• 白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング10選

30代を超えた辺りで、気がついたらいつの間にか増えてしまっている白髪。白髪染めで染めても3~4日経ったらまたてっぺんに白く光るものが…でも何度も白髪染めを使うと髪の傷みが気になってしまいます。そんな時に活躍してくれるのが白髪染めトリートメントですね。

髪を傷める心配もなく、白髪を目立たなくしてくれる自宅でのセルフ用白髪染めヘアカラートリートメントですが、成分や色、染まり方はどれも同じわけではありません。使うなら自分に合ったものを選んで、よりきれいに見せたいですよね。

そこで今回は、白髪染めトリートメントの選び方・比較ポイントと、Amazonなどの口コミでも人気なおすすめの市販白髪染めトリートメントを厳選してランキング形式でご紹介します。
  • 最終更新日:2019年01月07日
  • 262,853  views
目次

白髪染めトリートメントのメリット

白髪染めトリートメントは登場してから今日までさまざまな進化を遂げ、今や家庭で白髪染めをする際にはヘアカラー剤よりも白髪染めトリートメントを選択する方が多いほどです。

そんな白髪染めトリートメント、ヘアカラー剤に比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?

簡単に使える

簡単に使える
ヘアカラー剤で白髪を染める際には、事前にパッチテストを行ったり汚れてもいいタオルやケープを用意したり髪をラップで巻いたり…何かと準備や手順が大変ですが、白髪染めトリートメントはシャンプーの後に普通のトリートメントとして代わりに使うことができるので、手間いらずで簡単に白髪を染めることができます。

また自分でヘアカラー剤で染める場合は塗布する際にいろいろなコツを必要としますが、白髪染めトリートメントは全体に塗って流すだけなので誰でも簡単に使うことができ、さらに髪が染まるまでの置き時間もヘアカラー剤に比べて短いのでますますお手軽です。

髪が傷まない

髪が傷まない
キューティクルを強引にはがして髪に染料を入れるヘアカラー剤で白髪染めをした後は、必ずと言っていいほど髪が傷んでゴワゴワになってしまいます。対して白髪染めトリートメントは髪の表面を染料でコーティングするだけなので、髪が傷むことはまずありません。

また傷まないだけでなく、通常のトリートメントのように髪の内部に保護成分を浸透させるので、白髪染めトリートメントを使った後は使用前より元気でツヤツヤの髪になるほどです。

頭皮に安全

頭皮に安全
髪の内部に染料を浸透させるというヘアカラー剤の性質上、どうしても刺激の強い化学薬品が使われるものが多くありますが、化学薬品の入った白髪染めを多用していると、体が身体に悪いものを入れないように反応するため、自然に頭皮が硬くなっていきます。

頭皮が硬くなると薄毛や細毛になったりする恐れがありますが、白髪染めトリートメントに使用されている化学薬品は低刺激のものが多いので、いつも安心して使うことができます。

白髪染めトリートメントのデメリットにも注意

白髪染めトリートメントのデメリットにも注意
良いことずくめの白髪染めトリートメントですが、デメリットもあります。まず第一に挙げなければいけないのが、あくまでも一度で白髪が染まる訳ではないということです。白髪染めトリートメントは何度か繰り返し使用してはじめて白髪に色がつくという性質なので、すぐに白髪を隠したい場合には不向きです。

またヘアカラー剤は髪のメラニン色素を1度脱色した後、改めて髪の内部に染料を浸透させて発色させるので、白髪も黒髪も好きな色に染められますが、白髪染めトリートメントは黒髪を明るい色に染めることはできません。

白髪染めトリートメントを使用する際には、このような特色も覚えておきましょう。

白髪染めトリートメントの選び方

髪に優しく、手間をかけずに白髪を染められる白髪染めトリートメントですが、購入する際にはどのようなことに注目して選べば良いのでしょうか?ここからは白髪染めトリートメントを選ぶ際のポイントを解説します。

染料の種類で選ぶ

白髪染めトリートメントの染料には、大抵の場合「塩基性染料・HC染料・植物染料」の3つが使用されています。

このうち「HC染料」と「塩基性染料」は合成化学染料で、「植物染料」のみが天然の染料です。

天然成分だけでは白髪が染まりにくい

天然成分だけでは白髪が染まりにくい
ヘナ・クチナシ・ベニバナ・ウコンなど、植物性の色素を使った染料が「天然染料」です。頭皮への刺激がほとんどなく、安全性は高いのですが、植物性の染料だけでは白髪をしっかり染めることはほぼ不可能です。商品に「植物性染料使用」と謳ってあっても、ほとんどが植物性の染料に合成染料を合わせてあります。

HC染料や塩基性染料が「化学染料」だと聞くと安全性に不安を抱いてしまいますが、頭皮への毒性や刺激性は非常に低く、髪のキューティクルをはがして浸透させるヘアカラー剤のように髪を傷める心配もないので安心して使えます。

ただ、やはり天然染料の方が化学染料に比べると刺激は弱く肌に優しいので、皮膚が弱いなど不安のある方は、天然染料が多く配合されている白髪染めトリートメントを選んだほうが安心です。

