【徹底比較】おしゃぶりのおすすめ人気ランキング13選【天然ゴム製も】

【徹底比較】おしゃぶりのおすすめ人気ランキング13選【天然ゴム製も】

赤ちゃんの入眠サポートやぐずった時に役立つ「おしゃぶり」。指しゃぶりの防止や寝かしつけなどに効果があり、赤ちゃんの成長の手助けとなってくれるアイテムです。しかし月齢ごとに違いがあったり、NUK・ピジョンなどのさまざまな人気ブランドがあったりするので、いざ選ぶとなると迷ってしまいますよね。


そこで今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のおしゃぶり13商品を全て集めて比較・検証し、最もおすすめのおしゃぶりを決定したいと思います!


助産師歴30年の浅井さんにおしゃぶりの選び方についてお聞きし、教えていただいた内容を踏まえてmybest編集部が全ての商品を実際に使って2点から比較・検証を行いました。


  1. くわえやすさ
  2. 耐久性

果たしてどの商品が最もおすすめのおしゃぶりなのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年04月13日更新
  • 349,144 views

検証のポイント

売れ筋のおしゃぶり13商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • くわえやすさ

    検証① くわえやすさ

    まずは「くわえやすさ」についての検証です。浅井さんにおしゃぶり全13商品を実際に触ってもらい、新生児~6ヵ月ごろの赤ちゃんがくわえるのに適切なおしゃぶりかどうかをチェックしていただきました。主なチェックポイントは、形状・大きさ・柔らかさなどです。なお今回は条件を揃えるため、新生児向けのSサイズに相当する商品で統一して検証を実施しています。しかし浅井さんによると「サイズが違っても硬さに違いはあまりない」とのことだったため、あわせて「6ヵ月以降の赤ちゃんが使用するのに適切な柔らかさかどうか」もチェックしていただいています。こちらは総合評価には含めず、各商品の紹介文で補足していますので、6ヵ月以降の赤ちゃんに使う予定の方はぜひそちらも参考にしてください。

  • 耐久性

    検証② 耐久性

    続いては「耐久性」について検証していきます。乳歯が生えてきた赤ちゃんは何でも噛みたがるので、おしゃぶりもモグモグしてしまいます。もしも噛みすぎておしゃぶりが破れてしまったら、赤ちゃんが破片を飲み込んでしまわないか心配ですよね。そこで、商品によってどのぐらい耐久性の違いがあるのか確かめるため、mybest編集部スタッフが実際に噛んでみました。噛んだ回数は1商品につき100回。歯と歯をすり合わせるような噛み方はせず、上下に顎を動かすよう意識しています。果たしてどのぐらい差が出るのでしょうか?

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    おしゃぶりの選び方

    おしゃぶりの選び方

    おしゃぶりを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。助産師歴30年の浅井貴子さんに選び方や補足情報の監修にご協力いただきました。


    <取材協力:浅井貴子さん>
    大学病院、未熟児センターでの勤務を経て、フリーランスとなる。生活情報サイト「All About」では母乳育児ガイド・新生児育児ガイドを務め、育児雑誌などへの執筆も多数。「AMOMA(母と子のナチュラルケアブランド)」の商品開発、自治体における赤ちゃん訪問、ベビーマッサージ教室「カモマイル」を主宰するなど、乳児期の赤ちゃんの子育て指南を数多く行う。


    なお、検証やランキング付けは全てmybest編集部が行いました。

    ① まずは対象月齢をチェック

    まずは対象月齢をチェック
    おしゃぶりの最も重要な選び方のポイントは、赤ちゃんの月齢に合わせたものを選ぶこと。おしゃぶりを購入するときは必ず対象月齢をチェックしましょう。

    生まれてすぐ使えるおしゃぶりは新生児の小さな口でも吸いやすいようにできており、3〜6ヵ月くらいの時期に使用するおしゃぶりは徐々に発達し始めるあご・吸う力に合わせた設計です。

