• 電子書籍アプリのおすすめ人気ランキング11選のアイキャッチ画像1枚目
  • 電子書籍アプリのおすすめ人気ランキング11選のアイキャッチ画像2枚目
  • 電子書籍アプリのおすすめ人気ランキング11選のアイキャッチ画像3枚目
  • 電子書籍アプリのおすすめ人気ランキング11選のアイキャッチ画像4枚目
  • 電子書籍アプリのおすすめ人気ランキング11選のアイキャッチ画像5枚目

電子書籍アプリのおすすめ人気ランキング11選

昔は電子書籍を利用している人は少なかったのですが、今はかなりの方が、iPhone・AndroidなどのスマートフォンやiPadなどのタブレットで電子書籍の小説や漫画・コミックを読んでいるのではないでしょうか?最近は、ソニーのReaderやAmazonのKindle、楽天のKoboなど多くの会社が電子書籍アプリを配信していますが、サービスの数が増えてどれを選べばいいかわからないという方は多いと思います。

今回は電子書籍アプリの選び方と比較のポイント、さらにタイプ別におすすめの電子書籍アプリをご紹介したいと思います。これから電子書籍デビューを考えている人や、今既に使っているけど他のサービスも気になっているという人はぜひ参考にしてみてください!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 148,582  views
目次

電子書籍アプリの選び方

電子書籍のアプリ・サービスはそれぞれ、品揃えはもちろんのこと、購入方法や使用できる端末などが違うため、自分が読む本のジャンルや環境によってどのサービスが最適なのかを確認してから使い始めるのが一番大事です。なぜ一番大事なのかというと、各サービスで購入した本は基本的に共有はできないので、利用するサービスを変えてしまうと、それまで買っていた電子書籍に関しては改めて買い直すか、今まで使っていた電子書籍サービスも並行して使用する必要性があるからです。

それでは電子書籍アプリのタイプや、その選び方についてお話したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね!

買い切りタイプか読み放題サービスか

電子書籍サービスが開始し始めた時は買い切りタイプ(通常の紙の本を購入するのと同じ形式)が中心でした。しかし、最近は月額定額でサービス内に提供されている本は読み放題というサービスが増えてきました。

買い切りタイプは、自由に電子書籍を購入できるのがメリットです。そのサービスに対応している本は全て購入することができ、購入後の制限などはありません。サービス自体が狩猟しない限り購入した権利は無くならないので半永久的に読むことができます。

それに対して定額読み放題サービスは配信される本が最新版のみであったり、以前は読めていた本が取り扱いしなくなったりなど、サービスを運営している企業の裁量によって読める本が左右されるという制限があります。しかし定額読み放題サービスは500〜1000円に価格設定されているものが多く、月に数冊読んだだけで元は取れる仕組みとなっています。

とにかく自由に好きな本を選び、好きな時に読みたいという人は買い切りタイプを、読む本やジャンルがある程度決まっていて、一度読んだ本は何度も読み返しをしないという方は定額の読み放題サービスがおすすめです。

専用端末が販売されているか

専用端末が販売されているか

出典:amazon.co.jp

ほとんどの電子書籍サービスはAppleのiOS端末やAndroid端末でアプリとして配信しています。しかし、サービスによってはそのサービス専用の電子書籍リーダーも販売していることもあります。スマートフォンやタブレットで本を長時間読むと目の疲れを引き起こします。しかし電子書籍リーダーは目が疲れないようにディスプレイ設計をしているものが多いので、本を読む頻度が多く、ヘビーユーザーになりそうな方は電子書籍リーダーの有無も考慮して本の購入をしたほうがいいです。

特に、マンガなどに比べて文字数が多い小説を読む方は電子書籍リーダーに対応しているサービスがおすすめです。

特定の分野に強い電子書籍を選ぶ

特定の分野に強い電子書籍を選ぶ
各サービスで配信している本が違うということは、サービスによって強いジャンルや弱いジャンルもあるということです。マンガが強いサービスもあれば雑誌が充実しているサービスもあるなど、非常に細分化されています。有名な本はどのサービスでも配信していることが多いですが、少しマイナーな本になると特定のサービスでしか配信していないということが結構あります。

マンガに強いサービスと言っても更に細かいジャンルのマンガは揃っているのか、小説でも自分がよく読むジャンルや作家の本は揃っているのかなどを確認してからサービスを利用するのがいいでしょう。

アプリの使いやすさで選ぶ

電子書籍配信サービスは各サービスで配信している本のジャンルが違うだけではなく、アプリの操作感や機能も変わってきます。例えば、付箋機能がついていていつでも続きから読めたり、保存したいページをブックマークできたりなどをはじめ、辞書機能の搭載やフォントの変更、本棚の背景変更など電子書籍ならではの機能がアプリによって違います。

