• 布おむつ用ライナーのおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんのうんちの処理も楽々!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 布おむつ用ライナーのおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんのうんちの処理も楽々!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 布おむつ用ライナーのおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんのうんちの処理も楽々!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 布おむつ用ライナーのおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんのうんちの処理も楽々!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 布おむつ用ライナーのおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんのうんちの処理も楽々!】のアイキャッチ画像5枚目

布おむつ用ライナーのおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんのうんちの処理も楽々!】

布おむつとぜひ併用したい、布おむつ用ライナー。西松屋や赤ちゃん本舗などで販売されていますが、布タイプ・使い捨てタイプといった違いのほか、素材・サイズ・コスパなど比較しておきたいポイントが多く、何を重視して選ぶべきか困ってしまいませんか?

そこで今回は、布おむつ用ライナーの選び方と、通販で人気の商品をおすすめランキング形式でご紹介します。トイレに流せるものやおしりふきとしても使えるものなど、全10商品が登場。記事後半では便利な使い方も紹介しますので、商品選びと併せて参考にしてみてください。
  • 最終更新日:2019年05月23日
  • 23,290  views
目次

布おむつ用ライナーの選び方のポイント

布おむつ用ライナーは、どこに着目して選んだらいいのでしょう?次のポイントに沿って選んでみてください。

タイプを選ぶ

布おむつ用ライナーには主に2つのタイプがあります。自分にとってどちらが適しているか確認してみてください。

繰り返し使えて経済的な「布タイプ」

繰り返し使えて経済的な「布タイプ」

出典:amazon.co.jp

布でできたおむつライナーは、布おむつ同様に繰り返し使えるタイプ。汚れたら洗って使えるので経済的ですし、通気性が良いので赤ちゃんのお肌にも優しいのが特徴です。

新生児のうちは頻繁に交換と洗濯が必要ですから、できるだけ厚みがあり、繰り返し洗っても平気な丈夫なものを選ぶことをおすすめします。

手間がかからず使いやすい「使い捨てタイプ」

手間がかからず使いやすい「使い捨てタイプ」

出典:amazon.co.jp

パルプなどの不織布でできた布おむつ用ライナーは、洗う手間の要らない大変便利なタイプ。新生児期は1日に約15~20回ほどおむつ替えが必要となりますので、ライナーも洗うと考えるとどうしても手間になってしまいますよね。

使い捨てタイプなら洗うのは布おむつだけでいいので、育児の負担を軽くしてくれます。コストとゴミが増えてしまいますが、手軽さを優先したい人にはおすすめです。

使いやすさをチェック

赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、素材や肌触りの良さはしっかり確認しておきたいところ。また使いやすいかどうかも重要ですので、以下のポイントを参考にチェックしてみてください。

通気性が良く柔らかい素材がおすすめ

通気性が良く柔らかい素材がおすすめ

出典:amazon.co.jp

布おむつ用ライナーに使われている主な素材は、パルプや綿、麻といった通気性に優れたものが多くなっています。おしっこや汗による蒸れを防ぐことでおむつかぶれも起こりにくくなりますから、こうした素材を選んでみてください。できるなら、オーガニックコットンを使った商品の方が肌にも優しいので理想的です。

また、肌触りの良さも大切なポイント。柔らかくふんわりとした手触りならば赤ちゃんの肌にも優しいですから、柔らかさもチェックしておくと良いでしょう。店頭で触れて確かめられると安心ですが、通販で購入する際は肌触りに関するレビューも参考にしてみてくださいね。

適度な厚みのものなら漏れずに安心

適度な厚みのものなら漏れずに安心

出典:amazon.co.jp

ライナーは布おむつへの汚れを軽減するためのものですから、薄すぎて漏れ出してしまうようでは本末転倒です。布タイプの場合は、適度な厚みがあるものを選んでください。

使い捨てタイプの商品にはウェットティッシュ並みの薄手のものもありますが、これはうんち汚れを付着させないためのもので、水分の吸収を目的としたものではありません。あくまでも固形の汚れを取り除きやすくするものなので、この違いを理解しておくことが大切です。