    6〜18ヵ月くらいの赤ちゃんが使えるおしゃぶりにはニップルが大きめ・硬めのものが多く、中には卒乳を意識したおしゃぶりもあります。

    浅井 貴子
    助産師
    浅井 貴子さんのコメント

    「おしゃぶりって使わなきゃダメですか?」という相談をよく受けますが、おしゃぶりはあくまで「育児を手助けしてくれるサポートアイテム」なので、日中ずっと使い続けるのはあまりおすすめしません。


    なぜなら、四六時中おしゃぶりを使い続けていると、おしゃぶりがないと寝られない、落ち着かない子になってしまったり、歯茎が前に出てしまったりすることがあるからです。


    おしゃぶりを使うベストなタイミングは、公共の場で急に泣き出してしまったときなど、手っ取り早く赤ちゃんを落ち着かせたいときです。ぐずってしまったときはできるだけぐずりの原因を考えて対応してあげて、どうしてもというときにおしゃぶりに助けてもらいましょう。

    ② 素材ごとの特徴から選ぶ

    おしゃぶりの素材は大きく分けて、天然ゴム製とシリコーン製の2種類。それぞれの特性を押さえておきましょう。

    洗いやすいうえに劣化しにくい「シリコーン製」

    洗いやすいうえに劣化しにくい「シリコーン製」
    シリコーン製のおしゃぶりは、洗いやすいうえに劣化しにくいため、長く愛用できるのが特徴。煮沸・薬液・電子レンジと、哺乳瓶と同じような方法で消毒できる商品がほとんどです。

    また、天然ゴム製に比べて安価・種類も豊富。いろいろなおしゃぶりを試すことができるので、赤ちゃんに合ったものを探せるのもメリットです。

    柔らかく、赤ちゃんの口にフィットしやすい「天然ゴム製」

    柔らかく、赤ちゃんの口にフィットしやすい「天然ゴム製」

    天然ゴム製のおしゃぶりは、シリコーン製に比べると柔らかいのが特徴。柔軟性が高いため赤ちゃんの口にフィットしやすく、吸い付く力が弱い新生児でも上手に使うことができます。


    ただ、気になるのは天然ゴム特有のにおいと、お手入れがしにくいこと。天然ゴムは熱に弱く、煮沸消毒をする場合でも熱湯を避ける必要があったり、長時間お湯につけておくことができません。薬液消毒がNGな商品もあるので、購入前によく確認しましょう。

    浅井 貴子
    助産師
    浅井 貴子さんのコメント

    最近の一般的なおしゃぶりといえば、ほとんどがシリコーン製のものです。サイズ展開も豊富なので、赤ちゃんが気に入ってくれれば同じものをずっと使い続けられますよ。


    天然ゴム製は劣化が早く、いったん傷がついてしまうと菌が繁殖しやすいので、特にカミカミ期は注意が必要です。こまめにお手入れしてあげてくださいね。

    ③ 電子レンジや薬液など、消毒しやすいものを選ぶ

    電子レンジや薬液など、消毒しやすいものを選ぶ

    免疫力が弱い赤ちゃんが直接口の中に入れるおしゃぶりは、こまめにお手入れして常に清潔に保っておくことが大切。消毒の方法は主に、煮沸・電子レンジ・薬液の3種類がありますが、電子レンジ消毒と薬剤消毒が比較的お手軽です。


    おしゃぶりによっては消毒方法に制限があるものもありますので、購入時にはパッケージをチェック!自分がやりやすい消毒方法が可能かどうかをチェックしましょう。

    浅井 貴子
    助産師
    浅井 貴子さんのコメント
    特に生後4ヵ月までの赤ちゃんが使うおしゃぶりは、こまめに消毒した方がいいですね。それ以降は、普通に洗うだけでも十分です。

    赤ちゃんはよくおしゃぶりをポイっと捨ててしまうので、気づいたら床に落ちてしまっていた……ということもあります。不衛生な状態のままでは当然赤ちゃんの体に良くありませんから、こまめにお手入れしてくださいね。

    ④ 「鼻呼吸促進」「出っ歯防止」など、サポート機能にも注目

    「鼻呼吸促進」「出っ歯防止」など、サポート機能にも注目
    おしゃぶりの中には、鼻呼吸促進用のもの・出っ歯になりにくい構造を採用したものなど、赤ちゃんの成長をサポートする機能が付いているものもあります。