前者の付箋機能はほとんどの電子書籍アプリに搭載されていますが、辞書機能は内蔵されているアプリが少ないため、洋書をよく読まれる方は辞書機能があるアプリをオススメします。

電子書籍アプリのおすすめ人気ランキング11選

ここからは、電子書籍アプリの中でも特におすすめものをランキングにして11個ご紹介します。上記の選び方も参考にしながら、自分に合っている電子書籍アプリを見つけてくださいね!
11位
購入方法月額定額制:432円(税込)強いジャンル雑誌(イベント・グルメなど)
特徴パソコンからでも閲覧可能
10位
購入方法月額定額制:410円(税込)強いジャンル雑誌(車・バイク・趣味系)
特徴雑誌のトレンドランキングがある
9位
購入方法1冊買い切り強いジャンルマンガ・ライトノベル
特徴購入時の特典などがついてくる本もあり
8位
購入方法1冊買い切りタイプ強いジャンルマンガ
特徴専用の電子書籍リーダーあり
7位
購入方法1冊買い切り強いジャンルIT系雑誌・ビジネス書
特徴ヨドバシカメラのポイントが使える・店頭で本を買うと電子版がセットでついてくる
6位
購入方法1冊買い切り強いジャンル文芸小説
特徴他社の電子書籍リーダーと連携あり
5位
購入方法レンタル 48時間108円(税込)強いジャンルマンガ
特徴無料マンガも多数配信
4位
購入方法1冊買い切り強いジャンルマンガ
特徴連載中のマンガが無料で読める・マンガ購入者に限定スタンプがプレゼント
3位
購入方法1冊買い切り強いジャンル文芸小説・コミック・雑誌全般
特徴複数の大型書店との提携
2位
購入方法1冊買い切り強いジャンルマンガ・小説・ビジネス書・洋書
特徴セールが頻繁にある・専用電子書籍リーダーあり
1位
購入方法買い切りタイプと定額サービス両方あり強いジャンル文芸小説・マンガ・ビジネス書・雑誌・写真集・洋書
特徴セールの回数が多い

おすすめ人気 電子書籍アプリの比較一覧表

商品画像商品名特徴購入方法強いジャンル特徴商品リンク
1
Kindle

Kindle

これを選んでおけば間違い無し!電子書籍の絶対的王者買い切りタイプと定額サービス両方あり文芸小説・マンガ・ビジネス書・雑誌・写真集・洋書セールの回数が多い詳細を見る
2
kobo

kobo

セールが熱い!国内最大級の電子書籍サービス1冊買い切りマンガ・小説・ビジネス書・洋書セールが頻繁にある・専用電子書籍リーダーあり詳細を見る
3
honto

honto

紙の本も電子書籍も自由に楽しみたいあなたに1冊買い切り文芸小説・コミック・雑誌全般複数の大型書店との提携詳細を見る
4
LINEマンガ

LINEマンガ

連載中のマンガが無料で読めちゃう画期的サービス!1冊買い切りマンガ連載中のマンガが無料で読める・マンガ購入者に限定スタンプがプレゼント詳細を見る
5
Renta!

Renta!

購入ではなくレンタルで!新しいマンガの楽しみ方レンタル 48時間108円(税込)マンガ無料マンガも多数配信詳細を見る
6
紀伊国屋書店 Kinoppy

紀伊国屋書店 Kinoppy

書店の王者紀伊国屋が運営!端末に制限がないマルチプラッ...1冊買い切り文芸小説他社の電子書籍リーダーと連携あり詳細を見る
7
Doly

Doly

家電をよく購入する人ならおすすめ!1冊買い切りIT系雑誌・ビジネス書ヨドバシカメラのポイントが使える・店頭で本を買うと電子版がセットでついてくる詳細を見る
8
BookLive

BookLive

BookLive専用の電子書籍リーダーがお得!1冊買い切りタイプマンガ専用の電子書籍リーダーあり詳細を見る
9
BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKER

マンガ・ライトノベルが豊富!1冊買い切りマンガ・ライトノベル 購入時の特典などがついてくる本もあり詳細を見る
10
楽天マガジン

楽天マガジン

圧倒的な雑誌の量なのに安い!月額定額制:410円(税込)雑誌(車・バイク・趣味系)雑誌のトレンドランキングがある詳細を見る
11
dマガジン

dマガジン

ドコモが配信している雑誌専門サービス月額定額制:432円(税込)雑誌(イベント・グルメなど)パソコンからでも閲覧可能詳細を見る

まとめ

おすすめの電子書籍アプリのご紹介をしましたが、いかがだったでしょうか。電子書籍は各サービスによってメリットが違うので、自分の読むジャンルの本に合わせて利用すると、本屋で紙の本を購入するよりもお得に読むことができます。

電子書籍ですとボタン一つですぐに読むことができますし、本の置き場も困らないので、読書好きの人ほど利用をおすすめします。ぜひ、この機会に電子書籍デビューをしてみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す