【徹底比較】真空保存容器のおすすめ人気ランキング11選

【徹底比較】真空保存容器のおすすめ人気ランキング11選

売れ筋の人気真空保存容器11商品を全て集めて、徹底的に比較しました!

食べ物の湿気や酸化を防ぎ、鮮度や風味を保ってくれる真空保存容器。作り置きの料理やまとめ買いした食品の保存以外にも、ペットフードの保存などさまざまな用途があり、大変魅力的な商品ですよね。しかしいざ買おうと思って探してみると、手動・電動の違いのほか、OXOや新鮮倉庫など、メーカーやブランドもさまざまなので、どれを買ったらいいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の真空保存容器11商品を全て集めて、最もおすすめの真空保存容器を決定したいと思います!


全11商品を実際に使用して、以下3点について比較・検証を行いました。

  1. 脱気力
  2. 脱気後にキープする力
  3. 使いやすさ


ベストバイに輝く真空保存容器はどれなのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年03月05日
  • 77,862  views
目次

真空保存容器を使うメリット

真空保存容器を使うメリット

真空保存容器とは容器内の空気を抜き、真空状態で保存するための容器を指します。空気に触れさせないことで食品の酸化を遅らせ、鮮度を保つことが目的です。


また、真空保存することで、湿気も防ぐことができます。コーヒー豆や乾物など以外にも、ペットフードの保存に真空保存容器を使用している人もいますよ。


真空状態で保存した食品は冷蔵庫で保存し、食べる前に再加熱すれば、細菌の繁殖を防ぐこともできます。このように、一般家庭でもさまざまなシーンで活躍してくれますよ。

真空保存容器の選び方

比較検証の前に、まずは真空保存容器を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

①「楽に・強く」脱気できる真空保存容器を選ぼう

①「楽に・強く」脱気できる真空保存容器を選ぼう

真空保存容器は、簡単に空気を抜くことができ、空気を抜く力、つまり「脱気力」ができるだけ強いものを選びましょう。脱気方法には手動と自動があり、楽さと脱気力にも関わってきます。


手軽さと脱気力のどちらをより重視するかで手動を選ぶか、自動を選ぶかは変わってきます。強さをより求める人には手動タイプ、楽さのほうが重要という人には自動タイプがおすすめです。


一般的に手動タイプはしっかりと脱気できる商品が多いのがメリットですが、空気を抜くために力が要ることがあるのがデメリットです。


反対に自動タイプは簡単に脱気できるところが最大の特長ですが、空気の抜け方が甘い場合や、脱気装置を設置するのに場所や時間がかかる場合があります。

②キープ力の高いパッキン付きを選ぼう

②キープ力の高いパッキン付きを選ぼう

真空保存容器は、せっかく脱気しても時間が経つごとに空気が入ってきてしまったら意味がありません。


そのため、時間が経過しても真空状態をキープできるものを選びましょう。タッパー型保存容器のように、パッキンがついているものはキープ力が高い傾向にあります。

③開けやすさや洗いやすさもチェックしよう

③開けやすさや洗いやすさもチェックしよう

真空保存容器の使いやすさを決めるポイントは開けやすさ、洗いやすさなどにもあります。


特に開けやすさは重要で、空気を入れたあとも開けにくい真空保存容器は中身をこぼしてしまう可能性も…。フタはがっちり閉まっていればよいというわけではありません。


また、分解できるかなど、洗いやすさのチェックもお忘れなく。容器自体がタッパーのような形になっているものは洗いやすく、食品の保存に適しています


この記事では真空保存容器の使いやすさについても検証したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

④用途に合わせて素材・形状を使い分けよう

真空保存容器には素材や形状にさまざまな種類があり、それぞれに適した用途があります。想定している使い方にあった真空保存容器を選びましょう。

レンジ・冷凍に対応しているものなら用途が広がる

レンジ・冷凍に対応しているものなら用途が広がる

真空保存容器は素材や脱気方法によって、容器をそのまま電子レンジや冷凍庫に入れられるかが決まります。


レンジ・冷凍対応なら保存できるものの幅が広がって便利です。タッパー型保存容器のように四角い形状なら冷蔵庫の中で整理しやすいですよ。


自動式真空保存容器の場合、脱気装置が容器にそのままくっついているものは電子レンジや冷蔵庫・冷凍庫に入れらないので注意しましょう。

中身が見えれば取り出しもスムーズ

中身が見えれば取り出しもスムーズ

真空保存容器に限らず、保存容器全般に言えることですが、容器本体かフタのどちらか一方は中が見える素材になっていると何を入れたか一目瞭然!中を確認するために開閉しなくても済むので、その分保存している食品の酸化を防ぐことができます。

保存するものに合わせてサイズ・形を変えよう

保存するものに合わせてサイズ・形を変えよう

真空保存容器にはさまざまなサイズ・形状があります。中に入れるものの量が少ないときは小さい容器に入れたほうが鮮度を保つことができるので、複数のサイズをそろえておくのがおすすめ。


パスタ専用、パン専用など、真空保存容器は種類が豊富!専用のものは形状やサイズ、脱気力が使いやすいように工夫されているので、保存したいものが決まっている方は専用の真空保存容器が無いか一度調べてみましょう

売れ筋の人気真空保存容器全11商品を徹底比較!

