• リフティングテーブルのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らし用・来客時にも最適!】のアイキャッチ画像1枚目
  • リフティングテーブルのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らし用・来客時にも最適!】のアイキャッチ画像2枚目
  • リフティングテーブルのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らし用・来客時にも最適!】のアイキャッチ画像3枚目
  • リフティングテーブルのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らし用・来客時にも最適!】のアイキャッチ画像4枚目
  • リフティングテーブルのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らし用・来客時にも最適!】のアイキャッチ画像5枚目

リフティングテーブルのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らし用・来客時にも最適!】

目的に応じてテーブルの高さを変えらる、便利なリフティングテーブル。限られたスペースでも多目的に使用できるので、一人暮らしの方や、ソファダイニングを考えている方にもおすすめのアイテムです。ところが、材質やデザインはもちろん、脚の構造や昇降方式も様々なため、どれがいいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、人気の高いリフティングテーブルをランキング形式でお伝えし、選び方のポイントもご紹介していきたいと思います。ぜひこれを読んで、あなたにぴったりのリフティングテーブルを手に入れてくださいね。

  • 最終更新日:2019年03月16日
  • 557  views
目次

リフティングテーブルの魅力とは?

リフティングテーブルの魅力とは?

リフティングテーブルは、ライフスタイルや用途に応じて高さを変えられるのが特徴的。コーヒーテーブルや座卓として使用したいときには低めに、椅子やソファと組みあわせて作業や食事をする際には高めにするなど、1つのテーブルで高さを変え、さまざまなシーンで使用できるのが何よりの魅力でしょう。


最近は、軽い力で簡単に高さの調整ができるガス圧式などのリフティングテーブルも増え、誰でも使いやすいのも嬉しいところ。多用途で使え、限られたスペースが有効活用できるので、一家に一台あれば活躍間違いなしのテーブルですよ。

リフティングテーブルの選び方

リフティングテーブルを選ぶ際にチェックしたいポイントを詳しく見ていきましょう。

まずは脚の構造に注目

まずはテーブルの脚の構造に注目しましょう。脚がクロスしたX脚タイプと1本脚の1脚タイプの2タイプが一般的です。それぞれの特徴をチェックしましょう。

安定感のあるX脚タイプ

安定感のあるX脚タイプ

X状の脚で天板を支える「X脚タイプ」は、4点で支えるという構造から、安定性が高いのが特徴です。片側に荷重をかけてもぐらつきにくく、長期の使用でもがたつきが出にくくなっていますよ。また、使わないときには脚を折りたたんで、コンパクトに収納しやすい点も便利です。


ただし、脚がテーブルの下でクロスしているため、足を伸ばしたり足を組んで座りにくい点には注意が必要。また、テーブル下の空間も狭くなるため、掃除機などをかけにくいのは覚えておく必要があります。

足元を広く使える1脚タイプ

足元を広く使える1脚タイプ

天板を1本の脚で支える1脚タイプは、テーブル下の空間が広く、椅子を自由に配置しやすいのが特徴です。立ったり座りもしやすく、空間がすっきりと見えるのも魅力。天板の端に足が設置されているタイプなら、ベッドやソファと合わせてサイドテーブルとして使用するのにも最適です。


ただし、天板を1点で支える構造のため、テーブルの端に荷重をかけると不安定になったり、長年の使用でぐらつきが出やすい点には注意してくださいね。

昇降方式も要チェック!

リフティングテーブルの昇降方式最近人気のガス圧式や油圧式のほか、手動式のリフティングテーブルの特徴をご紹介していきます。リフティングテーブルの高さを調節する、昇降方式もしっかり確認しましょう。

微妙な高さに調整できる「ガス圧式」「油圧式」

微妙な高さに調整できる「ガス圧式」「油圧式」

出典:amazon.co.jp

ガス圧式や油圧式のリフティングテーブルは、圧縮ガスやオイルを入れたシリンダーを内蔵しているため、少ない力で簡単にでテーブルの高さを変えられるのが特徴。無段階調節が可能な商品も多いため、好みの高さに細かく調整できるのも魅力です。


軽い力で高さ調整ができるため力の弱い方にも扱いやすい反面、シリンダー部分の重みで全体の重量は重くなってしまうので気をつけてください。また、当然ですが、故障等でガスやオイルが漏れてしまうと、調節機能が働かなくなってしまうことは押さえておきましょう。

故障しにくく・リーズナブルな「段階式」

故障しにくく・リーズナブルな「段階式」

出典:amazon.co.jp

段階式のリフティングテーブルは、ピンの位置を手動で調整して高さを変える仕組み。調整段階については3段階から6段階ほどまでと、商品によってかなり幅があります。そのため何段階までの調節が可能なのかを、しっかり調べておくのが大切です。


段階式タイプは、比較的安価で軽量な商品が多いのも特徴。単純な構造なので故障しにくいというメリットもあります。ただしその反面、高さの調整に手間がかかったり、調整の際に部品に手を挟みやすいという面があるのはお忘れなく。

