ナップナップ ベビーキャリー COMPACT
ナップナップ
ベビーキャリー COMPACT
8,778円(税込)

ナップナップ コンパクトの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

ナップナップ コンパクトを実際に使用して、徹底的に比較検証しました!

腰でしっかり支えられる上にコンパクトに収納できて使い勝手が良いとママたちから人気を集める「ナップナップ コンパクト」。インターネットでレビューを調べてみると、良い口コミが多く寄せられています。一方で、「赤ちゃんの足に食い込む」といったネガティブな口コミもあり、購入を迷っているという方も多いはず。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、ナップナップ コンパクトを実際に使って、使用感・肩への負担・通気性を比較検証レビューしました。あわせてたたみ方のコツも紹介しているので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年10月04日
目次
ベビーキャリー COMPACT

ナップナップベビーキャリー COMPACT

8,778円 (税込)

コンパクトに収納できて抱っこの負担も少ないと評判のナップナップ コンパクトとは?

ナップナップは、2009年に創業した日本の抱っこひもメーカー。日本人の体形にも合っており、ママ目線での使いやすさから注目されています。肩・腰への負担軽減や赤ちゃんの快適さ・持ち運びの便利さ・安全性・装着の簡単さ・デザイン性を追求した抱っこひもを製造していることで有名です。

本格腰ベルトタイプでありながら450gの軽量さとコンパクトさ

本格腰ベルトタイプでありながら450gの軽量さとコンパクトさ

本格的な腰ベルトタイプの抱っこひもながら、約400gの軽量さと収納時B5サイズになるコンパクトさが魅力です。


使わないときは畳んで、前面についているポケットに収納可能なのも嬉しいところ。タテ約15cm・ヨコ約25cm・厚さ9cmのコンパクトサイズに変わります。バッグに入れて持ち運ぶのもラクラク。ベビーカーやお散歩のおともに便利なセカンドベビーキャリーとして大活躍します。

小柄な日本人親子にフィットする設計

小柄な日本人親子にフィットする設計

日本メーカーの抱っこひもなので、小柄な日本人の体形に合うように設計されているのもうれしいポイント。海外メーカーの抱っこひもが合わなかったママにも好評です。


細かい調節が可能なので、パパとの兼用もOK。身長148cm~198cm、ウエスト61cm~125cmまで対応しており、ほとんどの体型の方が使用可能です。

おんぶや抱っこが簡単!

おんぶや抱っこが簡単!

別売りの新生児パットを併用すれば新生児からも前抱きできるのもポイント。4ヵ月を過ぎた首が座った赤ちゃんは抱っこ・おんぶの両方が可能です。抱っこは赤ちゃんとの一体感をより感じられる設計です。


忙しいママにはおんぶもおすすめ。バックルで装着できるおんぶホルダーと落下防止の安全ベルトで、リュックを背負う感覚で安全におんぶできるのはありがたいですね。

ナップナップ コンパクトの口コミは?

ナップナップ コンパクトは腰ベルトタイプで抱っこの負担を感じにくいうえに、軽量コンパクトで持ち運びにも便利な抱っこひもですが、口コミの中には購入をためらってしまうような悪い口コミもありました。具体的にチェックしてみましょう。

口コミ①:赤ちゃんの太ももにシートが食い込んでしまう

口コミ①:赤ちゃんの太ももにシートが食い込んでしまう

一番多かったのは「赤ちゃんの太ももにシートが食い込んで、赤ちゃんが痛がってしまう」という口コミです。特に10kg以上体重がある赤ちゃんのママから、多く寄せられていました。コンパクトさが売りなので、赤ちゃんの心地よさが二の次になっているのでは…と心配になりますね。

10.5kgの赤ちゃんを抱っこしていたら、眠っていたのに痛い痛いと泣きながら起きてしまいました。どうも太ももに食い込んでいるみたいです。
うちの子の足がむっちりしているせいか、食い込み気味です…。厚手のレッグウォーマーで保護しています。

