってベストな色鉛筆を手に入れたいですね。そして彩りのある生活を楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す