• オイルパステルのおすすめ人気ランキング10選【チョークアートにも最適!】のアイキャッチ画像1枚目
  • オイルパステルのおすすめ人気ランキング10選【チョークアートにも最適!】のアイキャッチ画像2枚目
  • オイルパステルのおすすめ人気ランキング10選【チョークアートにも最適!】のアイキャッチ画像3枚目
  • オイルパステルのおすすめ人気ランキング10選【チョークアートにも最適!】のアイキャッチ画像4枚目
  • オイルパステルのおすすめ人気ランキング10選【チョークアートにも最適!】のアイキャッチ画像5枚目

オイルパステルのおすすめ人気ランキング10選【チョークアートにも最適!】

最近話題のチョークアートに使われるアイテムとして注目の「オイルパステル」。学校の教材としてもおなじみ、サクラクレパス社の「クレパス」も実はこのオイルパステルの仲間ですが、パステルは海外の製品も多いため、どれを選んでいいのか分からない方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、オイルパステルの選び方とともに、おすすめの商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。このまとめでぜひ自分の描きたいものに合うオイルパステルを見つけてくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 6,787  views
目次

オイルパステルとは?

オイルパステルとは?
オイルパステルは、実は日本が発祥なんです。1925年にサクラクレパス社から販売された「クレパス」がそれで、その後アメリカやフランスのメーカーから、いくつもの製品が販売されるようになりました。

オイルパステルはクレヨンの主原料である着色顔料と蝋に液体油と体質顔料を加えているので、柔らかく伸びもいいのが特徴です。オイルパステルは他のパステル(ソフトパステル・セミハードパステル・ハードパステル・水溶性パステル)と混ぜて使うことができないので注意が必要ですが、重ね塗りやスクラッチ技法なども楽しめ、少し擦れば光沢が出せるのも面白いところ。様々な表現ができる使いやすい画材ですよ!

オイルパステルの選び方のポイント

それではオイルパステルの選び方のポイントをご紹介していきたいと思います。メーカーごとに特徴が異なるので、仕上がりも随分変わってきます。自分のイメージする描き上がりに近いオイルパステルを選んでくださいね。

目的・用途に合わせて選ぶ

オイルパステルは、子どもや初心者向けの商品から上級者向けの商品までさまざまです。また、最近注目を集めている「チョークアート」におすすめのタイプもあります。ここではそれぞれに合うタイプはどんなものなのか、詳しく見ていきたいと思います。

「クレパス」や「パッセル」なら初心者・子供にもぴったり

「クレパス」や「パッセル」なら初心者・子供にもぴったり

出典:amazon.co.jp

幼稚園や学校の教材として指定されることも多い、サクラの「クレパス」やぺんてるの「パッセル」は、基本のカラーのみで色のバリエーションなどは少なめ。でも、初心者の方ではあまりたくさんのカラーが揃っていても扱いきれないことも多いので、慣れてくるまでは基本色のセットで充分でしょう。

これらのオイルパステルは太軸なので、小さなお子さんも持ちやすく力が入れやすいのも良いところ。伸びもいいタイプなので、初めて挑戦する方にも使いやすくおすすめです。

上級者向けならカランダッシュやセヌリエも!

上級者向けならカランダッシュやセヌリエも!
最高品質を追及しているセヌリエや、色の純度が高く耐光性もあるカランダッシュなどは色数も豊富ですし、伸びも良いので重ね塗りやぼかしなどの技法にも向いています。ダンボールやベニヤ板、陶器や金属、プラスチックまで様々な素材に塗ることができるんですよ。

上級者になるとやはり画材にこだわりが生まれてきます。セヌリエはピカソが愛したオイルパステルとも言われており、一生モノの画材になるはずです。オイルパステルの扱いに慣れてきたら、いつかは手にしてみたいですね。

チョークアートにはこんなタイプが最適

チョークアートにはこんなタイプが最適

出典:amazon.co.jp

オイルパステルはチョークアートのプロもよく使用する画材です。下書きを念入りに行った後オイルパステルで色付けをしますが、黒い板に書くので色鮮やかさが際立つ発色の良いオイルパステルが重宝されるんですね。

ぺんてるとカランダッシュのオイルパステルは、チョークアートで使用される定番の商品なので、初心者の方にもおすすめです。趣味でやってみようかな?という感じで始めるなら、お手頃価格のぺんてるが最適ですよ!

色数は多い方がいい?

