• 口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選【早く効くのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選【早く効くのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選【早く効くのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選【早く効くのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選【早く効くのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選【早く効くのはどれ?】

一つできただけでもつらい「口内炎」。ひどい症状のときは病院へ行くべきですが、軽いときは市販薬で何とかしたい、という方も多いもの。とはいえ、軟膏やスプレー、パッチを貼るタイプなど、その種類はさまざま。どれが一番効くのかわからず、迷ってしまう方もいらっしゃいますよね。


そこで今回は、口内炎薬の選び方と、人気が高いおすすめの商品を、ランキング形式でご紹介!飲み薬・貼り薬・塗り薬など色々な種類をピックアップしていますよ。子供に使う薬を選ぶアドバイスも!ぜひあなたの症状に合った口内炎薬を見つけてくださいね。

この記事に登場する専門家

たけろう
  • 最終更新日:2019年08月29日
  • 482,942  views
目次

口内炎薬の選び方

口内炎薬を選ぶ際は、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。適当に選んでしまうと、使いにくい・あまり効果がないということになりかねません。ポイントを押さえて、治療効果が実感できる、あなたの口内炎の症状に合ったものを選びましょう。

口内炎の数や場所に合ったタイプを選ぶ

口内炎薬は、主に、塗るタイプ・貼るタイプ・液体タイプ・飲むタイプの4種類。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。口内炎の数や場所に合ったものを選びましょう。

広い範囲の口内炎には、塗り広げられる「塗るタイプ」

広い範囲の口内炎には、塗り広げられる「塗るタイプ」

口内炎のお薬といえば、まず思い浮かぶのがこの「塗るタイプ」。軟膏タイプと呼ばれることがあります。指で塗り拡げることができるので、口内炎がいくつも広い範囲にできたときや、凹凸のある場所にできたときに最適です。


また、塗るタイプには有効成分に加え油分が含まれているので、水分を弾き、長時間患部を刺激から保護してくれるのも特徴。ただし、使うのに慣れていない方の場合には、使用中に違和感を感じてしまうこともあります。

小さい口内炎には、直接覆ってくれる「貼るタイプ」

小さい口内炎には、直接覆ってくれる「貼るタイプ」

小さい口内炎が2~3個までなら、貼るタイプがおすすめです。シールなので唾液や水分に流されてしまうことなく、患部により長く有効成分をとどめておくことができます。もちろん、患部を刺激から保護する効果もばっちりですよ。


ただし、凹凸がある場所だとはがれやすく、広い範囲の口内炎には適さないという弱点もあります。場所や個数をよく見て選ぶと良いでしょう。

軟膏やシールが苦手なら、違和感の少ない「液体タイプ」

軟膏やシールが苦手なら、違和感の少ない「液体タイプ」

塗るタイプや貼るタイプは便利ですが、慣れていないと口の中に違和感を覚えてしまうことも。軟膏やシールが苦手なら、違和感を感じにくい「液体タイプ」を選ぶのがおすすめです。薬の持続性はあまりありませんが、気軽に使えますよ。


口の奥や喉の近くなど、薬を塗ったり貼ったりすることが難しい場所に使うときも便利です。なお、液体タイプにはスプレー容器と目薬のような容器がありますが、スプレー容器の方が使いやすいですよ。

口内炎を繰り返すときは、予防もできる「飲むタイプ」

口内炎を繰り返すときは、予防もできる「飲むタイプ」

「飲むタイプ」は、口内炎を予防したいときや、口内炎を繰り返すとき・治りが悪いときに服用すると良いでしょう。ビタミンDなどの有効成分を経口で摂取することで、体の内側から口内炎を改善してくれます。口の中に薬を塗ることに抵抗がある方にもおすすめです。


ただし、他のタイプの口内炎薬に比べると、即効性はありません。痛みがひどくてつらいときは、他タイプの薬を一緒に使用してください。

ステロイド系か非ステロイド系かは症状に合わせて

ステロイド系か非ステロイド系かは症状に合わせて

口内炎薬に配合される成分は、ステロイド系と非ステロイド系に分かれます。炎症がひどい時には、ステロイド系の成分がおすすめ。中でも「トリアムシノロンアセトニド」が使われている薬が多く、炎症を素早く抑えてくれます。ただし、皮膚が薄くなる副作用がみられるので、長期連用には向きません。


炎症がある程度治まってきたときや、長期にわたって治療を行いたい時には、非ステロイド系のものが良いでしょう。抗炎症作用があるアズレンスルホン酸Na・トラネキサム酸・グリチルリチン酸や、粘膜の修復を助けるアラントインなどが配合されているものがありますよ。

子供に使うときは、薬のタイプや対象年齢をチェック!