    真っ暗な寝室で光るタイプのものや外出時に落としにくいクリップ付きのものなど、親御さんにとって嬉しい機能がついたおしゃぶりもありますよ。親・赤ちゃんの両方にとって使いやすい機能付きのものを選んでくださいね。
    浅井 貴子
    助産師
    浅井 貴子さんのコメント
    たまに誤解されているママがいますが、鼻呼吸促進用のおしゃぶりは「おしゃぶりを使わないと鼻呼吸ができるようにならない」という意味ではないので安心してください。実際、オッパイを吸うときに鼻呼吸のやり方を身につけて、自然とできるようになる赤ちゃんがほとんどです。

    また、出っ歯になりにくい・歯の発達をよくしてくれるといった効果のあるおしゃぶりの中には、実際の検証結果などが不明な商品もあります。商品説明をよく読んで判断しましょう。

    ⑤ 迷ったら哺乳瓶と同じメーカーを選んでみよう

    迷ったら哺乳瓶と同じメーカーを選んでみよう
    使い慣れた哺乳瓶と同じメーカーのおしゃぶりを選ぶ、というのもひとつの手です。特に乳首の柔らかさや形にこだわりのある赤ちゃんは、お母さんの乳首・哺乳瓶・おしゃぶり、それぞれの形や質感が違うと混乱してしまうこともあります。

    赤ちゃんが今使っているおしゃぶりをどうしても気に入ってくれない場合には、ぜひ検討してみてくださいね。

    売れ筋の人気おしゃぶり全13商品を徹底比較!

    おしゃぶりの検証

    ここからはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位のおしゃぶり全13商品を集めて、どれが最も優れたアイテムなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の2項目としました。

    検証①:くわえやすさ

    検証②:耐久性

    今回検証した商品

    1. ダッドウェイ|NUK ジーニアス2.0(キャップ付) 0~6ヵ月用
    2. チュチュベビー|出っ歯になりにくい 蓄光デンティスター 0~6ヵ月用
    3. コンビ|テテオ 入眠ナビ プチケース付
    4. リッチェル|カラーコレクション おしゃぶり
    5. レック|おしゃぶりセット(アンパンマン)
    6. コンビ|テテオ スマイルナビ
    7. 西松屋|かわいいおしゃぶり ライオン
    8. MAM|Glows in the dark 暗闇で光る おしゃぶり
    9. ダッドウェイ|NUK ナイト&デイ おやすみ
    10. ピジョン|おしゃぶり ミッキー
    11. フィリップス|AVENT Bear Shape Pacifier
    12. リッチェル|マイファーストポケモン おしゃぶり
    13. エコベビー|ナチュアスッテン 歯科矯正型

    検証① くわえやすさ

    くわえやすさ
    まずは「くわえやすさ」についての検証です。

    浅井さんにおしゃぶり全13商品を実際に触ってもらい、新生児~6ヵ月ごろの赤ちゃんがくわえるのに適切なおしゃぶりかどうかをチェックしていただきました。主なチェックポイントは、形状・大きさ・柔らかさなどです。


    なお今回は条件を揃えるため、新生児向けのSサイズに相当する商品で統一して検証を実施しています。しかし浅井さんによると「サイズが違っても硬さに違いはあまりない」とのことだったため、あわせて「6ヵ月以降の赤ちゃんが使用するのに適切な柔らかさかどうか」もチェックしていただいています。


    こちらは総合評価には含めず、各商品の紹介文で補足していますので、6ヵ月以降の赤ちゃんに使う予定の方はぜひそちらも参考にしてください。

    【検証結果ハイライト】ママの乳頭をつぶしたような「へこみ」があるとベスト

    【検証結果ハイライト】ママの乳頭をつぶしたような「へこみ」があるとベスト

    ニップルの先端に凹みのあるおしゃぶりが高評価を獲得する結果に。逆に、ニップルの直径が大きいものや、ただ平べったいものは低評価となりました。


    先端に凹みがあることによって、赤ちゃんの舌がフィットしやすく、使っているうちにおしゃぶりが口から外れてしまうのを防いでくれます。ただ、この先端のサイズ感も商品によってばらつきがあり、新生児の口には大きすぎてフィットしない場合も。詳しくは商品情報を参考にしてみてくださいね。