色数は多い方がいい?
発色の良さで人気のオイルパステル。メーカーによってはパステルカラーが豊富に揃っていたり、金銀のメタリックカラーが入っているものなどもあります。立体感を出すにはある程度の数を揃えなくてはいけませんから、初めて買う人はセットで買うのがやはりおすすめです。

初心者の人なら他のメーカーよりも色数は少ないのですが、ぺんてるのオイルパステルが価格的にもスタートしやすいでしょう。足りないな、と思う色があれば他のメーカーの商品を単品で購入するという方法もありますので、最初から本数がたくさん入っている商品を選ばなくても大丈夫ですよ。

柔らかさもチェックしよう!

柔らかさもチェックしよう!
オイルパステルは成分中の油の割合によって、商品ごとに柔らかさがずいぶん異なります。柔らかいタイプは伸びがよく、色を混ぜたり、盛り上げの技法も行いやすく表現の幅が広がりやすいのが良いところ。反対に硬いタイプだと、細かい部分もしっかりと描き込むことができるのがメリットです。

柔らかさで良い悪いは決まりませんので、描こうとする作品のタッチや、描き心地の好みで選んでくださいね。

自分の手にフィットするものを選ぶ

自分の手にフィットするものを選ぶ
商品ごとにオイルパステルの形や太さはバラバラです。持った時に自分の手にフィットするオイルパステルは気持ちも乗ってきて、たくさん描きたい!という気持ちになりやすいもの。

オイルクレパスは手で持って描くので、手へのフィット感は他の画材よりも大切にしていいと思います。画材屋さんで購入する場合には、一度試し描きしてみるのがおすすめですよ。

オイルパステルのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのオイルパステルをランキング形式でご紹介していきます。選び方を参考に自分に合った商品を見つけてくださいね。

10位:ダーウェント アカデミー オイルパステル 24色セット

ダーウェント アカデミー オイル パステル 24色セット R32905
出典:amazon.co.jp
ダーウェント アカデミー オイル パステル 24色セット R32905

1,814円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:上級者向け
・カラーバリエーション:24色
・柔らかさ:やや柔らかめ
・太さ・形:六角形

先のとがった六角形は正確なドローイングにおすすめ

先のとがった六角形は正確なドローイングにおすすめ

出典:amazon.co.jp

まずご紹介するのは、イギリスの老舗メーカー「ダーウェント」のオイルパステルです。ダーウェントは1832年に鉛筆を製造し、1938年から様々な種類の色鉛筆を作り続けています。はじめは小さな家内工業でしたが、現在では週100万本もの鉛筆を製造し、プロのアーティストからも支持されるメーカーとなりました。

ちなみに、この商品はあるアーティストからの要望で六角形になったものです。先がとがっているので線を描いたり、正確にドローイングするのに適していますよ。高密度な顔料を使っているので発色が良く、明るくはっきりした色を出せるのが特徴です。

9位:ファーバーカステル オイルパステル 36色

ファーバーカステル オイルパステル 36色 127036
出典:amazon.co.jp
ファーバーカステル オイルパステル 36色 127036

1,750円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:上級者向け
・カラーバリエーション:36色
・柔らかさ:硬め
・太さ・形:円形

様々な技法を試しやすいと評判のオイルパステル

様々な技法を試しやすいと評判のオイルパステル

出典:amazon.co.jp

次にご紹介するオイルパステルは、1761年から続く会社のルーツや歴史に従いながら経験を積み重ね、さらに開拓者精神で未来へ進んでいるファーバーカステルの商品です。安全性の高い顔料を使用しているので、小さなお子様も安心して使うことができます。

他のオイルパステルに比べると少し硬いと感じる人も少なくないようですが、ドライヤーで熱処理後描画したり、層状に重ねた後に掻き落とすなど、様々な技法に挑戦しやすいという口コミも多く聞かれます。ただ、刷り込みをする時に塗りカスが気になる、単色で売っているところがなかなか見つからないという点は少し残念。この点にはご注意くださいね。

8位:サクラクレパス クレパス 16色

サクラクレパス クレパス 16色 ゴムバンド付き LP16R
出典:amazon.co.jp
サクラクレパス クレパス 16色 ゴムバンド付き LP16R

378円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:子供・初心者向け
・カラーバリエーション:16色
・柔らかさ:均一な柔らかさ
・太さ・形:直径11mm・円形

子供が扱いやすい太さと柔らかさ!

子供が扱いやすい太さと柔らかさ!