高さの目安・可動域もしっかりチェックしよう

高さの目安・可動域もしっかりチェックしよう

床に座ってコーヒーテーブルとして使用する場合と、椅子と合わせてダイニングテーブルとして使用する場合では、適した高さは当然ながら異なります。


高さについては、床に座る前提のコーヒーテーブルや座卓なら30~40cm、ソファと合わせる場合は55~65cm、ダイニングチェアと合わせるなら70~80cmを目安にすると良いでしょう。


またリフティングテーブルについては、昇降可能な範囲について把握しておくことも大切です。高さが合わないと使いにくく、使いにくさは意外と小さなストレスとなって溜まっていくものです。「マッチする高さに調整しやすいか」という点についても、しっかり把握しておくといいですね。

便利機能満載?!リフティングテーブルのバリエーションにも注目

リフティングテーブルには運びやすいキャスター付きや、天板が広がるものなど、高さ調整以外にも便利なオプション機能がある商品も豊富です。早速みていきましょう。

移動が楽な「キャスター付きタイプ」

移動が楽な「キャスター付きタイプ」

リフティングテーブルの中にも、キャスター付きのタイプが存在します。キャスター付きなら簡単に移動ができるので、ダイニングだけでなく、リビングなどでも使う場合や、ベッドやソファなどに合わせ、移動させて使う機会が多い方に最適


キャスターについては、キャスター部分の見えない隠しキャスタータイプや、安定性の高い固定式タイプもあるため、仕様についてもしっかり確認しておきましょう。

多用途に使える「エクステンションタイプ」

多用途に使える「エクステンションタイプ」

高さだけではなく、天板の広さを拡張できる「エクステンションタイプ」のリフティングテーブルなら、目的や使用する人数に応じてテーブルの広さを変えられて便利です。


折りたたみ式の天板の片面、もしくは両面を開いて広さを変える仕組みとなっているため、例えばコーヒーテーブルとして使用するときには、天板を畳んでコンパクトに。家族で使う際には片面を開いて広々と、また、お客様を招いてのパーティーでは両サイドを広げ、大きなダイニングテーブルとして使えます。


最大3段階で天板の広さを変えられるため、アイデア次第でさまざまな使い方ができるのが魅力ですね。

収納に便利な「棚つき」・おしゃれな「ガラス天板タイプ」も○

収納に便利な「棚つき」・おしゃれな「ガラス天板タイプ」も○

出典:amazon.co.jp

リフティングテーブルの中には、天板の下に収納を備えているタイプもあります。棚や引き出しなどのスペースを備えたタイプなら、テーブルの上に散らかりがちなリモコンや、身近に置いておきたい小物の収納にも便利

ごちゃつく小物も隠しておけるため、テーブルの上はいつもすっきり!気持ちよく使えます。


また、強化ガラスの天板で二重構造になっているタイプなら、見せる収納として楽しむのにも最適。お気に入りの雑貨を飾れば、おしゃれなディスプレイとして、インテリアのアクセントにもなってくれますよ。

リフティングテーブルの人気ランキング10選

ここからは人気商品を10選、ランキングでご紹介していきます。さまざまなタイプのリフティングテーブルをご紹介していますので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

10位
リフティングテーブル リコメン堂 天板が2倍に広がるガス圧昇降テーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

リコメン堂天板が2倍に広がるガス圧昇降テーブル

29,800円 (税込)

脚の構造X脚
昇降方式ガス圧式
高さ23~77cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅110 ×奥行60~120cm
特徴天板が2倍に広がるエクステンションタイプ・キャスター付
9位
脚の構造X脚
昇降方式ガス圧式
高さ11~70cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅90×奥行60cm
特徴キャスター付き
8位
リフティングテーブル TOHMA クアトロ ダイニング昇降テーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

TOHMAクアトロ ダイニング昇降テーブル

54030900

27,000円 (税込)

脚の構造1本脚
昇降方式ガス圧式
高さ56〜76cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅120×奥行800cm
特徴
7位

narumikkウォールナットリフティングテーブル & シェルフ

27-823

12,800円 (税込)

脚の構造X脚
昇降方式ガス圧式
高さ20~75cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅100×奥行55cm
特徴シェルフ付・キャスター付
6位

不二貿易ガス昇降式テーブル

74709

12,200円 (税込)

脚の構造X脚
昇降方式ガス圧式
高さ11.5~70cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅90×奥行60cm
特徴キャスター付
5位
脚の構造X脚
昇降方式ガス圧式
高さ38~78cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅120×奥行き72~120cm
特徴天板を円形に拡張できるエクステンションタイプ・キャスター付
4位
リフティングテーブル Viseo ガス圧無段階昇降式リフティングテーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

Viseoガス圧無段階昇降式リフティングテーブル

11,800円 (税込)

脚の構造X脚
昇降方式ガス圧式
高さ11~69cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅90x奥行60cm
特徴キャスター付
3位
脚の構造1本脚
昇降方式ガス圧
高さ42.5~56.5cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅90×奥行50cm
特徴隠しキャスター付
2位
リフティングテーブル タンスのゲン 昇降式サイドテーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

タンスのゲン昇降式サイドテーブル

41900005

12,800円 (税込)

