• 凍結防止カバーのおすすめ人気ランキング10選【日よけにも使える!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 凍結防止カバーのおすすめ人気ランキング10選【日よけにも使える!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 凍結防止カバーのおすすめ人気ランキング10選【日よけにも使える!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 凍結防止カバーのおすすめ人気ランキング10選【日よけにも使える!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 凍結防止カバーのおすすめ人気ランキング10選【日よけにも使える!】のアイキャッチ画像5枚目

凍結防止カバーのおすすめ人気ランキング10選【日よけにも使える!】

冬場は車のガラスが凍ってしまい、そのままだと見えなくなるので危険ですね。しかし、凍結防止カバーを前日からかけておけば、凍らないので解氷する手間もありません。ちなみに、凍結防止カバーやフロントガラスカバー、凍結防止シートなどの名称でも販売されています。ただ、意外と多くのメーカーから販売されているので、どれを購入すれば良いのか迷いますね。

そこで今回は、おすすめの凍結防止カバーをランキング方式でご紹介!合わせて選び方のポイントも解説します。ほとんどの凍結防止カバーは1000円台と手ごろな上に、夏には日よけ用として1年中使える便利なアイテムですよ!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 20,482  views
目次

カバーをすれば解氷する手間もありません!

カバーをすれば解氷する手間もありません!
寒い朝にフロントガラスが凍ってしまっても、最近では効果の高い解氷スプレーがあるので数分で溶かせます。しかし、寒い中解氷スプレーを吹きかけ、スクレーパーで削るといった作業をするのも苦痛ですよね。そんな時に活躍するのが凍結防止カバー。これを前日に取り付けておけば凍りませんし、1分もあれば取り外して折りたためるので、忙しくても慌てずに済みます。

各社とも断熱性を工夫しているので、余程の寒冷地でなければまず凍ってしまうこともありません。これからの車の凍結防止には、手軽で効果もばっちりな凍結防止カバーを使いましょう!

凍結防止カバーの選び方

それでは早速、凍結防止カバーの選び方を見ていきましょう。

フロントガラスのサイズに合うかチェック!

フロントガラスのサイズに合うかチェック!

出典:amazon.co.jp

一番重要なのは、お持ちの車のサイズに合っているかどうかです。凍結防止カバーはフロントガラス用が主で、他にも少ないですがリアガラス用もあります。サイズの目安はフロントガラスだと軽自動車は約139×103cm(横×縦)、大型SUVやミニバンなら約148×106cm(横×縦)になります。

リアガラスだとそれより約10cmほど、横・縦ともに小さいので注意してください。また、フロントガラスやリアガラスは、メーカーごとに微妙にサイズが違うこともお忘れなく。

なお、ドアに挟むといった取り付け方をする場合、横の長さに挟む分だけの余裕が必要です。(紐付きのタイプを除く)。ちなみに色々とお伝えしましたが、やはりご自身の車をメジャーで測定するのが一番ですので、できれば測っておくと間違いがありませんよ!

寒冷地なら断熱性が高い多層構造がおすすめ!

寒冷地なら断熱性が高い多層構造がおすすめ!

出典:amazon.co.jp

凍結防止には、やはり断熱性が大切です。各社ごとに様々な断熱効果がある素材を使っているので、特に寒い地域にお住まいの方はよく見ておきましょう。ちなみに凍結防止カバーの断熱材としては、例えばアルミ膜や、建築でも断熱材として使われているポリエステル綿などが主に使われています。

断熱性が高いのはこれらの断熱材を複数重ねて多層構造にしたタイプ。これなら個々の断熱性に加えて厚みも出るため、より熱を逃しません。また、このタイプには途中に撥水加工素材や難燃加工素材を挟み、様々な機能を持たせたものもありますよ。

夏場も使うならUVカット機能もあるとベター

夏場も使うならUVカット機能もあるとベター

出典:amazon.co.jp

基本的にどの凍結防止カバーも、夏場には遮光カバーとして使えるようになっています。ただ、夏場も使いたいなら、UVカット機能もあるか確認しておきましょう。UVカット機能付きなら、カバーをかければ車内の日焼けも防いでくれますよ。

また、急な雨に備えて撥水加工もされていると便利です。水弾くので少し振れば付いた水滴が取れますし、後は少し拭くだけでキレイになるため後始末も簡単にできます。

盗難を防止したいなら、固定方法にも注目!

