1. TOP
  2. >
  3. 保険
  4. >
  5. 就業不能保険
  6. >
  7. 就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選【ケガや病気・うつに備えよう!】
  • 就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選【ケガや病気・うつに備えよう!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選【ケガや病気・うつに備えよう!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選【ケガや病気・うつに備えよう!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選【ケガや病気・うつに備えよう!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選【ケガや病気・うつに備えよう!】のアイキャッチ画像5枚目

就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選【ケガや病気・うつに備えよう!】

もしも予期しない事故やケガにあって働けなくなったら、収入が激減して家族が困ったことに…。そんな状況に備えるための保険が「就業不能保険」です。所得保障保険や収入保障保険など、各商品の違いが分かりにくく、とても選びにくい保険でもあります。しかし、それぞれの特徴をしっかりと調べておけば自分にピッタリの就業不能保険を見つけられますよ!


今回はおすすめの就業不能保険をピックアップしてご紹介します。また、就業不能保険びに役立つ情報として、保険の特徴や選び方のポイントもあわせてご説明しますので、ぜひ参考にしてご自分にピッタリの就業不能保険を見つけてくださいね。

  • 最終更新日:2020年06月03日
  • 22,961  views
目次

就業不能保険とは?その必要性は?

自分には必要ないと思っていた方も多いかもしれませんが、就業不能保険は誰にでも起こりうる状況を助けてくれるもの。自分に合う商品選びのためにも、まずはこの保険の特徴をよく知っておきましょう。

働けなくなった時の生活費を補うための保険

働けなくなった時の生活費を補うための保険

就業不能保険とは、ケガや病気が原因で働けなくなってしまった時に減ってしまう給料のかわりに、お金を受け取ることができる保険です。給料保険とも呼ばれており、足りない生活費を補うことを目的に販売されています。ケガや病気で入院した場合と言えば、まずは医療保険が思い浮かぶかもしれませんが、保障は比較的短期間になってしまうため、長期保障については別に備えておく必要があります。


毎月の生活費は、2人以上の世帯の全国平均で31万円程度。社会保険の補助と医療保険を足して十分補うことができるでしょうか?多くの場合、長期間の入院や自宅療養になってしまうと毎月の固定費が支払えなくなってしまうでしょう。そうならないために備える保険が就業不能保険です。

就業不能保険で受けられる保障とは?

就業不能保険で受けられる保障とは?
就業不能保険に加入しておくと、ケガや病気で入院しなければならなくなった時の生活費が保障されます。ただし、具体的な保障範囲は商品によって異なり、特に大きな違いがあるのは、ケガや病気以外に、妊娠や精神疾病・むち打ちなどの疾病に対する保障が受けられるかどうかです。

また、入院だけでなく、長期間自宅療養しなければいけなくなることも考えられます。自宅療養で給付金が払われるケースも会社によって規定がありますので、よく確認しておくといいでしょう。

所得保証保険や収入保障保険との違いとは?

所得保証保険や収入保障保険との違いとは?

就業不能保険は、所得保証保険や収入保障保険と混同されがちです。収入を保障するための保険という目的は同じですが、誰のための保険なのかという点や、支払い方・保障内容も異なる保険ですので、それぞれの特徴を理解しておくと保険選びに役立つでしょう。


所得保障保険は、基本的には就業不能保険と大きな違いはありませんが、取り扱っている会社が、就業不能保険のような生命保険会社ではなく損害保険会社になります。比較的短期間の働けない状態をコストを抑えて保障するための保険で、保障期間に大きな違いがあるのが特徴です。


収入保障保険は、被保険者が亡くなってしまった時に家族の生活費用を保障するための保険。就業不能保険は生きている間に被保険者に対して払われる保険ですが、収入保証保険は遺族に対して払われる保険という違いがあります。

就業不能保険の選び方

ここからは就業不能保険を選ぶポイントとして重要なものを5つご紹介します。

精神疾病にも対応しているか?保障範囲を確認しておこう

精神疾病にも対応しているか?保障範囲を確認しておこう

ストレス社会と言われている今、「精神疾病」になってしまい仕事ができなくなる人が大勢います。そのため、基本的な保障範囲であるケガや病気が原因の就業不能状態だけでなく、うつ病などを発症して長期間の入院や療養が必要になるリスクにも備えておく必要があります。


特に日常的にストレスの多い職場で働いている人は、精神疾病が保障されている就業不能保険を探して比較することをおすすめします。さらには、精神疾病といっても数多くの種類がありますし、摂食障害や更年期障害なども通常の就業不能保険では保障されていない範囲のものになります。また、妊娠も含まれないことが多いので、保障範囲については、入念なチェックが必要ですよ。

保険金を受け取れない期間は?免責期間にも注意!

保険金を受け取れない期間は?免責期間にも注意!
就業不能保険では、保険金支払いの対象にならない期間、つまり免責期間に注意が必要です。会社員の場合は社会保険に加入していますので、ケガや病気で会社を休んだ4日目から「傷病手当金」が支給されます。給料の3分の2が支給されるという、とても手厚い公的保障がありますので、免責期間はそれほど気にすることはないでしょう。

しかし、パートやアルバイト、社会保険に加入していない契約社員や自営業の方は、そのような公的保障は一切受けられません。これらに該当するのであれば、免責期間が短い商品を選びましょう。中には、ケガや病気が原因の入院の場合、最短7日目から保険金が支払われる保険もあります。しばらく生活できるだけの貯蓄がない人は特に、免責期間を優先して就業不能保険を選ぶようにしてください。