    検証② 耐久性

    耐久性
    続いては「耐久性」について検証していきます。

    乳歯が生えてきた赤ちゃんは何でも噛みたがるので、おしゃぶりもモグモグしてしまいます。もしも噛みすぎておしゃぶりが破れてしまったら、赤ちゃんが破片を飲み込んでしまわないか心配ですよね。


    そこで、商品によってどのぐらい耐久性の違いがあるのか確かめるため、mybest編集部スタッフが実際に噛んでみました


    噛んだ回数は1商品につき100回。歯と歯をすり合わせるような噛み方はせず、上下に顎を動かすよう意識しています。果たしてどのぐらい差が出るのでしょうか?

    【検証結果ハイライト】耐久性に差はナシ!まったく気にしなくてOK

    【検証結果ハイライト】耐久性に差はナシ!まったく気にしなくてOK

    100回噛んだおしゃぶりを見比べてみたところ、破れるどころか傷1つついていませんでした!乳歯のほうが鋭利とはいえ、咀嚼力では大人に勝てません。大人の力でまったく傷つかなかったということは、赤ちゃんが使用しても破れることはほぼ無いといえるでしょう。


    検証結果としてはおもしろみがない結果ですが、どれを買っても問題ないというのは安心感がありますね。なお、耐久性検証については順位をつけるのが不可能なため、ランキングの評価には加えていません。

    No.1

    ダッドウェイNUK ジーニアス2.0(キャップ付) 0~6ヵ月用

    702円(税込)

    総合評価

    5.00
    • くわえやすさ: 5.0

    新生児もカミカミ期の赤ちゃんも大満足のベストバイおしゃぶり

    1位を獲得したのは、おしゃぶりの人気シリーズ・NUKのジーニアス2.0でした!!ニップルは本物の授乳時に近い形を再現しており、裏側に凹みがあり、赤ちゃんの舌にマッチしやすくなっています。


    まだ顎の力が弱い新生児でもくわえやすい柔らかさなので、安心して与えることができますよ。「ニップルの幅が広く、カミカミ期でも満足できる」と浅井さんも絶賛!


    サイズはXS~Lまで4種類の展開。赤ちゃんの成長に合わせてサイズアップしてあげましょう。赤ちゃんが気に入ったら長く使えるのが嬉しいですね。


    新生児もカミカミ期の赤ちゃんも満足するNUK ジーニアス。mybestが自信を持っておすすめするベストバイおしゃぶりです!!

    素材シリコーン
    重量9.1
    消毒方法すべてOK
    No.2

    チュチュベビー出っ歯になりにくい 蓄光デンティスター 0~6ヵ月用

    803円(税込)

    総合評価

    5.00
    • くわえやすさ: 5.0

    新生児にぴったり!吸う力が弱くても使える柔らかおしゃぶり

    赤ちゃんの舌にフィットしやすい、本物の乳首を平たく潰したような形状のおしゃぶり。赤ちゃんも違和感なく吸うことができて、満足してくれることでしょう。


    弾力がかなり弱く、新生児には吸いやすい柔らかさです。逆に、顎が発達してきた赤ちゃんには少し物足りないかもしれません。


    心配なのは、シリコーンがやや薄いこと。大人の歯で検証したところ傷1つつきませんでしたが、カミカミ期の赤ちゃんが頻繁に使っていると噛み切れてしまう可能性もあるので注意してくださいね。

    素材シリコーン
    重量27.2
    消毒方法すべてOK
    No.3

    コンビテテオ 入眠ナビ プチケース付

    771円(税込)

    総合評価

    5.00
    • くわえやすさ: 5.0

    付属のケースに入れたまま除菌!面倒くさがりなママでも清潔さキープ

    シリコーンがかなり薄くて軽量で、新生児にぴったりのおしゃぶり。反対に、6ヵ月ごろの赤ちゃんには物足りず、途中で飽きてポイしてしまいそうなくらいの弾力です。


    お手入れの面でも優秀で、付属のケースは電子レンジ除菌にも対応しており、除菌グッズを別途購入する必要がありません。


    使い終わったらケースごと電子レンジに入れるだけでOK。面倒くさがりなママもこれなら続けられそうです!

