• カクテルシェーカーのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • カクテルシェーカーのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • カクテルシェーカーのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • カクテルシェーカーのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • カクテルシェーカーのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

カクテルシェーカーのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】

おいしいカクテル作りに欠かせない「カクテルシェーカー」。自宅で本格的なカクテルを楽しみたい人や、ホームパーティーで使いたい人におすすめです。しかし、3ピース・ボストン・バロンなどの種類があり、素材やサイズもさまざま。そのうえ、大手のナガオ・三宝産業など、多くのメーカーが取り扱っているので、どれを選べばいいのか悩んでしまう人は多いですよね。

そこで今回は、カクテルシェーカーの選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。シェーカーの振り方一つで、カクテルの味は大きく変わるもの。使いやすいお気に入りのシェーカーを手に入れて、おいしいカクテルを作りましょう!



  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 29,304  views
目次

カクテルシェーカーで気軽に本格カクテルを楽しもう

カクテルシェーカーで気軽に本格カクテルを楽しもう

本格派のギムレットやマルガリータ、ホワイトレディなど、おしゃれなカクテル作りに欠かせない「カクテルシェーカー」。どれを使っても同じと思っていませんか?


カクテルシェーカーは、力強く振ることでリキュールの角が取れるので、カクテルの口当たりがまろやかになるのが魅力。ステアでは作れない美味しさを堪能できるのはもちろん、シェーカーの種類や振り方を変えるだけで、いろいろな味わいを楽しむことが可能です。


シェーカーにこだわれば、カクテル作りの幅も広がって、オリジナルレシピに挑戦することも。自宅でこだわりの一杯をおもてなしすることもできますよ。カクテルシェーカーを手に入れて、自宅でバー気分を味わってみませんか?

カクテルシェーカーの選び方

カクテルシェーカーは、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

作りたいカクテルにあわせてタイプを選ぼう

カクテルシェーカーの形には、次の3つのタイプがあります。自分が作りたいカクテルに適した、使いやすいものを選びましょう

幅広いカクテルに使えるのは、定番の3ピースシェーカー

幅広いカクテルに使えるのは、定番の3ピースシェーカー
3ピースシェーカーは、ボディ・ストレーナー・トップの3つにパーツに分かれた、カクテルシェーカーの主流。丸みを帯びたボディで氷を効率よく動かせるため、幅広いカクテル作りに使えて便利です。

また、手に馴染みやすく、持ちやすいのも魅力。3ピースシェーカーならカクテル作り初心者でも安心して使えます。素材やサイズのバリエーションが豊富なので、好みのものを見つけやすいですよ。

フルーツやミルク系のカクテルには、ボストンシェーカーを

フルーツやミルク系のカクテルには、ボストンシェーカーを
サイズが少し大きめで縦に長いのが、ボストンシェーカー。グラスを2つ合わせた形であることから、2ピースシェーカーとも呼ばれます。内部が広くしっかりと粘度の違う液体を混ぜ合わせることができるため、ジュース系やフルーツ系のカクテルを作るのにぴったり。

ジュース系は香り高く、ミルク系のカクテルはふわふわの口当たりに仕上がります。中でミントやフルーツを潰して、フレッシュカクテルを作るときにも、ボストンシェーカーが使いやすいでしょう。ただし、大きいぶん振りにくいのが難点。また、カクテルの種類によっては別途ストレーナーが必要です。

カクテル作りの音も楽しめるのは、プロ仕様のバロンシェーカー

カクテル作りの音も楽しめるのは、プロ仕様のバロンシェーカー
カクテルの種類を問わず、シェイクするときにプロのような良い音を鳴らしたい人には、バロンシェーカーがぴったりです。3ピースシェーカーと構造は同じでも、シルエットがストレート。独特の氷の軌道が生まれて甲高く、心地よい音が鳴り響きます。

ただし、手には持ちにくく振りにくいので、使いこなすのには技術が必要。3ピースシェーカーに熟練してから、ステップアップとしてバロンシェーカーを選ぶことをおすすめします。

使い方に合わせて材質を選ぼう

カクテルシェーカーには、次の3つの素材が使われています。カクテルの味やお手入れの仕方も変わってくるため、用途や使い方にあわせて選びましょう。

軽量・リーズナブルなプラスチック製は、お試しにおすすめ

軽量・リーズナブルなプラスチック製は、お試しにおすすめ

出典:amazon.co.jp

プラスチック製のシェーカーは、非常に軽くてリーズナブルなうえ、お手入れも簡単。熱を伝えない素材なので手に持っても冷たくなりすぎず、手のぬくもりでカクテル作りが失敗しにくいので初心者でも安心です。

ただし、耐久性には劣り、内部に凹凸ができて氷の軌道が均一になりにくいので、本格的なカクテル作りには向いていません。味にこだわらない気軽なパーティーやアウトドア用、カクテル以外の用途メインで使う場合には、プラスチック製を選ぶとよいでしょう。