売れ筋の人気真空保存容器全11商品を徹底比較!

ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の真空保存容器11商品をすべて集め、どれが最も優れた真空保存容器なのか検証していきます。


<今回検証した商品>

  1. FoodSaver|真空保存ボックス
  2. アピデ|自動真空キャニスター
  3. LOCKSY|真空保存容器ピュアポイント
  4. 富士ホーロー|ハニーウェア
  5. ショップジャパン|FOSA
  6. スケーター|真空パンケース
  7. ANKOMN|セビア・ターンシール・エバーロック
  8. タマハシ|マリ・クレールガラス保存ポット
  9. バキュームセーバー|コロポット 密閉・真空ガラスポット
  10. 加藤産業|食品用真空保存容器
  11. 協和工業|キョウワ みえる真空保存容器

上記の選び方のポイントを踏まえて、検証項目は以下の3項目としました。

検証①:脱気力

検証②:脱気後にキープする力

検証③:使いやすさ

検証①:脱気力

検証①:脱気力

まず、真空保存容器の「脱気力」を検証していきます。


真空保存容器の中に気圧計を入れ、空気を抜きます。元の気圧からどれだけ気圧が下がったかで脱気力を算出しました。

【検証結果ハイライト】脱気力の強さは手動・自動で判断できない!ポンプ式か専用機器がついているものがおすすめ

【検証結果ハイライト】脱気力の強さは手動・自動で判断できない!ポンプ式か専用機器がついているものがおすすめ

一般的に手動はしっかり脱気でき、自動は脱気力が弱い商品が多いとされています。しかし実際にテストすると、手動のなかでもポンプ式は脱気力が強く、そうでないものは脱気力が弱い傾向がありました。


また、自動式のなかでも専用の機器で脱気するものは気圧計のメーターが振り切れるほど脱気力が強く、自動だから空気が抜けないというわけではないことが分かりました。


手動ならポンプ式、自動なら専用機器で脱気する真空保存容器を選べば、食品を安心して保存できると言えそうです。

検証②:脱気後にキープする力

検証②:脱気後にキープする力

次に真空保存容器の「脱気後にキープする力」を検証します。


気圧計を入れて脱気した真空保存容器を12時間放置。容器内の気圧変化を計測しました。

【検証結果ハイライト】すべての真空保存容器がキープ力90%超!100%はそのなかでも2つ

【検証結果ハイライト】すべての真空保存容器がキープ力90%超!100%はそのなかでも2つ

すべての真空保存容器がキープ力90%超という、レベルの高い争いに!


12時間後も脱気直後から気圧をまったく変えずにキープできたのは手動式のスケーターと、バキュームセーバーの2つ。どちらもポンプ式で、容器にはパッキンがついているタイプです。


数時間おきに自動で再脱気してくれるアピデには期待が集まりましたが、徐々に気圧が高くなってしまいました。

検証③:使いやすさ

検証③:使いやすさ

最後に真空保存容器の「使いやすさ」を検証します。


実際に真空保存容器を使用し、閉めやすさ・脱気のしやすさ・開けやすさ・洗いやすさ・商品の特徴などをチェックし、総合的な使い勝手を比較しました。

【検証結果ハイライト】使いやすさの決め手は「開けやすさ」!キョウワは中身がこぼれてしまいそう…

【検証結果ハイライト】使いやすさの決め手は「開けやすさ」!キョウワは中身がこぼれてしまいそう…

傾向として、自動式は専用機器がある場合、手動式と比べると準備がやや面倒に感じてしまいます。一方で、ボタンを押すだけのアピデはとても手軽!脱気の手軽さを求めて自動式を購入するならアピデがおすすめです。


手動式では、ポンプタイプは全体的に容器が洗いやすい傾向にありました。フタ上部を回すタイプは部品が多いため洗うときに少し手間がかかってしまいます。


脱気方法問わず差がついたのは「開けやすさ」!キョウワの真空保存容器は脱気孔を押して空気を入れた後でもフタが固く、なかなか開けられませんでした。また、フタが大きいものは柔軟性のある素材だと開けやすいことも分かりました。

【最終結果】真空保存容器のおすすめ人気ランキングBEST11

それではいよいよ、これまでの比較・検証を踏まえ、真空保存容器のおすすめ人気ランキングBEST11を発表します!