    素材シリコーン
    重量72.6
    消毒方法すべてOK
    No.4

    リッチェルカラーコレクション おしゃぶり

    1,899円(税込)

    総合評価

    5.00
    • くわえやすさ: 5.0

    サイズも柔らかさも新生児向き。キャップ迷子の心配がないのは嬉しい

    かなり柔らかく、新生児が無理なくくわえられるサイズ感。月齢を重ねた赤ちゃんで、もし物足りなさそうであれば「2・3ヵ月から用」「8ヵ月から用」の使用をおすすめします。


    キャップがしっかり留めやすいのは地味に嬉しいポイント。マザーズバッグの中でニップルがむき出しにならずに済みますよ。

    素材シリコーン
    重量7
    消毒方法すべてOK
    No.5

    レックおしゃぶりセット(アンパンマン)

    727円(税込)

    総合評価

    4.00
    • くわえやすさ: 4.0

    ホルダー・消毒グッズもついたおしゃぶりセット!

    ニップルの先端についた傾斜が舌にフィットし、異物感を感じることなくくわえられます。厚みもほどよく、新生児から6ヵ月以降まで、赤ちゃんが気に入ってさえくれれば長く使えそうです。


    ホルダーの紐や消毒ケースなど、おしゃぶり周りのグッズが付属しているのも魅力。おしゃぶりを使用する前後のことまで考えられた、親切な商品といえます。

    素材シリコーン
    重量16
    消毒方法すべてOK
    No.6

    新生児にはやや重い。でもニップルの中まで洗えるのは嬉しい

    全体的に厚みがありしっかりとした造りなので、新生児がくわえるには少々重いでしょう。そのぶん、6ヵ月ごろの赤ちゃんがカミカミするにはちょうどよい硬さと言えそうです。

    また他のおしゃぶりと決定的に違うのは、ニップルの中まで洗えること!プレート前面のフタをスライドさせるだけなので、部品を失くす心配もありませんよ。
    素材シリコーン
    重量19
    消毒方法すべてOK
    No.7

    西松屋かわいいおしゃぶり ライオン

    299円(税込)

    総合評価

    4.00
    • くわえやすさ: 4.0

    新生児には硬すぎる。リーズナブルな価格は魅力的

    新生児に与えるには厚みもあり硬すぎるニップルです。ただ、ベビー用品店・西松屋のプライベートブランドあって、リーズナブルな価格はさすが


    おしゃぶりを始めて使う赤ちゃんに、お試しで購入するには向いているでしょう。新生児には硬すぎるニップルも、6ヵ月ごろの赤ちゃんならちょうどよく満足してくれそうです。

    素材シリコーン
    重量5.7
    消毒方法すべてOK
    No.8

    MAMGlows in the dark 暗闇で光る おしゃぶり

    950円(税込)

    総合評価

    3.00
    • くわえやすさ: 3.0

    細長いくわえやすい形状だが、ちょっと大きすぎるかも

    本物の乳首が伸びたような細長いニップル。赤ちゃんがくわえやすい形状ではありますが、引っ張って遊んでしまいそうです。


    0ヵ月~と表記されているものの、新生児には大きすぎるとの意見もありました。また、リングがついていないため、ホルダーを取り付けることができません。おでかけ時に落としても気づかない可能性もあるので注意しましょう。


    なおサイズ感は、6ヵ月ごろの赤ちゃんなら満足してくれそうです。

    素材シリコーン
    重量6.7
    消毒方法すべてOK
    No.9

    ダッドウェイNUK ナイト&デイ おやすみ

    702円(税込)

    総合評価

    3.00
    • くわえやすさ: 3.0

    ニップルの質・形状は◎!掴むところがないのが残念

    ニップルの質や形状はそれなりの評価となりましたが、本体にリングがついておらず、掴むところがないのが不便です。


    赤ちゃんの口に入れるときや外すとき、またキャップを被せる際にも使いづらさを感じます。暗いところで光るので、暗い部屋やバッグの中で見つけやすいのは嬉しいですが、普段使いしづらいのではメリットを活かしきれません。

