1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. 衛生用品
  6. >
  7. 爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選【手洗いで爪先まで清潔に!】
  • 爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選【手洗いで爪先まで清潔に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選【手洗いで爪先まで清潔に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選【手洗いで爪先まで清潔に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選【手洗いで爪先まで清潔に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選【手洗いで爪先まで清潔に!】のアイキャッチ画像5枚目

爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選【手洗いで爪先まで清潔に!】

落ちにくい手や足の汚れを落としてくれるアイテムが、爪ブラシです。1日のうちに手洗いは何度も行いますが、意外と手は汚れているということをご存知でしょうか?特に爪の周りは、手の中でも汚れが落ちにくい場所のひとつ。手をこすり合わせるだけではなかなか落ちないので、しっかり汚れを落としたいなら、爪ブラシを使って洗うのがおすすめです。

今回は、爪ブラシを選ぶポイントと通販で購入できるおすすめの人気爪ブラシをランキング形式でご紹介します。いつもの手洗いにちょっと手間をかけて、手をきれいにしてみませんか?意外とかわいいデザインの爪ブラシも多いので、楽しくケアできるアイテムを見つけてくださいね。
  • 最終更新日:2020年09月10日
  • 92,266  views
目次

どうして爪ブラシが必要なのか

「わざわざ爪ブラシを使う必要があるのか?」と、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。


爪ブラシの選び方を紹介する前に、なぜ手を洗うときに爪ブラシを使ったほうがいいのかを説明します。

手は汚れが落ちにくい

手は汚れが落ちにくい
手の汚れは、思っているより取れにくいもの。手洗いだけで汚れをしっかり取るには、かなりていねいに、隅々まで手をこすり合わせなければならなく、数秒で終わるような手洗いだと、実はあまり汚れが取れてません。

医療従事者や介護職員などが行う研修や、教育機関で行われる研修の中に、「手洗い研修」というものがあります。これは、手に蛍光塗料を塗っていつも通りに手洗いを行って、どのくらい落ちているかを見るもの。やってみると、どんなにていねいに洗っているつもりでも、爪のまわりや指の間はなかなか蛍光塗料が落ちないのです。

では、こするだけでは落ちにくい汚れは、どうしたらいいのでしょうか?その答えは「爪ブラシ」を使うことです。毎回時間をかけて手をていねいにこすり合わせて手洗いするのはとても大変、、でも爪ブラシを使えば、手では取れないような細かいところの汚れをしっかり落とせます。

手が汚れやすい仕事をしている方や、外で遊んで手が汚れることが多い小さな子供などは特に、定期的に爪ブラシを使うようにすると良いでしょう。

足の爪にも注意が必要

足の爪にも注意が必要
手の爪と同様に、足の爪も汚れが落ちにくい場所です。裸足で遊んだ子どもなどは、爪の間に砂が入ってしまうことも多く汚れを落とすのが大変なこともありますよね。そんな足の爪は、水で流したりスポンジで洗ったりするだけでは、汚れが十分に落ちていない可能性があります。

お風呂に入ったとき、体を洗うついでに爪ブラシを使って爪まわりを洗うようにすれば、汚れをしっかり落とせますよ。

爪ブラシの選び方

爪ブラシというとどれも同じように見えますが、実は違います。おすすめの爪ブラシを紹介する前に、まずは爪ブラシを選ぶポイントについてご説明していきましょう。

毛の硬さが好みの爪ブラシを選ぼう

毛の硬さが好みの爪ブラシを選ぼう
爪ブラシを選ぶときにまず見ておきたいポイントが、ブラシの毛の硬さ。しっかりした硬さのブラシから柔らかめのブラシまで、商品によってまちまちです。

「あまり毛が硬いブラシは好みでない」「しっかり汚れを落としたいから硬いブラシがいい」「皮膚が強くないので柔らかめの毛がいい」という方もいるかもしれません。ひとそれぞれブラシの硬さは好みがあり、使う用途によっても変わります。ただ、子どもに爪ブラシを選ぶときは、肌が薄いのでやわらかめを選ぶのがおすすめです。

実際に触ってみたり、商品の説明文をチェックしたりして、自分好みの硬さの毛の爪ブラシを選ぶようにすると良いでしょう。

洗いやすい形を吟味しよう

洗いやすい形を吟味しよう
毎日のように使う爪ブラシですから、手にフィットして洗いやすい形をしたものが便利です。あまり使いにくいものを選ぶと、毎日使うにはハードルが高くなってしまいます。

コンパクトなデザインの爪ブラシは、場所をとらない反面、握りにくくて使いにくいという場合もあります。また、細かいところを洗いたいという場合には、あまり大きい形の爪ブラシは洗いにくいということもあります。

どの場所に使うかを事前に考え、自分の手の形や使い方に合うものを選ぶようにしてみましょう。

水切りしやすい工夫があると便利

水切りしやすい工夫があると便利
手や足を洗うときは水を使いますから、当然のことながら爪ブラシも水でぬれてしまいます。爪ブラシそのものを清潔に保つには、使ったあとにしっかり水切りをして、乾かさなくてはなりません。