ジアミン配合の商品は避ける

ジアミン配合の商品は避ける
化学染料の一つに「ジアミン」という成分があります。ジアミンはヘアカラー剤にはよく使われている染料で、少ない色素で濃い色を発色させることができるため、髪の毛を染めるにはとても便利な成分なのですが、髪を傷めるだけでなく頭皮への刺激が強く、深刻なアレルギーを引き起こす危険性も報告されているため、使用するにはかなりの注意が必要です。

「とてもよく染まる」と謳ってある白髪染めトリートメントの中には、HC染料や塩基性染料と一緒にジアミンが配合された商品がある場合があるので、購入する際には「PPDA」「パラフェニレンジアミン」といった成分が表示されていないか確認しましょう。

最近はジアミンの危険性が広く認識されてきているので、「ジアミンフリー」「ノンジアミン」とわざわざ謳っている白髪染めトリートメントもあります。

トリートメント成分に注目する

トリートメント成分に注目する
白髪染めトリートメントの成分表を見てみると、ほとんどすべての商品が化学染料は成分表の最後の方に書いてあります。これは配合されている量が全成分に対して少ないことを指しています。白髪染めトリートメントを選ぶ際にむしろ注目すべきは、染料よりも髪をケアするトリートメント成分がどのように配合されているか、という点です。

トリートメント成分は髪の傷を補修してツヤを与えるミネラルやアミノ酸、保湿してうるおいを与えるアルギン酸や海藻成分など、商品によってさまざまです。どのような成分がどのように髪をケアするのか、商品説明や成分表に記載してある成分を確認するようにしましょう。

白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング10選

それではここから、白髪染めトリートメントのおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介していきます。上記の選び方を参考にしていただきながら、お好みにぴったりの白髪染めトリートメントを見つけてくださいね。

利尻昆布のチカラで、染めるたび潤うツヤ髪へ!しっかり染まる上に、無添加で頭皮にも優しい使い心地の「利尻ヘアカラートリートメント」がおすすめ

PR
白髪用 利尻ヘアカラートリートメント
出典:track.xmax.jp

白髪用 利尻ヘアカラートリートメント

2,000円 (税別)

主な染料シコン・ベニバナ・クチナシ・アナトー・塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分利尻昆布エキス・ローズマリーエキス・アルニカエキスなど
色々あってどれを選べば良いのか分からないけど、とにかくしっかり白髪ケアをして美髪も手に入れたい!とお考えの方にご紹介したいのが、「白髪用 利尻ヘアカラートリートメント」です!まるで自宅で気軽にヘアサロンに行ったかのよう♪

使い方はとっても簡単♪シャンプー後にたっぷりまんべんなく塗り、その後10分程度時間を置いて流すだけ!毎日使える上に、美容成分が豊富な利尻昆布エキスのチカラで使うほど美髪へ導いてくれるんです。

4色の中から、自分の髪色に合ったものが選べるのも嬉しいポイントです。

初めての方限定!1,000円オフで購入できるチャンス!

あ
「ツンとくるニオイもなく白髪が染まる!」「しっとり艶やか!指通りも気持ちいい」など、使用者からも大好評♪

初めての方限定で、1,000円オフで購入できるキャンペーン実施中!特典がついていくるコースもあるので、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。
1位
ルプルプ ヘアカラートリートメント
出典:track.xmax.jp

ルプルプヘアカラートリートメント

1,980円 (税込)

主な染料ベニバナ・クチナシ等・塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分フコイダン・植物精油・ヒアルロン酸など
備考価格は初回お試しキャンペーン価格です

ダブルのフコイダンエキスで毛穴の奥まで保湿

保湿力に優れていると言われている昆布エキスでも、さらに高いうるおい保持力を持つダブルのガゴメフコイダンエキスが配合された白髪染めトリートメントです。高分子のフコイダンが地肌にうるおいの膜を張り、低分子フコイダンが角質層まで浸透し、髪だけでなく地肌までしっかり保湿してくれます。髪のダメージと頭皮の悩みを同時に抱えている方におすすめです。

微アルカリ性だから髪を傷めず染められる

一般のヘアカラー剤のph値は11~13とアルカリ性です。ph値が高いほど色は入りやすいですが髪は傷みやすくなります。逆に酸性に傾きすぎると髪は傷みませんが色が入りません。その点こちらはph8で微アルカリ性。髪へのやさしさと白髪の色の入りやすさをバランスよく両立しています。

また髪のトリートメント成分もしっかり贅沢に配合されているので、Wフコイダンで頭皮を守り、数種類の植物のエキスとアルギン酸で髪のうるおいを守る、とても心強い白髪染めトリートメントです。
2位
レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー
出典:track.xmax.jp

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

3,600円 (税込)

主な染料クチナシ・アナトー・塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分ケラチン・コラーゲン・浸透型アミノ酸など
備考-
3位
自然派clubサスティ 利尻ヘアカラートリートメント
出典:track.xmax.jp

自然派clubサスティ利尻ヘアカラートリートメント

2,000円 (税別)