    素材シリコーン
    重量9.1
    消毒方法すべてOK
    No.10

    ピジョンおしゃぶり ミッキー

    398円(税込)

    総合評価

    2.00
    • くわえやすさ: 2.0

    スリム過ぎるニップルは新生児も物足りないレベル

    他のおしゃぶりと比べるとかなりスリムなニップル。新生児でもラクラクくわえられる細さですが、逆に余裕がありすぎて舌の上で遊んでしまうかもしれません。


    ニップルの幅も狭く、6ヵ月ごろの赤ちゃんはペッと吐き出してしまいそう。なるべく口いっぱいに吸いつけるよう、MサイズかLサイズを選んであげましょう。

    素材シリコーン
    重量9.1
    消毒方法すべてOK
    No.11

    こまめな洗浄が必要。カミカミ期の赤ちゃんなら気に入ってくれるかも

    シリコーンで統一されたおしゃぶりで、接合部分がないので隙間にバイ菌が溜まらないのがメリット。しかしニップルの裏側が凹んでいて、キャップも無いためこまめな洗浄が必要になります。


    ニップルは硬いうえに重みもあるので、まだくわえる力が弱い新生児には向いていません。その分弾力が強いので、6ヵ月を過ぎたカミカミ期の赤ちゃんは気に入ってくれそうです。

    素材シリコーン
    重量16
    消毒方法すべてOK
    No.12

    リッチェルマイファーストポケモン おしゃぶり

    583円(税込)

    総合評価

    1.00
    • くわえやすさ: 1.0

    新生児には大きすぎるが、6ヵ月以降の赤ちゃんにはおすすめ

    新生児など低月齢の赤ちゃんには大きすぎるニップルが低評価となりましたが、6ヵ月ごろ~ならちょうどよさそうなサイズ感。幅も広く、先端もかなりの大きさです。


    また、ポケモンのイラスト入りですが、低月齢の赤ちゃんにはまだ認識できないでしょう。そういったところも含めて、低月齢の赤ちゃんにはあまり向いていないものの、6ヵ月以降ならアリかも、と言えるおしゃぶりです。

    素材シリコーン
    重量27.2
    消毒方法すべてOK
    No.13

    エコベビーナチュアスッテン 歯科矯正型

    1,320円(税込)

    総合評価

    1.00
    • くわえやすさ: 1.0

    天然ゴム特有のにおいがキツい……お手入れの手間もマイナス

    今回検証した中で、唯一の天然ゴム製おしゃぶり。口に含んだ瞬間シリコーンとは違う自然な柔らかさを実感できますが、ゴム特有のにおいがどうしても気になってしまいます。


    また、シリコン製のおしゃぶりと違ってお手入れ方法が限られるのはやはり残念です。熱に弱いので劣化もしやすく、新生児にも6ヵ月以降の赤ちゃんにもおすすめできません。

    素材天然ゴム
    重量18.1
    消毒方法煮沸のみ

    人気おしゃぶりの検証結果比較表

    おしゃぶりホルダーを使って紛失防止

    おしゃぶりホルダーを使って紛失防止
    おしゃぶりが外れてなくなってしまったり、地面に落ちるのを防ぐには、おしゃぶりホルダーが便利です。抱っこやおんぶで寝かしつけている最中、おしゃぶりが外れるとぐずってしまう子もいますから、ホルダーがあると便利ですよ。

    気になる方は、以下のリンクもあわせてチェックしてみてください!

    おしゃぶりの売れ筋ランキングもチェック!

    なお参考までに、おしゃぶりのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    最近のおしゃぶりはニップルの形も進化しており、ケース・ストラップ付のものなど、使う人の立場にたって作られているものが沢山あります。


    今回ランキングで順位が低かった商品も、ママと赤ちゃんによっては相性がよいかもしれません。ご紹介した選び方や検証結果も参考に、ベストなおしゃぶりをゲットしてくださいね。


    文:木原成美 、写真:稲垣佑季

    ランキング作成日:2019/07/12

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す