子供に使うときは、薬のタイプや対象年齢をチェック!

子供に使う場合は、子供にとって抵抗の少ないタイプを選んであげることが大切です。貼るタイプや塗るタイプは、しばらく口の中に留まるため、子供が気持ち悪がったり嫌がったりすることも。お子さんには、できれば液体タイプを使ってあげると良いでしょう。


また、口内炎薬の対象年齢はさまざまなので、年齢に合っているかどうかも要チェック。年齢制限なく使えるものや、5歳から・7歳からとなっているものなどがあります。


もし不安なときは、子ども向けに開発された口内炎薬を選ぶのもおすすめ。お子さんでも安心して使えるマイルドな効き目で、患部に刺激を与えにくいため、口内炎薬を使うのに慣れていないお子さんでも使いやすいですよ。

プロの愛用するおすすめの口内炎薬

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの口内炎薬をご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、口内炎に効果的のある体質に合った薬を見つけてくださいね。

専門家の
マイベスト

口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、口内炎薬をランキング形式でご紹介していきます。なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

10位
タイプ液体タイプ(スプレー)
ステロイド
有効成分アズレンスルホン酸Na(抗炎症作用)
対象年齢-
9位
口内炎薬 第一三共ヘルスケア トラフル クイックショット 1枚目
出典:amazon.co.jp

第一三共ヘルスケアトラフル クイックショット

850円 (税込)

タイプ液体タイプ(スプレー)
ステロイド
有効成分アズレンスルホン酸Na(抗炎症作用)
対象年齢制限なし
8位
口内炎薬 第一三共ヘルスケア トラフル ダイレクト 1枚目
出典:amazon.co.jp

第一三共ヘルスケアトラフル ダイレクト

880円 (税込)

タイプ貼るタイプ
ステロイド
有効成分トリアムシノロンアセトニド(抗炎症作用)
対象年齢5歳以上
7位
タイプ飲むタイプ
ステロイド
有効成分トラネキサム酸(抗炎症作用)・カンゾウ乾燥エキス(抗炎症作用)・ビタミンB6(皮膚の抵抗力の増進)・ビタミンC(皮膚の健康を保つ)
対象年齢7歳以上
6位
タイプ塗るタイプ
ステロイド
有効成分アズレンスルホン酸Na(抗炎症作用)・グリチルリチン酸(抗炎症作用)・セチルピリジニウム塩化物水和物(殺菌作用)
対象年齢制限なし
5位
口内炎薬 森下仁丹 メディケア デンタルクリーム 1枚目
出典:amazon.co.jp

森下仁丹メディケア デンタルクリーム

680円 (税込)

タイプ塗るタイプ
ステロイド
有効成分ジブカイン塩酸塩(鎮痛作用)・アミノ安息香酸エチル(鎮痛作用)・塩化セチルピリジニウム(殺菌作用)・メントール(殺菌作用)
対象年齢制限なし
4位
口内炎薬 大正製薬 口内炎軟膏 大正クイックケア 1枚目
出典:amazon.co.jp

大正製薬口内炎軟膏 大正クイックケア

4987306019485

612円 (税込)

タイプ塗るタイプ
ステロイド
有効成分トリアムシノロンアセトニド(抗炎症作用)
対象年齢1歳以上
3位
タイプ貼るタイプ
ステロイド
有効成分シコンエキス(抗炎症作用・殺菌作用)・グリチルリチン酸(抗炎症作用)
対象年齢5歳以上
2位
口内炎薬 福地製薬 オルテクサー 口腔用軟膏 1枚目
出典:amazon.co.jp
タイプ塗るタイプ
ステロイド
有効成分トリアムシノロンアセトニド
対象年齢制限なし
1位
口内炎薬 大正製薬 口内炎パッチ大正クイックケア 1枚目
出典:amazon.co.jp

大正製薬口内炎パッチ大正クイックケア

638円 (税込)