口コミ②:造りがペラペラで安定感がない

口コミ②:造りがペラペラで安定感がない

次に目についたのは、ペラペラな造りで安定感がないように感じるというレビューです。軽量&コンパクトさのコンセプト通り、生地は薄め。ペラペラに感じてしまう人も多いようです。また、糸に対する布の強度を心配する声も見られました。

肩紐と腰ベルトの造りがペラペラで安定感が無いように感じ、返品してしまいました。
2~3回使用したら糸の負荷に耐えきれずに、糸から布部分が外れてしまいました。薄手の素材を使っているせいか、糸に対する布の強度も弱くなっているようです。

ナップナップ コンパクトを実際に使用して検証レビュー!

ナップナップ コンパクトを実際に使用して検証レビュー!

インターネット上の口コミをチェックすると、赤ちゃんの太ももに食い込むなど使用感に対するマイナスの口コミが見られました。でも、一番気になるのは実際に使ってみた評価ですよね。


そこで今回は、ナップナップ コンパクトを実際に使って、以下の3項目を検証しました!


検証①:使用感

検証②:肩への負担

検証③:通気性


ナップナップ コンパクトと合わせて、売れ筋の人気抱っこひも全24商品も実際に使って比較しています。他商品を含めたレビュー結果は以下の記事を参考にしてみてくださいね!

検証①:使用感

まずは使用感から検証していきます。抱っこひもを使う際に、ママや赤ちゃんにとって使用感の良さは外せないポイントですよね。

検証①:使用感

今回の検証では、新生児と生後約3ヵ月に相当する重さの赤ちゃん人形を2種類使用しました。抱っこひもに抱き入れた状態で、大人と赤ちゃんの快適さを識者がチェック。

検証①:使用感

なお評価については、大人にとってフィットするサイズか、赤ちゃんの姿勢は快適に保てるか(シートの深さ・股関節サポート・背中の支え・フィット感)などをポイントとして見ています。

欧米規格の抱っこひもよりも小さめの作りで、小柄な赤ちゃんにフィット

欧米規格の抱っこひもよりも小さめの作りで、小柄な赤ちゃんにフィット

日本規格なので、欧米規格に比べて股幅や背当てが小さめの造りになっており、小柄な赤ちゃんには最適です。ただ、低月齢の赤ちゃんにはフィットしますが、背当て部分が平面的で深いシート構造が見られないのは気になるところ。

欧米規格の抱っこひもよりも小さめの作りで、小柄な赤ちゃんにフィット

また、股幅が狭いのも気になりました。月齢が大きくなるにつれ、脚が下に落ちてしまうので、赤ちゃんが快適な足の位置をキープできません。このため、ある程度大きくなった赤ちゃんに長時間の使用はおすすめしません。


一方でポーチのように収納できる点は便利なので、いざというときの携帯用にはぴったりです。

検証②:肩への負担

続いて検証するのは「肩への負担」についてです。抱っこひもを使う際に、最も負担のかかるのが肩。できるだけ肩が辛くなりにくい抱っこひもを選びたい人は多いはずです。

検証②:肩への負担

検証は生後3か月ぐらいの重さとなる4500gの赤ちゃん人形を抱き入れた状態で抱っこひもを装着。肩への負担や、肩ベルトが食い込まないかなどを体感でチェックします。

生地が薄めでクッション性が少ないため、肩に食い込む

生地が薄めでクッション性が少ないため、肩に食い込む

肩への負担の検証では、最低評価となってしまいました。そもそも生地が薄いためクッション性はありません。また、肩ひもを緩めに設定して抱っこしても、結局赤ちゃんの重みで食い込むため、肩に負担がかかります。

生地が薄めでクッション性が少ないため、肩に食い込む

肩への負担の軽減を期待して選ぶと後悔しそうです。肩への負担を考えても長時間の使用には向きません。携帯性の良さを活かしたセカンドキャリーとしての利用が良さそうです。