長く愛用したいなら、耐久性&保冷性の良いステンレス製が最適

長く愛用したいなら、耐久性&保冷性の良いステンレス製が最適
輝く見た目が美しい、耐久性抜群の定番素材がステンレス。氷の軌道が変わらないので、いつでもおいしいカクテルが楽しめます。最近はステンレスの被膜に凝った、カラフルな商品も登場。保冷性が良いステンレス製なら、カクテル作りに失敗することも少ないでしょう。

しかし、傷や指紋が目立ちやすいのが困りもの。曇らないようにケアするなど、こまめなお手入れが必要です。

高級感のあるガラス製は、インテリアにも活用できる

高級感のあるガラス製は、インテリアにも活用できる
ガラス製は内部が透けてリキュールがまじりあう様子が見えるため、ホワイトレディ―やアレキサンダーといった色の美しいカクテル作りに最適。氷が程よく溶けて仕上がるので、アルコールが弱い人のカクテル作りにもガラス製のシェーカーがおすすめです。

見た目にも高級感があり、インテリア性を重視する人にも向いています。ただし、衝撃で割れるリスクがあり、他の素材に比べると重くて振りにくいため、上級者向きです。

350mlサイズはオールマイティーに使える

350mlサイズはオールマイティーに使える
カクテルシェーカーのサイズは100ml程度から700ml以上とバリエーションが豊かですが、家庭におすすめなのはもっともポピュラーな350mlサイズ。男女を問わず手にすっぽり収まって持ちやすく、軽さと重さのバランスが良いのが特徴です。

小さいサイズは入る氷が少ないためおいしく作るには技術が必要ですが、350mlサイズなら初心者でも、幅広いカクテルを失敗なく作ることができるでしょう。


500ml以上の大きいサイズは空気を含ませやすく、カクテルが味良く仕上がりますし、きれいな音が出せるのが魅力。750mlサイズなら3~4人前が一度に仕上がります。ただし、大きいサイズは重くて扱いにくく、収納もかさばるのでプロ向きです。

大手メーカーの特徴にも注目しよう

大手メーカーの特徴にも注目しよう

初めての購入で目移りしてしまったら、メーカーやブランドの特徴から選ぶのも選択肢の一つ。人気の4つのメーカーから、使いやすいものを選びましょう。


国内シェアの大半を占めるナガオは、ステンレスの食器類を製造する老舗のメーカー。スタンダートな商品をリーズナブルに販売しています。「YUKIWA」ブランドの三宝産業の商品は、プロのバーテンダーからも人気があります。


ステンレス食器の大手、和田助の商品は使い勝手にこだわった機能的な作りで世界的に評価が高く、異種業種から参入している横山興業の「BIRDY」シリーズは、スタイリッシュな美麗さで人目を引きます。これらの国内メーカー品は日本人の手にちょうどよく、初心者でも使いやすいですよ。

カクテルシェーカーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、カクテルシェーカーのおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介していきます。

10位
タイプバロンシェーカー
素材プラスチック(ABS樹脂・ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)・ステンレス
本体サイズ(容量)径8.5×高さ22.5㎝(480ml)
本体重量272g
9位
タイプ3ピースシェーカー
素材プラスチック(PC樹脂)
本体サイズ(容量)長さ17.5×底径5.5㎝(350ml)
本体重量-
8位

横山興業BIRDY. by Erik Lorincz カクテルシェーカー

CS350

10,780円 (税込)

タイプ3ピースシェーカー
素材ステンレス(18-8ステンレス)
本体サイズ(容量)径7.8×高さ17.2㎝(350ml)
本体重量245g
7位
タイプボストンシェーカー
素材ステンレス(18-8ステンレス)・ガラス
本体サイズ(容量)径90×高さ180㎜(700ml)
本体重量760g
6位
タイプバロンシェーカー
素材ガラス
本体サイズ(容量)径80×高さ215㎜(450cc)
本体重量-
5位
タイプバロンシェーカー
素材ステンレス(18-8ステンレス)
本体サイズ(容量)径78×高さ185㎜(360㏄)
本体重量260g
4位
タイプ3ピースシェーカー
材質ステンレス(18-8ステンレス)
サイズ径89×高さ200㎜(570㏄)
重量280g
3位
タイプ3ピースシェーカー
素材ステンレス(18-8ステンレス)
本体サイズ(容量)径78×高さ165㎜(350ml)
本体重量240g
2位

スタンレーハッピーアワーシステム カクテルシェーカーセット

02107-005

6,050円 (税込)

タイプバロンシェーカー
素材ステンレス・プラスチック(ポリプロピレン)
本体サイズ(容量)径8.4×高さ22.2㎝(590ml)
本体重量525g(コップ等を含む)
1位
タイプ3ピースシェーカー
素材ステンレス
本体サイズ(容量)径7.8×高さ16.9㎝(350ml)
本体重量240g