出典:amazon.co.jp

サクラクレパスのロングセラー商品でもあるこのオイルクレパスは、もしかしたらママ世代も使用していて懐かしいと感じている方も多いのではないでしょうか。パッケージも変わっていないので、昔の記憶も蘇ってきそうですね。

こちらは幼稚園や小学校から教材として指定されたという人も多くいるようです。子供が握りやすいように少し太めに作られていて、握りやすいのか子供が気に入っているという口コミもよく見かけます。また、発色が良く油絵のような厚みのある艶感を出せますし、するする描ける伸びの良さも人気の秘密ですよ!

7位:Moonlove 子供用オイルパステル

Moonlove 子供用オイル パステル
出典:amazon.co.jp
Moonlove 子供用オイル パステル

905円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:子供向け
・カラーバリエーション:18色
・柔らかさ:やわらかい
・太さ・形:六角形

環境にも人にも優しいエコ素材

環境にも人にも優しいエコ素材

出典:amazon.co.jp

力加減のできない小さな手の子供たちに使ってほしい、かわいいオイルパステルをお探しならこちらがおすすめ。子供が握りやすいように六角形の形で、長さも7cm程度となっています。クレヨンよりも柔らかいオイルパステルだから、軽く引いただけできれいに発色します。

環境にも人にも優しいエコ素材で作られているので、お子さんにも安心して使わせてあげることができます。ぬるま湯で簡単に落とせるので、お洋服についても心配はいりませんよ。

6位:カランダッシュ オイルパステル ネオパステル 96色セット

カランダッシュ オイルパステル ネオパステル 96色セット 7400-996
出典:amazon.co.jp
カランダッシュ オイルパステル ネオパステル 96色セット 7400-996

42,336円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:上級者・チョークアート向け
・カラーバリエーション:96色
・柔らかさ:やや柔らかめ
・太さ・形:円形

塗りカスがほとんど出ない優れもの

塗りカスがほとんど出ない優れもの

出典:amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、スイス国内で唯一の画材と高級筆記具のブランド「カランダッシュ」のオイルパステルです。他のオイルパステルに比べて油分が多く柔らかいので伸びも良く、大きな作品を描く際には特におすすめ。広い面を塗っても塗りカスがほとんど出ないのが嬉しいとの声もあります。

色によっては柔らかすぎることもありますし、特にきれいなグラデーションを出すのには慣れも必要なようです。オイルパステルに慣れてきた中級者以上の方におすすめの商品ですね。

5位:ぺんてる パッセル 16色

ぺんてる パッセル GHPAR-16 16色
出典:amazon.co.jp
ぺんてる パッセル GHPAR-16 16色

438円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:初心者・チョークアート向け
・カラーバリエーション:16色
・柔らかさ:柔らかい
・太さ・形:直径11mm・円形

ミシン目入りの透明フィルムが便利!

ミシン目入りの透明フィルムが便利!

出典:amazon.co.jp

描きやすい太軸タイプのオイルパステルをお求めなら、こちらの「パッセル」はいかがでしょう?クレヨンなどで昔からなじみのあるぺんてるの商品で懐かしく、また安心して使うことができます。16色とカラーは少ないので、お子様やお試しでオイルパステルを使用してみたい方などにおすすめです。

商品に巻かれている透明フィルムはとっても丈夫なので、オイルパステルが折れないように保護してくれています。また透明フィルムにはミシン目が入っているのもポイント。パステルの長さに合わせて少しずつ簡単に剥がせるので、ストレスフリーですよ!

4位:ホルべイン オイルパステル 100色セット

ホルベイン オイルパステル 100色セット
出典:amazon.co.jp
ホルベイン オイルパステル 100色セット

16,500円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:上級者向け
・カラーバリエーション:100色
・柔らかさ:やや硬め
・太さ・形:9mm×9mm・正方形

中間色が豊富!追加の単色買いにもおすすめ

4位でご紹介するのは、1本1本プラスチックのケースで守られているオイルパステルです。サクラクレパスやペンテルほど知られていませんが、ホルべインも日本の会社。ケースに入っているので他の色と接触することがないのは良い点ですが、いちいちケースから出すのが面倒くさいという人もいらっしゃるかもしれませんね。

発色の良さはもちろんですが、一番のポイントは色の被覆力の良さでしょうか。厚みのある表現をされたい方にもおすすめですよ。中間色も豊富にそろっているので他のメーカーのオイルパステルをセットで購入して、ホルべインの中間色を追加で買うという人も多いようです。