長期療養も視野に。最大保障期間を確認しておこう

長期療養も視野に。最大保障期間を確認しておこう

短期間であれば、入院は医療保険で補い、その他の生活費は社会保険の傷病手当金や貯蓄で補うということも可能です。しかし傷病手当金は、長期療養には対応できないということも理解しておくといいでしょう。


傷病手当金が受け取れるのは、最大1年6ヶ月まで。自分で備えていなければ、それ以降は公的保障のない苦しい状況に陥ります。働けない状態が一生涯続く可能性もあるので、就業保証保険は可能な限り保障期間が長いものを選択しておくのがおすすめです。


会社員の方におすすめなのは、傷病手当金が給付されている間は就業不能保険の給付を半額にしておき、手当が終わった段階で全額支給を開始するタイプの保険です。このタイプの保険なら、社会保障を有効活用したうえで、就業不能保険のコストも抑えることができますよ。

必要な保障金額を自分で設定できる保険にしよう

必要な保障金額を自分で設定できる保険にしよう

就業不能保険には、保障金額を自分で選択できるものとできないものがあります。自分のライフスタイルに合った商品を選ぶためにも、保障金額の選択肢が多い商品がおすすめです。


保障が選択できる商品ほど、保険料が高い傾向はありますが、本当に必要な金額だけを受け取る設定にしてコストを抑えることも可能です。浮いたコストで特約を付帯させることもできますし、他の生命保険や医療保険を充実させることもできるでしょう。

例えば、10万円~50万円までの間で保障額を決められる商品もあれば、保険料は非常に安いかわりに10万円以下しか選べないという商品もあります。単純なコストのみで選んでしまうと、もしもの時に保障内容が足りない可能性もあるので注意しなければいけません。必ず自分に必要な金額設定ができるかどうかを確認して、保険を選びましょう。

就業不能時に支払い免除になる保険を選ぼう

就業不能時に支払い免除になる保険を選ぼう
就業不能保険の給付が受けられるのは、自分が働けない状態になっている時。その状態で保険金の支払いが続いてしまうと家計に負担になってしまいますよね。それを防ぐためには、就業不能状態になったら保険金の支払いが免除される保険を選択しておくこともできます。

支払いが免除される条件は、三大疾病になった時や傷害認定された時など、保険会社によって異なりますのでよく確認しておきましょう。

支払いが免除になる商品は、ならないものと比べるとコストが少し高くなる傾向もあります。保険選びの優先順位としては、自分に必要な価格設定ができる商品や必要な保障内容が付帯している保険から選んでいくことをおすすめします。

就業不能保険のおすすめ人気ランキング5選

それでは、おすすめの就業不能保険を5つご紹介していきます。選び方でお伝えした情報を参考に、ご自分の状況や受けたい保障に合わせた保険を見つけてみましょう!

なお、編集部独自で2020年6月2日時点にランキング付けしています。

5位
精神疾病保障
最低免責期間14日
最大保障期間-
保障金額設定10~20万円など変動式
支払い免除-
4位
就業不能保険 日本生命 もしものときの…生活費
出典:nissay.co.jp

日本生命もしものときの…生活費

精神疾病保障
最低免責期間60日
最大保障期間65歳
保障金額設定20万~25万など変動式
支払い免除
3位

アクサダイレクト生命保険働けないときの安心

精神疾病保障
最低免責期間60日
最大保障期間60~70歳
保障金額設定5万円~(5万円単位)
支払い免除-
2位
就業不能保険 SBI生命 働く人のたより 1枚目
出典:sbilife.co.jp

SBI生命働く人のたより

精神疾病保障
最低免責期間60日
最大保障期間55~70歳
保障金額設定5~50万円
支払い免除-
1位

ライフネット生命働く人への保険2

精神疾病保障
最低免責期間60日・180日
最大保障期間70歳
保障金額設定10万~50万
支払い免除高度障害の場合のみ有

人気就業不能保険の比較一覧表

商品画像
1
就業不能保険 ライフネット生命 働く人への保険2

ライフネット生命

2
就業不能保険 SBI生命 働く人のたより 1枚目

SBI生命

3
就業不能保険 アクサダイレクト生命保険 働けないときの安心 1枚目

アクサダイレクト生命保険

4
就業不能保険 日本生命 もしものときの…生活費

日本生命

5
就業不能保険 第一生命 就業不能保険 1枚目

第一生命

商品名

働く人への保険2

働く人のたより

働けないときの安心

もしものときの…生活費

就業不能保険

特徴プラン内容を賢く選べる!万が一の高度障害にも保障あり保障対象別にプランが選べる!主婦・主夫の方にも手厚い選べる内容が豊富!自分に合ったサポートを選びたい方に会社員におすすめのバランスの取れた保険幅広い予測不能の事態をカバー!健康サポートも充実
精神疾病保障
最低免責期間60日・180日60日60日60日14日
最大保障期間70歳55~70歳60~70歳65歳-
保障金額設定10万~50万5~50万円5万円~(5万円単位)20万~25万など変動式10~20万円など変動式
支払い免除高度障害の場合のみ有---
商品リンク

まとめ

今回は、おすすめの就業不能保険についての様々な情報をご紹介してきました。就業不能保険の選び方は、保険料だけではありません。自分の現在の生活スタイルをまず分析し、毎月のコストを知る事が大切です。もし自分の収入が0になった場合、どんな生活になるのか考え必要な費用を計算していきましょう。

なかなか種類も多く選びにくい保険ですが、しっかりと比較検討していけば必ず自分にピッタリの保証がそろった就業不能保険を見つけることができるでしょう。ぜひこの記事を参考に良い保険を探してみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す