検証③:通気性

最後の検証は「通気性」についてです。赤ちゃんは汗かきなので、抱っこひもの内部は思いのほか熱や湿気がこもります。赤ちゃんの快適さを考えたら、通気性のチェックは重要です。


検証では、霧吹きとカイロで赤ちゃんが汗をかいた状態を再現。その上で抱っこひも内部の湿度を測定しました。

湿度計の表面が湿ってしまうほど低い通気性

湿度計の表面が湿ってしまうほど低い通気性

検証では通気性はかなり低い結果となりました。内側がメッシュにはなっていますが、水分は乾かず湿度計の表面が少し湿っていました。


かなりぴっちり密封されるようで、背中が蒸れそうです。湿気を逃さないので、あせもなど肌トラブルも心配。メッシュのおかげでクッション性は多少あるかもしれませんが、通気性については悪いと言わざるを得ません。

【レビュー結果】人気抱っこひも全24商品の中で第17位。通気性・コスパを考えるとおすすめできない…。

【レビュー結果】人気抱っこひも全24商品の中で第17位。通気性・コスパを考えるとおすすめできない…。

人気抱っこひも全24商品を検証した結果、ナップナップ コンパクトは第17位でした。欧米規格と比べ小さめの造りになっているため、小柄な赤ちゃんにはフィットします。


一方で、シートの股幅が小さく月齢が上がると足が落ちてしまうのが気になりました。赤ちゃんの快適な足の位置をキープできず、太ももに食い込んでしまいます。また、生地自体が薄手でクッション性がないため、肩への負担が大きいのもデメリット。肩ひもを緩めにしても赤ちゃんの重みで肩に食い込みます。


さらに通気性についても低評価でした。内側にはメッシュ素材を使用しているにも関わらず、密閉されているかのように湿気を逃しません。赤ちゃんの背中が汗で蒸れてしまいそうです。


どの検証結果でも長時間の使用は不向きという結果に…。コスパも良くありません。ただし携帯性の良さを活かして、外出先で一時的に使用できる抱っこひもをお探しなら、検討してみても良いでしょう。

ナップナップ コンパクトのたたみ方をチェック!

ナップナップ コンパクトのたたみ方をチェック!

ナップナップ コンパクトはB5サイズになるコンパクトさが魅力。ただ、中には「たたみ方がわからない」「きれいにたたむコツを知りたい」という方も多いと思います。そこで、ナップナップ コンパクトのたたみ方を詳しくご紹介いたします!


  1. 内側を上にして広げた状態で置き、左右の腰ベルトを中央に向けて折りたたむ。
  2. 左右の腰ベルトを折りたたんだ状態のまま、ひっくり返して外側を上にする。
  3. 収納ポケットファスナーを開いて、ポケットを全開にする。
  4. そのまま収納ポケットで折りたたんだ状態の腰ベルト部分を包み込む。
  5. 両サイドのファスナーを角まで引き上げる。
  6. 裏返して手前から残った肩ベルトを丸めながら収納ポケットに入れ込む。
  7. ファスナーを閉めて形を整える。

広げるときはファスナーを開いてから、両手で肩ひもをつかんで広げるだけ。ワンタッチで広がるため、大変便利です。たたみ方や広げ方に悩んでいるなら、ぜひ一度試してみてくださいね。

まとめ

今回は、ナップナップ コンパクトを実際に購入して、抱っこひもを使う際に気になるポイントを徹底的に検証していきました。


ナップナップ コンパクトは軽量かつコンパクトさが魅力の腰ベルトタイプ。日本人の体形に合ったサイズ感も魅力です。その分、生地が薄手でサイズ感も小さめになるため、ママや赤ちゃんに負担がかかるデメリットがありました。携帯に便利な抱っこひもを探しているなら、ぜひ試してみてくださいね。

ベビーキャリー COMPACT

ナップナップベビーキャリー COMPACT

8,778円 (税込)

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