1. TOP
  2. >
  3. ホビー
  4. >
  5. おもちゃ
  6. >
  7. ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選【初心者向けを厳選!競技用も!】
  • ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選【初心者向けを厳選!競技用も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選【初心者向けを厳選!競技用も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選【初心者向けを厳選!競技用も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選【初心者向けを厳選!競技用も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選【初心者向けを厳選!競技用も!】のアイキャッチ画像5枚目

ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選【初心者向けを厳選!競技用も!】

1980年代、日本で一大ブームを巻き起こした「ルービックキューブ」。新感覚で頭を鍛えられるパズルとして、競技大会まであるほど世界中で知られている玩具です。近ごろではブームが再来し、かつて攻略できなかった人たちもリベンジに燃えています。

そこで今回は、初めての方に向けたルービックキューブの選び方を解説しながら、おすすめの商品をご紹介していきます。人気のスピードキューブタイプや、初心者でもトライしやすいものなどが登場しますよ。ぜひ参考にして、お気に入りを見つけましょう!

※なお、「ルービックキューブ」「スピードキューブ」は株式会社メガハウスの登録商標です。一般的に広く浸透しているため、本記事では立方体のパズルを「ルービックキューブ」と総称しています。

  • 最終更新日:2020年05月11日
  • 115,729  views
目次

競技としても大人気!ルービックキューブの魅力とは?

競技としても大人気!ルービックキューブの魅力とは?

冒頭でも触れた通り、「ルービックキューブ」は株式会社メガハウスの登録商標。そのルービックキューブが火付け役となり、似たような立方体のパズル・キューブパズルが広く世に知れ渡るようになりました。


色を揃えるパズルとしてはもちろんのこと、いかに早く完成させられるかを競うことも可能。今では世界中で競技大会が開かれるほど、キューブパズルが注目されています。


従来は3×3マスのものが主流でしたが、最近ではマスの数や形状の異なる高難度のものも登場。色々なタイプの商品を1つずつクリアしていくのも楽しいですよ!自分のレベルに合うものを手に入れて、記録に挑戦してみませんか?

ルービックキューブの選び方

ルービックキューブは、マスの数や色の有無、柄の有無などで難易度が異なります。まずは、マスの数の違い、色や柄の有無などから、難しさを判別する方法を知っておきましょう。

レベルに合ったマスの数を選ぼう

ルービックキューブは、マスの数によって難しさが変化します。まずは自分のレベルに合わせて選んでみてください。

初心者は3×3以下の簡単なタイプからはじめよう

初心者は3×3以下の簡単なタイプからはじめよう

初めてルービックキューブを手にする方は、3×3マスまでのものを選びましょう。2×2マスのものなら比較的揃えやすく、初めて挑戦する方にぴったり。面を揃える練習や、コツをつかむのにうってつけです。


ルービックキューブの基本形は3×3マスで、マスの数が多くなるにつれて難易度がUPします。3×3マスを難なく攻略できるようになったら、上級者向けに移行すると良いでしょう。

慣れてきたらマス目の多いものに挑戦しよう

慣れてきたらマス目の多いものに挑戦しよう

基本の3×3マスを攻略できるようになったら、マスの多いものに挑戦するのがおすすめです。4×4マス、5×5マス、さらには10×10マスタイプなどがあり、いずれも高難度。マスの多いものは、初心者からのステップアップに最適です。


ただし、公式大会では、ルービックキューブのマスの数に指定があるため、マスが多いタイプは認められないことがあります。ゆくゆくは公式大会出場を目指すという方は、基本の3×3マスタイプで練習を積むと良いでしょう。

日本式or世界基準?配色の違いにも注目しよう

日本式or世界基準?配色の違いにも注目しよう

ルービックキューブの配色には、日本式と世界基準式の2タイプがあり、青と黄色のマスの位置が異なります。白い面を下にしたとき、黄色い面が上に来るのが世界基準式。青い面が上に来るものは日本式です。


ルービックキューブの攻略本や解説書のほとんどは、世界基準式の配色のものを使用しています。近年はどのルービックキューブも世界基準式に合わせる流れになっていますが、念のために確認しておくと良いですね。


ちなみに、本来の「ルービックキューブ」は現在全て世界配色(世界式)で展開されています。

速さを重視するなら「スピードキューブ」を

速さを重視するなら「スピードキューブ」を

競技大会出場を目指す方や自己記録更新を目指す方は、回しやすさにもこだわって選びましょう。多くの上級者たちが愛用している「スピードキューブ」なら、回しやすく動きが滑らか。軽いタッチで素早く回転させることができます。


マグネット内蔵のものなら、きっちり止まってくれるので引っ掛かりが少なく、タイムロスを軽減。スピードキューブには競技用として認められた製品も多いですから、大会出場を目指すのなら、「スピードキューブ」「競技用」と記載のある商品を選ぶといいですね。

上達を目指すなら、柄や形状にもこだわろう

さらに上達を目指したい方は、ルービックキューブの柄や形状にも注目してみましょう。

柄入りなら楽しみながら完成させられる

柄入りなら楽しみながら完成させられる
柄入りのルービックキューブはよく目にしますが、実は難しい部類に入るので上級向けです。1面すべてで1つの柄が完成するタイプの場合、絵柄だけでなく上下左右まで正しく配置することが必要。単に色を合わせるタイプのものに比べ、柄入りのほうが難しく、より頭を使うことになります。