人気カクテルシェーカーの比較一覧表

商品画像
1
カクテルシェーカー 青芳 NEWスタンダード カクテルシェーカー 1枚目

青芳

2
カクテルシェーカー スタンレー ハッピーアワーシステム カクテルシェーカーセット 1枚目

スタンレー

3
カクテルシェーカー ナガオ 18-8ステンレス カクテルシェーカー 1枚目

ナガオ

4
カクテルシェーカー 和田助製作所 SW18-8 O型 カクテルシェーカー 1枚目

和田助製作所

5
カクテルシェーカー 三宝産業 UK18-8 バロンカクテルシェーカー B 1枚目

三宝産業

6
カクテルシェーカー アルコロック カクテルシェーカー  1枚目

アルコロック

7
カクテルシェーカー 三宝産業 UK18-8 ボストンシェーカー ガラス蓋 1枚目

三宝産業

8
カクテルシェーカー 横山興業 BIRDY. by Erik Lorincz カクテルシェーカー 1枚目

横山興業

9
カクテルシェーカー Baosity 樹脂 カクテルシェーカー 1枚目

Baosity

10
カクテルシェーカー OXO カクテルシェーカー 1枚目

OXO

商品名

NEWスタンダード カクテルシェーカー

ハッピーアワーシステム カクテルシェーカーセット

18-8ステンレス カクテルシェーカー

SW18-8 O型 カクテルシェーカー

UK18-8 バロンカクテルシェーカー B

カクテルシェーカー 

UK18-8 ボストンシェーカー ガラス蓋

BIRDY. by Erik Lorincz カクテルシェーカー

樹脂 カクテルシェーカー

カクテルシェーカー

特徴コスパ最強!シンプルで入門用におすすめのカクテルシェーカーアウトドアキャンプでもこれ1個で仲間とカクテルが楽しめるオールマイティーに使える人気メーカーのスタンダートモデルまろやかテイストのカクテル好きにおすすめシェークする音が美しい、プロに愛用者が多い1品レトロでおしゃれさナンバーワンのカクテルシェーカーボストンシェーカーのお試しにもおすすめ経済産業省「The Wonder 500」選定の細部ま...気軽にカクテル作りを楽しめるプラスチック製プラスチックとステンレスのいいとこどりのハイブリット
最安値
1,080
送料要確認
詳細を見る
6,050
送料無料
詳細を見る
3,344
送料要確認
詳細を見る
3,020
送料無料
詳細を見る
3,322
送料別
詳細を見る
1,159
送料要確認
詳細を見る
5,170
送料要確認
詳細を見る
10,780
送料無料
詳細を見る
660
送料要確認
詳細を見る
1,080
送料要確認
詳細を見る
タイプ3ピースシェーカーバロンシェーカー3ピースシェーカー3ピースシェーカーバロンシェーカーバロンシェーカーボストンシェーカー3ピースシェーカー3ピースシェーカー バロンシェーカー
素材ステンレスステンレス・プラスチック(ポリプロピレン)ステンレス(18-8ステンレス)ステンレス(18-8ステンレス)ステンレス(18-8ステンレス)ガラスステンレス(18-8ステンレス)・ガラスステンレス(18-8ステンレス)プラスチック(PC樹脂)プラスチック(ABS樹脂・ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)・ステンレス
本体サイズ(容量)径7.8×高さ16.9㎝(350ml)径8.4×高さ22.2㎝(590ml)径78×高さ165㎜(350ml)径89×高さ200㎜(570㏄)径78×高さ185㎜(360㏄)径80×高さ215㎜(450cc)径90×高さ180㎜(700ml)径7.8×高さ17.2㎝(350ml)長さ17.5×底径5.5㎝(350ml)径8.5×高さ22.5㎝(480ml)
本体重量240g525g(コップ等を含む)240g280g260g-760g245g-272g
商品リンク

おいしいカクテルを作る、持ち方・振り方のコツは?

おいしいカクテルを作る、持ち方・振り方のコツは?

バーテンダーがシェーカーを振るのを見て憧れていても、自分にもできるか不安な人はいますよね。でも大丈夫。正しい持ち方と振り方さえ覚えれば、初心者でもおいしいカクテルが作れますよ。


ポイントはシェーカーに手のぬくもりを伝えないこと。手の平で包むのではなく、指で点で支えて持つといいでしょう。親指と薬指でトップとボトムを挟み、中指と人差し指はボディーに軽く添えるイメージです。


振り方はリズミカルに。手首のスナップを聞かせながら最初はゆっくり、徐々にスピードアップして、最後にゆっくりに戻して仕上げるのが基本。素早く振り混ぜるとキンキンに冷え、驚くほど口当たりが良くなりますよ。お試しあれ!

おしゃれなカクテルグラスも揃えよう

カクテルをより美味しく味わうために、カクテルグラスにもこだわってみましょう。マティーニやソルティードッグ、モヒートのように軽くステアするだけのカクテルには、ミキシンググラスが必須。ショートカクテルには、マティーニグラスがぴったりです。以下の記事も参考に、おしゃれなカクテルグラスも手に入れてくださいね。

カクテルシェーカーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、カクテルシェーカーのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

カクテルシェーカーのおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

カクテルシェーカーは同じような見た目でも、メーカーによってデザインが違うもの。氷やリキュール類のあたりが違い、シェーカーを変えれば同じカクテルでもさまざまな味を楽しめます。あなたも1個といわず2個、3個とお気に入りの商品を選んで、味のバリエーションを広げてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す