なので、爪ブラシ自体が何かに引っ掛けやすいような形になっていたり、直立できる形になっていると、水切りをしやすいので便利です。

爪ブラシは爪のまわりを清潔にするための道具なので、ずっと湿った状態では不潔になってしまいます。しっかりと乾かして清潔な状態を保ちやすい工夫をするようにしましょう。

ブラシ以外の機能もあり

ブラシ以外の機能もあり
爪ブラシの中には、軽石やヤスリなどと一体型になっている商品もあります。こういった商品はどちらかというと、足のケア用品になります。

このようなタイプの爪ブラシは、手の爪を洗いたい方には向いていませんが、爪を含めた足のケアをしっかりとしたいという方にはおすすめのタイプになります。

浴室に置くケアグッズをコンパクトにしたいのであれば、ブラシ以外の機能と一体になっている爪ブラシを選ぶと良いでしょう。

爪ブラシのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、爪ブラシのおすすめ商品をご紹介します。毎日ストレスなく使えるお気に入りを見つけてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月21日時点)を参考に、編集部独自で順位付けしています。

10位
ブラシの素材ナイロン100%
サイズ(全長×幅×高さ)80×32×46mm
9位
ブラシの素材ナイロン
サイズ(全長×幅×高さ)75.9×37.8×31.6mm
8位
ブラシの素材ナイロン
サイズ(全長×幅×高さ)100×38mm
7位
ブラシの素材豚毛100%
サイズ(全長×幅×高さ)70×25×25mm
6位
ブラシの素材-
サイズ(全長×幅×高さ)141×85×28mm
5位
ブラシの素材ポリプロピレン
サイズ(全長×幅×高さ)110×43×30mm
4位
ブラシの素材ポリエステル
サイズ(全長×幅×高さ)102×35×20cm
3位
ブラシの素材パキンファイバー
サイズ(全長×幅×高さ)140×40×65mm
2位
ブラシの素材ナイロン
サイズ(全長×幅×高さ)165×67×32mm
1位
ブラシの素材豚毛100%
サイズ(全長×幅×高さ)70×28×33mm

人気爪ブラシの比較一覧表

商品画像
1
爪ブラシ カナヤブラシ産業 爪ブラシ 1枚目

カナヤブラシ産業

2
爪ブラシ サラヤ つめブラシ 1枚目

サラヤ

3
爪ブラシ アイガーツール 業務用手洗いブラシ 1枚目

アイガーツール

4
爪ブラシ アスワン サニフィットハンドブラシ 1枚目

アスワン

5
爪ブラシ オーエ 手洗いしま専科 爪ブラシ 1枚目

オーエ

6
爪ブラシ ラ・プリマベーラ 男性用 爪ブラシ 1枚目

ラ・プリマベーラ

7
爪ブラシ アートブラシ アートブラシの爪ブラシ  1枚目

アートブラシ

8
爪ブラシ トラスコ中山 ネイルハンドブラシ  1枚目

トラスコ中山

9
爪ブラシ 貝印 119 ツメブラシ 1枚目

貝印

10
爪ブラシ アイセン エスケア つめブラシ 1枚目

アイセン

商品名

爪ブラシ

つめブラシ

業務用手洗いブラシ

サニフィットハンドブラシ

手洗いしま専科 爪ブラシ

男性用 爪ブラシ

アートブラシの爪ブラシ

ネイルハンドブラシ

119 ツメブラシ

エスケア つめブラシ

特徴硬さが違う2種類の豚毛を使い分け衛生的に収納できる専用ハンガー付き植物性の天然素材で油汚れもバッチリ!食品工場の声から作られたHACCP対応ブラシ吊り下げ可能でいつも衛生的全長14cmのメンズサイズ。手の大きい方におすすめ伝統の技術で作った豚毛ブラシアーチ型の短いブラシが爪の汚れを落とす2種類のブラシを部位に合わせて使い分けバスタイムが楽しくなるキュートなシリーズ
最安値
800
送料別
詳細を見る
327
送料別
詳細を見る
569
送料別
詳細を見る
488
送料要確認
詳細を見る
247
送料要確認
詳細を見る
187
送料要確認
詳細を見る
990
送料無料
詳細を見る
461
送料要確認
詳細を見る
365
送料別
詳細を見る
205
送料無料
詳細を見る
ブラシの素材豚毛100%ナイロンパキンファイバーポリエステルポリプロピレン-豚毛100%ナイロンナイロンナイロン100%
サイズ(全長×幅×高さ)70×28×33mm165×67×32mm140×40×65mm102×35×20cm110×43×30mm141×85×28mm70×25×25mm100×38mm75.9×37.8×31.6mm80×32×46mm
商品リンク

手洗いの習慣化にはソープディスペンサーがおすすめ!

固形石鹸を泡立てて手を洗うのが面倒という方には、ソープディスペンサーがおすすめ。プッシュするだけで泡状のソープが出てくるものもあり、手軽なため小さなお子さんにも習慣化させやすいですよ。以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

単純なようで、実は奥が深い爪ブラシ。普段の生活でどのくらい手足が汚れるのかや、誰が使うのか、ブラシの硬さの好みなどで適した爪ブラシは異なってきます。

多少値段に幅はありますが、数百円で購入できるものが多いので、まずは気になるものから試してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す