1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. ビジネスソフト
  6. >
  7. ベンチマークソフトのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える優秀ソフトを厳選】
  • ベンチマークソフトのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える優秀ソフトを厳選】のアイキャッチ画像1枚目
  • ベンチマークソフトのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える優秀ソフトを厳選】のアイキャッチ画像2枚目
  • ベンチマークソフトのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える優秀ソフトを厳選】のアイキャッチ画像3枚目
  • ベンチマークソフトのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える優秀ソフトを厳選】のアイキャッチ画像4枚目
  • ベンチマークソフトのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える優秀ソフトを厳選】のアイキャッチ画像5枚目

ベンチマークソフトのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える優秀ソフトを厳選】

自分のパソコンのスペックを知りたいときに役立つ「ベンチマークソフト」。しかし、CPU・GPU・HDDなど、パーツ単体のベンチマークをとるものから、総合的にベンチマークをとるものまでさまざまで、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、ベンチマークソフトの選び方と、無料で手に入るおすすめの人気ソフトをランキング形式で紹介していきます。3Dマークなどの定番ソフトから、FFなどのゲーム向けソフトまで幅広くランクイン!ぜひ、自分に必要なベンチマークソフトを手に入れて、有効活用していきましょう。

  • 最終更新日:2020年06月22日
  • 292,801  views
目次

ベンチマークで、快適なパソコン環境を手に入れよう!

ベンチマークで、快適なパソコン環境を手に入れよう!

パソコンの自作経験者や企業が、パーツ性能を数値化するために利用することが多い「ベンチマークソフト」。パーツ単体のベンチマークソフトがメジャーですが、パソコン全体の総合スコアも数値で分かりやすく比較できる便利なソフトもそろっています。


パーツが複数ある場合、それぞれのパーツ構成を付け替えて数値を比較し、一番相性のいいパーツ構成を探す事も可能。PCゲームを楽しみたい場合は、自分のパソコンで快適にプレイできるのか、把握するのにも役立ちます。


企業が利用するような専門的な優良ソフトもありますが、個人で利用するなら、無料のソフトで十分。初めての人でも、お試しで気軽に使ってみることが可能です。ベンチマークソフトを上手に利用して、より快適なパソコン環境を手に入れましょう!

ベンチマークソフトの選び方

それでは、誰でも簡単に利用できる、個人向けベンチマークソフトの選び方を見ていきましょう!

利用する目的に合わせて選ぼう

一口にベンチマークソフトといっても、いろいろな種類があります。それぞれの使用目的に合わせて、最適なソフトを選んでいきましょう。

パーツ性能の比較には、単体パーツ対応ソフトが◎

パーツ性能の比較には、単体パーツ対応ソフトが◎

パソコンパーツを交換する際に、交換前後のスペックを比較したいのであれば、交換するパーツに合わせたベンチマークソフトを選ぶのがおすすめ。多機能型にするよりも、HDD・CPUなどの各パーツの測定に特化したソフトがおすすめです。


各ベンチマークソフトがどのパーツに対応しているかは、ダウンロード先で見ることができるため、目的のベンチマークがとれるソフトを選べばOK。また、ベンチマークソフトによって結果も変わってくるため、期間をおいて比較するときなどは、必ず同じソフトを利用するように注意してくださいね。

ゲームの適応性をチェックしたいなら、公式ソフトがベスト!