なお、各商品の総合評価は各検証項目の単純平均ではなく、真空保存容器を選ぶうえで必要不可欠な脱気力・脱気後にキープする力の評価を重視してランキングを作成しました。

11位

タマハシマリ・クレール ガラス製真空保存ポット

4,611円 (税込)

脱気方法手動(専用ポンプ)
素材本体:ソーダガラス/フタ:シリコン樹脂・TPR 樹脂・ポリプロピレン
サイズ直径9×高さ10.5cm
容量500ml
形状円筒
脱気力1.0
キープ力1.0
使いやすさ2.5
総合評価1.2
10位
脱気方法手動(手で押す)
素材本体・フタ:ポリプロピレン/パッキン:シリコーン
サイズ幅19×奥行6.3×高さ11.5cm
容量500ml
形状四角
脱気力0.5
キープ力3.0
使いやすさ4.0
総合評価2.0
9位
脱気方法電動(要乾電池)
素材ABS樹脂
サイズ幅11.5×奥行11.5×高さ22.5cm
容量1000ml
形状円筒
脱気力3.0
キープ力1.0
使いやすさ4.0
総合評価2.2
8位

富士ホーローヴィード 真空琺瑯容器 浅型 角容器M

1,797円 (税込)

脱気方法手動(要専用ポンプ)
素材本体:琺瑯鋼板/フタ:ポリプロピレン/バルブ:シリコーン
サイズ幅18×奥行12×高さ6cm
容量740ml
形状四角
脱気力2.0
キープ力2.0
使いやすさ4.5
総合評価2.3
7位
脱気方法手動(フタにポンプ)
素材本体・フタ:ポリスチレン/パッキン:シリコーン
サイズ幅13×奥行13×高さ20.5cm
容量1500ml
形状円筒
脱気力1.5
キープ力4.0
使いやすさ3.0
総合評価2.8
6位
脱気方法手動(専用ポンプ)
素材本体:ソーダガラス(フロスト)/フタ:ポリプロピレン・熱可塑性ラバー
サイズ幅18.5×奥行8×高さ10cm
容量500ml
形状円筒
脱気力0.5
キープ力5.0
使いやすさ3.5
総合評価2.8
5位

FoodSaver真空パック容器 フレッシュボックス 2カップ

FA2SC22040

1,780円 (税込)

脱気方法電動(要ボックスセーバー本体)
素材トライタン
サイズ幅15.8×奥行7.9×高さ10.8cm
容量475ml
形状四角
脱気力2.0
キープ力4.0
使いやすさ3.5
総合評価3.1
4位
脱気方法手動(ダイアル式)
素材本体:PC樹脂/フタ:ABS樹脂・シリコンゴム
サイズ幅10.5×奥行10.5×高さ12.5cm
容量600ml
形状四角
脱気力3.5
キープ力3.0
使いやすさ5.0
総合評価3.4
3位
脱気方法手動(専用ポンプ)
素材本体・フタ:飽和ポリエステル樹脂
サイズ幅15.7×奥行6.3×高さ19cm
容量3800ml
形状四角
脱気力2.0
キープ力5.0
使いやすさ4.5
総合評価3.6
2位
脱気方法電動(要乾電池)
素材ポリプロピレン・AS樹脂・熱可塑性エラストマー
サイズ容器小:直径13.5×高さ7.5cm/容器中:直径13.5×高さ9.5cm/容器大:直径13.5×高さ14.5cm
容量容器小:600ml/容器中:850ml/容器大:1350ml
形状ボウル
脱気力4.0
キープ力4.0
使いやすさ4.5
総合評価4.1
1位
脱気方法手動(専用ポンプ)
素材強化PS樹脂・シリコンゴム
サイズ直径10.2×高さ14.4cm
容量600ml
形状円筒
脱気力4.5
キープ力4.0
使いやすさ5.0
総合評価4.3