タイプ貼るタイプ
ステロイド
有効成分トリアムシノロンアセトニド
対象年齢5歳以上

おすすめ人気 口内炎薬の比較一覧表

商品画像
1
口内炎薬 大正製薬 口内炎パッチ大正クイックケア 1枚目

大正製薬

2
口内炎薬 福地製薬 オルテクサー 口腔用軟膏 1枚目

福地製薬

3
口内炎薬 大正製薬 口内炎パッチ大正A 1枚目

大正製薬

4
口内炎薬 大正製薬 口内炎軟膏 大正クイックケア 1枚目

大正製薬

5
口内炎薬 森下仁丹 メディケア デンタルクリーム 1枚目

森下仁丹

6
口内炎薬 佐藤製薬 サトウ口内軟膏 1枚目

佐藤製薬

7
口内炎薬 第一三共ヘルスケア トラフル錠 1枚目

第一三共ヘルスケア

8
口内炎薬 第一三共ヘルスケア トラフル ダイレクト 1枚目

第一三共ヘルスケア

9
口内炎薬 第一三共ヘルスケア トラフル クイックショット 1枚目

第一三共ヘルスケア

10
口内炎薬 白金製薬 パープルショット 1枚目

白金製薬

商品名

口内炎パッチ大正クイックケア

オルテクサー 口腔用軟膏

口内炎パッチ大正A

口内炎軟膏 大正クイックケア

メディケア デンタルクリーム

サトウ口内軟膏

トラフル錠

トラフル ダイレクト

トラフル クイックショット

パープルショット

特徴ステロイド配合のパッチ。口内炎をしっかりカバーゲル状の軟膏が患部をしっかり保護!非ステロイドの貼る口内炎薬!患部の治療と保護がこれ1枚でOKミント風味で違和感を感じにくい。子供用にもおすすめ局所麻酔成分配合。とにかく痛くてつらいときにゼリー状で患部に長くとどまってくれる痛い口内炎を飲んで治したい方におすすめステロイド配合の溶けるフィルムが口内炎に作用患部に当てやすいジェル状!口の奥の口内炎にもノズル長めで届きにくい部分にも使える!
価格638円(税込)677円(税込)619円(税込)612円(税込)680円(税込)398円(税込)998円(税込)880円(税込)850円(税込)620円(税込)
タイプ貼るタイプ塗るタイプ貼るタイプ塗るタイプ塗るタイプ塗るタイプ飲むタイプ貼るタイプ液体タイプ(スプレー)液体タイプ(スプレー)
ステロイド
有効成分トリアムシノロンアセトニドトリアムシノロンアセトニドシコンエキス(抗炎症作用・殺菌作用)・グリチルリチン酸(抗炎症作用)トリアムシノロンアセトニド(抗炎症作用)ジブカイン塩酸塩(鎮痛作用)・アミノ安息香酸エチル(鎮痛作用)・塩化セチルピリジニウム(殺菌作用)・メントール(殺菌作用)アズレンスルホン酸Na(抗炎症作用)・グリチルリチン酸(抗炎症作用)・セチルピリジニウム塩化物水和物(殺菌作用)トラネキサム酸(抗炎症作用)・カンゾウ乾燥エキス(抗炎症作用)・ビタミンB6(皮膚の抵抗力の増進)・ビタミンC(皮膚の健康を保つ)トリアムシノロンアセトニド(抗炎症作用)アズレンスルホン酸Na(抗炎症作用)アズレンスルホン酸Na(抗炎症作用)
対象年齢5歳以上制限なし5歳以上1歳以上制限なし制限なし7歳以上5歳以上制限なし-
商品リンク

口内炎対策にはうがい薬もおすすめ

口内炎対策には、口内炎薬と併せてうがい薬を使うのもおすすめ。口内を殺菌したり、炎症を抑えたりする製品が多いので、口内炎治療のサポートにぴったりです。以下の記事では、おすすめのうがい薬とその選び方を解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

口内炎薬の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、口内炎薬のYahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご覧ください。

まとめ

口内炎は時間がたてば自然に治るものですが、できれば早く痛みから解放されたいですよね。口内炎薬を選ぶ際には、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

また「口内炎薬を使っても症状が改善しない」「かえって症状が悪化した」という場合は、薬の使用を中止し、医師又は薬剤師に相談しましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す