乾きやすさや捨てやすさにも注目する

乾きやすさや捨てやすさにも注目する

出典:amazon.co.jp

洗って使う布タイプは、乾きやすいものの方が使いやすくなります。通気性の良い素材ならば簡単に乾かせるので、毎日の洗濯もしやすいと言えるでしょう。

使い捨てタイプはうんちをトイレへ流してからライナーのみを捨てるものが主流ですが、そのまま水に流せるタイプの商品もありますので、手間を減らしたい人はライナーの処理しやすいものを選んでみてください。

30×15cmを目安に、大きすぎないものを選ぶ

30×15cmを目安に、大きすぎないものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

布おむつは基本的にフリーサイズですが、一般的なものの多くが30×15cmくらいの大きさです。しかし布おむつ用ライナーは商品によってサイズに開きがあり、適切な大きさでないものは汚れをキャッチできなかったり漏れてしまうこともあります。

布おむつのサイズに合わせて畳む必要も出てしまいますから、あまり大きすぎず、布おむつに合わせやすいサイズのものを選ぶのがおすすめです。

専用カバーとセットで使うのもアリ

専用カバーとセットで使うのもアリ

出典:amazon.co.jp

市販されている布おむつ用ライナーの中には、専用の布おむつやカバーに対応するものもあります。おむつの畳み方などに工夫があり、セットで使うことで漏れ防止に効果的。またデザインも可愛いものが多くなっているので、おむつ替えも楽しくなるかもしれません。

ただ形は似ていても、専用品でないものは横漏れなどの原因になることもありますので、指定がある場合は専用の布おむつとセットで購入しましょう。

ランニングコストも忘れずチェック

ライナーはおむつの交換回数と同じ数だけ必要ですから、コスト面もしっかりチェックしておきましょう。気兼ねなく取り替えられるように、十分な枚数を揃えやすい価格で選ぶのがおすすめです。洗い替え分も考慮して、20枚程度は用意しておきたいですね。

使い捨てタイプはどうしてもランニングコストがかかるので、消耗品だと割り切って大容量のものを選んでおくと便利です。

布おむつ用ライナーのおすすめ人気ランキング10選

それではここから、布おむつ用ライナーのおすすめ商品をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。
10位
タイプ布タイプ
材質綿
サイズ約46×17cm
1枚あたりの価格128円
9位

エンゼルソフトベビー

4,968円 (税込)

タイプ布タイプ
材質ポリエステル・綿
サイズ縦47×横23cm
1枚あたりの価格約497円
8位
タイプ使い捨てタイプ
材質綿
サイズ-
1枚あたりの価格約11円
7位
布おむつライナー オーガニックガーデン メッシュおむつライナー
出典:amazon.co.jp

オーガニックガーデンメッシュおむつライナー

1,404円 (税込)

タイプ布タイプ
材質オーガニックコットン
サイズ縦34×横14cm
1枚あたりの価格702円
6位
布おむつライナー エルフ ベビー 新生児おむつライナー
出典:amazon.co.jp

エルフ ベビー新生児おむつライナー

1,422円 (税込)

タイプ布タイプ
材質オーガニックコットン
サイズ縦46×横17cm
1枚あたりの価格約143円
5位
布おむつライナー ボーンベビー バンブー おむつライナー
出典:amazon.co.jp

ボーンベビーバンブー おむつライナー

1,300円 (税込)

タイプ布タイプ
材質バンブーテリー・マイクロファイバー
サイズ縦35×横14cm
1枚あたりの価格約434円
4位
布おむつライナー チュチュベビー アトピッシュライナー
出典:amazon.co.jp

チュチュベビーアトピッシュライナー

1,480円 (税込)

タイプ使い捨てタイプ
材質天然素材
サイズ縦31×横16cm
1枚あたりの価格約6円
3位
布おむつライナー 赤ちゃん本舗 おしりも拭けるおむつライナー
出典:amazon.co.jp

赤ちゃん本舗おしりも拭けるおむつライナー

2,980円 (税込)

タイプ使い捨てタイプ
材質天然パルプ・レーヨン
サイズ縦30×横16cm
1枚あたりの価格約2円(定価の場合)
2位
布おむつライナー 華布 オーガニックコットンの布おむつライナー
出典:amazon.co.jp

華布オーガニックコットンの布おむつライナー

1,382円 (税込)