人気真空保存容器の検証結果比較表

商品画像
1
真空保存容器 加藤産業 真空保存庫 スターターセット 1枚目

加藤産業

2
真空保存容器 ショップジャパン フォーサ 1枚目

ショップジャパン

3
真空保存容器 スケーター スケーター 真空 パンケース 1枚目

スケーター

4
真空保存容器 ANKOMN 真空保存容器ターンシール 0.6L 1枚目

ANKOMN

5
真空保存容器 FoodSaver 真空パック容器 フレッシュボックス 2カップ 1枚目

FoodSaver

6
真空保存容器 バキュームセーバー コロポット 500ml 1枚目

バキュームセーバー

7
真空保存容器 協和工業 キョウワ みえる真空保存容器 1.5L 1枚目

協和工業

8
真空保存容器 富士ホーロー ヴィード 真空琺瑯容器 浅型 角容器M 1枚目

富士ホーロー

9
真空保存容器 アピデ giaretti 自動真空キャニスター 1枚目

アピデ

10
真空保存容器 LOCKSY 真空保存容器 ピュアポイント 0.5L 1枚目

LOCKSY

11
真空保存容器 タマハシ マリ・クレール ガラス製真空保存ポット 1枚目

タマハシ

商品名

真空保存庫 スターターセット

フォーサ

スケーター 真空 パンケース

真空保存容器ターンシール 0.6L

真空パック容器 フレッシュボックス 2カップ

コロポット 500ml

キョウワ みえる真空保存容器 1.5L

ヴィード 真空琺瑯容器 浅型 角容器M

giaretti 自動真空キャニスター

真空保存容器 ピュアポイント 0.5L

マリ・クレール ガラス製真空保存ポット

特徴シンプルな構造で誰でも使いやすい!果実酒づくりにもおすすめ自動式で最もおすすめ!バランスの良さが光る保存容器パンだけではもったいない!キープ力・手軽さともに申し分なし使いやすさは最高ランク!性能自体は平均的なレベル仰々しい専用機器のわりに空気は抜けない!キープ力は高評価キープ力・使いやすさは平均以上でも肝心の脱気力が弱い真空にするための工程が多く、ポンプも硬い。力の弱い人に...脱気力と使いやすさは高評価!しかしキープ力が足を引っ張った…自動再脱気の機能が結果に表れなかった保存容器使い勝手はよいのに脱気力が足りない!普通のタッパー型保...ポンプが固く空気が抜けない!ブランド名にこだわりのある...
最安値
2,145
送料別
詳細を見る
10,890
送料無料
詳細を見る
1,928
送料要確認
詳細を見る
6,056
送料要確認
詳細を見る
1,780
送料要確認
詳細を見る
2,549
送料要確認
詳細を見る
1,780
送料別
詳細を見る
1,797
送料要確認
詳細を見る
2,780
送料要確認
詳細を見る
1,398
送料要確認
詳細を見る
4,611
送料要確認
詳細を見る
脱気方法手動(専用ポンプ)電動(要乾電池)手動(専用ポンプ)手動(ダイアル式)電動(要ボックスセーバー本体)手動(専用ポンプ)手動(フタにポンプ)手動(要専用ポンプ)電動(要乾電池)手動(手で押す)手動(専用ポンプ)
素材強化PS樹脂・シリコンゴムポリプロピレン・AS樹脂・熱可塑性エラストマー 本体・フタ:飽和ポリエステル樹脂本体:PC樹脂/フタ:ABS樹脂・シリコンゴムトライタン本体:ソーダガラス(フロスト)/フタ:ポリプロピレン・熱可塑性ラバー本体・フタ:ポリスチレン/パッキン:シリコーン本体:琺瑯鋼板/フタ:ポリプロピレン/バルブ:シリコーンABS樹脂本体・フタ:ポリプロピレン/パッキン:シリコーン本体:ソーダガラス/フタ:シリコン樹脂・TPR 樹脂・ポリプロピレン
サイズ直径10.2×高さ14.4cm容器小:直径13.5×高さ7.5cm/容器中:直径13.5×高さ9.5cm/容器大:直径13.5×高さ14.5cm幅15.7×奥行6.3×高さ19cm幅10.5×奥行10.5×高さ12.5cm幅15.8×奥行7.9×高さ10.8cm幅18.5×奥行8×高さ10cm幅13×奥行13×高さ20.5cm幅18×奥行12×高さ6cm幅11.5×奥行11.5×高さ22.5cm幅19×奥行6.3×高さ11.5cm直径9×高さ10.5cm
容量600ml容器小:600ml/容器中:850ml/容器大:1350ml3800ml600ml475ml500ml1500ml740ml1000ml500ml500ml
形状円筒ボウル四角四角四角円筒円筒四角円筒四角円筒
脱気力4.54.02.03.52.00.51.52.03.00.51.0
キープ力4.04.05.03.04.05.04.02.01.03.01.0
使いやすさ5.04.54.55.03.53.53.04.54.04.02.5
総合評価4.34.13.63.43.12.82.82.32.22.01.2
商品リンク

真空保存容器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、真空保存容器のAmazon・楽天での売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

今回は売れ筋上位の人気真空保存容器11商品を徹底比較しました!


一見同じような使い方でも脱気力やキープ力に違いが出て驚きました。個人的には自動式ならではの手軽さに加え、脱気力も手動式に劣らない2位の商品がお気に入りです。真空保存容器は家庭にひとつあれば意外と多くのシーンで役に立つもの。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


文:照井絵梨奈、写真:稲垣佑季・ねこちゃば

ランキング作成日:2019/12/24

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す