3位:SENNELIER オイルパステル 木箱入り 120色セット

SENNELIER セヌリエ オイルパステル  木箱入り120色セット
出典:amazon.co.jp
SENNELIER セヌリエ オイルパステル 木箱入り120色セット

39,768円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:上級者向け
・カラーバリエーション:120色
・柔らかさ:かなり柔らかい
・太さ・形:円形

ピカソが使った!最高級のオイルパステル

セヌリエはピカソが愛用していたことでも知られている、フランスの老舗画材メーカー。3位でご紹介するのは、そんなセヌリエの最高級オイルパステルです。特にカラーの豊富さには定評があり、パステルカラーが魅力的という口コミも多いよう。また、通常オイルパステルは不透明な色調が多いのですが、セヌリエの商品には透明・半透明・不透明と3種類の透明度が設定されているのも特徴的です。

柔らかく伸びがよいので混色や盛り上げなどの表現はしやすいものの、力の調整が難しく、また乾きにくいのは少し難点ですね。ただし先ほどもお伝えしたように色調のバリエーションが豊かなので、パステルの扱いに慣れた上級者の方にはぜひ使っていただきたい商品ですよ。

2位:サクラクレパス クレパス ハイクオリティ50色

サクラクレパス クレパス ハイクオリティ 50色 VP50N
出典:amazon.co.jp
サクラクレパス クレパス ハイクオリティ 50色 VP50N

2,036円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:子供・初心者向け
・カラーバリエーション:50色
・柔らかさ:-
・太さ・形:円形

金・銀も揃ったカラー展開で人気

金・銀も揃ったカラー展開で人気

出典:amazon.co.jp

2位でご紹介するオイルクレパスは、8位でご紹介したクレパスのハイクオリティーバージョンです。おなじみのクレパスは8~24色のタイプがよく使用されていますが、この商品は絶妙なグラデーションを可能にする豊富なカラーが揃っています。中でも金色と銀色は、特にお子様から人気が高いようですね。

伸びがよく色の濃淡を出しやすいのもポイントで、強く描くと油絵のような味わいに、軽く塗ると混色しやすく、美しいグラデーションを簡単に作ることができます。子供だけでなく、大人も楽しめるクレパスですよ。

1位:ぺんてる オイルパステル 専門家用パス 50本

ぺんてる オイルパステル 専門家用パス PTA-50D  50本
出典:amazon.co.jp
ぺんてる オイルパステル 専門家用パス PTA-50D 50本

2,940円 (税込)

詳細情報
・目的・用途:初心者・チョークアート向け
・カラーバリエーション:49色(白2本入り)
・柔らかさ:やや柔らかめ
・太さ・形:8mm×8mm・正方形

チョークアートをしたい方に人気!

チョークアートをしたい方に人気!

出典:amazon.co.jp

いよいよ1位のオイルパステルの紹介です。1位でご紹介するこちらはクレヨンなどでおなじみのぺんてるの商品で、チョークアート用の画材としておすすめされているもの。チョークアート発祥の地であるオーストラリアのアーティストも使用しているほどなんですよ。チョークアートの仕上げに使う、ラッカースプレーのコーティングが固まりやすいのも人気の秘密かもしれません。

角があって持ちやすく細い線も描くことができ、よく伸び扱いやすい柔らかさなので初心者の方にもおすすめです。パステルの油分が程よく黒板にフィットしてくれると好評です!

オイルパステルで色々な技法を楽しもう

オイルパステルで色々な技法を楽しもう
重厚な画面を作ることができるオイルパステル 。色々な技法を楽しめる画材なので、興味が出て来たらぜひ挑戦して欲しいところです。

色を混ぜる「混色」や色の上に色を重ねる「重色」、指や布での「拭き取り」などは始めたばかりでも挑戦しやすい技法でしょう。また、層状に色を重ねた部分をひっかいて下の色を見せる「スクラッチ」や、擦りつけたり熱を加えて盛り上げる「インパスト」など、他にも本当に様々な技法があります。表現の幅が広がるので、オイルパステルを手に入れたらぜひ試してみましょう!

まとめ

今回は最近注目を集めているオイルパステルをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

メーカーによっても、カラーバリエーションや柔らかさなどの特徴は異なっていましたね。使うオイルパステルによって、描く絵の仕上がりも大きく変わってきます。今回の記事を参考に、ぜひ自分の画風に合った商品を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す