タイプ布タイプ
材質オーガニックコットン
サイズ縦32×横16cm
1枚あたりの価格1,382円
1位
タイプ使い捨てタイプ
材質ポリエステル
サイズ-
1枚あたりの価格約4円

おすすめ人気布おむつ用ライナーの比較一覧表

商品画像
1
布おむつライナー ピジョン ソフライナー

ピジョン

2
布おむつライナー 華布 オーガニックコットンの布おむつライナー

華布

3
布おむつライナー 赤ちゃん本舗 おしりも拭けるおむつライナー

赤ちゃん本舗

4
布おむつライナー チュチュベビー アトピッシュライナー

チュチュベビー

5
布おむつライナー ボーンベビー バンブー おむつライナー

ボーンベビー

6
布おむつライナー エルフ ベビー 新生児おむつライナー

エルフ ベビー

7
布おむつライナー オーガニックガーデン メッシュおむつライナー

オーガニックガーデン

8
布おむつライナー バンビーノミオ ミオライナー

バンビーノミオ

9
布おむつライナー エンゼル ソフトベビー

エンゼル

10
布おむつライナー ラピススター おむつライナー

ラピススター

商品名

ソフライナー

オーガニックコットンの布おむつライナー

おしりも拭けるおむつライナー

アトピッシュライナー

バンブー おむつライナー

新生児おむつライナー

メッシュおむつライナー

ミオライナー

ソフトベビー

おむつライナー

特徴コスパ最強で手間いらずなライナー無漂白だから赤ちゃんのお肌に安全おしりふきとしても使えて便利キトサン配合でアトピー肌にも優しい使い心地吸収性と速乾性に優れ、消臭や抗菌効果もあり汚れが目立ちにくいボーダーデザイン上質な素材で赤ちゃんの肌に優しい国産ブランドトイレに流せるのはミオライナーだけ濡れた感覚をしっかり残すのに、お尻はサラサラコスパが良いからたくさん買える
価格698円(税込)1,382円(税込)2,980円(税込)1,480円(税込)1,300円(税込)1,422円(税込)1,404円(税込)1,064円(税込)4,968円(税込)1,280円(税込)
タイプ使い捨てタイプ布タイプ使い捨てタイプ使い捨てタイプ布タイプ布タイプ布タイプ使い捨てタイプ布タイプ布タイプ
材質ポリエステルオーガニックコットン天然パルプ・レーヨン天然素材バンブーテリー・マイクロファイバーオーガニックコットンオーガニックコットン綿ポリエステル・綿綿
サイズ-縦32×横16cm縦30×横16cm縦31×横16cm縦35×横14cm縦46×横17cm縦34×横14cm-縦47×横23cm約46×17cm
1枚あたりの価格約4円1,382円約2円(定価の場合)約6円約434円約143円702円約11円約497円128円
商品リンク

布おむつ用ライナーの使い方

おむつライナーは、布おむつの上に敷くだけなので使い方は簡単です。特にうんち汚れは落としにくいので、ライナーありと無しではだいぶ手間が減りますよ。

背中側に漏れやすい・横から漏れやすいなど特徴がある時は、ライナーの畳み方を工夫してみてください。背中を厚めにしたり、横を二重にするなどすれば、より漏れを防止することができます。布おむつも同じように、漏れやすい部分を厚めにしておくと安心できますので、ぜひ試してみてくださいね。

なお以下のリンクではおすすめの布おむつもご紹介していますので、気になる方は併せてチェックしてみてください。

布おむつと一緒に使いたいアイテムはこちら

普段は布おむつでも、お出かけの時や夜寝る時には紙おむつに切り替えて育児しているママもたくさんいます。またおむつ替えの際には紙おむつ同様におしりふきも欠かせませんので、一緒に準備しておくと大変便利です。布おむつと一緒に使いたい便利なアイテムは、以下の記事もご参考にどうぞ。

まとめ

布おむつ用ライナーをご紹介しましたが、お気に入りの商品は見つかりましたか?布おむつでの育児は肌に優しいことやおむつ外れまでの早さ、コスパが良いなどメリットも多くなっていますが、どうしても汚れが落としにくいこともあります。

そんな時はライナーを使えばもっと負担なく布おむつでの育児ができるので、ぜひ使って、育児を楽しくしてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す