自分のパソコンで、快適にゲームをプレイできるか確認したい場合は、遊びたいゲームの公式ベンチマークソフトを使用するのが最適です。パソコンゲームは、各ゲームによって求められるスペックが異なるもの。最新のゲームになればなるほど、求められるスペックも高くなっていきます。


低スペックパソコンでも遊べるブラウザ型のゲームであれば、特にベンチマークを利用する必要はありません。しかし、最新のFPSゲームや、グラフィックの綺麗なMMOを最高設定でサクサクとプレイしたいなら、公式ベンチで快適さをチェックしておきましょう。

パソコンのパフォーマンス測定には、総合ソフト・ゲームベンチが◎

パソコン全体のパフォーマンスを測定したいときは、「PcMark」などの総合ベンチマークソフトがおすすめです。各パーツの数値をそれぞれ比較して性能を判断するのは容易ではないため、ある程度用途は限られますが、パソコン購入時やパソコンをくみ上げた時にしっかり全ての機能が働いているかの目安にする時などに役立ちます。


また、分かりやすさを求める人は、Windows8.1まで標準搭載されていた「Windowsエクスペリエンスインデックス」に似ている「ExperienceIndexOK」や、ゲームベンチマークソフトを選ぶのも1つの方法。3D処理能力・ストレージの速度・パソコンの性能を分かりやすくチェックできるので、はじめて利用する人でも扱いやすいでしょう。

VRを使用するには専用ソフトでのチェックが必須!

VRを使用するには専用ソフトでのチェックが必須!

パソコンでVRを利用したいと考えている人は、「SteamVR」などの専用ソフトを利用しましょう。パソコン側に求められるスペックが通常のパソコン用ゲームよりも高く、通常のベンチマークソフトでは十分なテストをすることができません。


専用ソフトを利用すれば、VR画像のデモを通してパソコンのスペックが足りているか、グラフィックボードの性能は十分かを確認することが可能。VRをしてみたいと考えている人は要チェックですね。

Mac利用者は対応OSをチェック

Mac利用者は対応OSをチェック

ベンチマークソフトは、全てのソフトがどのOSにも対応しているわけではありません。そのため、Mac利用者は、目的にあったソフトを選ぶことに加え、対応OSもチェックしてソフトを絞っていくといいでしょう。


ゲームの場合は、Macで遊べるゲームであれば、ベンチマークも対応していることが多いですが、各パーツに特化したベンチマークソフトの場合は、対応していない可能性もありますので注意してくださいね。

パソコンを長く使いたい人は、高負荷ベンチを試してみよう

これから先、長くパソコンが利用できるかチェックしておきたいなら、高負荷のFF15公式ベンチマークソフトも選択肢に入れてみましょう。このソフトは、ハイエンドグラフィックボード「GTX1080Ti」搭載のデスクトップパソコンでも「快適」程度にしかならず、「とても快適」「非常に快適」の高評価が出ないことでも知られています。それだけシビアにパソコンスペックをチェックしてくれます。


パソコン版FF15は、他のパソコンゲームと比較するとかなり重たいのが特徴。FF15を遊びたい人が利用しておくべきなのはもちろんですが、今後ハイスペックなソフト・ゲームにも対応していけるのか判断するためのベンチマークソフトとしてもおすすめですよ。

ベンチマークソフトの人気ランキング10選

では、ここまで見てきたベンチマークソフトの選び方を踏まえて、配信されている人気ベンチマークソフトをランキング形式で見ていきましょう!

なおランキングは、App Store、Google Play Storeのなどの売れ筋ランキング(2020年4月13日時点) をもとにして順位付けしています。

10位

CompubenchCompubench CL Desktop Edition

目的並列計算パフォーマンスのテスト・比較
対応パーツGPU・CPU
対応OSWindows・Mac
9位
目的ゲームのレンダリング測定
対応パーツGPU
対応OSWindows・Xbox One・Windows 8 Mobile
8位
目的グラフィックスのパフォーマンス測定
対応パーツGPU・CPU
対応OSWindows・ Xbox One
7位
目的パソコン性能の測定
対応パーツHD・GPU・CPU・メモリ
対応OSWindows・Android・iOS・Windows Phone・Sailfish OS
6位