盗難を防止したいなら、固定方法にも注目!

出典:amazon.co.jp

凍結防止カバーを使っていて困るのが盗難です。盗難を防止したいなら、カバーをドアに挟んで固定できるタイプを選びましょう。カバーの取り付け方には、サイドミラーに引っかけるタイプや一部をドアに挟む、フックをタイヤに引っかける、磁石で固定するといった方法がありますが、一番効果的なのがドアに挟んで固定するタイプ。カバーを取るためドアを開けるには、キーが必要になるからですね。

それでも不安な場合は、バックル付きのヒモが左右に付いていて、それを車内で連結してからドアで挟むタイプを使ってください。これなら引っ張ってもすっぽ抜けないので、より効果的に盗難を防止できます。

なお、ドアに挟むタイプを選ぶ際は、あまり厚めのカバーだとドアに隙間が出来て水が入ってくることがあるので注意しましょう。

収納袋つきなら車に備えておきやすい

収納袋つきなら車に備えておきやすい

出典:amazon.co.jp

車の中に置いておけるように、収納袋が付いたタイプがおすすめです。朝外して車の中に置いておく際にも、収納袋つきならコンパクトにまとまるので便利ですよ。

凍結防止カバーは基本的にシート状のため、取り外したらそのまま折りたたんで仕舞えます。また、一部に金属フレームのガイドが付いていて、広げるときも収納時にも手軽なタイプもあります。これなら時短になるので寒い朝も助かりますね。ただ、このタイプは収納に少々場所を取るので、こちらについては好みに合わせて選びましょう。

衝突防止に反射材付きも便利

衝突防止に反射材付きも便利

出典:amazon.co.jp

一部の凍結防止カバーには、反射材を用いたタイプもあります。夜間にはこれが光るので、どこに車があるか分かりやすくなります。特に吹雪いているときは、視認性が上がって衝突防止になるため意外と役立ちますよ。小さなことですがメリットも多いので、あって損はありません。

凍結防止カバーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの凍結防止カバーをご紹介します。どれも使いやすく人気になっているので、選び方を参考に用途に合った物を選択してください。
10位
サイズ130×81cm(横×縦)
断熱材厚手素材
機能撥水
取り付け方ドアに挟む
付属品-
反射材-
9位
サイズ150×118cm(横×縦)
断熱材厚手
機能UVカット・防水
取り付け方ドアに挟む
付属品-
反射材-
8位
サイズ150×70cm(横×縦)
断熱材断熱シート使用
機能-
取り付け方ドアに挟む
付属品収納ポーチ
反射材-
7位
サイズ200×95cm(横×縦)
断熱材断熱シート使用
機能-
取り付け方ドアに挟む
付属品収納袋
反射材-
6位
サイズ185×123cm(横×縦)
断熱材4層構造
機能-
取り付け方ミラーに引っ掛ける・ドアに挟む・磁石
付属品専用ポーチ
反射材-
5位
サイズ150×125cm(横×縦)
断熱材高密度ポリエステル布
機能-
取り付け方フックで引っ掛ける・ドアに挟む
付属品収納袋
反射材有り
4位
サイズ215×125cm(横×縦)
断熱材断熱シート
機能UVカット・撥水・遮光率99%以上
取り付け方フックで引っ掛ける・ドアに挟む・磁石
付属品収納袋
反射材-
3位
サイズ200×180cm(横×縦)
断熱材綿入り素材
機能UVカット・撥水加工
取り付け方フックで引っ掛ける
付属品収納バッグ
反射材有り
2位
サイズ147×102cm(横×縦)
断熱材4層構造
機能難燃加工・UVカット
取り付け方ドアに挟む
付属品収納袋
反射材-
1位
サイズ139×103cm(横×縦)
断熱材アルミ膜
機能-
取り付け方ミラーに引っ掛ける・ドアに挟む
付属品収納袋
反射材-