とはいえ、風景やキャラクターのイラストが入ったルービックキューブなら、楽しみながら完成させることができ、スタンダードなものとはまた違った魅力を感じることができるでしょう。上級者やじっくり取り組みたい方は検討してみるといいですね。

単色や変形タイプならさらに高難度

単色や変形タイプならさらに高難度

さらに高難度のものに挑戦したいのなら、単色のものや変形したものに挑戦するのがおすすめ。


例えば、単色のみの商品は、すべて同色で作られているので色合わせができず、その代わりにキューブの大きさが微妙に異なっているのが特徴。これにより、頭の中でしっかり考えながら回転させるという難しさが加わります。


また、三角形のピラミッド型やいくつもの形が複雑に入り組んだものなら、さらに難しさがアップ。競技用として使うことはできませんが、趣味としてレベルアップを目指す方にはおすすめです。

攻略マニュアルがあると、初めてでもトライしやすい

攻略マニュアルがあると、初めてでもトライしやすい

がむしゃらにTRYするよりも、攻略マニュアルを見ながら進めた方がコツをつかみやすいですよね。コツをつかめば上達までのスピードも速くなるので、ルービックキューブにマニュアルが付属しているか確かめると良いでしょう。


マニュアルがあれば、初めてルービックキューブに触れる方でも遊び方がすぐにわかります。ただし、日本語で解説されているとは限りませんので、マニュアルが日本語かどうかも一緒に確認してくださいね。

ルービックキューブのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ルービックキューブのおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。自分に合う商品を見つけてみてください!


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月20日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
マスの数3×3マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
9位
マスの数3×3マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
8位
マスの数3×3マス
配色-
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
7位
マスの数3×3マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
6位
マスの数3×3マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
5位
マスの数3×3マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
4位
マスの数2×2マス、3×3マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
3位
マスの数4×4マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
2位
マスの数3×3マス、2×2マス
配色-
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル-
1位
マスの数3×3マス
配色世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル

人気ルービックキューブの比較一覧表

商品画像
1
ルービックキューブ メガハウス ルービックキューブ Ver.2.1 1枚目

メガハウス

2
ルービックキューブ ジニアサプライ スピードキューブ 1枚目

ジニアサプライ

3
ルービックキューブ メガハウス  ルービックキューブ 4×4 Ver.2.1 1枚目

メガハウス

4
ルービックキューブ CACUSN(カクセン)  立体パズル 2個セット 1枚目

CACUSN(カクセン)

5
ルービックキューブ マルニトイヤ  スピードキューブ 1枚目

マルニトイヤ

6
ルービックキューブ CACUSN(カクセン)  磁石キューブ 1枚目

CACUSN(カクセン)

7
ルービックキューブ グリーンエイル スピードキューブ  1枚目

グリーンエイル

8
ルービックキューブ メガハウス 白いルービックキューブ 1枚目

メガハウス

9
ルービックキューブ EnacFire スピードキューブ

EnacFire

10
ルービックキューブ GFUN スピードキューブ 1枚目

GFUN

商品名

ルービックキューブ Ver.2.1

スピードキューブ

ルービックキューブ 4×4 Ver.2.1

立体パズル 2個セット

スピードキューブ

磁石キューブ

スピードキューブ

白いルービックキューブ

スピードキューブ

スピードキューブ

特徴解説書付きで初心者も楽しめる!世界基準配色のスタンダー...選べる3タイプ!回転もスムーズで、お子さんの知育玩具にも◎4×4マスで100万倍の難易度!上級者に試してみてほしい商品コスパよし!2×2マスと3×3マスの2個セット回転が速くカスタムも可能。脳トレやストレス解消にも◎磁石内蔵でスピードアップ。速さを極めたい方にシール剥がれなしで回しやすい。初心者におすすめ触感で楽しむ白一色のキューブ。パーティにおすすめ回し心地を調整できるスピードキューブキューブが外れないポップ防止付き
最安値
1,550
送料別
詳細を見る
550
送料要確認
詳細を見る
2,174
送料要確認
詳細を見る
1,177
送料無料
詳細を見る
630
送料要確認
詳細を見る
1,380
送料無料
詳細を見る
670
送料要確認
詳細を見る
2,029
送料要確認
詳細を見る
1,380
送料無料
詳細を見る
620
送料要確認
詳細を見る
マスの数3×3マス3×3マス、2×2マス4×4マス2×2マス、3×3マス3×3マス3×3マス3×3マス3×3マス3×3マス3×3マス
配色世界基準-世界基準世界基準世界基準世界基準世界基準-世界基準世界基準
スピードキューブタイプ
マグネット内蔵
柄入り
単色・変形タイプ
付属攻略マニュアル---------
商品リンク

人気再燃!競技用けん玉も要チェック!

ルービックキューブと同じく、昔懐かしいけん玉も競技として再びブームになっています。シンプルながら技の種類も多く、初めてでも上達を目指すことができますよ。興味のある方はこちらもチェックしてくださいね。

ルービックキューブの売れ筋ランキングもチェック!

ルービックキューブの楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

ルービックキューブの人気ランキングに、好みのものは見つかりましたか?世界中で競技大会が開かれるだけあり、80年代当時のものに比べて回しやすく高性能な商品が多数登場しています。

時代とともに進化し、今では子供から大人まで親しんでいる商品となっているので、ブーム再燃のいま、もう一度手に取って楽しんでみるのもいいかもしれません。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す