• 【工具箱に揃えたい】モンキーレンチのおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【工具箱に揃えたい】モンキーレンチのおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【工具箱に揃えたい】モンキーレンチのおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【工具箱に揃えたい】モンキーレンチのおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【工具箱に揃えたい】モンキーレンチのおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像5枚目

【工具箱に揃えたい】モンキーレンチのおすすめ人気ランキング8選

DIYで意外に使うことの多いボルトとナット。様々なサイズのボルトを締めるために大活躍するのが、レンチやスパナです。その中でも、幅を調整できる「モンキーレンチ」(アジャスタブルレンチ)は特に汎用性が高いでしょう。

DIY初心者でも、ドライバーやハンマーなどと一緒にツールボックスにあると便利なモンキーレンチ。有名なところでは、ロブスターのロゴでおなじみのロブステックスのレンチをご存じの方も多いかも。今回は失敗しない選び方と、工具セットの中に一つは揃えておきたいオススメのモンキーレンチをご紹介します!
  • 最終更新日:2019年07月27日
  • 40,805  views
目次

モンキーレンチの選び方

さまざまなものが発売されているモンキーレンチですが、一体どんなモンキーレンチを選べば失敗が無いのでしょうか?以降では、いくつかのポイントに絞って選び方を解説していきます。

幅が調節しやすい

幅が調節しやすい
モンキーレンチの最大の利点、幅の調節機能がまず使いやすいことが一番です。レンチのくちばし部分の根本にあるねじのようなパーツを「ウォームギア」と言い、これを親指でクルクル回すことによって幅を調節します。通販レビューなどを見た際に、「親指にあとがつくくらい力を入れないと回らない」や、反対に「ほとんど触ってないのに勝手に回る」と報告されているものは避けましょう。

また、ナットを回してみたときに手が触れてしまう位置にウォームギアが取り付けられているものもNGです。軽く力を入れるとウォームギアが回り、ナットの幅に合わせてきちんと設定できるというものが理想です。

メーカーによっては、ウォームギア周辺にくぼみをつけ、軍手をつけた状態でもウォームギアが調節できるように設計されているものもあります。

ウォームギアがぐらつかない

ウォームギアがぐらつかない
モンキーレンチをナットに合わせたら、次はその状態でレンチの幅が維持されるかどうかが重要になってきます。

回している間にレンチの幅が変わると、ナットとの間に隙間ができてしまって、うまく力が伝わりません。それどころか、ナットの角をなめてしまって、どうやっても回らなくなってしまいます。

レビューを見てレンチを選ぶときには、「ズレる」「ズレない」といった報告に注目してみましょう。回しているうちにズレてしまう、という報告が多いものは避けます。反対に、いいモンキーレンチの場合はレビューに必ず「ぴたっと決まってズレない!」といった嬉しそうな報告がよく見られますよ。

力の入れやすい持ち手

力の入れやすい持ち手
モンキーレンチは、力を入れて締め上げることによって、ナットやボルトを固定する道具です。そのため、締めるために力の入れやすいものがよいでしょう。一本くらいなら気になりませんが、何本も締めるとなると、作業効率が大きく異なってきます。また、うまく絞められていないナットはすぐに緩んできてしまいます。

形状は、まっすぐか持ちやすいカーブがつけられているもの。持ち手の自体の厚みも重要です。厚みのないレンチは、締め上げようと持ち手に体重をかけたときに肉に食い込んでしまって、手を痛めてしまいます。メーカーによっては厚みの寸法がわかる図がある場合もあるので、検討の際のポイントにしてみるといいかもしれません。

モンキーレンチは全体が金属製のものが多くなっていますが、なかにはゴム製のグリップがつけられたものもあります。写真などでグリップのデザインを見て、手に合うか考えてみるのもよいでしょう。