脚の構造1本脚
昇降方式ガス圧式
高さ64.5~94.5cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ幅80×奥行40cm
特徴キャスター付
1位
リフティングテーブル 武田コーポレーション 昇降できる マルチテーブル 1枚目
出典:amazon.co.jp

武田コーポレーション昇降できる マルチテーブル

T7-SM90NA

6,466円 (税込)

脚の構造X脚
昇降方式段階式
高さ約27~59㎝の間で5段階で調整可能
天板サイズ約90×60cm
特徴

人気リフティングテーブルの比較一覧表

商品画像
1
リフティングテーブル 武田コーポレーション 昇降できる マルチテーブル 1枚目

武田コーポレーション

2
リフティングテーブル タンスのゲン 昇降式サイドテーブル 1枚目

タンスのゲン

3
リフティングテーブル 不二貿易 昇降テーブル 1枚目

不二貿易

4
リフティングテーブル Viseo ガス圧無段階昇降式リフティングテーブル 1枚目

Viseo

5
リフティングテーブル 東馬 昇降テーブル アイル 1枚目

東馬

6
リフティングテーブル 不二貿易 ガス昇降式テーブル   1枚目

不二貿易

7
リフティングテーブル narumikk ウォールナットリフティングテーブル & シェルフ 1枚目

narumikk

8
リフティングテーブル TOHMA クアトロ ダイニング昇降テーブル 1枚目

TOHMA

9
リフティングテーブル 東馬 昇降テーブル 1枚目

東馬

10
リフティングテーブル リコメン堂 天板が2倍に広がるガス圧昇降テーブル 1枚目

リコメン堂

商品名

昇降できる マルチテーブル

昇降式サイドテーブル

昇降テーブル

ガス圧無段階昇降式リフティングテーブル

昇降テーブル アイル

ガス昇降式テーブル

ウォールナットリフティングテーブル & シェルフ

クアトロ ダイニング昇降テーブル

昇降テーブル

天板が2倍に広がるガス圧昇降テーブル

特徴多目的に使えるリーズナブルなリフティングテーブル高めなのでサイドテーブルやスタンディングテーブルにも便利!隠しキャスターで、スタイリッシュなソファダイニングを実現!コンパクトで一人暮らしにも最適!2人掛けのセンターテーブルが5~6人掛けの円卓に大変身!一人暮らしに最適のコンパクトサイズ収納棚付きでテーブルの上もすっきり4人掛けのソファダイニングにも最適ナチュラルなインテリアにピッタリの風合いコーヒーテーブルにも、ダイニングテーブルにも変幻自在
価格6,466円(税込)12,800円(税込)11,980円(税込)11,800円(税込)32,640円(税込)12,200円(税込)12,800円(税込)27,000円(税込)14,800円(税込)29,800円(税込)
脚の構造X脚1本脚1本脚X脚X脚X脚X脚1本脚X脚X脚
昇降方式段階式ガス圧式ガス圧ガス圧式ガス圧式ガス圧式ガス圧式ガス圧式ガス圧式ガス圧式
高さ約27~59㎝の間で5段階で調整可能64.5~94.5cmの間で無段階調整が可能42.5~56.5cmの間で無段階調整が可能11~69cmの間で無段階調整が可能38~78cmの間で無段階調整が可能11.5~70cmの間で無段階調整が可能20~75cmの間で無段階調整が可能56〜76cmの間で無段階調整が可能11~70cmの間で無段階調整が可能23~77cmの間で無段階調整が可能
天板サイズ約90×60cm幅80×奥行40cm幅90×奥行50cm幅90x奥行60cm幅120×奥行き72~120cm幅90×奥行60cm幅100×奥行55cm幅120×奥行800cm幅90×奥行60cm幅110 ×奥行60~120cm
特徴キャスター付隠しキャスター付キャスター付天板を円形に拡張できるエクステンションタイプ・キャスター付キャスター付シェルフ付・キャスター付キャスター付き天板が2倍に広がるエクステンションタイプ・キャスター付
商品リンク

メンテナンス方法もしっかり押さえておこう

メンテナンス方法もしっかり押さえておこう

ガス圧式や油圧式のリフティングテーブルは、その構造の複雑さから段階式タイプに比べ、経年劣化などが比較的起きやすいとされています。特に気温や湿度が高い場所で使用していれば、故障が発生する可能性も高まってしまうもの。


そのため、使用する環境についてはやはり配慮したいところです。より長く快適に使いたいなら、定期的に防サビ効果のあるシリコンスプレーをさすなどでメンテナンスをし、湿気のある場所や、室温の高い場所はなるべく避けるなどで丁寧に使用することを心がけましょう。

まとめ

リフティングテーブルなら、限られたスペースのワンルームでも空間を最大限活かせますし、家事の合間にノートパソコンでちょっとした作業をするときなどにも、使いやすい高さに合わせられて便利。家族構成を問わず、様々なシーンで活躍してくれいますよ。


ちょっとしたスキマに収納できるタイプも豊富なので、予備のテーブルとして用意しておくのもおすすめですよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す