おすすめ人気凍結防止カバーの比較一覧表

商品画像
1
凍結防止カバー Lykus フロントガラスカバー

Lykus

2
凍結防止カバー MATCC カーフロントカバー

MATCC

3
凍結防止カバー Hiveseen 凍結防止シート

Hiveseen

4
凍結防止カバー Niidor 凍結防止カバー

Niidor

5
凍結防止カバー ZACAR 凍結防止カバー

ZACAR

6
凍結防止カバー IntiPal 凍結防止カバー

IntiPal

7
凍結防止カバー PDR 凍結防止シート

PDR

8
凍結防止カバー COM-SHOT 凍結防止&日除けシート

COM-SHOT

9
凍結防止カバー Likorlove フロントガラスシート

Likorlove

10
凍結防止カバー PureNicot 凍結防止カバー リア用

PureNicot

商品名

フロントガラスカバー

カーフロントカバー

凍結防止シート

凍結防止カバー

凍結防止カバー

凍結防止カバー

凍結防止シート

凍結防止&日除けシート

フロントガラスシート

凍結防止カバー リア用

特徴金属フレーム内蔵で取り出し・収納が簡単!分厚く断熱性が高い!寒冷地にお住いの方におすすめカバーできる範囲が広い!特大サイズで大型車にも使えるサイドミラーの凍結も防止できる!より断熱性が欲しいときにおすすめの4層構造広めのフロントガラスにはこちらを!裏返せばサンシェードにも!ドアで挟むだけの簡単取り付けリアガラスの凍結防止なら専用のこちらを!
最安値
1,690
送料要確認
詳細を見る
1,288
送料要確認
詳細を見る
999
送料要確認
詳細を見る
1,299
送料要確認
詳細を見る
1,399
送料要確認
詳細を見る
1,190
送料要確認
詳細を見る
1,852
送料要確認
詳細を見る
1,350
送料要確認
詳細を見る
1,080
送料要確認
詳細を見る
1,480
送料要確認
詳細を見る
サイズ139×103cm(横×縦)147×102cm(横×縦)200×180cm(横×縦)215×125cm(横×縦)150×125cm(横×縦)185×123cm(横×縦)200×95cm(横×縦)150×70cm(横×縦)150×118cm(横×縦)130×81cm(横×縦)
断熱材アルミ膜4層構造綿入り素材断熱シート高密度ポリエステル布4層構造断熱シート使用断熱シート使用厚手厚手素材
機能-難燃加工・UVカットUVカット・撥水加工UVカット・撥水・遮光率99%以上----UVカット・防水撥水
取り付け方ミラーに引っ掛ける・ドアに挟むドアに挟むフックで引っ掛けるフックで引っ掛ける・ドアに挟む・磁石フックで引っ掛ける・ドアに挟むミラーに引っ掛ける・ドアに挟む・磁石ドアに挟むドアに挟むドアに挟むドアに挟む
付属品収納袋収納袋収納バッグ収納袋収納袋専用ポーチ収納袋収納ポーチ--
反射材--有り-有り-----
商品リンク

まとめ

フロントガラスが凍ってしまったら、解氷スプレーで溶かす方法が一般的です。でも、そもそも凍結防止カバーを使ってフロントガラスが凍らないようにすれば、その手間も必要ありませんよね。ご紹介したように、意外とコスパの良い凍結防止カバーが揃っているので、ぜひ使ってみてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す