Katsura SharewareAmorphousDiskMark

目的Macパソコンでのストレージ速度計測
対応パーツHDD・SSD・USBメモリ
対応OSMac
5位

Katsura SharewareAmorphousMemoryMark

目的Read/Writeパフォーマンス測定
対応パーツメモリ
対応OSMac
4位

Crystal Dew WorldCrystalDiskMark

目的ストレージ転送速度計測
対応パーツHDD・SSD・USBメモリ
対応OSWindows
3位

Blackmagic Design IncBlackmagic Disk Speed Test

目的ディスクパフォーマンス測定
対応パーツSSD・HDD・SDカード
対応OSMac
2位
目的3Dグラフィック測定
対応パーツGPU
対応OSWindows・Mac・iOS・Android
1位
目的CPU負荷テスト・グラフィックカードのパフォーマンス測定
対応パーツCPU・GPU
対応OSWindows・Mac

人気ベンチマークソフトの比較一覧表

商品画像
1
ベンチマークソフト Maxon Cinebench 1枚目

Maxon

2
ベンチマークソフト Compubench GFXBench 1枚目

Compubench

3
ベンチマークソフト Blackmagic Design Inc Blackmagic Disk Speed Test 1枚目

Blackmagic Design Inc

4
ベンチマークソフト Crystal Dew World CrystalDiskMark 1枚目

Crystal Dew World

5
ベンチマークソフト Katsura Shareware AmorphousMemoryMark 1枚目

Katsura Shareware

6
ベンチマークソフト Katsura Shareware AmorphousDiskMark 1枚目

Katsura Shareware

7
ベンチマークソフト FinalWire AIDA64 1枚目

FinalWire

8
ベンチマークソフト realtech VR‬ OpenGL Extensions 1枚目

realtech VR‬

9
ベンチマークソフト Relative Games Relative Benchmark 1枚目

Relative Games

10
ベンチマークソフト Compubench Compubench CL Desktop Edition 1枚目

Compubench

商品名

Cinebench

GFXBench

Blackmagic Disk Speed Test

CrystalDiskMark

AmorphousMemoryMark

AmorphousDiskMark

AIDA64

OpenGL Extensions

Relative Benchmark

Compubench CL Desktop Edition

特徴Windows・Mac両方に対応!CPUのストレステス...クロスプラットフォームに利用OKなベンチマークソフト初心者にも分かりやすい、クールなグラフィックが◎Windowsパソコン定番のストレージ速度計測ソフト「CristalDiskMark」のメモリーテストがM...Mac利用者向けのストレージ用ベンチマークソフト各パーツのパフォーマンスを、幅広く測定可能DirectX搭載端末のパフォーマンスを測定・表示ゲームの表示時間を測定し、フレームレートの平均を導き出すOpenCLのデスクトップ端末に特化したベンチマークソフト
目的CPU負荷テスト・グラフィックカードのパフォーマンス測定3Dグラフィック測定ディスクパフォーマンス測定ストレージ転送速度計測Read/Writeパフォーマンス測定Macパソコンでのストレージ速度計測パソコン性能の測定グラフィックスのパフォーマンス測定ゲームのレンダリング測定並列計算パフォーマンスのテスト・比較
対応パーツCPU・GPUGPUSSD・HDD・SDカードHDD・SSD・USBメモリメモリHDD・SSD・USBメモリHD・GPU・CPU・メモリGPU・CPUGPUGPU・CPU
対応OSWindows・MacWindows・Mac・iOS・AndroidMacWindowsMacMacWindows・Android・iOS・Windows Phone・Sailfish OSWindows・ Xbox OneWindows・Xbox One・Windows 8 MobileWindows・Mac
商品リンク

まとめ

今回は、ベンチマークソフトを選ぶときにおさえておきたいポイントをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?


ベンチマークソフトといっても多岐にわたるため、はじめて利用するのであれば、目的をはっきりさせてからソフトを選ぶことが大切です。この記事の選び方も参考にソフトを比較し、自分の目的にあったベンチマークソフトをダウンロードしてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す