主な染料シコン・ベニバナ・クチナシ・アナトー・塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分利尻昆布エキス・ローズマリーエキス・アルニカエキスなど
備考価格は初回限定キャンペーン価格です
4位
アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント
出典:amazon.co.jp

アンファースカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

2,800円 (税込)

主な染料アカミノキ木・グアイアズレン・甘草・塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分アルガンオイル・ヒアルロン酸・コラーゲンなど
備考-
5位
アートネイチャー LABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリートメント
出典:amazon.co.jp

アートネイチャーLABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

2,624円 (税込)

主な染料塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分ガゴメエキス・ホホバ種子油・カンカエキスなど
備考-
6位

資生堂プリオール カラーコンディショナー

1,166円 (税込)

主な染料HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分水溶性コラーゲン・緑藻エキス・ミネラルオイルなど
備考-
7位
ロート製薬 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント
出典:amazon.co.jp

ロート製薬50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

1,158円 (税込)

主な染料塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分アラリアエスクレンタエキス・ヒジキエキス・ワカメエキスなど
備考-
8位
ヴェントゥーノ エフキュア ヘアカラー トリートメント
出典:amazon.co.jp

ヴェントゥーノエフキュア ヘアカラー トリートメント

3,456円 (税込)

主な染料塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分フコイダン・植物精油・セラミドなど
備考-
9位

三宝商事テンスター ヘナ カラートリートメント

880円 (税込)

主な染料ヘナ・塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分加水分解ケラチン
備考-
10位
ホーユー ビゲン カラートリートメント
出典:amazon.co.jp

ホーユービゲン カラートリートメント

645円 (税込)

主な染料塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なし
トリートメント成分ツバキオイル・ヒアルロン酸など
備考-

おすすめ人気 白髪染めトリートメントの比較一覧表

商品画像
1
ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ

2
レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネ

3
自然派clubサスティ 利尻ヘアカラートリートメント

自然派clubサスティ

4
アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

アンファー

5
アートネイチャー LABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

アートネイチャー

6
資生堂 プリオール カラーコンディショナー

資生堂

7
ロート製薬 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

ロート製薬

8
ヴェントゥーノ エフキュア ヘアカラー トリートメント

ヴェントゥーノ

9
三宝商事 テンスター ヘナ カラートリートメント

三宝商事

10
ホーユー ビゲン カラートリートメント

ホーユー

商品名

ヘアカラートリートメント

ヘッドスパトリートメントカラー

利尻ヘアカラートリートメント

スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

LABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

プリオール カラーコンディショナー

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

エフキュア ヘアカラー トリートメント

テンスター ヘナ カラートリートメント

ビゲン カラートリートメント

特徴白髪染めしながら地肌ケアもできる!発色の良さはダントツ!しっかり染まって色落ちしにくい美容室で施術される「オイルカラー」を自宅で!放置時間3分!素早く染まって手間いらず塩基性染料不使用で頭皮に優しい乾いた髪にも使えてしっかり染められる約73%が美容成分!しっとりツヤツヤの美髪へ植物性染料ヘナで安心白髪染めコスパが良いので続けやすい
価格1,980円(税込)3,600円(税込)2,000円(税別)2,800円(税込)2,624円(税込)1,166円(税込)1,158円(税込)3,456円(税込)880円(税込)645円(税込)
主な染料ベニバナ・クチナシ等・塩基性染料・HC染料クチナシ・アナトー・塩基性染料・HC染料シコン・ベニバナ・クチナシ・アナトー・塩基性染料・HC染料アカミノキ木・グアイアズレン・甘草・塩基性染料・HC染料塩基性染料・HC染料HC染料塩基性染料・HC染料塩基性染料・HC染料ヘナ・塩基性染料・HC染料塩基性染料・HC染料
ジアミン染料なしなしなしなしなしなしなしなしなしなし
トリートメント成分フコイダン・植物精油・ヒアルロン酸などケラチン・コラーゲン・浸透型アミノ酸など利尻昆布エキス・ローズマリーエキス・アルニカエキスなどアルガンオイル・ヒアルロン酸・コラーゲンなどガゴメエキス・ホホバ種子油・カンカエキスなど水溶性コラーゲン・緑藻エキス・ミネラルオイルなどアラリアエスクレンタエキス・ヒジキエキス・ワカメエキスなどフコイダン・植物精油・セラミドなど加水分解ケラチンツバキオイル・ヒアルロン酸など
備考価格は初回お試しキャンペーン価格です-価格は初回限定キャンペーン価格です-------
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ

いかがでしたか?白髪染めトリートメントの選び方と、おすすめの白髪染めトリートメントをご紹介してきました。

年齢とともに増えてくる白髪、目にするたびにイヤになりますよね。そんな時に髪や頭皮を傷めずに白髪を目立たなくしてくれる白髪染めトリートメントは、髪色だけでなく気分まで明るくしてくれる強い味方と言えますね。お気に入りの白髪染めトリートメントを手に入れて、髪も心もいつまでも輝いていてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す