モンキーレンチのおすすめ人気ランキング5選

それでは早速、おすすめのモンキーレンチをご紹介したいと思います。これまで解説してきた選び方のポイントと併せて、モンキーレンチ選びの参考にしてくださいね。
5位
全長250mm
最大開口29mm
4位
モンキーレンチ ロブテックス プロ仕様モンキーレンチ 1枚目
出典:amazon.jp

ロブテックスプロ仕様モンキーレンチ

UM36XD

2,257円 (税込)

全長250mm
最大開口36mm
3位
全長250mm
最大開口35mm
2位
モンキーレンチ トップ 薄型軽量ワイドモンキレンチ 1枚目
出典:amazon.jp

トップ薄型軽量ワイドモンキレンチ

HY-30

1,527円 (税込)

全長270mm
最大開口30mm
1位
全長155mm
最大開口20mm

おすすめ人気 モンキーレンチの比較一覧表

商品画像
1
モンキーレンチ バーコ モンキーレンチ 1枚目

バーコ

2
モンキーレンチ トップ 薄型軽量ワイドモンキレンチ 1枚目

トップ

3
モンキーレンチ KTC モンキーレンチ 1枚目

KTC

4
モンキーレンチ ロブテックス プロ仕様モンキーレンチ 1枚目

ロブテックス

5
モンキーレンチ KENOH モンキーレンチ 250mm 1枚目

KENOH

商品名

モンキーレンチ

薄型軽量ワイドモンキレンチ

モンキーレンチ

プロ仕様モンキーレンチ

モンキーレンチ 250mm

特徴定番中の定番と呼ばれるモンキーレンチ狭い場所でもくちばし部分がひっかからない見とれるほど美しいフォルム鮮やかな赤いロブスターブランドコストパフォーマンスの良さで選ぶなら
価格1,927円(税込)1,527円(税込)3,113円(税込)2,257円(税込)616円(税込)
全長155mm 270mm 250mm250mm 250mm
最大開口20mm30mm35mm36mm29mm
商品リンク

【番外編】一味違う機能を持つモンキーレンチのおすすめ人気ランキング3選

ここからは、スタンダードなタイプとは一味違うモンキーレンチたちをご紹介します。さあ、気になる一品は見つかりますでしょうか…?
3位

SK11SPIDER ギアワイドモンキレンチ ラチェット付き

SPD-30GM

1,143円 (税込)

全長208mm
最大開口30mm
2位
モンキーレンチ トップ 薄型軽量ワイドモンキレンチ ショートエコワイド 1枚目
出典:amazon.jp

トップ薄型軽量ワイドモンキレンチ ショートエコワイド

HY-38S

2,243円 (税込)

全長157mm
最大開口38mm
1位

SK11スーパーワイドモンキーレンチ

SWM-50S

2,560円 (税込)

全長265mm
最大開口50mm

おすすめ人気 一味違う機能を持つモンキーレンチの比較一覧表

商品画像
1
モンキーレンチ SK11 スーパーワイドモンキーレンチ 1枚目

SK11

2
モンキーレンチ トップ 薄型軽量ワイドモンキレンチ ショートエコワイド 1枚目

トップ

3
モンキーレンチ SK11 SPIDER ギアワイドモンキレンチ ラチェット付き 1枚目

SK11

商品名

スーパーワイドモンキーレンチ

薄型軽量ワイドモンキレンチ ショートエコワイド

SPIDER ギアワイドモンキレンチ ラチェット付き

特徴大きなナットを使う水栓作業に大活躍手軽に持ち運べるミニサイズラチェットとの複合型多機能モンキーレンチ
価格2,560円(税込)2,243円(税込)1,143円(税込)
全長265mm 157mm 208mm
最大開口50mm38mm30mm
商品リンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は使い勝手に注目してご紹介させていただきました。機能的に個性的なものもあり、シーンにあわせて使い分けていきたいもの。

どのナットをどこで締めるために使うモンキーレンチなのか、自分のライフスタイルにあった一本を見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す